七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

プラグ苗の個性

なんだか急に暑くなってきましたね(^^;)
もう遮光しちゃおうか!まだGWでいいかな。迷っています。
今日は大地のプラグ苗の個性を書き留めます。
毎朝、毎晩、あきずに眺めてはうっとりしています。ばかですねぇ~(笑)
でも、この瞬間から育て上げて咲かせる醍醐味が始まっています。
楽しみ楽しみ♪
今年は液肥ガンガン+IB化成を置き肥してます

467の血を引く交配から1つだけ斑入りが出てきました♪
どうせ消えちゃうんだろうけど(^^;)まあ、期待はしておりませんけど・・・
c0025140_1832486.jpg


こっちの系統は妙に双葉に白い脈が入ります。
ほかのプラグも「うり坊主」みたいに模様が入っています♪
c0025140_18325629.jpg


これは葉ピコティですね!でも、最近は花色と関係なさそうなのであまり気にしていません。
このプラグはD黒系統なのでカラス葉的ピコ葉なのでしょう。
c0025140_18331037.jpg


これはアトロに500を交配してみました。
茎が黒く、葉がやや灰色でつや消しです。大地のダークホースです(^^;)
c0025140_18332034.jpg


わが家で最も丸い本葉(^-^)
確かに親は丸弁でした。兄妹もみな丸いです。
c0025140_18332713.jpg


それに比べて、思いっきり剣ちゃんな本葉!
429の血を引く交配です。この系統は花の形と連動していないですねぇ~!
c0025140_18333646.jpg


これは、早期発芽と通常発芽の比較です。こんなに違う♪
だからと言って来年咲くかは?です。咲いてくださーい(^-^)
もっとマジメに肥培しておけば良かったと、少し反省しています。
c0025140_1834299.jpg

こんな感じで、夢を楽しんでします(^-^)
何処かの歌にありました「夢は叶えるものだ!」と・・・
たしかにその通りなきがします♪
あきらめずに夢を追いかけているうちに、いつか叶ってくれれば 
まあいいか(笑)
[PR]
by nanami7kuri | 2007-04-14 19:16 | クリスマスローズの交配 | Comments(15)

早期発芽用の冷蔵庫改造

みなさん家電製品の改造は事故のもとになるのでオススメできません(^_^;)
去年の冷蔵庫は改造しようとボディに穴を開けたらヒートパイプを切断してしまい壊してしまいました・・・バカですね~。
やめときゃ良いのに、新しい冷蔵庫を買ってきました。あはは~☆
今年の早期発芽では、冷蔵庫内で発芽してしまっても良いように、冷蔵庫に明かり取りの窓を付けることにしました。
いきなりドアを外してしまった写真から始まります。このドアの部分にはヒートパイプは無いので安心して(笑)穴を開けられます。ドアの内側のポケットも邪魔なので切断しなきゃ。
c0025140_22412422.jpg

工具は10年以上昔から愛用のジグソーです。力強い味方です(^_^)v
c0025140_22413255.jpg

ドアポケットを切断しました。ドア周辺のゴム磁石は後に再び取り付けます。
ドアの内側にはウレタンが充填されていました。
c0025140_22414185.jpg

さて、いよいよ穴を開けます。少しためらいがありましたが、
もう後戻りも出来ないしね(^_^;)行くしかない!
線を引いた部分に穴を開けますよ♪
c0025140_22415024.jpg

大胆に四角い穴が空きました♪
ドアの表面は湾曲しているので、そんなに大きな窓を取り付けるの無理なようです。
c0025140_2242395.jpg

実は今回の窓の改造で、数ヶ月間悩み続けて来たのがペアガラスをどのように手に入れるか?最も時間をかけた検討部分でした。きっと特注すると高いだろうと見積もりさえもしていません(^^;)無難にはアクリル板を2枚合わせにして自作するつもりでしたが、意外に値段も高いのね・・・うむむむ、何か良い方法はないかドイトの店内をウロウロしていて目に留まったのが、この額です♪
ガラスだよ!2個買えばペアガラス!!ジャストサイズの枠も初めから付いてるし(^_^)v
c0025140_22421341.jpg

気密と断熱を高めてくれるのは、この防水スポンジテープ。低反発なのに復元力が素晴らしい。サッシに使うぐらいだから耐久性も良いのでしょう。
c0025140_22422416.jpg

これをガラスの縁に貼ってゆきます。
c0025140_22423117.jpg

こんな感じ!
c0025140_22423736.jpg

周囲に張り付けたら、こんな感じ。
c0025140_22425443.jpg

これを枠にはめ込んで、もう一枚のガラスもはめ込みます。
ガラスとガラスの間に隙間ができて、断熱します。周囲のスポンジも熱伝導を低減します。
特殊な四角いワッシャーでガラスを押さえました。
c0025140_2243257.jpg

枠にも防水スポンジテープを張り付けます。
c0025140_23284872.jpg

表から見ると額のまんまですね。
c0025140_23285634.jpg

最後にドアに取り付けて、ついに完成しました♪
この額は上下二つのネジだけで取り付けました。こうすることで左右のスポンジに加わる圧力が均等に保てるからです。ココまでの構造は全て分解メンテナンスできます。
c0025140_2329384.jpg

さあ! 準備完了。あとは寝て待て(^-^)
[PR]
by nanami7kuri | 2007-04-07 23:51 | クリスマスローズの交配 | Comments(10)

温度で胚の成長限界が異なるんだって

去年の早期発芽実験の発芽はタイミングがバラバラなものもあったのに、なぜ取りまきの種の発芽は均一なだろうか?と疑問だった。
なんでクリロの種は夏と冬を経験しないと発芽しないのか?これも結構素朴な疑問でした。
この2つの疑問の答えは師匠から教わった、ある大学の卒論に書かれていました。

クリスマスローズを含むキンポウゲ科の多くは、種の中の胚が不完全な状態で親株から落ちるそうです。5月に採種した状態では種は不完全らしい。
種の構造は概ね、胚と、胚乳と、種皮で出来ていて、
胚は、将来茎や葉、花、根などに分化する大事な部分。
胚乳は胚が育つための栄養の供給源、将来双葉にもなります。

そして不完全なクリロの種の胚は、温度によって成熟をしてゆきます。
高温による胚の成熟度ランクをA,B,Cと順にすると、
例えば5℃の環境ではAまでしか成熟できません。
15℃の環境ではAを経てBまでしか成熟できません。
25℃の環境ではAを経てBを経て、最後のCまで成熟することが出来ます。
ここで注意しなければならないのは積算温度の話し。
去年のBlogでは「積算温度1100℃/日が高温処理の目安」と記載しましたが、5℃の環境で積算1100℃/日を行ったところで成熟度はAで止まったままになってしまうところです。
要約するとこんな事が書かれていた。

またまたここで重要なのは個性、個人差の問題である。
血統などで高温処理に必要な積算温度はきっと差があるはずであるが!
しかし自然界では時間がこれを均一に解決していると考えられる。
早熟な種も、晩熟な種も、ゆっくりと時間をかけて高温処理された種はCの成熟に達する。
逆に言うと均一にCの成熟で止まるとも言い換えることが出来る。
この後、低温期を経て胚は成熟度Dまで到達し、ようやく発芽が可能となるそうです。

だからクリロの種は
夏と冬を経験しないと発芽出来ない。
時間をかけて温度処理すると発芽が均一になる。
ようです(^-^)

去年の早期発芽実験の、来年の実験項目にジベレリンで高温処理をパス出来ないか?
を検討していましたが、こんな発芽シーケンスが必要なので薬でパスするのは困難な気がしました。また、友人から聞いた結果ではジベレリンを使用した場合、発芽に至らないで腐ると言う話を聞いています。

また去年の実験結果から重力を一定方向に加え続けないと根が正常に伸びない(^^;)
低温期の用土が軽すぎると種皮がむけない(^^;)
冷蔵庫の中から真夏の温度に苗を出す事はいくらなんでも双葉が溶ける(^^;)

なので、今年はメインをこんな感じで・・・
・高温処理後の種を、通常の7.5cmポット発芽用土に蒔いてそのまま冷蔵庫に入れてみます。
・発芽したら彼岸を過ぎに冷蔵庫外に出そうかな。
・彼岸前に発芽してしまったらそのまま冷蔵庫内で育てます。その場合、冷蔵庫内に光が必要になってくるんだけど・・・
それで冷蔵庫の改造中です。本日新しい冷蔵庫が到着しました。改造内容はまた後ほど(^^;)
なんでココまでやるんだろ?アホだよねぇ~
関東での交配2年後の開花が出来たら嬉しいのですが、出来ても開花率は低いかなぁ(^^;)
でも交配3年後の開花率が100%に近づくだけでも嬉しいかな(^-^)。
[PR]
by nanami7kuri | 2007-04-02 00:03 | クリスマスローズの交配 | Comments(9)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite