七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

梅雨時期のクレマチス、冬のクレマチス

先週に紹介した梅雨時期の6月のフォンドメモリーズは下の写真のように
リップがととても濃いのであります!
c0025140_1452952.jpg

一方、1月に咲いたフォンドメモリーズは下の写真
桜のように淡い淡い桃色さんで咲きます。
c0025140_1453553.jpg

今年は暖冬だったので1月でも咲いていた。
氷点下はいくらなんでも枯れてしまいましたが
この花は一年中咲ける四季咲き性の強さを有するのです。
季節で、気温で、まるで別の花のように表情を変えます。
四季咲き性はあればうれしいけど、私にとってはマストではないけど。

**************

クリスマスローズの植替えが終わったら、いよいよクレマチスの植替えです。
でも! ちょっとその前に梅雨時期のクレマチスを見に行こう。
麻溝公園に行ってきました。
ここは薬に頼らない栽培なので、一般家庭に近い状況が見れます(笑)
c0025140_1454195.jpg

管理事務所前ではいつものカガクさん
施肥が少ないのか?だいぶ細め。我が家並みの咲き方です(^^;)
c0025140_1454562.jpg

テッセンは無難に、綺麗で、美しい。
我が家ではもう咲き終わってしまったのに、なぜここでは満開なんだろう?
日照の条件はさほど変わらないようなんだけど・・・、涼しいのかも。
c0025140_1455063.jpg

立札の名前を信じると、下の写真の花はジェニー
もりもりと花盛りで咲いていた。
これならアジサイとも絡めるね!
c0025140_1455640.jpg

下の花は、マダムジュリアコレボン
何処の公園でも、誰の庭でも立派に咲いてくれる信頼性の高い花。
アナベルや、柏葉アジサイのスノーフレークなどの白いアジサイと絡めたくなった!
いつか手に入れて白アジサイと絡めたい。うどん粉にも強い。
c0025140_146321.jpg

紫の下の写真はエトワールバイオレット。これもうどん粉に強かった。
c0025140_146860.jpg

ぷりぷりっと可愛らしい押切さん
大きすぎず、小さすぎず、大好きです。
我が家に昔あったんだけど枯らしてしまった。
c0025140_146135.jpg

うどんこ病にちょっと弱いのです。
壺系の花の宿命ですかね。
c0025140_1462147.jpg

先日のオープン農場で、友達とうどん粉病の話になったときに
とても弱いと聞いていた篭口さんを見つけた。形と色艶はとても魅力的。
大地好みです!
でも・・・ほ、ほんとに弱い。うどん粉病で葉が真っ白(^^;)
c0025140_1462796.jpg

そして、
壺クレマのエリアに到着。あれっ・・・
なんと! ほとんど枯れている?  9割近くが枯れている。
ちょっと衝撃の光景。
c0025140_1463344.jpg

この公園、普通に放置栽培なのだろうか? でも、ある意味とても参考になります。
確かに我が家の壺クレマも全て絶滅した。
普通に日当たりが良くても、風通しが良くても、それだけではダメらしい。

そんな中で、うどん粉にかかりながらも頑張って咲いていたのは
下の写真の吹込でした。
それから這沢。押切。 この3種は比較的なんとか耐えるようです。
c0025140_1464073.jpg

この花壇の状況は勉強になりました。


先日、キッコーマンの豆乳を飲み終えた後、
パックをつぶして捨てようとしたら
とても気持ちが朗らかになる活字を発見しました!
c0025140_1464689.jpg

たたんでくれてありがとう・・・
畳むと初めて見える、こんなところに感謝の言葉が添えてあり、
明るい気持ちになれました。
c0025140_1465254.jpg

ただいまクレマチスの植替の真っ盛り。
クレマの植え替えは難しい。植え替えたくても絡んでいる(^^;)

でも最近はテクニックを覚えた。
蔓を解かずに、下だけ植え替えます(笑)
c0025140_146591.jpg

昨年は仕事が忙しくて、実生クレマチスの栽培を手抜きした。
その結果、今年は新しい実生がほとんど咲かない(^^;)
その失敗を修正し、今季はちゃんと手入れをしておきます。
我が家の耐うどんこ病試験、耐立ち枯れ試験、をパスしたシャラポアさん達よ、
お前の力を見せて見ろ!



[PR]
by nanami7kuri | 2016-06-13 08:30 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite