七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:クリスマスローズの交配( 549 )

クリスマスローズの種まきしました

だいぶ暑さが厳しくなってきました。
庭ではちらほらと、クレマチスがしぶとく咲いています!
こちらはパンサー。

c0025140_23213826.jpg
クリスマスローズは節目の時期
早期発芽の低温処理を始めました。

今季は期待の交配が多いので、種類がなかなか減らせない(^^;)
キャパmaxの種類を蒔きます。
夢が見れることは良い事だ!
c0025140_23214430.jpg
早期発芽用の冷蔵庫「デロリアン」を再起動。
用土の水分が安定したらビニールで包みます。
c0025140_23214979.jpg
ここ数年、自分の処理能力に合わせて減産してきましたが
今季はたくさん蒔く!
もう自滅してもいい、ギリギリを攻める事にしました。

************

また時計を買ってきました。
一番左の小ぶりな時計。
娘の誕生日用にと奮発して、予算オーバーですが(笑)
c0025140_23215612.jpg
スイスの老舗 ラドー
フローレンス153.3680.4です♪
c0025140_21183910.jpg
長く愛用してほしいので、大人のデザインを選んでみました。
ブラックのダイヤル。外周はダークミラー。
c0025140_23223739.jpg
風防はサファイヤガラス。
フォーマルでも、カジュアルにも、シーンを選ばない。
地味なデザインですが、インデックスがキラキラ輝く。
ブラックダイヤルもミラーも反射してキラキラ。
後は・・・
気に入ってくれるといいのですが(笑)

実は、このフローレンスを購入する前に1個買ってた(^^;)
自作の皮ベルトが付られるようにレノマのレディース。
ちょっとダイバーチックなデザイン。
c0025140_23224645.jpg
レノマは、よく聞く若者向けの庶民のブランド。
なので価格も手ごろ。
シチズン製なので信頼性も高いと期待します。

これは来年のプレゼントにしよう(笑)
早くベルト作りたいな。






[PR]
by nanami7kuri | 2017-07-11 00:14 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

花ガラ摘み

最近ブログを書く時間もままならず残業してます(^^;)
なんとか、しぶとく生きていますよ~(笑)

クリスマスローズの子房に袋かけしようとすると週末雨になるんだよなぁ
今回は良く晴れてくれました。
いまだに新しく咲いてくる花もあります。
変わったピコティ?。でも寒い時期の花を見ないと解らないね~

c0025140_23551467.jpg
今年も楽しませてくれてありがとう。
花ガラ摘みを行いました。
c0025140_23552392.jpg
花が終わっていても、咲いていても・・・
ゴメンナサイ、摘み取ります(^^;)
例外はアンティークな状態が美しい花。ピンクフロストやバラーディアだけは残しています。
c0025140_23553183.jpg
作業効率を考えると、花ガラ摘みと袋かけは同時に実施したい。
それでいて軟腐病対策のため花ガラ摘み直後に雨に降られたくない
c0025140_23553895.jpg
袋をかけ終わって一安心。
あとは灰カビにかからないことを祈る!
c0025140_23571916.jpg
クレマチスが咲きそうですが、写真忘れた(^^;)
クリスマスローズの写真も整理しなきゃ

時計のベルトもGW中に1本ぐらいは作ろうか!
とても個性的な時計をかってきました。
OAKLEYの Jury  白のサドルバック仕様
c0025140_23572593.jpg
アントニオガウディ―のような?
生物のような?エイリアンのような?
個性的なデザイン。前から気になってました。
偶然Bookoffで発見し、連れ帰りました(笑)
スモールセコンドで、大地には珍しくクオーツです。
c0025140_23573240.jpg
この時計、実はレディースなのです。
私の腕にはベルトが短い(^^;)
でも、ケースはそこそこ大きいのでベルトのデザインで男仕様に更新してみます!
サドルバックをやめて、普通に戻しますが大人向けなデザインに修正したい。
黒系にしてみよう。
ん。
いっそのことヘビーメタルなデザインとか(笑)ロックなテイストでもいいかも!
作り甲斐があるぞぉ。






































[PR]
by nanami7kuri | 2017-04-24 00:30 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

ダメもとでやっておく その⑨最終回

4月と言えば人事異動の季節です(^^;)
今回も大型の組織再編成があるとのことで、その中に取り込まれてしまいました。
開発の仕事には変わりありませんが、拠点はたくさんあるので転勤にならなければ良いのですが・・・
うむむ、ストレスが溜まるぜ~!
そんな時はラーメンに走るしかない。 いつもの西海ラーメン、大盛。
c0025140_22531649.jpg
気が付けば、クリスマスローズの子房もだいぶ大きくなってきました。
そろそろ袋かけしなければ!
c0025140_22500600.jpg
でも、安心は禁物です。
このあと我が家では灰カビの季節を迎えます。
茎が倒れて・・・、せっかくの種が台無しになってしまう事が多々あるのです(^^;)
c0025140_22501556.jpg
今季を振り返ると刺激が多い年でした。
その先が見たい、久しぶりにそう強く思えるシーズンでした。
とうぶん夢を見れるなぁ(^^)

一方で、落ち着いてみれば やっぱりピコティが好き。
この花の延長線上にある目標も見つけた!
そう、夢を見るには目標が必要です(笑)
c0025140_22502565.jpg
今季は「ダメもとでやっておく」が大地のテーマ。
そこそこ経験と知識がたまってくると
困難なこと、確率が低いことは初めからあきらめていた。
初めから無理だと思っていては、何も始まらない。
昔のワクワク感を思い出して挑戦はしようと思う。

一方で、奇跡はそう簡単に訪れるような世界ではもうない。
現実は厳しい。
冒険で生きてゆけるほど甘くない。
変わった花は咲いても、美しい花はなかなか生まれない。
流されず、自分の好みを信じよう。
c0025140_22503518.jpg
この花に、もう一度 夢を託そうと思う。
PD系のイエローにリバーシブルな花。
蕾は汚いが、咲けば可愛い。なんとなくアルビノ的。
素質はあるがこの花は危険だ、PD系なので子孫はダスキーピンクの花も咲く実績が。
今季は今までに無い事をしておこう。
ゴールド系を母花に、この花を父花に交配してみよう。
そのクロスはまだやっていない!

転勤になってしまったら花はやめなきゃなぁ・・・
人生は何が起きるか解らないので、
今できる事は全力でやっておこう!

クリスマスローズで夢を見ていたら、うっかりしているうちにクレマはもう蕾が。
次回からは話題の中心をクレマチスに移します。
c0025140_22504951.jpg
季節はもう春なのに、この頃は寒い日が続きました。
桜の開花もまだちょぼちょぼな神奈川ですが、
お花見の団体さんは賑わっていました(^^;)
灰カビを2株で発見しました・・・いよいよ来ましたか!





[PR]
by nanami7kuri | 2017-04-02 23:24 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

ダメもとでやっておく その⑧

朝から腕組みしながらブツブツ・・・庭をうろうろ。
あれはもう交配したか?
あの組み合わせはダメだった?
その組み合わせは冒険すぎないか?
その組み合わせは保守的すぎないか?
夢見る交配の季節もそろそろ終わりです。
c0025140_18292038.jpg
のんびりしたいところですが、植替えが待ったなし!
大地は植替えマシーンとなってます。
でも、まだ半分ぐらいしか終わりません(^^;)
大地のお気に入りピンクフロストはしっかり生き残りました!
c0025140_18293983.jpg
ピンクのSDニゲル
可愛い。
この子は大株にしてみたい。
c0025140_18295285.jpg
2月25日の記事の子と姉妹交配。
ゴールドとピコティの交配
蕾はグリーンから始まって・・・
c0025140_18301313.jpg
開くほどに黄色が乗ってきます
極薄くですがピコが出てくれて嬉しい。
現代の進化には全然追いつけていません、ややピコ(笑)
まだまだこれからですね(^^;)
c0025140_18301925.jpg
りんご同士の交配から咲いてきたライムイエロー
c0025140_18302709.jpg
形は確かにりんご系なんだけど、赤が全く乗りませんでした(^^;)
青りんご だなこりゃ(笑)
花弁の基部は黄色くないけれど透明感がある。
ダメもとで上の写真のゴールド系ややピコをクロスしてみた(笑)時間切れ。
c0025140_18303528.jpg
一方で、前回の記事でアップしたこの花もゴールド交配さんです。
想定通りの普通の花になってしまった(^^;)
想定される結果とはいえ悩ましい。第二世代に繋げる気になれない。
何でだろう?もし花弁が黄色だったとしても大地の目指す方向ではない。
c0025140_18304504.jpg
この子は超想定外
艶ピコ的なバイカラーのセルフ交配から咲きました。
もう自信喪失(^^;)あかん
蕾は汚いけど、咲いたら明るい爽やかなグリーン。
c0025140_18305037.jpg
今年を振り返るとゴールド系の進化が身近になった年でした。
久しぶりに刺激的なシーズン。
まだまだ改良の余地を感じるのでいじり甲斐があります。
じっくり楽しめそうです♪

**** 今月の時計 ****

まいど時計ネタですみません。
今月の時計、またまたSEIKOのスーパー
c0025140_18320461.jpg
1950年代の時計です。
この頃の時計は風防がとってもドーム型でレトロ感がありありなんです。
マーベルやユニークも欲しいのですが、なんでかいつもスーパーです。
c0025140_18321711.jpg
ベルト幅が18mmだったので
自作のオーストリッチ オレンジのベルトを組み合わせてみました。
アンティークな雰囲気がもりもり(親バカ)
c0025140_18324866.jpg
ワイシャツでもok
c0025140_18325440.jpg
4つの数字のインデックスは普通に浮き出ているのですが、
その他のインデックスはダイヤルを掘って刻まれています。
c0025140_18331780.jpg
ケースの金メッキは変色している部分があったりします(^^;)
ダイヤルはレコード盤のような溝が付けられているデザインです。
色むらもほとんど無く、コンディションは良好。
c0025140_18333574.jpg
今週はこれを付けて会社にこう!

早くベルト製作を再開したい。こいつらに付けてやりたい。
ブラック皮にライトブラウンステッチも
オレンジ皮に茶ステッチも
ブラウン皮にオレンジステッチも作りたい。
うずうずしています!(^^)!

2017年夏のベルト製作再開に向け、どうしても改善したいことが!
ブラウンのオーストリッチで製作した時に採用したテーパー加工。
ベルト幅を徐々に細くするデザインです。
確かにカッコいいのですが、私の技術力では簡単そうで難しい。
片側で1mm滑らかに細くしなければならない。

その次のブルーグレーのオーストリッチで失敗して(^^;)
それ以来、ビビッてデザインに採用していません(笑)
c0025140_18340983.jpg
定規を自作しなければと思っていたのですが、
しつこくネット検索していたら発見しましたカーブ定規。
クローバーの裁縫用のカーブ定規。
25-051と、25-015.
大きくゆるいカーブのイン側を使いたいので、こんな定規が欲しかった!
c0025140_18342017.jpg
ほぼ直線の領域から、緩やかに滑らかにカーブしてくれます。
時計ベルトに特化した定規ではありませんが、流用できそう。
c0025140_18342855.jpg
これなら失敗の可能性を激減できそうです。
早く使ってみたい!





[PR]
by nanami7kuri | 2017-03-21 01:03 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

ダメもとでやっておく その⑦

相模原クレマチスの会の年次総会に参加してきました。
労働組合の総会のように丁寧なんです♪
報告と来年度案をご説明いただいてきました、いつもありがとうございます。
来年度もよろしくお願いいたします。

ロビーでは苔玉が展示されていました。
c0025140_20171537.jpg
その中に、なんとクリスマスローズ!

意外に合っています!(^^)!

c0025140_20184941.jpg

とんぼ返りで帰宅して。
クリスマスローズのお世話に汗を流します。
大変ですが楽しいのだ。癒されております♪

c0025140_20190088.jpg

正面は普通のリバーシブルですが、背中が綺麗。
ピコが太くてザラザラしていないので大地向き!私好み!!

c0025140_20191509.jpg

平咲の剣さん。
丸弁カップの対極に位置する。これはこれで美しいと思うのです。

c0025140_20193085.jpg

今年も咲いてくれました。
黄色交配から咲いた緑のリバーシブル(笑)
どんな料理をしたら良いのやら・・・

c0025140_20194179.jpg

りんごxゴールド
しゃもじ的な内弁。しゃもじの付け根は黄色が凝縮されて濃くなってゆく。

c0025140_20202259.jpg

ピコティxゴールド
クリームにピコティの花になりました。ちょっとザラザラした。
期待の交配でしたが思う通りにはいかない。

c0025140_20204428.jpg

だいぶ黄色い糸ピコティ。
この花は、上の写真の花と姉妹交配なのです。ピコティxゴールド。
それなのに全く異なる花になりました。
思い描いた花ではないけれど、ちょっとお気に入り(^^)

c0025140_20211354.jpg

ゴールドxピコティ
透明感のあるクリーム色です(^^;)あせあせ
ゴールドと、ゴールドではない花との交配の第一世代は
意外でした、ゴールドの気配が残るばあいもあって不思議。交配はやってみないと解らない。
思い通りにはいかないのですが、何か実行しておかないと、何も始まらない。

c0025140_20212617.jpg
ピコティバイカラー x ワインバイカラー
この辺の交配はコントローラブルな領域です。

それでも色、艶を言い出すと難しい。
透明感のある深いボルドー???(^^;)表現するのが難しい
母花の父親は・・・なんと! 太糸ピコティなんです。

c0025140_20223098.jpg
正面はピコティ時代のなごり、細いべインがあります。
c0025140_20224484.jpg
不思議に退色しにくいネオン。なぜか正面も背面もマットではない??
c0025140_20230374.jpg
形がいじけてしまった(^^;)
9番目の写真の黄花と異母姉妹。

太糸ピコティって簡単そうで難しい。正面が太すぎると汚くなってしまう。
絶妙なピコティはどうやって狙う?

c0025140_20231632.jpg
写真ではよく解らないけど・・・

リップの色が明るい赤の変な花(笑)
赤リップと言うよりも、マゼンダリップ??

c0025140_20233003.jpg
*** 今月の腕時計 ***

SEIKOのスパーです
大地好みのSマークなんです!
アンティークのブラックフェイスに初めて出会ってしまった(^^;)
もーあかん、カッコ良すぎる(親バカ)連れ帰らない理由が見つからない。

c0025140_20240199.jpg
ケースも、ダイヤルも、リュウズもピカピカでとっても状態が良いのです。

リダンなのかもしれない。
大地はビートルとかカルマンギアなどの旧車をレストアして乗りたいと思うタイプなので、それも良しです♪
はやくベルトを作ってやりたいです!
この時代の時計はコンパクトなので、これ・・・意外にレディースとしても素敵です!。


先月のオメガのアンティークに、昔に自作した茶クロコダイルを着せ替えてみました!
手作りの皮ベルトとアンティーク時計は似合う! (親バカ)
超ぉ~渋い。(親バカ)
先週はこれで会社に行っていました。ワイシャツにも行けてる。

c0025140_20244873.jpg
ハーフローター独特のコツンコツンという自動巻き上げの感触は、
残念ながら腕に着けるとあまり感じられないなぁ(^^;)

そして今日は、クレマチスの会の総会にも着けて行きました。
誰も気づいてはくれませんでしたが(笑) カジュアルでもok

c0025140_20250527.jpg
60年前の時計ですが雰囲気がいい。
大地好みのクサビインデックスですが、当時はとてもモダンな嗜好だったんじゃないかな?
c0025140_23225679.jpg
確かに流通は少ないので、なかなか出会えない。
初めは衝動買いしちゃったかなぁ~(-_-;)と、ちょっと反省していたのですが
今は「連れ帰って良かった♪」と出会いに感謝しています。







[PR]
by nanami7kuri | 2017-03-12 12:16 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

ダメもとでやっておく その⑥

もうクリスマスローズのシーズンもピークを折り返してしまいました。
気が付けば3月だぜ。
近年、年度末は仕事が忙しくなってしまう傾向が続いており・・・今年も同じくです(^^;)

時代のトレンドと共に我が家の花も黄色っぽいものが多くなってきました。
しかし、3年先、6年先を見据えておかないといけません。
淡い黄色地に、淡いぼかしのピコティ。優しい感じ。
もっと正面がリバース的な花色になってほしい交配ですが神様は許してくれませんね~(^^;)

c0025140_21460170.jpg




ゴールド系のグリーン
これ! 庭で圧倒的に目立つんですよね。咲終わりも濃黄になります。
この素材を次にどうつなげるか?何か変化をつけたい、良いアイデアを模索中。
咲き始めの頃はグリーンなので、むやみに赤ピコを灯すと変な色になってしまわないか?

c0025140_21461581.jpg




3年前から我が家で交配に活躍してくれているLSDゴールド
丸弁で、ネクタリーが筒弁で、お気に入りさんです。

c0025140_21464125.jpg


クレオン的な模様を灯すイエロー花。暖かい感じ。
背面から見ると糸ピコティになっていて多芸さんです。
炎のように進化させたい。どうすればよい?
c0025140_21470875.jpg


この花は2月9日の記事の蕾の花。
イエローグラデーションピコ x ゴールド のクロス交配。
ゴールド系と呼べない花ですが、背面のグラデーションは将来に繋げたい!!
もう一度ゴールド系をクロスしてみよう。それではピコが薄まるのでは・・・
c0025140_21472692.jpg


c0025140_21473640.jpg


りんご系交配から久しぶりの井川遥 級の花が咲いた。
イエローのピコティ、丸弁のカップ咲。奇跡のりんご。
最大の特徴は背面の艶と花色。分化能力も良好。

c0025140_21480359.jpg



りんご系の艶と、鮮赤グラデーションが両立したまさにリップ。
欠点は退色が早い(笑)
このリップは活躍してほしい! 花粉はLSDりんご系にバッククロスしてみます!
雌しべは誰と交配する?
今ある花に満足してはいけない。
c0025140_21481689.jpg


でも本当は、ベタ赤バイカラーのりんご目的の交配でした。
まったく意図していないで咲いたので胸は張れません(笑)
思い描いた通りには行かないので、
柔軟に次に活かそう!
人生そんなもんです(^^;)


デュメトラム系のゴールド。形もイイ感じ。 
今のところ小輪です。
c0025140_21484173.jpg


カッチリと咲くネオン系。雄しべもだらしなくならない。
過去の経験からべインの流行は短いので、冒険でいじってみたい。
c0025140_21485981.jpg



こんな感じのLSDりんごは、先ほどのりんごの唇と相性が良いはず。
LSDりんごピコティが咲くといいな。きっと愛される花になるはず。
この花の父親は、LSDの子孫を咲かせる能力が非常に強い。
c0025140_21492510.jpg


ゴールド系のグリーン花、その2
不思議な透明感があって・・・なんだか惹かれる。
料理のアイデアが浮かばないと、ひとまず小輪とクロスだろうか。
などなどと、いろいろ考えているうちに夕方を迎える(^^;)
c0025140_21495148.jpg


やや弁数の多いSDゴールド
カッチリした咲き方でお気に入り。ただし花粉が出ない(^^;)
c0025140_21500743.jpg


黄色っぽいものばかり見ていると
普通の白系のピコティが新鮮に見える。
時代は繰り返されて再びここに戻る。
c0025140_21504489.jpg


もう少し細くしたピコティ。
それでも太いピコティ、これぐらいが好みです。
この花の父親は、丸弁カップの子孫を咲かせる能力が非常に強い。
c0025140_21510229.jpg



太糸ピコティとリバースの融合タイプは最も私好みの花です。
背中の太糸ピコティも魅力的。

c0025140_21512155.jpg



うっすらと、やんわりと、ふわーっと滑らかなグラデーション。
優しい花です。
清楚なところが有村架純 的(笑)

c0025140_21515225.jpg




大地はどんな花を目指しているのか? と聞かれると
最近、何でしょうね・・・
美しいと思う花なら、黒も白も灰も緑も目指しています。
新しいものを創るのが好きなので「園芸種」です。
そして今年、思った。
大地は何処へ向かおう。
抽象的だけど、原点になる考えは包括的な方が良い。
「説明を必要とするマニア向けの花ではなく、
一般の方がパッとみて美しいと思える花」
そこへ向かってみようと思う。
その方向の頂点は、大勢の人から愛される花になるはずだ。
ベクトルは方向と大きさなのです。

なかなか新しい花が咲かない時代ですが
その先の、またその先、3年6年後の花がまだ見たいと思える事は
まだ進化の余地があると思えたからなんだろう。

今季迎え入れた先輩方が作出した花と、自分の花が咲きそろう今
ちょっとポジティブなんだぜ
新しい花を夢見て交配するのは楽しいです。

アンティーク時計のベルトも早く作りたい(笑)











[PR]
by nanami7kuri | 2017-03-04 23:56 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

ダメもとでやっておく その⑤


今月の時計
また骨董市で買ってしまった(^^;)
オメガのアンティークさん
こんな見た目ですがシーマスターなのです。
だいぶ使用感のある外観ですが、ほど良いアンティーク感を醸し出しています。
そして私の好きなクサビインデックスなので・・・
これ先月からお店にあったんだよね。ダメもとで価格交渉してお安くしていただきました!

c0025140_00184312.jpg


これは1950年代の時計です。
シーマスターなんだけど、現代のダイバーウォッチの風合いはどこにもありません。
でも頑丈そうなケースと、スクリューバックは過酷な使い方を考慮しているのかもしれません。
とは言ってもこの当時のシーマスターは日常生活防水程度だそうです。
cal.354が入っています。ハーフローターと言って自動巻きのローターが半回転しかしないので
振ってみるとコツンコツンという感触が伝わってきます。
それがカチカチではなく、コツンコツンとほど良い手応え。

そしてまた発見! 春峰さんの会津塗。テッセンの金粉蒔絵。
渋いです。
お手頃でしたので連れ帰ってしまいました。これ何個あるんだ~

c0025140_00190858.jpg


ゴールド交配しておいた花が咲いてきました。
下の2枚の写真は姉妹交配なんです。ゴールドx白のピコティ。
この子はだいぶクリーム色になってしまいました、ピコティの気配は無し。

c0025140_00192538.jpg


この子はそこそこ黄色い。
そしてかすかにグラデーションピコティが入ってくれた。
ただし・・・今のところ新芽が無いので今年限りかも(^^;)

c0025140_00194147.jpg

この緑の花は変わっています!
グロスのグリーンでピコティ。
白のピコティ交配から咲いてきました(笑)
グリーンの園芸品種としては異彩を放つ個体です。
何か応用してみたいです、アイデアが湧かないとゴールド突っ込むかも(笑)

c0025140_00195970.jpg


下の3枚は父親が共通の、パーティードレスのイエローを使用した交配。
株立ちは良くなるんだけど、失敗作が増えるのでお勧めできません(^^;)

c0025140_00201561.jpg

ピンクになってしまう事が多い中で、たまに黄色も咲いてくる。
でも蕾はPD的でダスキー、美味しそうではありません。

c0025140_00203185.jpg

黄色く成りきれない(^^;)でも、なんとなく暖かいピンク。

c0025140_00595464.jpg
イエローのピコティ。
もっと太く明るい赤のリップを載せたい。
c0025140_01003650.jpg
多弁の糸ピコ
危険なので少ししか交配に使っていません。
とは言え、やっておかないと何も起こりませんし(^^;)
多弁が目的ではなく、美しい多弁を咲かせること!
c0025140_01001530.jpg
普通のピコティなんですが
リップの赤が、いい赤しているので お気に入り。
c0025140_20342117.jpg
これも、リップの赤が気になる花。
いつもと色が違うんです。
c0025140_20343799.jpg
暖かいので、次々と花が咲き進んでいきます。
世話でヘトヘトだぁ・・・
なんて思える事は幸せなんだろうなぁ。
なにげない日常が、かけがえのないない幸せ。
明日は甘酒を飲みながらゆっくりしたいぞ(笑)








[PR]
by nanami7kuri | 2017-02-25 22:52 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

ダメもとでやっておく その④

東京ガスの、妙に長いcmを見た。
「やめてよ」と娘が何度もつぶやく、ドラマ仕立てのcm。
娘を持つ父親としては、感動して泣ける~
うるうる(^^)


今日は赤から入ります。
グロスレッドとホワイトのバイカラーお気に入りさん。
エッジ部の赤の染み込み方がいい感じ。

c0025140_19563923.jpg




c0025140_19564885.jpg

一番目の花と母親が共通の姉妹。
グロスマゼンダバイカラー。ややべインが入ってしまった(^^;)
正面の発色が不思議なんです。

c0025140_1956568.jpg


c0025140_1957451.jpg

りんご交配のつもりが・・・アプリコットになってしまった。
どちらの親にもにていない。
クリスマスローズは気まぐれです。

c0025140_19571017.jpg

クリームに淡ピンクのソフトなリバーシブル。
両親にリバーシブルの気配は無いけど、おじいさんがリバーシブルのNo.546
ダスキーではないけれど・・・ちょっとソフトすぎた。
うーん、もう少し様子を見ます。

c0025140_19595296.jpg

お気に入りの黒/緑バイカラー 3兄弟のうちの一人。
背中がザラザラしていないお気に入りの渋い花

c0025140_19572352.jpg


開花直前の姫りんご。
下向きの玉咲。
c0025140_19573230.jpg

背面の色気重視交配の花。
背面のグラデーションがセクシーなのです。
お婆ちゃんが太糸ピコNo.803で、お爺ちゃんがリバーシブルNo.546です。
c0025140_19574229.jpg

大地もゴールド交配していなかったわけではなく、細々とやっていました。
2013年交配の作落ちさんですが、しぶとく生き抜いてくれました。

どうせならと、実は冒険交配なのです。
片親がゴールド系ではない、イエロー系でもない、変なピコティ。

若干、ピコティが受け継がれたようです(^^;)若干だよ若干・・・
このあとピコが濃くなるとは思えないし(笑)

c0025140_19575163.jpg

お恥ずかしいかな、もっと作落ち2012年交配です(^^;)

分化能力が悪いので、開花が今季に至りました。

c0025140_1958030.jpg

そんな生育に難ありの系統ですが、背中がエロいのです。

ブラックエッジでグロスで霜降り。
ひとまず分化能力をなんとかしたい。

c0025140_19581015.jpg

ロウ梅のような質感の濃黄さん。
蕾は緑だったのですが徐々に濃黄に変化してきました。期待の蕾。
まだ、やや緑っぽいですライムイエロー。
ゴールドは使用していなくて、しかも片親がPD系の冒険交配。葉は普通に緑です。

現代の交配ではPDはあまり使わないよね・・・興味のある花です。

c0025140_19581866.jpg
この後、濃くなるのか?薄くなるのか??様子見です。






[PR]
by nanami7kuri | 2017-02-12 23:18 | クリスマスローズの交配 | Comments(2)

ダメもとでやっておく その③

神奈川県でも久しぶりに雪が積もりました。
クリスマスローズにとっては雪はどうってことない、へっちゃらです。
c0025140_20442057.jpg
しかし、今日は冷えた!
花が凍結でペシャンコです(^^;)
こんな時は・・・
触らないのが一番です(^^;)昼前には復活しました。

c0025140_20443548.jpg
大手の園芸店ではゴールド系の交配種が店頭に並ぶようになってきました。
嬉しいことにお値段も手ごろ。
野田さん、大木さん、加藤さん、広瀬さんのゴールド系が一堂に集まっていました。
我が家はゴールド系が出遅れているので何人か連れ帰ってきました!(^^)!
グリーンのゴールド系
咲終わりになるほど黄色くなります。
ちょっとヨレていますが、発色が非常に良いです。輝いている感じ。
c0025140_20445953.jpg

一気に進化したため、もうゴールドとかネオンとかと言う表現では分類できない(^^;)
各ナーセリーさんが独自に付ける名前も多すぎて覚えるのが大変だ。
オーレアという言葉は商標登録されてしまったようだし・・・
面倒なので我が家ではアルビノ的な黄花の総称をゴールド系と称します(笑)
べインの入るアプリ的なゴールド系、しかもカップ。
昔からある花色ですが花芯が黄色い! 透明感は無い。

c0025140_20450825.jpg
リバーシブルのゴールド系
もうリバーシブルまであるんだね!! 花芯が黄色い。
形は来年まで追跡してみます。
c0025140_20451676.jpg
花芯は黄色くないピコティ。
でも確かに花芯はアルビノ的です。

葉が黄色くなければ分類困難。でもお気に入りです。

c0025140_20452678.jpg

量産型のゴールド系では珍しく、花弁がヨレない花。
イイ感じです。
ありそうで、なかなか無い。
c0025140_20462467.jpg
ゴールド系の進化ってとても早いですね!
もう追いつけませ~ん(^^;)
一方で手頃な価格になるのも早いのはガーデナーには嬉しい事です。

我が家ではこのところ新しい進化が無かったのでこれらの花は刺激的です。
交配で楽しまさせていただこうと思います。
ちょっと夢が持てるかも。
でも、このままでは皆さんと同じような花になってしまうので
何かヒネリを加えたい!
小輪、多弁、多軸、香り・・・
既に皆さん手がけているであろうから何らかの別路線が望ましい。
c0025140_20463964.jpg
一気に進化してしまったので、私に何が出来るだろうか?
マニア向けの進化は可能でも、大衆向けの進化が難しいのかもしれない。
何が出来るのか、考えます(^^;)
難題なので甘酒でも飲みながら・・・楽観的に♪







[PR]
by nanami7kuri | 2017-02-12 18:14 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

ダメもとでやっておく その②

以前に作ったニシキヘビ皮の時計ベルト
ダイバー的な時計に付け替えてみました。
ちょっと成金的なセンスでいやらしいかなぁ~と思っていたけど
慣れたらいい感じに強烈な個性の組み合わせ(笑)
今週はこれで会社に行ってます。
c0025140_2356544.jpg

松下幸之助いわく
「インテリの悪い癖は、実行する前にまずできるかできないかを自分の頭で考えてしまう。
それは無理だとか困難だとか思い込んでしまって、なかなか実行に移さない。
どうせ人生思い通りになることなど殆どない、やってみなければ解らない。
体当たりで実行してゆく人が、新しいことを成し遂げる。」

考えすぎるのも良くない。
最近のクリスマスローズは進化が難しい。熟成もなかなか思い通りに咲かない(^^;)
どうせならダメもとの冒険交配も仕込んでおこう。
c0025140_23561173.jpg
先日、趣味家さんの方々と濃い濃い話をさせていただいた。
内容は省略しますが、とても勉強になりました。
今、一番大地に必要なのは、もっとポジティブに行こうじゃないかと・・・
教えてもらった気がします。
楽観的でいいんじゃない!!
期待はせずに、のんびり待とう。
肩の力を抜いて、ブレずに行こう。

大地には珍しく、
現代主流のゴールド交配ではなく、PDイエローを使った交配の花。
c0025140_23561783.jpg
そこそこいい感じですが、濃い黄色になりきれません(^^;)
PD系なので先祖帰りも多い。
背面に色気を感じないので近年はこの交配は継続していません。
しかし、変異が大きいので新しい花はこういうところから咲くのかも。
c0025140_23562410.jpg
ゴールドとの相性が良い特殊な花を使った交配。
黄色になる予定でしたが(^^;)白くなってしまった。
それでも花弁の基部はやや黄色いかも。親バカ(笑)
咲終わりの花色の変化を確認したい。
sorenishitemo剣弁すぎます・・・
c0025140_23563516.jpg

マニアの方たちは花弁の基部が白いものが良いらしい。
この人は、正面のリップも太くてグラデーション。
咲進むと中心が黄色くなってくるのでアルビノ的素質を持っていそうなヤツです。
そっちの方向的にはそこそこ完成度が高いのかも。
c0025140_23564068.jpg

十年前の大地も同じく中心白の嗜好だったのですが、今は基部が同色ではない方が好き。
この花は基部が緑さん。
でもリップがザラザラしてしまいました。
c0025140_23564593.jpg
こちらは、りんごの濃黄方向交配
母親の太丸弁で濃黄な個性をバッチリ引き継いだけど
背面の発色の悪さまで引き継いでしもうた(^^;)
進化した気がしない。もう一度もどし交配頑張ろう。
c0025140_23565030.jpg

黒のグロスエッジ
このグロスのエッジがピコティの様で大好きです。
もっとグロスの部分を太くしてゆきたい。
c0025140_23565681.jpg

野田さんのゴールドと、特殊なクリロを交配して生まれた蕾さん。
偶然の産物。
トサカの葉も黄色っぽいのでアルビノ的な要素は引き継いだかも。
ピコティが美味しそうです。期待の蕾。
c0025140_2357460.jpg

正面のリップが高コントラスト、そして太い。
でも、内弁はちょっと剣ちゃんですね(^^;)
神様はなかなかパーフェクトを許さない。
c0025140_23571218.jpg

大地には珍しい母花のセルフ交配。
チェリーレッドのツヤツヤグロスは母親そっくり。
そりゃセルフなんだからそうだけど。
もう少し個性の変異が欲しいいのです。安定しすぎる遺伝子さんです。
赤/白のバイカラーになる予定。
c0025140_2357224.jpg

このあと加速度的に開花するはず。
お願いだから長期の出張になりませんように。
今年の交配は少し攻めよう、冒険度を少し高めよう。



[PR]
by nanami7kuri | 2017-02-09 01:12 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite