七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:あじさいの交配( 80 )

アジサイの交配 実生の開花

今週はもう仕事でバテバテ(^^;) 二歩進んで三歩下がるぐらいかと(笑)
来週は発表と特許原稿の執筆でパンパン、大事な仕事に手を付けられない先送り。
なんとか気合で乗り切ろう!
Blog書いてる場合じゃないけど、書いてしまう自分である。

長雨の影響で、クレマチスはどんどん枯れこんでゆきます。
特に赤系は弱いなぁ
そんな雨の中でこそ輝きを放つのがアジサイの花です。
雨をものともしない・・・、いや 雨の方が調子よい(笑)

ちょっとアジサイの実生が咲いてきました!
この花はダンスパーティ x 隅田の花火
c0025140_22431571.jpg

八重のガクアジサイ、首の長い、桃色の花。花付も良好。
なんだか微笑ましいぐらい両親の中間型の花になりました
c0025140_22432062.jpg

だからと言って親を超えるような個性があるわけでもなく。
普通の可愛い花。現実はキビシイのです。

こちらは去年も咲いていた
ダンスパーティ x シンデレラ
水色の楕円弁は私の好み。ただし、花付が悪いようです(^^;)
c0025140_22432665.jpg

同じくこちらも姉妹交配の
ダンスパーティ x シンデレラ
楕円弁なのですが、花色がはっきりしないよね(^^;)
c0025140_22433157.jpg

私はアジサイの交配も行っているのです。
でも・・・、今季も目的の花粉が付かなかったので種まきはおあずけかなぁ
もしかしたら? 得られるかもしれない方法を思いついた!
来年それを得たならば有効な方法を見つけたと言える。

******

ホワイトガーデンを作るなら
絶対的なエースとなるであろう柏葉アジサイの「スノーフレーク」
繁殖力が旺盛なので広い庭の奥に植えたい。
この花は100年後も通用する、普遍的な存在だ。
c0025140_22433511.jpg

純白ではない、しかしオフホワイトは優しい趣でほかの花とも合うのです。


我が家で唯一の手毬咲の花「雨の物語」
アナベルのように小さい花がほんのり水色に染まるグラデーションがたまらない。
あまり注目されていないけどおススメの花です。
c0025140_2243424.jpg

一世を風靡した「隅田の花火」
私をアジサイの世界に引きずり込んだ花の一つ(笑)
この超長い花首が魅力であり、今までになかった個性なのです。
c0025140_22434888.jpg

こちらは山アジサイの剣の舞
こんなに美しいものが山に生えていたのか(笑)
c0025140_22435376.jpg

可愛い、美しい。
備前や信楽の鉢に入れてみたい。
昨年に植替え&水切れ対策を施したところ、それに答えて開花してくれました。
c0025140_2244080.jpg

この繊細さは何だ! 
いかん、やばい、可愛すぎる(^^;)
アジサイは日本の宝だと思います。

このピンクの八重ガクアジサイは
現在私が世界最強と思うべっぴんさん「ダンスパーディー」です。
c0025140_2244742.jpg

強く美しく多花性の花です。
アンジェリーナジョリーのような、シャラポアのような・・・
c0025140_22441426.jpg

この花、知ってる??
コンパクトな鉢植え向きの花「雨に唄えば」
2か所に植えた一つが酸性土の影響で水色に。
c0025140_22442196.jpg

「こんぺいとう」や「ピーターパン」におされて隠れた存在ですが
独特で繊細なムードを醸し出す。
c0025140_22442776.jpg

c0025140_22443596.jpg

これだからアジサイをやめられない(笑)
魅力あふれる花なのです。
[PR]
by nanami7kuri | 2014-06-14 23:47 | あじさいの交配 | Comments(2)

実生アジサイの植替え

我が家にはシンデレラの子供がいるのです。
ディズニーの物語からすると父親は王子様のはずなのですが・・・
セルフ交配です(笑)

今日は実生アジサイのお世話をしました。
7.5cmポットはそろそろ窮屈そうなので、植替えてみます。
c0025140_091424.jpg

2012年のアジサイの交配はシンデレラの実生しか採種できなくて
この年は唯一これだけが発芽しました。
大きな子は順調に大きいのですが、
右下の遅い子は遅いですねぇ・・・、でも枯れません。
枯れないと捨てられない性分で困ります(^^;)
というか、うどん粉に弱い子は淘汰されました。残った子は病気には強いです。
c0025140_091969.jpg

10.5cmロングポットに植替えました。
なぜだか葉が細いですよね? 
もしかすると剣弁の花が咲くかも??
このまま節間も短いままなら矮性になるかも???
生育の遅い子は更に小分けに植え替えてあげよう。
c0025140_092415.jpg

残念ながら今季はダンスパーティーの花粉を使用した交配は結実できませんでした。
なので今季の採種はゼロです。寂しい気もします。
アジサイの苗は大きくなるので場所が必要になります。
なので本命交配しか行わない自主規制(笑)をしていて・・・しょうがないです(^^;)
来年、剣の舞から花粉をいただきたくて先ほどは大鉢に植え替えてあげました。
倍返ししてこいよ!
[PR]
by nanami7kuri | 2013-09-09 00:40 | あじさいの交配 | Comments(2)

アジサイの終わり方     

アジサイの開花はピークを迎えています。
ややピークを通り過ぎたところかな?

先日、お花屋さんで驚いた。
生産過剰になってしまったのだろうか?
ダンスパーティーが¥210で店頭に大量に陳列されていた。
花が3、4輪付いている大株なのですが、確かに花色が薄れ始めているのでしょうがない。
驚きとともに、嬉しいような寂しいうような、市場の難しさを感じたのでした(-_-;)
もう今季の販売の適期は過ぎてしまったんですね。

我が家のアジサイも品種や花によっては見頃はもう終わりのものも。
「姫紅がくあじさい」は既に装飾花が反転しています。
c0025140_21144357.jpg

ノーブルも早い花は装飾花の反転が始まっていました。
c0025140_21145066.jpg

なんで装飾花は反転するのだろう?
蒴果を守るためなのだろうか。
でも両性花はむき出しのままだし・・・
下から見ると美しい(笑)
両性花が十分昆虫から目立つ??
アジサイの謎です。


柏葉アジサイの終わり方も、見方によっては美しいですよ!
今日はもう一つの楽しみ方をご紹介します。
c0025140_2114577.jpg

日向面の花は、茎元の花弁からピンクに染まりゆきます。
このソフトなグラデーションは優しげ、花弁が立体的に見えて美しい。
c0025140_211555.jpg

日陰面の花は、茎元の花弁からグリーンに染まりゆきます。
なんだか癒されませんか?
c0025140_21151584.jpg

なんだかいい。
意外にいい感じ。
装飾花弁はガク弁なので、花の終わり方がクリスマスローズ同様にグリーンに染まるようです。
バラーディアやエリックスミッシーのような優しい終わり方なんです。
[PR]
by nanami7kuri | 2013-06-29 23:11 | あじさいの交配 | Comments(2)

ダンスパーティの雄しべ     

我が家では花粉の出そうな充実した花茎のダンスパーティは
折られて盗まれてしまうので、
残念な思いをしなくていいように・・・、
柔軟な対応が出来るように・・・、
花粉採種できるように実家で大株に育ててきました!

去年は数本でしたが、今年は大漁です。
とは言え、ノーブルの1/20程度の量ですが・・・
c0025140_19425927.jpg

これが、ダンスパーティの雄しべです。
なかなかお目にかかれない奇跡の雄しべさん。
c0025140_1943697.jpg

拡大するとちょっと古そう。
いくらアジサイとは言え、花粉が濡れたらダメなのだろう??
交配の直前に粉を吹いたシベを見つけないと!
元気な雄しべの花粉に期待しよう。

この八丈千鳥とクロスします。
c0025140_19431390.jpg

八丈千鳥は蒴果が枯れこむことが多いので
種まきまでは安心できません。
[PR]
by nanami7kuri | 2013-06-17 22:21 | あじさいの交配 | Comments(0)

ダンスパーティの実生 その2     

今日は娘の演奏会なのである!
そんな時に限って・・・痛風発作が(^^;)
歩行困難、痛みで眠れず・・・とほほほ。健康は大事ですね。
それでも父は演奏会に行ってきました、痛たたたた(-_-;)

さて、
アジサイの実生の続きが咲いてきました。
今度は少し水色の花色です。
もしかして水色系の実生が咲くのは初めてかな?
土のphで大きく左右されるから何とも言えませんが・・・
母:ダンスパーティ x 父:シンデレラ の実生アジサイ 
c0025140_19303563.jpg

この子は楕円弁なので私好みです。
とは言え新しい個性を有するわけではないです。

このところ雨が長くつづきました、でもアジサイは梅雨をものともしません。
むしろ梅雨の方が花弁が傷まないので生き生きとしています。
私のお気に入りの「剣の舞」、今年は花粉が出ませんでした。
c0025140_19305115.jpg

我が家で古くからある名花「ノーブル」。
城ケ崎を大きくして水色にしたよな花になります。放置栽培でも花付良好の強健種。
しかし、もうお花屋さんの店先で見る事もなくなってしまいました。
c0025140_19305550.jpg

花首の長い、白のこの花は「隅田の花火」
一世を風靡したした名花ですよね。花首の長さを逆に強調した個性が素敵。
c0025140_1931045.jpg

昔、まだまだ市場に出回っていないころ、
遠路はるばる車を走らせて賀茂さんで購入したころの「ダンスパーティ」
今や店頭でアジサイと言えばこの花。
c0025140_193159.jpg

phのせいか我が家ではラベンダーパープルの色です。
撮影後、この花は折られて盗まれました。
やはり人気なのでしょうか、今季ダンスパーティが盗まれたのは2本めです(^^;)

柏葉アジサイはソフトな色合いですが、花姿は豪華絢爛。近くで見ても美しい。
品種改良で最近は色付きもあるようですが
オフホワイトもいいものです。
c0025140_19311048.jpg

これもマニアックな花です。
賀茂さんで買ってきたウエディングドレス。装飾花も両性花もすべて白の花。
c0025140_19311577.jpg

c0025140_1931196.jpg

この花は「城ケ崎」
多くの八重ガクアジサイの品種改良のルーツとなっている野生種。
完成度の高い強健なこの花が野生で発見されたなんて驚きです!
c0025140_19312571.jpg

このくるくるっとした花は十二単衣。遅咲き品種です。
c0025140_19313228.jpg

このギザギザの花弁は「星の桜」
ピンクで販売されていますが、我が家のphでは水色です。
水色だと私好みです(笑)
c0025140_19313757.jpg

c0025140_21203063.jpg

花粉は出やすいので八丈千鳥とクロスさせてみます。
ギザギザの細弁は綺麗なのか??(^^;)
赤ちゃんカマキリが獲物を待っていました(笑)
c0025140_19314447.jpg

画像が無いのですが、本日ダンスパーティの花粉を見つけました。
八丈千鳥とクロスさせてみます。
[PR]
by nanami7kuri | 2013-06-15 21:57 | あじさいの交配 | Comments(0)

ダンスパーティの実生たち     

アジサイの季節がやってきました。
それにしても雨が降りませんね(^^;)
アジサイにとっては降らなさすぎも困ったものです。
水を欲しがる植物なので水やりが大変です。

私は八重のガクアジサイが好きなので、そればかり植えています。
しかし唯一、手毬咲の花があるのです それがこれ!
「雨の物語」
c0025140_2303455.jpg

初めはオフホワイトで、時間とともに少しづつ水色に染まってゆきます。
その過程がとても美しいのです。
この青のグラデーションがとても好きです。
c0025140_2303950.jpg

ね!
でしょ!!
綺麗です。
アジサイ好きの方はぜひ実物を見てみてください。おススメです(^^)

さて、本題です。
ダンスパーティーを母親にした実生が咲き始めました。

この花は
母:ダンスパーティー x 父:シンデレラ
両親ともに八重ガクアジサイ同士の交配です。
c0025140_2304498.jpg

ピンクの楕円弁ガクアジサイになりました。
c0025140_230485.jpg



こちらの花は
母:ダンスパーティー x 父:ノーブル
両親ともに八重ガクアジサイ同士の交配です。
c0025140_2305363.jpg

こちらもピンクのガクアジサイになりました。
c0025140_2305757.jpg

ノーブル由来の青の絞り模様も出てきます。
c0025140_231485.jpg

ともあれ親を超えるような個性は有していませんねぇ(^^;)
これまでのアジサイの交配経験から
八重の遺伝はクリスマスローズ同様に劣勢です。
なので八重同士の交配ならば、八重で咲くようです。
量的遺伝なのか質的遺伝なのかはこの結果からは何とも言えません。

昨今の園芸店では「ダンスパーティー」と「こんぺいとう」が
アジサイコーナーを席巻しています。
特にダンスパーティーは優しい細弁に魅力があります。
実家のダンスパーティーは今季もダイナマイトな咲き方で梅雨の空を吹き飛ばします。
c0025140_231836.jpg

去年、ビーナインを散布した効果だと思うのですが、
花付が恐ろしい(^^;)上から下まで株を覆い尽くすように花を付けました。

この細長い楕円弁に私は魅力を感じます。
八丈千鳥だと細すぎに感じますが、この花はちょうど良い細さ。
c0025140_2311268.jpg

雄しべが出ていないか探しましたが、今日は出ていないようです。
また来週にでも探してみます。
c0025140_2311931.jpg

アジサイの実生を育てるのは場所をとるので、
今年から無理に交配しません(笑)
目的の花粉が出た時にだけ、交配をするように自分に制限をかけます(^^;)
c0025140_2312592.jpg

このダンスパーティの個性と完成度があまりにも高い。
この花も私のリファレンスとなる花です。



次回の記事はクレマチスの実生No.0028です。
[PR]
by nanami7kuri | 2013-06-10 00:09 | あじさいの交配 | Comments(0)

実生アジサイの苗たちです         

アジサイの季節はまだ先ですが
クリスマスローズの袋かけで忙しくなる前に
アジサイの植替えを終わらせておきます。

植替えはしないけど2010年交配の苗達。
苗と言えどデカい。
今年は咲いてくれるだろう。
c0025140_2117312.jpg

今日、植え替えたのはこちら↓
2011年交配の苗。
とても期待している交配群です。
c0025140_21171072.jpg

木質化している枝は1本程度なので2011年交配の苗は例年通り開花はしないだろうなぁ
この実生苗たちは八重ガクアジサイが咲く予定なのです。
世界に一つだけのアジサイ。
お前たちの開花を楽しみに待ってるぞ!
[PR]
by nanami7kuri | 2013-03-30 21:29 | あじさいの交配 | Comments(0)

シンデレラの子供    

今日は冷たい雨になってしまいました。
そんな時は室内ガーデニングで頭を切り替えます。

シンデレラの子供は・・・きっと、王子様との間に生まれるはずである。
我が家には「シンデレラの子がいる」と言ったら、小学生は信じてくれないだろう(笑)
c0025140_221949100.jpg

葉が大きくなり始めると成長は加速度的になる。
大きな子の下にある、小さな子に光が当たらないので植え替えることにしました。
c0025140_22202559.jpg

とりあえず、大きな5株を抜き取りました。
アジサイの根は細いので、抜き取るときにプチプチと少し切れてしまった(^^;)
でもこれで小さい子にも光が当たる。
c0025140_2220129.jpg

母親のシンデレラは
一江さんが耐病性を重視した選抜を始めたころの作品と思われ、
うどん粉に強い。
その子供もうどん粉にとても強い。
湿度ムンムンの冷温庫の中で育てられているのに葉はツヤツヤだ。
今のところまだ一個体も病気の気配がないです。
でも安心はできません、肥料を与え始めた後が勝負です。
c0025140_22203771.jpg

昨年の苗たちはだいぶ大きくなっていますが、
これでも来年は咲かないだろう。場所を取るんだよなぁ(^^;)
c0025140_22201492.jpg

[PR]
by nanami7kuri | 2012-12-22 12:20 | あじさいの交配 | Comments(0)

アジサイの実生5mm

アジサイの話題に少し浮気しますが
シンデレラのセルフ交配の苗が少し大きくなってきました!
大きくなったと言えどもまだまだ5mm程度の話です(笑)
c0025140_14221636.jpg

葉の面積が少ないとどうしても光合成できません。
ようやく、ここから先は成長が加速するはず…
今季、アジサイ実生はこれしかないので大切に育てなきゃ。

これが母親のシンデレラです。純白もいいものですね~
c0025140_14333235.jpg

現在、鉢植えしかないので
いつかは地植えにもしたいお気に入りの花です。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-12-09 14:36 | あじさいの交配 | Comments(0)

実生アジサイ 発芽してきました。

実生アジサイがようやく発芽してきました。
涼しすぎてなかなか発芽しないので、冷温庫に入れた途端に発芽してきました。
温度は25℃。  クレマチスの種と同居させています。
c0025140_19364724.jpg

シンデレラの実生です。
小さな緑の点がポツポツと3つほど。アジサイの双葉はこんなに小さいのです。
c0025140_19365465.jpg

シンデレラの両親は何だろうか?
セルフ交配ですが少しは分離が期待できるでしょうか?
[PR]
by nanami7kuri | 2012-10-21 19:46 | あじさいの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite