七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

クレマチスの早期発芽に向けて その③ 処理温度  

管理人の大地です。
私のこのブログは花の品種改良に大きく傾いている ちょっと変わりものの内容です。
一般向けではないと思います(^^;)
ちょっと異常な(笑)、いかれたマニア(笑)と言われてもしょうがないほど特殊な目線・価値観で綴っています。
でも目指すところはガーデナー皆さんと同じだと思います、
強く、美しく、個性的な花が欲しい。
そして可能な限りプレタポルテ的ではなく、リアルクローズ的な花を目指したいと思っています。

********

最近、こんな本を読みました。
「100円のコーラを1000円で売る方法」のコミック版です。
時間のない私は(^^;)要点がビジュアルで伝わるコミック版を購入しました(笑)
活字版はなんと第3巻まであるそうです。
その内容はと言うと・・・、
c0025140_20264950.jpg

その内容はと言うと・・・、

いかに駄モノでボッタクリするか? 
いえいえ、そんな失礼な内容ではありません(笑)

駄モノにいかに付加価値を付けるか??
いえいえ、そんな幼稚な内容でもありません(-_-;)

目的、目標、思想とか理念とか・・・、「誰のために何をする」
考え方次第で行動が大きく異なる。
花の育種に置き換えたらどうするべきか!
この本はそこを教えてくれた気がしています。
サラリーマン、営業の方や、社長さん、だけでなく
育種を目指す人にもぜひ読んでほしい1冊です。

強く、美しく、個性的な花
さらにその上に来るべきものは何か!  を教えてくれた。

********

ジベレリンの濃度や浸透時間が重要みたいなのですが、
温度はどうなんだろう?
重要なファクターなのか、気にしなくとも良いものなのか。

ある意味、化学反応と考えると温度が影響するように思います。

③ジベレリン浸透温度
これはどうする?
今後の作業性を考えれば常温がいい。
温度変化の少ない涼しい部屋とか、玄関とか・・・
でも、せっかく冷温庫(通称:マサオ君)があるのだから活用しよう。
たとえば20℃一定あたりでどうだろうか。


⑥高温処理は必要か?
これは8/29の記事「クレマチスの早期発芽に向けて その①」で記載した考えを踏襲しようと思う。
別の花ですがクリスマスローズの早期発芽経験者が重要視するのは高温処理期間です。
「キンポウゲ科の植物の多くは種が落ちた時にはまだ胚が熟成しておらず
胚の形成には高温期が必要・・・」と、されています。
何処までほんとかどうかは定かではありませんが、
私の経験上、少なくともクリスマスローズには高温処理期間が必須でした。
これを実施しないと発芽率が極端に低下します。
高温期に採取されるクレマチスにもワザワザ高温処理期間は必要なのか?
いろいろ調べても、この点はあまり議論されていません。
それはなぜ? んんん・・・勝手に都合の良いように解釈すると
「高温処理しなくとも上手く行ってるから議論に上がらない」と、仮定することにしました(笑)
特別な高温処理しなくとも、採種が夏なので高温処理は済んでいると仮定することにします。

ただし、より最善を尽くすなら
採種した種はサラサラ湿潤保管した方が良いかもしれない。
カラカラに乾燥した種は化学反応(生体変化)できないと思うので
湿潤保管の方が、より胚を生育限界まで引っ張りあげる(均一化してくれる)と思う。
よりバラつきを減らせると思う。

⑦低温処理は必要か?
これも悩ましい。
一度、冬を経験させる必要があるのかどうか?が興味あります。
必要と記載する人もいる、
考慮せず放置で11、12月の発根ピークを迎えるならば、
時間的効果か、低温の効果か、判断に迷うだろう。
その時、もやもやしそうだ(笑)

第一目標の:均一な発根  をもたらすために最適な方法は?あるか。
10℃一定で1ヶ月ぐらい過ごしてもらうとか・・・
ファクターが増えすぎて今季の試行は無理かもしれません。
でも気になる、気になる。
もう少し方法を検討しよう。

ここに書いている内容は、まだまだ仮説が多いです。
経験に裏打ちされた記述ではありませんので、信用してはいけません。
常識も疑うところから始める必要があります。
確かめるのは・・・、あなたです。

*************

現在、試料の候補はこれです。
母:麻生 x 父:星のフラメンコ
交配の目的は・・・特になく(笑)、この花しか咲いていなかったので(^^;) 
c0025140_202724.jpg

無難には白~赤の花が咲くと想定され、
個性的な花の咲く可能性は・・・期待できそうもないので
もう少し攻めた交配の種に変更するかもしれません。
[PR]
by nanami7kuri | 2013-09-05 22:53 | クレマチスの交配 | Comments(2)
Commented at 2013-09-06 20:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 大地 at 2013-09-07 23:28 x
非公開コメント20:52さん、こんばんは!
うんうん、人生の岐路となる本ってありますよね(^^)
強く、美しく、個性的な花 よりも
もっと大切な目標を見つけたんです。
迷った時はそれを判断基準にする。それのために何ができるか・・・
おおおーっ「○○を動かすには、△△が変わらねば」さすがです!
非公開コメントさんも深いものを見つけてらっしゃいますね。
このごろ少しグレることにしています(^^;)
大胆かつ繊細に、おおらかかつブレず 
注意深く楽観的に、熟考するけど直感的に
正反対のコンビネーションで(笑)
昔は園芸本を良く買っていたのですが、
最近は何か心に響く本を購入する年頃になってきました(^^;)齢かなぁ

クレマの種の処理は来週に廻し
ちょっとアジサイに浮気してきます。ごめん(^^;)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite