七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

オーストリッチのリサイクル②

オーストリッチのカバンをリサイクルして、時計のベルトを手作りしています。
その②回目
さあステッチを入れてゆこう!

c0025140_21545841.jpg
22mm幅用の自作ベルト16本となる こちらの4枚合わせの厚手には
ベージュのステッチを入れました。
背面には豚の床面を使用してフワフワでサラサラ。
高級感重視のデザイン、その代わりに汚れに弱いだろう(^^;)
エイジングと考えるべきである。
c0025140_21550332.jpg
20mm幅用の自作17本目の2枚合わせベルトにはブラックのステッチ。
穴は3連の Φ1.8mmで穴あけ。
この3連ポンチのおかげで失敗は無くなりました(笑)
c0025140_21550929.jpg
6時側ベルトの先端はビンテージなデザインに合わせて
とっても尖がり仕上げ。
c0025140_21552184.jpg
裏面のステッチの直線性にも気を配りました。
表裏が逆でもイイかも(親バカ)
c0025140_21561380.jpg
焦げ茶のオーストリッチに ブラックのステッチは
一見するとちょっと物足りないようなイメージです。
でもビンテージ感はこちらの方が演出できそうです。
ワイシャツにはこちらの方が似合うはず。
先端にクイルマーク(毛穴)が来てしまい手こずりました(^^;)
c0025140_21561860.jpg
コバは時間をかけて仕上げました。
固めて、削って、固めて、削って・・・を繰り返し
レザーコート(マット)で仕上げました。
c0025140_21562586.jpg
調子が良いので18mm幅用も作ってしまおう。自作ベルトとしては18本目になります。
同時に並行して作ると、待ち時間が無いので作業効率が良いです。
その代り、休みなしで大変ですが(笑)
c0025140_21563295.jpg
18mm幅用は我が家のメンズ時計では最も細いので
一番ボロボロのこの部分を12時側ベルトに使っちゃおう!
c0025140_21573694.jpg
なんとか活かせました。
18mmから17.5mmへ幅が変化します。
c0025140_21574573.jpg
世界陸上4x100mリレーを見ながら
調子こいて作業していたら・・・
注意力が散漫でした。
12時側ベルトの先端付近のカットをミスしてしまいました(-_-;)
画像の中心部の切断が脱線。なんとか修正しなきゃ。
c0025140_21575233.jpg
そして再び、
ベルトへのリサイクル用にオーストリッチのカバンを買ってしまった。
今度はライトブラウンの上質な革なのです♪
金時計に似合う色合いです。
時計のベルトにはクイルマーク(毛穴)がちょうどいい大きさ。
c0025140_21575803.jpg
もちろん新品は高価で買えないので中古です。
オーストリッチの場合、カバンからリサイクルするのには
沢山のメリットがあります!
①端切れよりも上質な部分を使用している。
  クイルマーク(毛穴)が大きくて均一。
②端切れよりもリーズナブル!
  このカバンから時計ベルトなら9本は作れそう。

でも、あまりにも綺麗な状態なので分解するのがもったいない。
しばらく婆ちゃんに使っていただくことにしました(笑)





[PR]
by nanami7kuri | 2017-08-13 01:00 | 自作の時計ベルト | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite