七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:クレマチスの交配( 257 )

相模原クレマチスの会 苗交換会2017

皿を買ってきました!
ウエッジウッドのパシュミナ
だいぶモダンです。アジア的でエキゾチックな絵柄が気に入りました。

c0025140_00073953.jpg

何を乗せます?
ローストビーフとかフルーツとかを、ちょっとだけ乗せるかな。
ほんのちょっとだけ乗せるのがいい。

ただ今、フォンドメモリーズが咲いております。
いくらなんでも氷点下になると地上部は枯れますが
返り咲き性(四季咲き性)がとても強い。

c0025140_00074538.jpg

さて、今日は相模原クレマチスの会の苗交換会に行ってきました!
時間が無いのでサラッと書きます。

c0025140_00075244.jpg

大地は挿し木の技術が無いので(笑) 提供する苗は実生です。
7株持っていきました(花画像のラベルの付いている苗です)
生き残ってる強い子たちですぜ。

c0025140_00075776.jpg

挿木していないので世界に一つだけの花です。
みんな嫁ぎ先で頑張ってね~(^^)

金子さんの質問コーナーの後

c0025140_00083164.jpg

サイン会

c0025140_00083695.jpg

その後の昼食会の雑談や、
場所を移動してファミレスでのお茶会が面白かったです(^^)
クレマチス柄の浴衣の女性3人組・・・綺麗でしたよ♪

一方で、大地のクレマチスのライフスタイルはかなり異色です。
クレマチスの発根はまだまだ続く・・・
ポットに植え付けてゆく孤独な作業ですなぁ
結果が伴わなくとも持続した努力が必要なのです。

c0025140_00084743.jpg

ポジティブに考えると、この苗たちには大きな夢がある。
コツコツ気長に作業を進め、いつか咲く奇跡を待っています。
奇跡が先か、私のモチベーションが切れるのが先か・・・うむむむ。
たまには女神様、微笑んでおくれ(^^;)

c0025140_00085402.jpg
花だけがクレマチスではない。
私は伝統工芸品にも興味がある。
クレマチスがデザインされた七宝焼。
c0025140_00092702.jpg
綺麗じゃん!
このトレーは何に使うのだろう。
ペン置き? 手拭き置き? 
c0025140_00090251.jpg
ビデオの編集は2/3まで作業が進みました。
仕事にトラブルが発生すると編集時間が取れなくなってしまうので
アドバンテージが有りそうで無い(^^;)
最大の難関は冒頭の30演目イントロ編集・・・
これには2週間はかかるので
年末まで編集がかかりそうだ





[PR]
by nanami7kuri | 2017-12-04 01:06 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クレマチスも植替えピーク

時間が無いので簡素にメモします。
2017年交配のクレマチスも発芽がピークです。
この後は少しおさまってほしい。
c0025140_19321343.jpg
この品種は双葉を光合成に使うようです。
普通に殻が剥けていました。
袋の中で発芽までしてしまった、植替えが遅くなってゴメン。
c0025140_19322664.jpg
このタイプは同時発根率が高いね!
こうして揃って生育してくれるのはありがたいです。
c0025140_19323129.jpg
こんな秋に発芽しちゃって・・・自然界では冬を越せるのだろうか??
それもこれも適合した子孫を残すための多様性なんだろうなぁ。


骨董屋さんでイイもの見つけました!
c0025140_19324332.jpg
クレマチスの絵皿
大きな角皿です、厚くて重い。角の反りもいい感じ。
黒と青でセンス良くクレマチスを描いています。渋く美しい。
印刷ではなく手書きなんですよ!
刺身を盛りたくなってきました。
c0025140_19331544.jpg
参考
以下は前回の写真です。クリスマスローズの記事に載せてしまったので
こちらにもメモしておきます。
クレマチスの御椀です。
天然木とか、漆とか、金粉絵蒔き・・・ではありませんが(笑)
絵柄がいい!
配置がいい!
地味な配色で出しゃばらない。
c0025140_19332145.jpg
裏面にも開きかけの花が描かれていて、食べる人をもてなしてくれます。
クレマチス好きにはたまらない演出。
c0025140_19332774.jpg
日本の伝統工芸品には わびさびの世界があるなぁ。
お吸い物は何にする?
クレマチスの丘のお食事処で使ったら喜ばれそうです。





[PR]
by nanami7kuri | 2017-10-29 19:54 | クレマチスの交配 | Comments(0)

ひよっこロス 実生クレマチスの希望


朝ドラの「ひよっこ」が無事に最終回を迎えました。
後半に誰かが亡くなることもなく、
主人公が老いて人生の全うするまで描くわけでもなく、
とにかく爽やか~(^^)

多用されれるワードは「好き!」
音楽まで好き、好き、君が好き~♪なんて曲が流れて
見ている方もドキドキ、キュンキュン、恥ずかしくなっちゃうほど
恋に恋愛にあふれています。もちろん家族愛も♪

ラストもうれしい。
登場人物の明るい未来を感じられるような徹底的にハッピーエンド。
ずーっと気になっていた重箱。
何処で出てくるのかと思っていたらラストで出てきました。
記憶も戻ってもう泣きそうです(^^;)

波乱万丈の内容と言うよりは、身近な日常に近いような。
極端に意外な展開は無い・・・、ある意味で視聴者を裏切らない(笑)
見ている人が、こうなってほしいなぁ~ と思う方向で最終回を迎えました。
朝ドラは朝の初めに見るドラマなので、これで良いのだと思う。
一日がウキウキ、爽やかに始まるのは大切な事だと思う。
明日からは見れないので大地は当分 ひよっこロス だなぁ(^^;)
架純の笑顔も見れないなぁ
新しいドラマに期待しましょう!
 
庭では 秋のクレマチスがポツリ、ポツリと咲いています。
これは面白の咲き始め。

c0025140_18123486.jpg

今年の種は採種完了しましたが、まだ湿潤処理が完了していません。
そんななか、うっかりしていたら去年のクレマチスの種が発根ラッシュを迎えています(^^;)

c0025140_18125207.jpg
なにげないモヤシのような苗たちですが希望のモヤシです。
宝物です。
c0025140_18445911.jpg

種から育てる実生のクレマチスが育ち始めました。
ぽつりぽつりと発根する種もあれば
こうして一気に同時に発根するグループもあります。

c0025140_18450744.jpg
ビニール袋の中で発芽まで進んでしまった子もいました・・・
遅くなってゴメン。さっそく植替えてあげます。

c0025140_18125774.jpg

かなり発根ラッシュなので、ポット上げ作業も急ピッチでしなきゃ(^^;)
今年は鹿沼土を多めで行ってみましょう!
当分明るい日陰で育てます。

c0025140_18130465.jpg

今晩もポット上げしなきゃ!
クリスマスローズ早期発芽苗の植替えを10月中旬に控えているので
それまでにはクレマチスは植替え完了しておきたい。
時計のベルト自作も同時進行中、このニシキへビのベルト2本で本年は休止しよう。




[PR]
by nanami7kuri | 2017-10-01 18:56 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クレマチスの採種

会社の和室で飲み会をしていたら、先輩が持ってきたワイン。
なにーっ! 
北海道は池田町の・・・、町民還元ワインではありませんか!

c0025140_17263982.jpg

高級ワインではありませんが、大地にとっては懐かしい味です。
そのまま北海道の話で盛り上がってしまいました(笑)
大学生の頃、夏休みと言えば北海道にバイクで貧乏旅行してたのです。
ロゼなのに甘くない。

久しぶりに相模原クレマチスの会の麻溝公園清掃に参加してきました。
いつも幽霊会員ですみません(^^;)
c0025140_17264465.jpg

肉離れのあと、もうへっちゃらと思っていたけど
長時間の雑草取りはウンコ座りなのでちょっとむずかしい・・・でも、大丈夫でした。
みんなで4号駐車場のクレマチスの植えてある場所の雑草取りを行いました。
熱中症にならないように場所を絞って作業開始!
c0025140_17264898.jpg

ぴーちくぱーちく会話しながら作業していると
あっという間に終了です。大きなビニール8袋ほどの収穫です。
この駐車場の植え込みはクレマには日照が強すぎてちょっとキビシイかなぁ・・・
公園の木陰の歩道の方が勢いあるんだよね。

家に帰るとクレマチスの種が待っています(^^;)
採種の峠は越えたが、殻むきが終わらない~
c0025140_17265499.jpg

殻をむいてパーライトで湿潤処理します。
早いものは秋に発芽し始め、来年の春までちらほら不定期に発芽してきます。
c0025140_17490349.jpg


10月には早期発芽処理のクリスマスローズが発芽ピークを迎えてしまうので、
クレマチスの種の湿潤処理は9月中に終わらねば(^^;)
時計のベルトも製作時間が限られてきました。
コツコツ
コツコツ
時計ベルトも全力です!






[PR]
by nanami7kuri | 2017-09-10 22:51 | クレマチスの交配 | Comments(0)

実生クレマチスNo.068

今週はこの時計で通勤しています。
タカノのシャトーに
自作の時計ベルト、オーストリッチのダークブラウン。
ワイシャツにいい感じ。

c0025140_22175246.jpg

実生のクレマチスが咲きました No.068
シャープな細剣弁の霜降りピンク。
この暖かい時期の花色は、春の花色と大きく異なると思うので次回まで様子見です。

c0025140_22175949.jpg


c0025140_22180647.jpg

そろそろ種の採種もピークを迎えています。
今年は雨続きの天候だったので身の入りはどんなでしょう

c0025140_22181586.jpg

大地の種まき方法は、殻をむいて湿潤保存するので
殻むきが大変な作業なのです。

c0025140_22262835.jpg

そんな種の採種地獄が当分つづきます(笑)
新しい交配の種も採れて、楽しみが期待が膨らみます。

c0025140_22263405.jpg

今年は時計ベルトの製作とパラに進めてゆこうと思います。
先日、グレーのオーストリッチの壊れたバッグを分解しました。
今度は、しばらく黒ベルトを作りたい。






[PR]
by nanami7kuri | 2017-08-24 23:51 | クレマチスの交配 | Comments(0)

黄色のクレマチス

関東では本格的に梅雨になってきました。
クレマチスではうどん粉病耐性の問われる季節です!

黄色いクレマチスが咲き始めました。
やや黄色いのではなく、かなり濃い黄色。
c0025140_22424152.jpg

クレマチスのタングチカ系は、とてもとても黄色い。
この黄色が大輪平咲に移植で来たら・・・、クレマチスの世界が変わる。
いま、世界で最も必要とされる品種改良です。
c0025140_22424770.jpg
黄色の八重、黄色に赤覆輪、オレンジ、青から黄へのグラデーション、etc
黄色からの派生は妄想が止まらない。
最初の黄色大輪平咲はいつ咲く、誰が創る。

この時期、交配相手がなかなかいないのです(^^;)

**********

今月の時計(笑)
骨董市で・・・、また買ってしまいました。
c0025140_22430825.jpg
オメガのジュネーブ(シーマスター仕様)
深いボルドー色の自作ベルト、クロコダイルと組み合わせてみました。
いい感じです。黒ベルトよりも個性と存在感を出してきます!
c0025140_22431500.jpg
すでに、針の夜光はボロボロですが(^^;)
ダイヤルの程度が非常に良好だったので買ってきました。
内部のキャリパーはCal.565が入っていました。
c0025140_22432393.jpg
ワイシャツの袖には良く似合う組み合わせです(親バカ)
派手さはないけど、大人の渋さ。
アンティークの時計には、自作ベルトの素朴さが合うんですよね~
c0025140_22444830.jpg
裏蓋はスクリューバック
シーマスターの刻印と、シーホースが描かれています。
前回に購入したクサビインデックスのシーマスターは、年代が古すぎてシーホースが無かったので、
今回は裏蓋の刻印にもこだわって探していました。
c0025140_22453712.jpg
ジュネーブは当時、そもそも廉価版のモデルなのですが
アンティークさは十分に味あわせてくれます。
風防が渋いですよ~、とってもドーム型なのです。
c0025140_22454586.jpg
オメガのアンティークは、いろいろな意味で大地にとって絶妙にストライク。
古すぎない新しすぎない。1950年代~1960年代の時計が多く流通しているので
比較的手に入れやすい。安価で程度が良いので助かります。
c0025140_22455361.jpg
骨董市では(^^;)また漆器を買ってしまった。
この美しい工芸品が、この値段!
すでに持っている同じものであっても、程度が良ければ連れ帰ります(笑)
c0025140_22462100.jpg
会津塗の御盆。 
春峰の鉄線です。美しい。
金粉絵蒔きの技法で作られています。印刷ではないのです!
未使用品でした。もちろん無傷なのです。

こちらは道具箱のタイプ。
同じく春峰の鉄線。
すでに持っているのですが掘り出し物でした。これも未使用品の無傷です。
c0025140_22482295.jpg
あまりにも綺麗で無傷だと日常で使い始めることに躊躇しちゃう(笑)
そうそう、福岡クレマチスを楽しむ会の展示会にも同じものが展示されていました。
同じく惹かれる方がいらっしゃることは、なんだか嬉しいのです。

時計のベルトも作りたいけど今は我慢。
梅雨はじとじとで嫌ですが、水やりは楽(笑)
このあと暑い夏が来てしまうのですね・・・





[PR]
by nanami7kuri | 2017-06-25 10:32 | クレマチスの交配 | Comments(0)

そろそろアジサイの季節

仕事は今までの苦労が実りつつある。
忙しくとも内容は順調だ! 対策が機能して効果が表れてきた。
特許で少しおこずかいが入ったので、自分へのご褒美にまた時計を買ってしまった(^^;)
ツエッペリンのZeppelin号誕生100周年記念モデル7680:右側
(左は去年購入の7640)
c0025140_23494495.jpg
クオーツのクロノグラフ。現行モデルですがアンティークなデザインが魅力です。
近所のお店で中古で販売されていました。
手作りのベルトが似合いそうなデザインです!
ケースや風防に多少のキズがありますが大地の技術で改善可能なレベル。
c0025140_23495073.jpg
が、しかし・・・
リュウズが取れちゃったよ(^^;)おいおい
早速、無償修理に出すことになりました(笑)
c0025140_23495516.jpg
クレマチスはそろそろ終盤です。
水色の花でお気に入りと言えば、やっぱり藤娘さん。
古くから愛され続けるこの花は、既に完成度が高いのです。
c0025140_23500261.jpg
タイダイも咲いていますが、うどん粉病にやられやすいです(^^;)
強烈な絞りが特徴の花ですが、
どうもミストや絞りは最近の私の好みではなくなって来ました。
c0025140_23511056.jpg
プリンセスダイアナも咲いています。
地植えでは、長く伸びた蔓の先に花を付けるので、いつも上の方で咲いています。
バラよりも上で咲くのでよく見えません(笑)
c0025140_23511552.jpg
プリンセスケイトも可愛らしい。
ただし結実しません、花粉も出ません。そんなの普通の人は気にしません(笑)
可愛くて花付良好。
c0025140_23512256.jpg
クレマチスとクロスフェードで咲いてくるのはアジサイさん
庭のスノークイーンはいつも美しく咲いてくれる。
c0025140_23513036.jpg
スノークイーンの横で咲いているのは雨に唄えば
c0025140_23520262.jpg
phの関係で我が家では青紫グラデーションで咲く。
花は小型、草丈はワイ性、そして超多花性です。
ダンスパーティや、こんぺいとうのようにメジャーではありませんが
いいですよ~
c0025140_23521021.jpg
こちらの手毬咲は雨の物語
我が家で唯一の手毬咲き。
c0025140_23521780.jpg
咲き始めの水色グラデーションが何とも美しいのです。
柔らかいオフホワイトからのグラデーションは目を引きます。
c0025140_23522599.jpg
こちらは八丈千鳥
八丈島原産の山アジサイです。
花弁が極細。南国育ちですが耐寒性もバッチリです。
c0025140_23525588.jpg
こちらも山アジサイの剣の舞。淡い水色の楕円弁のガクで強健な山アジサイ。
この花は極希に雄しべが出ます。
アジサイ苗は大きくなりすぎるので、現在アジサイの交配は停止していますが
この花に花粉が出た時は八丈千鳥とクロスしたい。
c0025140_23530245.jpg
残念ながら今年は雄しべが出なさそうです(^^;)
庭がクリスマスローズ苗とクレマ苗で飽和しているので
その方が平和なのかもしれません(笑)

この花はだいぶ昔に交配した実生アジサイ
細弁のガク八重 水色。
c0025140_23201045.jpg
このレベルは、ビギナーズラックですぐに咲く。
そこそこ綺麗なんですが、既存種を超えることは難しい。
栄養繁殖が可能な世界は、ブレークスルーが難しいのです(^^;)






[PR]
by nanami7kuri | 2017-06-12 23:29 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クレマチスの丘その② アコウエンシス

今、一番てんてこ舞いに忙しいのはクリスマスローズです。
ですが記事はクレマチス(笑)

クレマチスの丘 の続きです。
福岡クレマチスを楽しむ会、湘南クレマチスの会、相模原クレマチスの会の
有志で集うセッション。
金子さんの解説で楽しくガーデンツアーが進みます。
後半はホワイトガーデンから始まります。

c0025140_22571604.jpg


白い花だけ。
そう、白い花だけで構成された庭です。
シックでいいんだよなぁ、清楚です。
クレマチスの丘の椅子 その③です。いいデザインしてるね!

c0025140_22572368.jpg


そこからさらに奥へ進むとガーデナーズハウスがあります。
大地がいつもお茶する場所です♪

c0025140_22572909.jpg


ハンギングのレベッカ
クレマのハンギングっていいなぁ
ラティスに囲まれたこの空間で輝いています。

c0025140_22573536.jpg


なにやらザワザワ
キャーキャーと人だかり

c0025140_22574802.jpg


そうなんです!
アコウエンシス
さりげなく床に置かれていました。

c0025140_22574224.jpg

おお・・・
これがアコウエンシスなんですね!
現物をこの目で見るのは初体験です。

c0025140_23200043.jpg

純白に青いしべ。清楚で美しい。
台湾原産のクレマチスの仲間さん。

c0025140_23200915.jpg

良い香りがします。今までに嗅いだことのない香り。
バラを育てている人にとっては普通かもしれないけど。

c0025140_23201751.jpg

蕾が面白いですよツルツル。
毛がありません。

c0025140_23202575.jpg
原種なので、お手頃に流通してくるのを期待しています。
ただし南国原産なので耐寒性に乏しい欠点があります。
知り合いの複数のクレマ愛好家が枯らしてしまうほど・・・
このままでは日本のガーデニングには不向きです。
それでも美しいので、ダメもとでいつか交配に使ってみたい花です。
クロスは可能なのか?今のところダメらしいですが、
ただいま世界中で交雑が試行されているので将来が楽しみです。

自分なら何とクロスする?
どんな花を目指す??
やりがいがあって面白そう、ワクワクします。
一方で見た目は既に完成された花だと思う。もう十分に美しい。
交雑の結果、親を超えるハードルは高そうだ。
青シベを活かすならフロリダ的な花と明確に異なる個性が要求されるし、強さが必要です。
親がアコウという肩書ではマニアにしか通用しない。
c0025140_23203391.jpg

でも、なぜ今まで注目されなかったのか?
なぜ交配されてこなかったのか?
いろいろ気になる花なのです。
素敵な花でした。見れてなんだか幸せだなぁ♪


振り返ればクレマチスの一輪差し
まるで宝石のような世界がそこにはありました。

c0025140_23204255.jpg

もう、なにも語る必要はないだろう。
綺麗だ、素敵だ。
こういう楽しみ方もあるんだね!

c0025140_00014430.jpg

フロリダコーナーのちょっと先、
プリマべーラの壁はジョセフィーヌとカイゼルで花盛りでした。
なんでこんなに花が咲くのでしょう。
毎回、感心させられます。見応えがあるんだ。

c0025140_00020269.jpg

憧れのプリマべーラの入り口。
超予約困難な大人気の高級店さんなのです。アプローチのデザインがいいなぁ

c0025140_00021117.jpg
今日のランチはこちらです。
福岡クレマチスを楽しむ会とご一緒なので、ちょっと背伸びしました。
日本料理tessen です。
c0025140_00022113.jpg
初めて入ります。
個人的に来たら、私のこずかいでは予算オーバーで入れません(^^;)
c0025140_00022906.jpg
アプローチは和風だけどモダン
この外のテラスであんみつ食べてもいいかも!
c0025140_00023705.jpg
とても良い雰囲気です。
奥の個室に通していただきました。もしかするとVIP席かも?

クレマの話題は尽きませんね~
スケジュールが押していて、あわてて食べることになってしまったのがちょっと残念。
ゆっくりお茶しながら、もっともっとクレマの話がしたかったです。
いつかまた来ます♪
c0025140_00024551.jpg
そうそう、トイレが凄い。
tessenに来たらぜひトイレに行きましょう。
大地は二階のトイレに行きましたが、トイレの表示がありません??
なんと・・・
鏡の壁の中に隠しトイレがあるのです、びっくり!(^^)!
そして、ここにもクレマが飾られていました。楊貴妃さんです。
c0025140_00025518.jpg
食事の後は みなさんで渡部園芸さんへ
現地即売と圃場の見学をさせていただきました。
c0025140_21315096.jpg
この花はシルエット
カメラで上手く撮れませんでした。もっと深い深いワイン色。ニオベに近い大人の色です。
フロリダの系統の気配を感じます。
c0025140_21525031.jpg
プリンセスケイトの花首を皆さんにいただきました。
シャツの胸元に似合います!
c0025140_21321030.jpg
現物の花をいろいろと見ることは とても勉強になります。
どんなにネットサーフィンしていても微妙なところは伝わらない。

素敵な白花を発見。
銀河という花。
c0025140_21321980.jpg
この花の美しさは画像では再現するのが難しい。
透明感のある白。ほんのりと、極微かに青みがかる花弁です。
大地がこだわるシベも美しい、チリチリしない。
湘南クレマチスの会のホームページのトップ画面にも採用されている完成度の高い花。
なるほどぉ~
ジリアンブレイズに並ぶ白花のお気に入りになりました。
来年はこの花を入手したい。

そしてもう一度クレマチスの丘に戻りティータイム。
あっ、画像が無いけど(^^;)
金子さん、渡辺さん、参加された皆さん、楽しいひとときをありがとうございました。




[PR]
by nanami7kuri | 2017-06-04 22:08 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クレマチスの丘その① 水面の妖精

ようやくクレマチスの丘へ行ってきました。

c0025140_23312476.jpg


あいにくの雨降り(^^;)
この天気ではエントランスには一般の入園の方は誰もいません。
しかし、今日はマニアの集う特別な日なのです。
福岡クレマチスを楽しむ会、湘南クレマチスの会、相模原クレマチスの会の
有志で集うセッション。
激濃いメンバー。
金子先生のガーデンツアーで園内を巡ります!
c0025140_23313495.jpg


確かに雨は残念ですが、
濃いメンバーの集いには雨はそんなに気になりません(笑)
c0025140_23314007.jpg


いきなりですが、福岡の代表からサプライズ。
水面の妖精の現物を見せていただきました!
初対面です。
c0025140_23314644.jpg


ベストウィッシーズの花色で万重咲になったイメージです。
貴重なものを見せていただきました。
c0025140_23315151.jpg


今年は天候の関係で、早咲きと遅咲きのリレーが上手くいかず
今日は花がほとんど咲いていません(^^;)
しかし、そこは知識の豊富な金子先生!
今咲いている花で我々に楽しい解説を次から次へと教えてくれます。
c0025140_23320062.jpg


いつもなら取り合いになる椅子。デザインも良い。
原種シクラメンの丘の上のその椅子は、今日はひっそりとして絵になっていました。
c0025140_23324951.jpg


エーティカ
雨に濡れた姿もいいものです。
c0025140_23325561.jpg


c0025140_23330146.jpg


あれ、気が付けばいつの間にか雨もやんでいました。奇跡。
園内の中央にある匍匐性コニファー
その上をクレマチスが覆うのも良いものです。
c0025140_23330811.jpg


我が家のクリスマスローズの夏の遮光対策と似てる(笑)
この白い花はハルディン。
最初はプリンセスケイトと間違えてしまいました、ケイトはもっとチューリップ的です。
c0025140_23331580.jpg

ハルディンもプリンセスケイトもよほど近親にテキセンシスがいるのだろう。
蕾の外側の発色が素敵です。
c0025140_23332281.jpg


この紫はデュランディ
大輪でインパクトがあります。
c0025140_23333786.jpg

クレマチスの丘にはバラもたくさん植栽されています。
ガーデニングと言えばバラとクレマチス!
ただしクレマチスの丘ではなぜか混植はしていません、奥のフェンスがクレマのウォール仕立て。
手前のバラで見えません(^^;)バラの剪定の高さでいつももめるんだって(笑)
c0025140_21172812.jpg
メンバーの多くはバラも育てているので、バラの品種も当てちゃうほど通です。
〇〇いいよね~♪、□□いいよね~♪とバラの話も尽きません。
この奥にはジャクリーヌデュプレも咲いています。赤いシベと香りが素敵だ。
バラの甘い香りがほんのりと漂っていました。


毎年、株元がどんどん太くなってゆきますミケリテさん。
ツツジが見えないくらいに覆い尽くしています。
c0025140_23334515.jpg


クレマチスの丘の名物 椅子その②

ここで ゆったり過ごすのはガーデナーにとって至福のひと時です。
c0025140_23335461.jpg
ツアーも後半ですが、金子先生の解説はまだまだ尽きません。
濃いメンバーには濃い話し、クレマ好きにはとても勉強になります。
さて、この後
ホワイトガーデンからガーデナーズハウスへ移動します。
そこでアコウエンシスに遭遇します。
c0025140_23340311.jpg
続きは次回。
今日はもう寝る(^^;)
c0025140_23020682.jpg




[PR]
by nanami7kuri | 2017-06-01 23:17 | クレマチスの交配 | Comments(0)

実生クレマチスNo.062、065、066、067

今年も無事にお祭りが終わりました。
自宅前はドンチャン騒ぎになります(笑)みなさんお祭り好きなんですね~

c0025140_23564786.jpg


c0025140_23565336.jpg


お祭りが終わると
クリスマスローズの採種がピークを迎えていました。
もう日記としてのブログを書いている場合ではありません(^^;)
久しぶりの書き込みです(笑)
c0025140_23565983.jpg

次から次へと種の湿潤処理に追われます。
ちゃんとシイナを取り除かないと腐るんですよ!

c0025140_23571010.jpg

大地はパーライトに1000倍希釈ベンレートで湿潤させます。
湿潤が遅れるとその分、高温処理が遅れてしまうので
ちょっと慌てて作業をすすめないと・・・

c0025140_23571779.jpg

さて、週末はクレマチスの交配を楽しんでいます。
レッドパールさんは、輝くマゼンダに花芯も美しい。
ちょっと退色早いけど、その変化も楽しみましょう。お気に入りです!

c0025140_23581325.jpg

アフロディーテ エレガフミナさん
花色は野ボタンのよう、花芯はダーク。玄関を飾ってくれます。
「それなあに?」よく、通りがかりの人から聞かれます。

c0025140_23582566.jpg

ふたたびのシャルメインさん
この花は赤い。
ダブルくずれで咲いてきます。

c0025140_23583908.jpg


c0025140_23584703.jpg

この花は青い!
ピオトルスカルガさん
私の勝手な嗜好では濃青のお気に入りは
この花と、業平と、寿(ひさ)です
ただし何れもうどん粉に弱い。

c0025140_23585338.jpg

うどん粉に強いのはやはりフロリダ系
今年のメイヤーイサオは馬力がある!

c0025140_23590382.jpg

大河さんが咲いてきました!
100年に一度生まれるかどうかの銘花だと私は思う。
新しい花のカテゴリー

c0025140_23594596.jpg

我が家の実生クレマチス苗床はジャングルです。

c0025140_23595495.jpg
濃赤のフロリダ系 実生No.063は二度の立ち枯れのあと
もう新芽が出てきません。
c0025140_00000445.jpg
根は残っているのですが、芽の分化できる部分がダメになっているもよう。
残念ですが美しいだけではダメなんです。

せめて交配に使いたかった・・・

c0025140_00002080.jpg
ちょっと前の実生クレマチスNo.062が咲いてきた。
赤花目的の交配ですが紫だよ(笑)グラデーションなのでお気に入り。
c0025140_00004974.jpg
初開花の実生クレマチスNo.065

ビルドリヨンを使用した交配。極淡いピンクな花になりました。
ピコティーは何処へ行っちゃったんだろうなぁ(^^;)

c0025140_00010104.jpg
実生クレマチスNo.066

ややピコティの初めてのチューリップ型が開花しました。

c0025140_00011218.jpg
セルフ交配で分離を見て見たい。

c0025140_00012198.jpg

だいぶ昔の交配でした(^^;)ようやく咲いた感じ。

うどん粉には強い。

c0025140_00012889.jpg


c0025140_00013961.jpg
実生クレマチスNo.067
水色の花、ややグラデーション?
蕾がうどん粉にやられてしまった(^^;)

実生No.008の子孫。

c0025140_00014980.jpg
背面が美しい淡青ピコティ
う一年様子を見て見ます。
c0025140_00015636.jpg
次回の記事は
①クレマチスの丘ツアー 水面の妖精
②クレマチスの丘ツアー アコウエンシス
ただ・・・、クリスマスローズで忙しいのでいつになるやら。





[PR]
by nanami7kuri | 2017-05-28 01:12 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite