七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

時計ベルトの製作⑥ 完成3本目

新しく自作の時計ベルトが2本 出来上がりました。
さっそく時計に装着してみます。
c0025140_18304590.jpg

黒ベルトはセントジョイナスの5013-02に装着してみました。
c0025140_18305441.jpg

ブラックフェイスに黒ベルトは、当然ですが無難に似合う。
でも、ベルトがおとなしいフォーマルなデザインなので個性の主張は控えめ。
手作りだとは気が付いてもらえないかも(^^;)
c0025140_18305968.jpg

前回書いたこの皮は柔らかすぎです。
長期に変形したまま保管すると形が崩れないか心配だ。
それから写真だと解りにくいのですが、やはり時計の厚みとのバランスが悪い。
この黒フォーマルなベルトには薄い時計が必要だ
ちょっと骨董市で探してきます(笑)


意外に時計との相性に苦労したのがライトブラウンの自作ベルト。
いろいろと着せ替えてみたのですがイマイチです。
BROOKIANA(ブルッキアーナ)のBA1655-BK に装着してみましたが
デフォルトの黒ベルトの方がデザインが活きるよなぁ
c0025140_1831445.jpg

シルバーのZeppelin製の7640M-1に装着するも・・・うむむ
この時計には黒か焦茶のベルトが似合うだろう。
c0025140_183188.jpg

Thomas Earnshaw社のES-8046-01でも活かせません。
無難には この時計も黒か焦茶のベルトが似合うだろう。
c0025140_1831143.jpg

コバをもう少し濃い色にすると落ち着くかもしれません。
コバスーパーのラインナップには無いので、そのうちに色を混ぜて塗ろう。
いや待て、同色のコバ塗装は容易だが、異色だと綺麗に塗り分けるのは難しいぞ。
逆にコバを汚すダメージ着色ならどうだ?塗料の乾きかけを乾いた布で擦るとか?

ニスのように半透明なものがあると楽だけど、
既にコバスーパーを塗布してしまったので色差が出ちゃうだろう(^^;)
新たに染の技術を習得しないとダメか?いやそこまで深くこだわるのは止めておこうよ。

ライトベージュのベルトは時計との相性が難しいのですね。
時計の色が青、白、金あたりが似合いそうです。
思い切って青い時計を探してこよう(笑)


ここまでの自作ベルト3本の集合写真です。
c0025140_18312052.jpg

c0025140_18312654.jpg

次回は無難に、分厚い黒ベルトを作ろうと思います。
皮の厚みを自在に調整するための皮包丁を買ってきた!
これでデザインの自由度upに貢献するはずだ。
しかし、このベルトの自作・・・、大変な作業です。
手を出すべきではなかった(笑)肩が凝る凝る(^^;)

***** 追記 *****

遊環に装飾があった方が手作り感、高級感が増すように思えたので
それぞれのベルトの遊環にもステッチを追加しました。
その作業だけでも1時間かかってしまうのです(^^;)
c0025140_19443637.jpg

c0025140_19444521.jpg

そう言えば改善点を1個見つけた。
今回のベルトの長さは、深く考えずに純正ベルトの長さに合わせてしまった。
純正ベルトって、たっぷりとした長さが無い場合が多いのです(^^;)
ライトベージュの方は、せっかくの遊環に十分に重ならない(笑)
次回はあと15mm長くつくろう





[PR]
by nanami7kuri | 2016-08-15 19:36 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite