七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

クレマの形

会社帰りに実家に寄って苗に水やりをしに行ったんです。
煙草を吸おうとしたところライターを忘れていたので、
キッチンのコンロで火を付けたら…誤って前髪を燃やした(^^;)
チリチリ~だって。 会社に行けるかなぁ…(笑)


クレマチスの花の形ってとてもバリエーションがあって面白い。
私の今の好みは饅頭咲です。
当面の交配目標は饅頭のピコティです。

ようやく遅咲きのクレマに庭はバトンタッチされつつあります。
ベノサバイオレシアが咲き始めた。
古い花だが、いまでも最新花に劣らない。
多花性でフロリダ系の血も引くことから私は交配親に使用している。
c0025140_2382458.jpg

クレマの花の形には良くわからんところが多々ある。
クリロと同じく花びらに見えるものは、ガク弁だそうだ。
クリロには花弁が退化したネクタリーがあるが
クレマにはネクタリーさえない???
どこへ行ってしまったのだろう。


私の頭の中の感覚では、クレマの八重は大きく2分できる。

その一つのグループがAタイプ
キリテカナワ、レッドスター、ベルオブウオーキングなどのように
八重だけど雄しべ雌しべが存在するタイプ。
下の画像はキリテカナワの例です。
c0025140_2375379.jpg

このグループはガク弁が八重になったという事なのだろうか。


もう一つのグループはBタイプ
白万重、ジョセフィーヌ、紫子丸、彗星2号などのように
雄しべ雌しべもすべて弁化する八重のタイプ。
中心にシベがあるよりも、中心に饅頭が鎮座するこのタイプが私の萌えどころ。
今年、紫子丸を植え替えそびれて購入した鉢のまま育てていたらこんな花になった。
c0025140_2381134.jpg

ダブルではない普通のガク弁と
その上に花粉は出ないけど針弁化した雄しべがあり
さらにその中心には完全に弁化した雌しべがある。

私の交配目標は(好みは)Bタイプですが
生殖器の部分が全て弁化してしまっているので交配には使えない。
Aタイプの遺伝子を使用した交配からBタイプが咲く可能性は低いのだろうか?
そんなこと気にせず…運かも?
フロリダ系の交配だとBタイプの可能性は高いかも??
花の形を決定する遺伝子のABC理論は、この花には何でもありなのかな。
まだまだ経験が必要だ。


前髪(^^;)言われなければ解らないかな。
なんとか会社には出社しよう。

********5/25追記***********


上の写真の、弱に育ててしまった紫子丸の2番花が咲いた。
c0025140_22432934.jpg

えええええええ~
見た目はほとんどシングルです。
あれだけキッチリフルダブルで咲く紫子丸でさえも体力が無ければこうなるようです。
雄しべに花粉が出るか出ないかは微妙。

となると、体力不足で咲く実生の初花の選別は難しいと言える。
・雄しべに花粉が出ない、
・雄しべの一部が針弁化した
こういうサインは見逃してはならない、要注意だと言えるかもしれません。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-05-25 00:44 | クレマチスの交配 | Comments(2)
Commented by fieldgarden at 2012-05-25 08:19
おはようございます
遅咲きのクレマ展示会相模原でありますね
今楽しい季節ですね
Commented by 大地 at 2012-05-25 23:11 x
fieldgardenさん、こんばんは~
あっ!遅咲きの展示会もあるのですね。
情報ありがとうございます、ちょっと調べてみますね。
最近予定がキツキツで(笑)寝坊したいです。

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite