七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

クレマチスの早期発芽に向けて ⑥仕込み完了

いよいよ最後にジベレリン24時間浸水に続いて、48時間浸水させた種を取り出します。

c0025140_1101520.jpg

湿潤させたパーライトと共にジップ袋に入れて完了。
全部で10通りの条件でジップ袋を小分けしています。
あとはのんびりと発根を待ちましょう。
発芽が揃う条件を見つけられるのだろうか?
なにか新しい収穫があると良いのですが(^^;)
c0025140_1102291.jpg

んっ・・・
ジベレリン水溶液をかたずけようとしたとき思いました。
そう言えば、種の大きさで薬剤の浸透とか変わるかもしれませんよね??
今日は台風の雨でアウトドアのガーデニングが出来ません、時間がある、種もある(笑)
ジベレリン水溶液がもっったいなくて・・・
どうせならと、
実験のサンプルを追加しました。
4種類の交配 x 2条件を追加します(笑)。追加は24時間浸水のみにしよう。

さて、
低温処理10℃1ヶ月に投入する試料No.A3、A5、B3、B5の4つのジップ袋は
クリスマスローズの種が既に入っているデロリアンに入れます。
精密に言うと10℃から15℃の間ぐらいです。
すでに2012年のクレマチスの種も入れてあるので同じ箱の横に入れさせてもらおう。
あれ?ここで異変に気が付いた・・・
c0025140_1102826.jpg

2012年のクレマチスの種が発根していました。
だいぶあります!
見落としていました(^^;)
経験上、クレマの発根は急に伸びてきます。
こまめに観察しないとダメですね。反省が必要です。
今夜は緊急植えをしなければ・・・、長い作業になりそうです。

2012年種の発根の記事は明日に書きますね。あれもう明日になってる(笑)
これ・・・
低温から高温に気温が上昇するときに発根が目覚めるという感覚では無いです。
とは言え、発根していない種の方が多いです。
訳が分からんクレマの発芽です(^^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2013-09-16 02:38 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite