七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

タネが危ない

最近、本を買いました。
「タネが危ない」です。
c0025140_20273849.jpg



話の本筋は
世の中 雄性不稔F1の農作物だらけの現状に警鐘を鳴らす内容となっています。
良いところもあれば、悪いところもある、なるほどと考えさせられました。
一部のF1メジャーによって世界が偏った方向に向かっているのは確かだ(-_-;)
一方で、私がこの本に興味を持ったきっかけは
均一の品質を生み出すF1の作り方はどうなったいるのだろう?
どんな方法があるのか。
最新の方法は。
に始まって、雑種強勢の引き出し方、自家不和合性へと続き面白い本でした。
私はどちらかと言えば多様性を利用したい立場なので直接応用できる記載はありませんが
実生の大切さ、自然の仕組みの大切さを教わった気がします。
人間はどこまで遺伝を操作して良いのか・・・考えさせられる一冊です。

未だにクレマチスの結実は解らないことが多々ある。
そもそも疑問を持ち始めたのは
・蕾のうちから花粉を出しているのに自家受粉しない場合があった。
自家不和合性が有るのか無いのか、時間差型なのか、
完全ではなく「そうなる場合もある」その程度なのかもしれない・・・
・当然放置していても結実する場合もあるし
・去年採れても、今年は採れないとか
・花の充実度で結実能力も変わるようだし
・八重の遺伝子を持つ者の結実能力は低いのか普通なのか傾向がつかめないでいます。
・ごちゃごちゃ考えずに単なる結実能力不足とか?単なる気まぐれ?(笑)

クリスマスローズでは近親交配を繰り返すと、雄しべが出なくなる場合がある。
遺伝的異常が固定されたものではないので雄性不稔でもないし、
自家不和合性とも異なりますが、結果的に自家不和合的な植物の工夫なんだろうな。

***********

先週末は久しぶりに雨に恵まれました!
が・・・
3日間も降ったり止んだりが続きました。
そしたらクレマチス子苗の葉が枯れこむものが出てきました。
フロリダ系のように水分を遮断されたようなタイプの立ち枯れ方ではないです。
ベト病?さび病?褐斑病?炭そ病?なんだかわかりませんが
ともかく長時間葉が濡れっぱなしだとダメみたい。
蔓を、全ての葉を枯らすわけでは無く下の方の葉だけ枯れる。
c0025140_2028244.jpg

この症状は我が家のウエスタプラッテに出る症状と似てる、長時間の濡れに弱い。
長時間の濡れ・・・す、すみません(笑)
100年後に銘花と呼ばれるには多湿にも強くなければ!
強い子には「耐湿」と記載を残すことにする。

********

もしかして立ち枯れ病と言われるものって2タイプありませんか?
私の経験で大別すると
①多湿が続くと葉が徐々に枯れこんでゆくタイプ
例:ウエスタプラッテ
②悪天候後の急な晴天時に、まるで水分が絶たれたかのように
突然に蔓全体がしんなりするので葉は緑のまましなびるタイプ
例:フロリダ、テッセン

枯れるのは同じだけど、明らかに経過症状は異なるのです。
でも上記の我が家の症状は一般的なのか解らない。
私のBlogをうのみにしてはいけない。
本やネット、他人から得た知識は丸飲みしてはいけない。
興味をもっていろいろ観察、経験すると見えてくるものがあります、
答えは自分で探すしかない。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-09-08 19:24 | クレマチスの交配 | Comments(4)
Commented by お茶 at 2012-09-09 18:46 x
大地さん こんばんわ
おぉっ!本を読んで勉強されていますね~
私も最近通勤時間が延びたのでAMAZONで中古本を買ったりしていますよ^^
子苗の内は病原菌にも弱めなので湿度と気温があると葉を落としたりします
成長と共に地面と葉の距離も開いてくるので,意外と丈夫な株も出てきたりしますよ^^
立ち枯れの種類ですが,②は良く聞く物ですね.
①は私の所だと面白等が該当します.
ただ,面白は立ち枯れというより葉を落とす感じですが・・・
湿度・気温の上昇や病原菌の活動も活発になる時期に葉を落とし始めるので,生理的なものと病害虫と両面の理由があると考えています.
大地さんのウエスタプラッテは蔓も枯れていく感じですか?

Commented by 大地 at 2012-09-09 23:32 x
お茶さん、こんばんは~
暑すぎて・・・本屋さんに避難したら、ついつい買ってしまいました。
普通の園芸本だと内容が同じなので、この頃は変わった内容に飢えてます(笑)
そうか!なるほど、
地面との距離が近いので確かに湿気的に不利ですよね。
不利なのに負けない株とも見れますが運かも(^^;)あせ
この選別は、まだまだ大株になってからが良さそうですね(^^)
ありがとうございます。

我が家のウエスタプラッテは蔓は枯れずに、先端の方は生き残る感じです。
でも体力も関係しているかもしれず、レディーベティーバルファーとビオラはこの症状で枯らしました(^^;)
Commented by お茶 at 2012-09-10 06:15 x
大地さん おはようございます!
気温が下がってきたとはいえ,まだまだ暑いですよねー
こういうときはコタツ園芸とはいきませんが,色々と妄想を巡らすのもいいですねw
>、レディーベティーバルファーとビオラはこの症状で・・・
夏に葉が落ちると蒸散量が減って根腐れが起こり易くなりますね
私も同じ様に葉を落としたり,剪定後に根腐れを発症させて幾つモノ苗を枯らしました^▽^;ゞ
Commented by 大地 at 2012-09-11 19:52 x


お茶さん、こんばんは~
サッカーを見に速攻帰宅しました(^^)v
どの植物にとっても高温期の全葉喪失はダメージが大きいですよね~
日本の高温多湿の雨ざらしに耐え抜く強さが欲しいな。
あはは(^^;)枯らしてなんぼ! ですよね。
クレマチスに特化した某丘では農薬バリバリだそうです。
なので耐病性の参考にしないようにアドバイスをいただきました。
やはりここは(^^;)枯らしてなんぼ! ですよね。
一度は枯らしても、再びチャンスがあったらまた買ってしまうかも(笑)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite