七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

実生クレマチスNo.0016、 No.0017の開花

初めて母親フォンドメモリーズではない交配の花が咲いた。
実生クレマチスNo.0016
母キリテカナワ x 父フォンドメモリーズ 交配の花です。
c0025140_18463169.jpg

極淡い水色に、薄いエンジのシベ。
革新的な個性はありません。普通の花。
母ではないが、父親にフォンドメモリーズを使用しています。
父の八重の気配は感じられない。
キリテカナワの花弁ヨレヨレは消えている。

ダッチェスの子孫には花弁が暴れる場合がある。
クリスマスローズでは優勢になりがちであるが
暴れは組み合わせで消える場合もあるようです。
運かな(笑)

*************

実生クレマチスNo.0017
母フォンドメモリーズ x 父ベノサバイオレシア 交配の花です。
テッセン系特有のしょぼい蕾だったので期待していなかったのですが
何かおかしい…
c0025140_18463730.jpg

咲いてみたら八重咲きでした
c0025140_18464354.jpg

でも、このぶんだと
革新的な個性は何もない。
既存の品種の白万重やペパーミントと比べて何か変わった個性が欲しい。
この後、個性が出るかな??
今年、既に咲いた実生クレマチスNo.0009
母フォンドメモリーズ x 父ベノサバイオレシア と非常に似た花だ。
万重では交配も繋がらない(^^;)

おもしろいのは、
両親共に有色の一重なのに、その交配の子孫は2連続で万重の白になったこと。
八重の遺伝子はひとつではないはずだし、
さらにクレマは万重フルダブルも、シベの存在する八重もあるから
遺伝子のABCモデルはかなり複雑かもしれない。
シベのある花は遺伝子Bが伸びてAと重なったと考えると理屈に合う。
一部のクレマにはガクが存在するが、たいていはガクが無い。
そして鮮やかな部分は一般にガク弁と言われている。
でも、花弁が退化したネクタリーは見たことが無い。
僕には上手い理屈が見つけられない。
あっ!だめだ、眠れなくなるので忘れよう。
慎重な考察が必要だ。

いずれにしても色はどこいったんだ?
今季、果球が膨らみつつあるフロリダ交配の結果が恐ろしい(笑)
よほど濃色花とのクロスも必要かもしれない。
でもアフロディーテエレガフミナはいい感じに色を引き出した!
難しく考えすぎかな?

「はやて」や「紫栗」だと、八重になっても「紫子丸」似になってしまいそうだし、
すでに花芯が黄色になってしまった。
「ベノサバイオレシア」からでは、「カシス」似だろう。
何か既存の花の模様をブレイクスルーする組み合わせを探しています。
今後、私はテッセン系の交配に何を求めてゆこうか?
今、この手探りのフェーズが、実は一番楽しいのかもしれません。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-06-12 20:48 | クレマチスの交配 | Comments(3)
Commented by お茶 at 2012-06-12 22:12 x
大地さん こんばんわ!
実生クレマチスNo.0016,私は綺麗な花だと思いますよ^^
株が充実してくればフロリダの血も入っているので花数も増えてくるのでは?
クレマチスの場合,似た花でも花数や花期が違う事
(一季か四季咲きか)によっても変わってきますしね~
テッセン等の万重化の因子については私も色々考えています^^
情報整理の段階ですが,やはり大地さんが実生苗で経験しているように実際の生の情報が必要な気がします.
蘭とは違いクレマの場合,交配の記録が意外とあいまいだったり,交配方法もしっかりとコンタミ防止策をしていたかはかなり微妙です.
CotWの情報はとても大事ですが,その育種者がどのような方法で交配を行っていたかでその情報の信頼性が大きく変わります.
まぁ,あくまで園芸品種!綺麗な花が咲けば交配親なんて関係ないというのも事実ですから・・・(笑
色々と妄想をしてみるのも楽しいですね♪
Commented by お茶 at 2012-06-12 22:17 x
連コメです^^
文が長すぎって怒られちゃいました^-^ゞ
↓のテッセンの花粉ですが,雄蕊の弁化が少なくやや細めの雄蕊で,良くみると花粉が詰まっていると思われる2つのラインが蕊の両側に確認できます.
花粉が噴き出さなくても上記の状態の蕊は良く見つける事ができます.
私の花粉を出した枝ですが,まだ枝変わりと考えておらず生理的なものとしています.
物凄く可能性を高めて,花粉を出す可能性のある枝に変異した感じでしょうか?
Commented by 大地 at 2012-06-13 00:04 x
お茶さん、こんばんは~
コメントありがとうございます。
実は未だに今季の開花株をどのラインで残すか悩んでいます(^^;)
クレマ現物ツアーをこなすうちにどの実生も個性なしに思えて…
唯一、爽やかさとダークなシベな0001を残そうかと。
でも、ちゃんと5月に咲かせた花も見たいですし(笑)決断力なしなしです。

万重と、シベ有り八重で比較した場合、
私の好みは断然万重化方向性なので万重因子に興味深々です。
上記の2種類の八重遺伝子は相反するのか、相似なのか
枝変わりでも出てるし、良くわからないのです(^^;)経験を重ねてみますね。

テッセン花粉情報ありがとうございます。お茶さん観察してますね~
黒っぽい花粉だけど、しべよりずっと薄いからラインとして見えるのですね!(^^)!
1株が雄しべの弁化が弱い花を連発させているので要確認ですね!
でも雨で流れちゃったかなぁ(^^;)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite