七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:自己紹介♪( 34 )

時計ベルトの製作⑨ 5本目はビンテージ

先日、骨董市の時計店でジャンクの山の中から探してきた時計に
ベルトを作ってあげよう。
時間が無いので今日は簡単に書きます。
c0025140_23363936.jpg

今回はこの時計のベルトを作ります。
SEIKO5 ACTUS SS の6106-8450
こいつには新しいピカピカの皮よりも、年月を経た風合いの
ビンテージなデザインで行こう!
わざと傷のある部分を使います「年月を経た風合い」を引き出せるかが勝負だ。

初めは2枚の貼りあわせで設計しましたが・・・、ちょっと薄いか?
急遽、3枚貼りに変更しました。
c0025140_23364563.jpg

目立つところにキズの部分を配置しました。
3枚合わせのコバ(断面)はバームクーヘンのようです。
このコバは塗装せずに、このまま見せよう。その方が味がある!
c0025140_23365042.jpg

今回のベルトは普通の尾錠を使います。
18mm幅のちょうど余りものを再利用しました。
c0025140_23365627.jpg

今回初めて白のステッチを採用してみました。
少しカジュアルに戻す。
c0025140_2337295.jpg

皮にキズがあるような部分を使う場合、糸のテンションは一定ではダメだ。
固い部分、柔らかい部分、それぞれに合わせて微調整が必要でした。

さあ、組み立てるとこんな感じ。
c0025140_233797.jpg

苦労して3枚貼り合せに変更して良かったと思う。
質感と存在感が増した気がする(親バカ)
SEIKO5 ACTUS SS の6106-8450の再生。
c0025140_23371686.jpg

c0025140_23372193.jpg

尾錠と遊環はこんな感じ。
遊環のコバ処理が終わっていないです(^^;)
c0025140_23372626.jpg

今回、初めてノーマルの尾錠を付けてみました。
ベルトの厚みを考慮せずにデザインできるので、意外に楽!
ノーマルの尾錠は安いし!!
毎日、同じ時計を会社にしてゆく場合は、絶対にDバックルがいい。
ベルトへの負荷が軽減されるからだ。
ただし、めったに使わないのであればノーマル尾錠もありですね(^^)
c0025140_23373369.jpg

せっかくベルトを作ってあげたのに・・・
この時計、最近調子が悪いです。
1時間で5分遅れる(^^;)あららら。

次回もジャンク品の時計にベルトを作ってあげよう。
Citizen jet Auto Dater AD160601に 蛇皮で挑戦してみます。
この時計は唯一、正確に動いています(笑)



[PR]
by nanami7kuri | 2016-08-29 00:48 | 自己紹介♪ | Comments(0)

時計ベルトの製作⑧ 4本目完成

時計のベルトの自作も、いよいよ4本目が完成します。
花の世話が一段落している今のうちに集中して作っておこう!
尾錠用の穴をポンチで打つ抜いたら完成です。
c0025140_2322284.jpg

とりあえず完成。
このゴツゴツした岩の様なシワが個性的な皮ベルトです。
ティファニーの様なデザインの時計に似合うと思う。高くて買えませんが(^^;)
c0025140_2322742.jpg

今回のデザインは、ダメージ加工の黒皮で分厚いやつ、でもフォーマル!
Thomas Earnshaw社のES-8046-01に取り付けてみました。
ブラックフェイスには黒のべルトが無難に似合う。
c0025140_23221231.jpg

今回の自作ベルトのコバ処理は、コバスーパーの黒を塗ってみました。
半乾きの時に指で擦ってザラザラの艶消しに。
厚皮なのにフォーマルな変わり者。
c0025140_23221764.jpg

この時計ES-8046-01は買ったその日にミラネーゼに取り換えてしまっていたので、
黒皮ベルトに戻すのは久しぶり(笑)
無難に似合うよね黒は。
オープンハートにレトログラード、流線型のケース、だいぶ個性的なヤツなのです。
c0025140_23222174.jpg

来週はこれで会社に行こう!
あっ、遊環がまだ出来上がっていなかった(^^;)


自作ベルト3本目のライトブラウンはコバを塗りなおしました。
コバスーパーのマルーン。
c0025140_23222512.jpg

この場合、サイドが濃い色の方が落ち着いていていい感じになりました。
BROOKIANA(ブルッキアーナ)のBA1655-BK に付けてます。


そうそう、廉価版のDバックル両開きタイプを試しに購入してみました。
さっそく自作ベルト2本目のセントジョイナスの5013-02に取り付けてみました。
何が廉価版なのかと言うと、
サイドプッシュのオープナーが付いていないのです!
c0025140_23223271.jpg

腕から時計を外すときは、ベルトを無理やり引いて開きます。
ロックが固すぎたり、緩すぎたり、するので(^^;)
ヤスリで自分の好みに調整しないと我慢できない。
c0025140_23223773.jpg

確かにお安いのですが、
サイドプッシュを一度使ってしまうと・・・、もう戻れないかも(^^;)



[PR]
by nanami7kuri | 2016-08-28 00:45 | 自己紹介♪ | Comments(0)

時計ベルトの製作⑦ 頑張れジャンク品の時計

近所の骨董市に行ってきました。
最近は時計のベルトを自作する趣味にハマっているので
骨董市で自作ベルトに付けるための時計を探します。
普通は時計にあうベルトを買うのですが、逆ですよね(笑)

骨董のカテゴリーになうような時計は高くて手が届かないので
ジャンク品の動くものを探してきました(^^;)時計の残骸の山の中から探し出す。
ボロボロなんですけど・・・まだ動く、どこか愛らしい。
やめときゃいいのに3個買ってきました。
時計としての価値はゼロに等しいぐらい、ほんとボロボロです(^^;)
でも頑張って動いています。

*******
1個目はSEIKO Sportsmatic5 というオートマチック
c0025140_21285572.jpg

文字盤にはSeiko Sportsmatic5と書いてあります。 
SEIKOのロゴが現代と異なる古そうな感じ。
風防は傷やヒビだらけ。
店主いわくこの年代の風防はプラスチック製のものが多いのだそうです。
意外なことに一部の時計の歴史はその時代の技術の変化に伴って、
ガラス→プラスチック→ガラスと変移していったのだそうです。
c0025140_212902.jpg

裏面は、あれっ? つるつる??
しかしよく見るとイルカ?(またはクジラ?)の絵と、文字があります。
SEIKO WATERPROOF STP 41897 と書いてある。
c0025140_2129684.jpg

調べて見たら廉価モデルらしいけど、
なんと私が生まれた頃の時計でした。驚き!
そして、1時間で3分程度進んでしまう・・・(^^;)
もう私と同じように疲れているんだろうなぁ~

*******
2個目はSEIKO5 ACTUS SSというオートマチック
c0025140_21291192.jpg

文字盤のSEIKOの書体が現代のロゴと同じなので私よりもやや若い。
しかし、この妙にレトロなケースデザインが気に入った!
c0025140_21291729.jpg

裏面の刻印は6106-8450と書いてある。
c0025140_2129238.jpg

3個のうちで最も程度が良く、誤差も少ない。
時計として使えそうです(笑)
このレトロなデザインは皮ベルトに向いている。
新品の美しいベルトでは似合わないので、わざとダメージ風のライトブラウンを作りたい!

*******
3個目は一番ボロボロな時計。
文字段にはCitizen jet  Auto Dater と書いてある。
可愛そうなぐらいボロボロなんだ。
なんせジャンクの山の中にあったので、でも動いていて・・・
c0025140_21293113.jpg

風防がドーム型で、文字盤もドーム型。
とてもレトロな雰囲気のあるデザインです。
c0025140_21293712.jpg

一見これも裏面がつるつるですが、良く見ると・・・かすかに文字がある。
STAR Citizen jet  Auto Dater AD160601
c0025140_21294220.jpg

調べてみると、私よりも年上らしいのです。
ボロボロだけど頑張って動いています。誤差も少ない。
これが新品の頃は爬虫類のベルトが似合ったろうに・・・
もう少し私の皮細工の技術力が上がったら、爬虫類3枚重ねベルトを作ってあげよう。
私には市販品の様な精密な加工が出来ません。
なのでゴッツイベルトは作れても、繊細なベルトは無理だ。
手作りに適した爬虫類デザインを考えなければならない。


これらのジャンク時計のベルトを作るその前に
まだ現代の時計のベルトを作りたい。
22mm幅の厚い黒ベルトを作るために、新たな皮の端切れを買ってきました!
c0025140_21295015.jpg

型押しではなく、ダメージ加工された黒。
イイ感じに個性を出せそうな気がする。これが なんと! 端切れなので¥400
薄いので表面で使いやすい。この無秩序なシワの模様がちょうど良い。
c0025140_21295739.jpg

新たな工具を買ってきた。皮包丁。
ベースとなる厚皮の厚さをコントロールするのに重宝します。
c0025140_2130456.jpg

ベースとなる厚皮と、ダメージ加工の表皮と接着。
c0025140_21301440.jpg

ちょっと高級感があるかも?
c0025140_21302196.jpg

糸は個性を引き立たせる白にするか?フォーマルな黒にするか??
迷って迷って安全な黒にしました(^^;)
c0025140_21302916.jpg

なんとなくベルトになってきました。
作業はだいぶ慣れてきましたが、集中して作業できないのでここまで2日がかり(笑)
このベルトは厚い、硬い、長い。
c0025140_21303851.jpg

コバ処理は来週末かな。
色々なメーカーの尾錠(バックル)を手配しました。
両開きのDバックルでは、使用可能なベルトの厚さに限界があるので、
片開きDバックルや、ノーマル尾錠も現物を見て、楽な加工を考えてみます(笑)



[PR]
by nanami7kuri | 2016-08-22 00:54 | 自己紹介♪ | Comments(0)

SL碓氷 ググッとぐんま~

C58パレオエクスプレスがとてもよかったので
またまたSL に乗ってきました!

ググッとぐんま観光キャンペーンのイベントの一つSL出発セレモニー。
な、何とこの日は、D51(SLレトロ碓氷)とC61(SLみなかみ物語)が
同時に高崎駅を出発するSLマニアにとってスペシャルな日なのです。

例によって爺婆が乗車し、私は車で追いかけです(^^;)あはは
今回は、D51(SLレトロ碓氷)に乗車です。
まずは4番線にD51の入線
c0025140_2385626.jpg

つづいて5番線にC61がばんえつ物語の客車を引いて入線、ボイラーが暖かいです。
鉄ちゃんたちの気迫もすごい。
台風18号の影響によるどしゃ降りの雨もなんのその。
c0025140_2393100.jpg

この日は警備員さん駅員さんによる警備も厳戒態勢。
確かにごった返していて危ないものね!
なので残念ながら停車したSLの前方へは進入禁止でした(^^;)

汽笛の爆音を鳴らして9:56に2台のSLが同時に発車してゆきました!
SLはしばらく並走して走ります。
婆が車内から撮影したビデオには鉄ちゃんたちの撮影部隊が
沿線に集まっているのが映っていました。
c0025140_2391066.jpg

彼ら鉄ちゃんが撮影してくれたSLの並走シーンはネットに数多くupされていて
力強く走る姿を見ることが出来ます。
うおおお~、こうして走っていたのか!
ありがとう鉄ちゃん(^^)


さて、私はD51(SLレトロ碓氷)を追いかけます。
終点の横川駅までレッツゴー  間に合うかなぁ・・・
c0025140_2392157.jpg

途中、トレーラーに先導されのろのろでしたが、
奇跡的にSL到着の3分前に横川駅に到着!
入線するD51のビデオ撮影に間に合ったぁ・・・
c0025140_2392864.jpg

この、どしゃ降りの雨の中でビデオを撮影している人は・・・数少ない(笑)
ほぼ貸切状態のホームでD51の入線が撮影できました。
雨は最悪だったけれど、雨に感謝かなぁ??(^^;)
c0025140_2393599.jpg

乗客が去った後、とりあえず記念撮影。 爺婆うれしそうです!
なんだかSLを見ていると力をもらった気がしてくるから不思議。
c0025140_239441.jpg

なんで名前にレトロが付くのかと言うと・・・、客車が渋い。
c0025140_2310970.jpg

特に1両目に連結されていたスハフ32って、床が木の板でできています。
SLばんえつ物語やSL銀河のグリーン車も素敵だけど、こちらは渋いです
いつかスハフ32にも乗ってみたいね!
c0025140_2310184.jpg

運転士さんとも記念撮影させてもらいました。
実はイケメンさんです、モザイクで見せられなくてゴメンなさい(笑)
c0025140_23125999.jpg

記念に炭水車の石炭をおねだりしました。
我が家の家宝にしますね、ありがとうございました。
c0025140_23131686.jpg

横川駅のホームでは安中総合学園高校の和太鼓が披露されていました。
とんどこ、どんどこ・・・和太鼓ってSLに合いますね!
君たちカッコいいぞ、素敵な演奏をありがとう。
c0025140_23132998.jpg

横川と言えは・・・釜飯です。
ホームにもあるのです釜飯のお店。記念に食べていこうよ
c0025140_23134534.jpg

c0025140_2314158.jpg

でも、雨で寒いので天ぷらそばにしました(笑)
美味かった~
c0025140_23141250.jpg

台風18号の影響はやみません。どしゃ降りの雨が続きます。
明日、関東直撃なのですが幸いなことに今は風が無い。
SLにパワーをもらっているので、雨に負けず軽井沢へ行きます!
わざわざ、碓氷峠の旧道で軽井沢へ・・・

途中の碓氷湖。 
湖畔にかかる個性的な2本の橋が情緒あります。
晴れた日にはぜひ一周したいな。
c0025140_23142724.jpg

c0025140_2314597.jpg

そして、目的の「めがね橋」に到着です。
c0025140_2315954.jpg

その昔は汽車が走っていました。
現在は廃線になってしまいましたが重要文化財で残されています。
確かに、その価値があります。
美しい。
c0025140_23152382.jpg

橋の上は現在は遊歩道になっています。
こんな感じ。
c0025140_23161075.jpg

c0025140_23192194.jpg

橋の両端はもちろん・・・トンネルです!
このトンネルもまた渋い。
c0025140_23162333.jpg

つづいて軽井沢に到着。
c0025140_23164228.jpg

お目当てはこの2つのお店です!
珈琲屋さんの珈琲歌劇(左)と、栗の和菓子屋さん竹風堂(右)
c0025140_23165954.jpg

まずは珈琲歌劇さんに行ってみよう~
雰囲気と器が素敵なんだよね!
c0025140_23171483.jpg

あらっ??
本日、貸切中だって。ええぇ~(^^;)まじかぁ
c0025140_23172815.jpg

気を取り直して、おとなりの竹風堂さんに行きましょう。
ここには私の大好きな特別なソフトクリームがあるのです。
c0025140_23174485.jpg

んんんー!(^^)! おいしい。
来てよかった。
栗あんソフトに僕の心は救われました。
珈琲歌劇さんは次回リベンジですね!
c0025140_2318052.jpg

話の種に旧三笠ホテルを見学です。
サイディングではなく、木造でここまでやるとは凄いです。
c0025140_23181024.jpg

c0025140_23182471.jpg

気が付けば5時近くになっていました。
そろそろ帰ろう。
なぜかSLはいつも雨なんだよなぁ。
次はC61に乗りたいそうです(笑)必ず行こう!

明日はクリスマスローズの植替えしよう。
[PR]
by nanami7kuri | 2014-10-11 01:19 | 自己紹介♪ | Comments(2)

いざ鎌倉・・・彫

実は先日も・・・近所の骨董市に行ってきました(^^;)
面白いものがゴロゴロあってマニアにはとっても楽しいひと時です。
収集癖を全開で行ってみよう!
c0025140_22341818.jpg

しかし今回こそ財布の紐は固くいくぞと心に決めて(笑)
クレマものの漆器は4点ほど見つけましたが、心を鬼にして見送りました。
しかし、しかし・・・
直感的にびびっと来て、飛びついてしまったのはこれ!
鎌倉彫の大皿さん
c0025140_22342322.jpg

牡丹の柄で直径33cmの大物
クレマチスやクリスマスローズとは関係のない柄でしたが
直感的に美しいと感じたので・・・迷うことなく「おじさんこれください」(^^;)
実家の母へのプレゼントにしよう!
と自分に言い訳して、収集癖を満たしましょう(笑)
裏には「鎌倉彫〇〇謹製」の印と、「清」の刻みがあります。

****

とは言え、私も母も 鎌倉彫の価値が良くわかっていない人なので
ではでは、ドライブがてらに行ってみましょう。
いざ鎌倉!
c0025140_22342760.jpg

4号線が大船まで開通し、原宿は立体交差に改良されたので快適に走行。
表参道や小町通りを歩くのは久しぶりです、
子供が小さいころに一緒に来た以来だなぁ。
c0025140_2234328.jpg

それにしても賑わってますね~
人、人、人ぉおおお(^^;)です。意外なのは若者の観光客が多いこと。
高齢者の参拝の町のイメージは何処へやら・・・若者の街でした。
路地の奥まで楽しいお店でいっぱいです。
c0025140_22343864.jpg

この町は、食べ歩きも楽しみの一つ(笑)
ソフトクリームとか、ソーセージとか、カキ氷 いろいろです。
なんと! さつま揚げ屋さんを発見。吸い込まれてゆきました。
c0025140_22344296.jpg

きたーっ、
我々は地ビールと言う言葉に弱いのです(笑)きゅーっと吸い込まれてゆきました。
c0025140_22344720.jpg

何にする?
こんな時は、いつもと違うクセのあるやつがいい。
ブラウンエールって言う黒ビールにしました。
c0025140_22345412.jpg

変わったものを見つけました。
「きんつば」のお店。
c0025140_2235041.jpg

見よ!このラインナップ(笑)
芋と、焦がしきな粉と、カボチャを買って帰りました。
あっ・・・ノーマルな小豆を買い忘れました(^^;)
c0025140_2235812.jpg

肝心の鎌倉彫のお店は 頑張りました鎌倉彫の資料館を含めて7軒を見学してきました!
どうやって彫るのか、どんな工程で漆を塗るのか、
どんな物があって、どんなデザインがあるのかetc 教わってきました。
お盆やお皿が主流ですが、さすがに30cm級のお品は驚きのお値段なのですね。
一品一品 丹念に手をかけて彫り上げた工芸品ですのでうなずけます。
でも、なかなか手が出せないお値段だなぁ(^^;)

今回、骨董市で手に入れたものは彫が深くて、デザインも気に入っています。
厚みがあり底が湾曲しているのでお盆では無いようです。
桃皿とか菓子皿のカテゴリーのようです。
彫が深いので工芸品としての芸術性は高いけど、実用性はきびしいかな(^^;)
c0025140_22351595.jpg

一方で、茶器を乗せるお盆は実用性が要求される。
茶器がカタカタしてはいけないから、平面的でなければならない実用の制約の中で
模様にデザインに芸術性を表現しなければならないから大変かもなぁ。

初心者ながらいろいろお店を廻って、私の嗜好の絵柄について思ったのは、
ボタニカルアートにようにあってほしいけれども、リアルすぎてもダメ。
どこか抽象的でややエッジを残す深い彫込が好きみたいです(笑)
鋳造の工芸品と一味異なる、彫によるシャープな一面が残っていてほしいのかもしれません。
まさに今回、骨董市で購入したのが私のストライク。

c0025140_22352852.jpg

もうひとつ気になっていたことがあって・・・
この器には絵柄の余白部分に鎌倉彫によくあるウロコのような彫がない?
いろいろと見学してみると同様なものも多々ありました。
これも初心者ながらの私の嗜好でありますが
絵柄が大きく大胆で彫が深い場合は、ウロコ模様があるとくどくなってしまうように思いました。
お盆の場合は逆で、平坦度が要求される浅い彫にはウロコ彫が欲しい!
今回のこの器に関しては余白に彫を施さずに正解なんだなぁと感じました。

裏には「鎌倉彫〇〇謹製」の印と、「清」の刻みがあります。
どんな方が作ったんだろう。
自分も作ってみたくなってきます。
c0025140_22352124.jpg

今回のドライブはいろいろと勉強になりました。
花と同じで、現物を見ないと解らないこと、伝わらないこと、価値観、自分の求める方向性
たくさん気づかされました。

花の育種と無縁のようで、無縁ではない。
繋がりっておもしろいですね!
クリスマスローズの苗達も涼しさに反応して新芽を伸ばし始めてきました。

さあ今週は仕事も忙しくなりそうだ。
苗を見習って頑張ろう。
[PR]
by nanami7kuri | 2014-08-25 01:04 | 自己紹介♪ | Comments(2)

秩父鉄道 SLパレオエクスプレス

圏央道が開通したので、何処かにつれてけとのリクエストがあり
秩父のSLパレオエクスプレスに乗車してきました!
またまた爺婆を連れてタントカスタムRSSAでGoです。
しかし・・・、私は車でSLを追いかける係です(笑)

ライン下りの後、長瀞駅からC58363に乗車します。
SLの迫力ってスゴイです。
こんなに昔の重たい鉄の塊が動いてしまうなんて、メカ好きの私は感動です。
c0025140_2235423.jpg

爺婆をホームで見送ったのち、私とワンコはSLを追いかけてみます。
間に合えばSLの走行シーンをビデオに収めよう!
c0025140_22354779.jpg

第1撮影ポイントは和銅黒川の付近の鉄橋サイドからです。
なんとか間に合った(^^;)渋いです。
c0025140_22362592.jpg

こちらは第2撮影ポイント、浦山口付近。
無人の第2カメラから撮影(笑)
c0025140_22363160.jpg

しかし・・・、第3撮影ポイントの安谷橋鉄橋は間に合いませんでした(^^;)
踏切待ちでSLに抜かされてしまいました。
この緑の鉄橋の上を走るSLはカッコ良かったろうなぁ
c0025140_22363582.jpg

終点の三峰口駅では、SLのメンテナンスを見学することが出来ます。
たっぷりとSLを堪能できますよ~
ボイラーの暖かさが伝わってきます!
c0025140_2236409.jpg

ロッドへのオイルの注入とかを目の前で見ることが出来ました。
昭和19年製だって。復活時のオーバーホールは大変だったろうなぁ
c0025140_22364629.jpg

転車台という装置で方向転換させる作業も見学できます。
かっこいいんだなぁ
c0025140_22365329.jpg

c0025140_2237034.jpg

普通なら、再び圏央道で帰るのだろうけれど
ドライブ好きの爺は雁坂トンネルで甲府を目指します!
タントよ! ターボエンジンの威力を見せて見ろ。

国道140号 滝沢ダム付近のループ橋
途中には蔓アジサイが咲いていました。
c0025140_2237695.jpg

雁坂トンネル直前の谷は深く険しい。
国道はトンネルと鉄橋の繰り返しです。なんて贅沢な道だろう。
あの先に見える黄色い鉄橋の向こうが雁坂トンネル入り口です。
c0025140_22371299.jpg

雁坂トンネルの入り口。このトンネルは峠のトンネルです、約6600mもあります。
長さも凄いが、標高も凄いです2200mもあるんだって。
おおっとメーターはマスクしておきましょう(笑)
それにしても低速トルク味付ターボとCVTの組み合わせは
3人乗車での山道でもまったくストレスを感じない。庶民の味方です。
c0025140_22371778.jpg

トンネルを出ると晴れていました
そして再びトンネルと鉄橋の繰り返し。
気持ちよく走れる贅沢な道だなぁ~、と思っていたら有料でした(笑)
c0025140_2237263.jpg

塩山を経て、勝沼ICから中央道、圏央道と乗り継ぎ
あっという間に1時間程度で地元まで帰ることが出来るようになりました。
圏央道たのもしい高速道です。

そしてビデオにまとめて完成です。
c0025140_22373330.jpg

この3連休は、ようやくのんびりできそう。
初日の今日は再び骨董市に行ってきました、後日upしますね!
またまた買っちゃった(笑)
あっ、アジサイ剪定とクレマチス採種でのんびりとはいかないかも(^^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2014-07-20 00:27 | 自己紹介♪ | Comments(2)

早稲田祭に行ってきました

婆ちゃんの大隈講堂が見たいとのリクエストに応えるべく
昨日、早稲田祭に行ってきました。
普通は電車で行くべきですが、高齢のため車で目指します!
とても運良く、戸山キャンパスの目の前のコインパーキングに停めることが出来ました。
c0025140_208975.jpg

それにしても、凄い人、人、人
若者のパワーが伝わってきます。
工学部のうちの息子は何処にいるのやら?
c0025140_2081689.jpg

大隈重信さんを発見しました。
c0025140_2082548.jpg

ちょっと何か食べようと、学生出店の回鍋肉焼きそばを食べていたら
お店のマスコットなんと大隈重信さんのお笑いレプリカが歩いていました(笑)
似てる? ちょっとヨーダにも似ています(^^;)
c0025140_2083190.jpg

ぐるぐるっと巡って大隈講堂前に到着!
おおおー、外観も渋いです、教会みたいな雰囲気。
金物の飾りや外灯の素材にも妥協がありません。
でも・・・、学費は下げてほしいのですが(笑)
c0025140_2083722.jpg

ちょうど吹奏楽の催しがあるので演奏を聴かせてもらうことに。
内部のデザインも凝ってます!
カクカクした部分が無い、レトロ調。シートも木製でデザインに凝ってます。
c0025140_2084491.jpg

早稲田吹奏楽団 Autumn Concert in 早稲田祭を聴かせていただきました。
ディズニー・ファンティリュージョンなど親しみやすい曲も演奏してくれました。
部員が多すぎて、一度にステージに立てないそうで
2部構成で全員参加なんだって!それっていいよね。
c0025140_208505.jpg

あいにくの通り雨。
でも講堂の外の特設ステージではいろいろなイベントが行われていました。
ステージの後ろには大きな電光スクリーンがあって
カメラで撮影された映像がそのまま映し出される演出になっています。
c0025140_2085627.jpg

カメラも5、6台使用していて、ビデオ編集が趣味の私にはうらやましい限りです。
いいなぁ、オジサンも参加したいです(^^;)
c0025140_209188.jpg

それにしても、人、人、人で大変です(^^;)
構内のカフェのテラスにようやく席を確保して一服休憩!
カフェモカシナモンがとても美味しかったです。
雨もやんだのでそろそろ帰ろう。

お土産に早稲田ビールを買って帰りました。

都心の一般道を走行するのは久しぶり。
アクティブに走らないと流れにのれないのですね(笑)
首都高に入って逆にほっとしました(^^;)あはは
[PR]
by nanami7kuri | 2013-11-03 21:39 | 自己紹介♪ | Comments(6)

SLばんえつ物語に・・・

私は2013年10月27日の朝、 新潟駅にいました。
台風27、28号の影響で雨が残りましたが、夜通し車を運転してついに新潟駅に到着。
c0025140_21544896.jpg

爺婆のSLに乗りたいとの願いを叶えるべく
SLばんえつ物語号(C57)のチケットを購入し、旅行の計画を練りに練りついにその日が来ました!
新潟発⇒会津若松行 です。
私とペットのワンコは爺婆を追いかけて車で高速を使って追いかけます(^^)
見送りのため新潟駅のホームでSLの入線を待っていると・・・
ん、ん??
c0025140_2155460.jpg

SLが来ません。
す、するとホームに冷たいアナウンスが・・・
「SL故障で、代わりにディーゼル牽引」とのこと。 ガーン(-_-;)
ええええええーっ!
ショックでガクガクです。

話が長くなるのでこれ以上 書きません(笑)
目的を失った旅行はキツイ。
気を取り直して(無理だけど)予定を柔軟に変更しましょう!
目的の先にある、本来の目的を果たす。

*********

夜・朝とバイキングでお腹もいっぱい。
気をとり直して、まずは五色沼自然探究路へ向かいました。
毘沙門沼
c0025140_10445774.jpg

予定では裏磐梯高原駅まで歩く予定でしたが、
爺の体調を考慮して毘沙門沼半周にしました。その分、イベントはフルコースにするでぇ。
沼の水面はエメラルドグリーンですね。
c0025140_2252367.jpg

紅葉もいい感じ。 秋ですね~
c0025140_2253011.jpg

さあ、みなさん。
次はわざわざ バスに乗りますよー。
ちょっと変わったバスです。超レトロなバス。
その名も「森のくまさん」です。
このバスなんと昭和42年製です。いすず製。
c0025140_10452524.jpg

当然、重ステです。
運転手さんは体全体を使ってハンドルを操作します(笑)味があります。
c0025140_2255164.jpg

そしてそして、
ガイドのお姉さんが超カワイイのです!(^^)!
SPEEDの島袋寛子さんに似てる感じ。
あっ!工藤夕貴さんにも似てますねー!
c0025140_2255840.jpg

バスのお尻もキュートです。
VWビートルのテールのように流線型です。窓も流線型でレトロですね~
c0025140_226990.jpg

このバスは1時間以上かけて、のんびりと桧原湖を一周してくれます。
湖を眺めながら、磐梯山を眺めながら、紅葉の道を抜けて、ガイドさんが可愛い~
裏磐梯へ行くなら是非お勧めします。
c0025140_2262163.jpg

景色の良いところではバスをしばらく停めてくれるので
外の景色と、美味しい空気を楽しめます。
c0025140_22363864.jpg

みんな外に出て深呼吸です。
空気が美味しい。
c0025140_22364978.jpg

それにしても、ガイドのお姉さんはカワイイなぁ(^^)
カンペなしで色々なことをガイドしてくれます。
時折、バスの方向転換でホイッスルを一生懸命に鳴らしてくれます!
c0025140_223707.jpg

もう一周乗ろうかな(笑)そう思える。
んそんな 良い雰囲気のレトロなバスでした。
自家用車から見る景色と一味違う裏磐梯を楽しむことが出来ました。
それにしても、ガイドのお姉さんはカワイイなぁ(^^)

*****

私が計画する旅行はいつも昼飯ぬきです(^^;)ちょうど痩せるかな。
時間を惜しんで、日中は全力で行動します(笑)あははは
次は、桧原湖の遊覧船に乗ってみよう。
c0025140_22371444.jpg

意外でした、
遊覧船から見る磐梯山は全容が見渡せてダイナミックだ。
c0025140_22372588.jpg

自然を満喫するために、いつもデッキから景色を楽しみます。
紅葉もいい感じだ。
c0025140_22373517.jpg

桧原湖にはたくさんの小島があります。
遊覧船はその小島を縫うように進路を進んでくれます。
けっこう湖の奥まで巡ってくれるのです。
c0025140_22374598.jpg

このあと、どうする? 選択肢は・・・
①のんびり猪苗代湖に行く
②ゴンドラでデコ平に行く
③一気に阿武隈洞まで行く
爺が選んだのは阿武隈洞でした(笑) 時間的にギリギリ間に合うぞ!
我が家の人たちは鍾乳洞が大好きなんです(^^;)

*********

私は昔、会社の同僚と15年ぐらい前に一度来たことがあるのですが、
でも、もう忘れてるなぁ(^^;)
山の上には風力発電の風車が無数に並んでいて豪快でした。
c0025140_10471697.jpg

鍾乳洞は探検気分が味わえるのがいいですね。
歩くのが苦手な爺も、足が軽い(笑)
階段もなぜか元気に登れます。
c0025140_2238698.jpg

おおー
c0025140_22381942.jpg

うおおおおー
c0025140_23284514.jpg

どおおおおおー
とても大きな空間です。
c0025140_23285681.jpg

映画エイリアンの宇宙船の中みたいにグロイが、すばらしい。
c0025140_2329520.jpg

数十万年かけて自然がつくりだした神秘の世界ですね!
探検を楽しむことが出来ました。
c0025140_23291623.jpg

無事に外界に・・・
なんだかちょっとホッとします。
もう夕日が山に沈んで、ようやく長い一日が終わろうとしています。
c0025140_23292689.jpg

久しぶりに常磐道経由で神奈川県に戻ります。
出だしのSLはこけたけど、自然は満喫できたようです。
さあ、ぶっ飛ばして帰ります!
いつか近いうちにSLリベンジしてやる。
[PR]
by nanami7kuri | 2013-11-02 23:51 | 自己紹介♪ | Comments(2)

レーダー探知機を付けた!

ようやく涼しくなりましたね、苗の植替えが出来そうです。
10月はイベントが多くて休日が足りない。また植替え地獄になりそうだ。
でも、その前に・・・
花の盗難が多いのでGPSレーダー探知機を付けてみた!
あはは(^^;)???そうはいかないぞ・・・


ともかく初めてGPSレーダー探知機と言われるものを装着しました。
お店でいろいろと機種の比較をしていたら、だんだんこだわりが出てしまい(笑)
Sellstarの最新鋭機AR-G70Mを購入しました。
地図上にターゲットを表示するちょっとリッチなタイプです。
おこずかいがスッ飛んでしまいました(^^;)
最近のカーロケは携帯電話回線を使用したシステムのようなので識別は困難だ
なのでこの機能としては期待しないことにしています。
楽しい美しいアクセサリーという視点で購入を決断しました。
待ち受け画面のデザインで決めたとも言う。
c0025140_17532812.jpg

美しく取り付けるのに、こだわる私は
工具持参でオートバックスの駐車場で自分で取り付けます。
不明点が出たら店員さんに質問できる、足りない部品も即調達、出たゴミも捨てれる。
そんなメリットが沢山あるのです。
c0025140_1754643.jpg

カーナビの取り付けに比べれば、今回は電源をつなぐだけなので簡単だ。
とは言えどもやり慣れない作業なので3時間かかりました(^^;)
私は内装をジャンジャン分解します。たまに元に戻せなくなりますが・・・
c0025140_1753423.jpg

炎天下で車いじりをしたら熱中症で倒れてしまいそうなので・・・
この作業も涼しくなるのを待っていました。決算期でもあるし!
配線は極力内装の中に隠すため外せるものは何処までも外して配線します。
ミラータイプに決めたのはダッシュボードに配線を見せたくないからでもあります。
c0025140_17542093.jpg

そして工事完了。
画面の明るさとかの細かいセッティングはこれからです。
私は助手席側に画面が来るように取り付けました。
GPSは10秒で測位との歌い文句通りにホントに速い。
アンテナはミラーの隅に内蔵されているので、GPS衛星の見える数が不利だろうと
心配していたのですがそれでも10個以上の衛星が見えています。たいしたもんだ。
c0025140_17535651.jpg

ネットの口コミ情報では夜間に明るくて邪魔との書き込みを見たので
心配していたのですが、そこは改良されていて5段階調整できます。
最暗モードは非常に暗くて夜間にちょうど良いです。
昼の地図画面も夜間モードに設定すると景色が透けて見えるので、
車の側面も視認性が良いですよ。

試運転中に早速パトカーとすれ違いましたが
やはりカーロケは反応しませんでした。そんなもんです。

車速パルスを得ていないのでトンネル内での位置精度がどれほどのものか、
期待はしていませんが楽しみにしています。

ターゲットを補足すると距離をカウントダウンするモードにしてみました。
うるさいかな?(笑)
はやく首都高速道路を走ってみたくてワクワクします。



次回は タキイのカタログ
いよいよ頭の中を 花モード に切り替えなくては!
[PR]
by nanami7kuri | 2012-09-22 18:43 | 自己紹介♪ | Comments(0)

あと少しです

実家の母から電話がかかってきて…
「種がはじけてるわよ!早く袋をかけなさい」と、あおられました(^^;)
今年はまだクリスマスローズの種の袋かけをしていません(笑)
週末にはなんとか30%ぐらいは済ませたい。

もうすぐクリスマスローズは種が取れ始めます。
同時にクレマチスの早咲き系の開花シーズンでもあります。
しかし…
それまでに終わらせておきたいことが、、、娘の吹奏楽部のビデオ編集です!!
c0025140_19484981.jpg

全ての演目のプロジェクトファイルは完成したので
だいたい80%は作業が終わりました。

上の画像は、一番時間をかけた部分。
ブルーレイディスクを挿入すると、
メニュー画面が現れるまでのあいだ自動再生されるイントロ映像の編集画面です。
この部分、約70秒の映像の編集に4日かけた(笑)筋金入りの親バカである。
今回はTBSのドラマ 仁のメインタイトルの演奏をバックに
映像、写真、タイトルが多彩なエフェクトで切り替わります。
効果がくどくならないようにエレガントに仕上げました。
今までの編集技術の集大成が完成!
c0025140_20525342.jpg

今回は一人で2台のビデオカメラを操作して撮影しました!
同じ場所からの2台の撮影ってどうなの??
有効な効果が得られるのか???
と、自分でもやってみないと分からない状態でしたが
リップル編集前提なら効果絶大です。
画面の切り替えも、ピクチャinピクチャもこなせます。
c0025140_20533544.jpg

1台は固定、1台はパン&ズームで撮影して
2つの画像の良いところを切り替えるので素敵さ倍増!(^^)!
しかもカメラワークのミスも補えるし…
2画像を同期させた後はリップル編集もチョイチョイです。
c0025140_20532348.jpg

自分で言うのもナンですが…とても本格的な(笑)親バカです。
このあと週末はいよいよBDメディアに焼きこみます。
ライティングソフトとの格闘が始まります
この一連の作業、映像の撮影と編集
始めるとのめり込んでしまう世界がありますよ~。
みんなが喜んでくれるのも私の幸せであります(^^)
[PR]
by nanami7kuri | 2012-04-20 21:23 | 自己紹介♪ | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite