七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

時計ベルトの製作⑤ 縫いとコバ処理

午前中は買い物、午後は時計ベルトの製作、夕方は水やり、夜は種の皮むき
そんなローテーションが毎日続いて夏休みも終わりそうです(^^;)
梅雨時期と異なり、この時期に採取されるクレマの種は良質で固く大きい。
今年も羽毛のような殻がたまってゆきます!
c0025140_2013192.jpg

時計ベルトの自作は、とても根詰める作業なので進捗はのろのろです(^^;)
今日は菱目打ちとコバ処理まで進めたい。
ブラックと、ライトブラウンの2本同時進行で作成中。
c0025140_201377.jpg

菱目打ちで一番 気を使うのが、時計ケース側の直角の穴あけ。
穴のピッチを合わせるのが難しい。
工具は4本打ち、2本打ち、1本打ちを揃えていますが
直角とピッチの両立は難しいのです。なんとか手抜きしたい(^^;)
c0025140_20131262.jpg

第一号の自作ベルトの製作経験から
時計ケース側のバネ棒と並行となる部分のステッチは、強度的には不要です。
確かに市販品もこの部分のステッチは、有ったり、無かったり、様々だ。
なのでライトブラウンのベルトにはバネ棒並行ステッチを削除しています。
c0025140_20131741.jpg

いよいよステッチを縫い込みます。
ブラックのベルトの糸は何色にすべきか・・・
悩んで悩んで、 結局今回のデザインはフォーマルを優先すべく、黒糸にしました。
c0025140_2013214.jpg

第二号なので少し慣れてきました。
テンション具合、ルーティーンの確立、この辺がコツのようです。
ベルト作製のなかで一番時間がかかり、一番肩が凝る(-_-;)
c0025140_20132687.jpg

それでもまだ、ステッチの直線性はプロにはかないません(^^;)
糸を縫い込むとベルトに硬さが出てきてフニャフニャ感は薄れてきた。
硬化処理せずにこのままいこう。まあいっか適当です。
c0025140_2013311.jpg

素人の割にはそこそこの完成度になりそう(親バカ)
それにしても黒皮に黒糸だとフォーマルすぎたか・・・
手作り感とか、個性はとても薄れてしまった。

なのでライトブラウンのベルトには焦茶の糸を使用して、やや個性を持たせよう。
トコフィニッシュでコバに磨きをかけたところが下の写真。
このままだと2枚合わせの皮が丸見えな状態です。
c0025140_20133683.jpg

なので今回は、コバ部にコバスーパーを塗って皮の断面を隠してみました。
将来的にバリの発生を抑制するために0.5mmほど裏面にはみ出させてみた。
c0025140_20134342.jpg

コバの断面を塗装すると仕上がりが美しい。
ただし手作り感は薄れた気がする。
c0025140_20135380.jpg

また今は良いが、コバ塗りは使用によるエイジングを重ねて行ったとき・・・
ジーンズや焼物のように
汚れや傷を 美しいと感じることが出来ないかもしれない。
私の価値観からすると、これは意外にちゃんと考えなければならない。
c0025140_20135925.jpg

ついにパーツが完成です。
早く装着したいけど、コバが乾燥するまで組み立ては我慢しよう。
明日まで我慢、我慢(^^;)

自作の時計ベルトに於いて、
自分の価値観として何を一番に拘るべきか・・・
なんとなく見えてきた気がする。
「エイジングを重ねて行ったとき、汚れや傷を 美しいと感じることが出来るベルト」
ここを目指そうと思う。
使ってゆくうちに味が出るような物。
自分の技術力で、それが作れるとしたら どういうベルトだろうか?
ひとまず、具体的ベクトルは「ゴッツい分厚いベルト」に戻そう。
その方が手作り感や、個性を出しやすいし
何より簡単で、粗雑な技術が許される(笑)あははは

午前中は、手芸屋さんを開拓しようとアクティブに跳び回る!
手芸屋さんに出入りするエロいオジサンは少ない(笑)
ちょっと恥ずかしいぞ(^^;)
c0025140_2014478.jpg

そしてお宝を発見!
皮の端切れ。¥200~¥300と嬉しい価格。
穴が有ったり、傷が有ったり、模様が均一でなかったりと
面積的にも到底カバンなどには使用不可能で、財布や筆箱などにも困難
でも、時計ベルトには十分な面積だ。嬉しい事です。
そして、いつかはクロコダイルに挑戦したい。

まだ作りたいけど・・・残りの夏休みは のんびりしたい。
私にとって、花の品種改良も、皮工芸も 同じ楽しさを感じる。
ホントは車やバイクをカスタムしたいが金が無い(^^;)



[PR]
by nanami7kuri | 2016-08-14 22:10 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite