七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

真夏のビルドリオン その2

先日のビルドリオンは開花真っ盛りです!
まるでビチセラ的な咲き方です。
どうしてこうなるのだ?クレマチスの気持ちが解らないです(^^;)
c0025140_14175954.jpg

我が家の庭にはビルドリオンは3株植わっていますが
この時期の花はみなこの咲き方なので品種相違ではありませんでした。
一安心です(^^;)

このビルドリオンの父親はテキセンシスなのですが、
母花がよくわかりません。
viviand morel(ビビアン・モレル)という花らしいのですが
Clematis on the Webで調べても画像なし。
viviand morelで画像検索するとビルドリオンばかり出てくる(笑)
ビルドリオンの母親として説明があるものの、画像なしの謎の花です。

そんなビルドリオンの花の中で一つだけ面白い花を発見しました。
雄しべが4本だけ弁化しています。
c0025140_14175353.jpg

ここで再び、装飾弁が愕弁なのか?花弁なのか??が、頭を過る。
いかんいかん(^^;)
c0025140_1418146.jpg

体力十分の春の花には八重の気配は無いから、量的形質でもなさそうだし…
固定的でも無いだろうから枝変わりか?気まぐれか??
その場合の遺伝子は八重が強いのか??
この蔓の次の花を見て再び考えたいと思います。
ビルドリオンの初期の蕾は毎回まん丸なので、八重では?と期待させれるのですが
開花直前には普通の蕾になるんですよね(笑)
常に新しい疑問を持ち続けることが大切だ。

ともあれ、交配相手がいないので欲求不満のエロおやじです。
いつもセルフ交配していないのでダメ元でセルフしてみます。
意外に夏は結実良好だったりして! そんな奇跡もあるかもしれない(^^;)
この世界は試してなんぼです。
自分で見たのか?、自分で確認したのか?。
先生や先輩方の教えです。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-08-15 15:49 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite