七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

実生クレマチスNo.063   時計ベルトの制作①

このところ大気が不安定で関東では局地的な豪雨が続きました。
雨と晴天の繰り返し。
実生クレマチスNo.063が立ち枯れてしまいました(>_<)
c0025140_23294727.jpg

どうしたもんじゃろのぉ~
神様はイジワルです(^^;)
この花はフロリダの血を引く赤花。
単色の赤では新規性の高い花と言えないが、将来に繋がる遺伝子を有する。
c0025140_23295329.jpg

次回咲いたら花粉親にぜひ使いたい。

***********
嘆いていても仕方ないので、時計ベルトの制作を進めます。
左の黒いベルトをお手本にして、今回は厚手のベルトを作ろうかと。
全くの素人なので、深く考えずにまずは初めてみよう(^^;)
c0025140_23295840.jpg

カッターで切り出して、ネジ捻という道具でステッチ位置に筋を付けます。
c0025140_2330391.jpg

A面の皮と、B面の皮を接着する接着剤は柔軟性が要求される。
ゴム糊にするか、Gクリヤにするか・・・
初めてなのでお手軽にGクリヤを選択(笑)
皮とGクリヤの相性は抜群で、接着に最適です。簡単には剥がれません!
ただし、速乾すぎて張り合わせ後に微調整不能でした。
c0025140_2330840.jpg

曲面の型を付けるためにテーブルの脚にゴムベルトで巻きつけて
圧力を加えながら乾燥させます。
溶剤の揮発が容易なのでホントに乾燥が早い。
市販のベルトと何か違うところを出したくて、デザインを加えてみました。
ちょっと子供っぽくなってしまった(^^;)まあいっか。続行します。
c0025140_23301388.jpg

なんとなく、ベルトっぽくなってきました!
時計部の厚みは5mm。こんなに厚いものに糸を通せるのだろうか?
c0025140_23301953.jpg

この時点で失敗が2点あります。
・皮が厚すぎて、ベルトとしては固すぎる。
  →もっと柔らかい皮で作るべし。
・皮が厚いと、バネ棒部の皮折り返しで皮が変形して幅が増加する。
  →A面の皮は薄い方が良い。

週末は糸でステッチします。
初心者には糸が美しく縫えるのだろうか(^^;)
少し雑な方が手作り感があっていい! とごまかそう(笑)



[PR]
by nanami7kuri | 2016-08-04 00:49 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite