七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2007サマーカット(軟腐病対策版)

暑くなってきましたね、関東ではもう”初夏”といった感じです。
サマーカットを行うなら、湿度が低く、梅雨の前の今の時期が適期です。
でもサマーカットって何なんでしょう?
キビシイ夏を乗り切るための、葉の間引き、株元の乾燥処置の事を言います。
わが家では夏の炎天下に置かなければならない鉢株が多いので必須の作業となっています。

大地の場合、主に下記の目的でこの作業を行っています。
①株元の風通しを良くする→株元を乾燥させカビを抑制。健康チェックの視認性向上。
②葉を間引くことで葉からの水分蒸散の軽減→用土の乾燥軽減。水やり回数の低減。うっかり水ギレによるグッタリ防止。
です
ただし、うかつに作業をすると、逆に軟腐病にかかってしまう可能性があるので注意しましょう。
2006年は大地の処置の悪さから大切な株を軟腐病病で枯らしてしまいました。
(軟腐病の詳細は大地のHPを参照下さい)
薬に頼る手段もありますが、まずは薬に頼らず出来ることは何か?を工夫してみました。
大地のサマーカットを紹介いたします。

サマーカットはまず天気予報を見るところから始まります。
軟腐病回避のためには「切り口を早く乾燥させる」ことが重要なポイントです。
軟腐病菌は傷口から進入するからです。
なのでサマーカット直後の長雨、泥はねは極力避けなければなりません。
今回の経験から2日間切り口を乾燥させれば十分な感じがします。

この写真はカット前。葉が茂っていてむさ苦しい。花殻も残っています。
c0025140_22505937.jpg

株もともカット前はこんな感じ。はかま(芽皮)が残っていてジメジメしています。
c0025140_2251368.jpg

この状態だと株元の風通しが悪くはかま(芽皮)に水が溜まりカビを繁殖させる原因になります。
また、株もとが目視しづらいので健康管理が下手になりがちになります。
鉢の大きさに対して葉が多いので、水分の蒸散が強く、土中の乾燥が早い・・・などの原因になります。

これがカット後です
過剰な葉を間引き、一芽に一葉茎を残しました。
もちろん花茎も切ります。こんなにスッキリします。ごめん真上からの写真がないですね・・・
葉も減らします、葉の切り方にも色々工夫が楽しめそうです。
c0025140_22522047.jpg

カット後の株元はこんな感じ。カビやすいはかま、枯れた茎は全て除去。
葉茎、花茎は地際から5cmぐらい上で切ることにしました。
(去年までは地際で切っていて・・・最悪なことをしていました)
c0025140_2253875.jpg

湿度も低く、風も日照も十分だったので、一日経過した切り口はだいぶ乾燥して塞がっていました。
ちょっと安心。
用土を乾燥気味にしてやると、切った花茎も早くしぼんで枯れてくれます!
c0025140_22533581.jpg

一芽に一葉茎にしても、葉が大きすぎる場合もありますね♪
そんな時は葉っぱを減らすもの有効だと思います。
硬くなった葉の場合はこんなのはどう、例えば葉の途中で切るとか
c0025140_22543645.jpg

大きな7枚葉は3枚に減らすとか。
切る前
c0025140_2255519.jpg

切った後
c0025140_22553991.jpg

葉の部分で切るのは、切り口の乾燥も早いので安心です。
柔らかい葉っぱは乾燥しにくいので切るのは避けましょう。
そうそう、一株ごとにハサミの消毒も忘れずに!
[PR]
by nanami7kuri | 2007-05-28 22:48 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

早期発芽と超乾燥種と狂咲き

早期女王にズコズコ刺激され早1年、再びそんな季節がやってまいりました。
今年の早期発芽に使用する種は、期待に夢膨らむ交配の種を少量多種使用することにしました。全部失敗しても良いように現用と予備を設けています。5月中旬から高温処理開始、去年と同じ25~30℃ぐらいのTV台の中です。ベンレート1000倍希釈液でパーライトを軽く湿らせて種を保存しています。後はじっくり待ちましょう♪
(早期発芽が良い!と言うわけではありませんので自己責任で楽しみましょう)
c0025140_1753554.jpg

そうそう・・・
ベンレートで思い出したのが、去年の超乾燥種蒔き!
3ヶ月間シリカゲルでカラカラに乾燥させた種を、パーライトにベンレート1000倍希釈液を軽くしみこませ、徐々に戻した種の発芽率は約85%でした。
一昨年の超乾燥種をいきなり土に蒔いた場合の発芽率は約30%だったので、だいぶ発芽率が改善できます♪超乾燥種はいきなり土に蒔いちゃダメですね。栗吉さんに教わりました(^-^)
↓3月の古い写真ですが・・・
c0025140_181589.jpg

ともあれ、極端な乾燥は避けた方が良いですが、
神経質にならなくても大丈夫ですよ。

それからですね、クリロの健康状態を見回っていたらこんな花見つけました!
狂い咲きです(^_^;)蕾もいっぱい付いています、あはははー☆
c0025140_17532736.jpg

本当は紫なんです116×216。
ちゃんと寒さに当たらないと発色がこんなに変わるのね(^^;)
c0025140_18254215.jpg

交配もせず、切り取ることもせず、そのまま見て楽しんでいます(^-^)
[PR]
by nanami7kuri | 2007-05-20 18:26 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

FAN追加♪

今週は冷蔵庫にFANを追加してみました!
2機取り付けましたが、1機で十分な風が回っていました。
庫内では早春のそよ風が吹いています(^-^)
スイッチ基板を設けているので、LEDなども将来増設可能にしました。
c0025140_892998.jpg

FAN1機あたりの発熱量は1Wもあるので、温度が下がらなくなってしまうのではと心配していたのですが、意外なことに温度が下がりすぎになってしまいます(^_^;)
原因は温度センサが冷却ラジエータの真下にあるので風が無い場合は一番冷たい冷気が直接あたっていたのですが、風を回すとそうでなくなってしまうのです。
センサの風当たりに工夫をしてみます(^-^)
蛍光灯は育成灯ではなく通常の物を使用しています。
こんな光で育つのか?楽しんでみましょ♪
c0025140_894054.jpg

とりあえず、入れるものがないので通常発芽のプラグを8本入れてみました。
全て異なる交配です。夏場の差が出るのでしょうか?
来年の今頃、本命の今年の早期発芽苗は12cmロングビニポットに入っていると思われこの冷蔵庫では狭い(^_^;)

こちらの写真は「ど根性ポピー2」です。家の前の階段に生えています!
強い♪
c0025140_895330.jpg

[PR]
by nanami7kuri | 2007-05-12 08:29 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

節分草交配その後

関東では暑い日が続いております!遮光しておいてよかったぁ(^^;)
種もボチボチ落ち始めて庭を見て歩くのが楽しみです。

うちの変態交配、
母ニゲル×父西洋節分草は子房が膨らみません(^^;)
今年もだめかぁ。去年は子房は膨らんだものとかありましたが
今年はそれも無しです。来年は何のファクタを変えようかな!
c0025140_1545816.jpg

いよいよ春ですね!いろいろな草花が嬉しそうに動き出しましたね。
じゃあ問題!
これは、ある花の雄しべです。さて何の花でしょう?
答えは後で♪
だいぶ毛が生えています(笑)この毛が何に役立つのか??わからん
c0025140_1551390.jpg

これがわが家の「ど根性ポピー」(ナガミヒナゲシ)
塀のブロックの割れ目から生えているのです!!
植物の生命力って凄いですね(^-^)
この種を蒔いて、ど根性にあやかろうかな♪
c0025140_15533100.jpg

わが家では、このナガミヒナゲシと、サクラソウと、ノースポールが
プランターの中で野生化しております(爆)あはははー☆
バラもいくつか咲き始めていますが、大地のお気に入りのバラは
メイヤーオブキャスターブリッジ。咲き始めはこんな感じですが
c0025140_1554110.jpg

開くとディープカップのロゼット咲きになります。
そしてこれ以上開きません。
もう一つの魅力は何と言ってもその香り。吸い込まれます(^-^)
まるで洗濯石鹸ボールドのCMのようにクラクラ~っとします♪
c0025140_1573531.jpg

そうそう、
さっきの青い花の正体はこれ
「オオムラサキツユクサ」でした。白もあります。
c0025140_158484.jpg

あれっ!雨が降ってきました。気まぐれな天気ですね!
[PR]
by nanami7kuri | 2007-05-03 15:29 | クリスマスローズの交配 | Comments(8)

冷蔵庫の照明

GW中にもかかわらず2日間も休日出勤してもうたぁ!
急なトラブルでてんやわんやでしたが無事任務完了♪
さぁー遊ぶぞぉ(^-^)

こないだホームセンターでワインセラーなるかっちょええ冷蔵庫を発見!
窓が付いていて中が見えるし、スタイリッシュでいい感じ♪
値段も凄かったけど(笑)
これとは別にショーケース型の冷蔵庫もありました!窓がデカイ最高です。
発芽後の生育ならあまり低温でなくても良いと思うのでこれオススメです。
両方とも長津田のビバホームにあります♪

そうそう話は変わって
早期発芽用の冷蔵庫ですが置き場を選ばずに済むように照明の対応を行いました。
結局付けることにしました(^_^;)どははは
LEDを内蔵するか、蛍光灯を外付けするか・・・迷いましたが
せっかく窓があるので外付け蛍光灯を選択。
でも、せっかくの窓の視界を遮るほど大きな蛍光灯では困るし。
ホームセンターを長い間うろうろしてしまいました(爆)
最近の蛍光灯もいろいろあるのですね!細くて小さい直管型とかも長さいろいろ。
値段も意外に手頃。でもでも、あまりに特殊な規格のサイズでメーカー限定であるため
長期的な供給に不安が・・・う~ん、直管型にするか、電球型にするか、迷ったまま
数件のホームセンターを梯子するはめに。
結局ドイトでE17金具の電球型蛍光灯を発見!しかも60W相当光量。
最近はこんなにコンパクトな電球型があったのね!!これに決定♪

次は取り付け方法に悩んで・・・ソケットで行くか、既製品の卓上ライトを使うか。
これもいろいろで、ラッキーなことにE17金具電球対応の小型の卓上ライトを発見!
クリップ式で何かに挟んで固定するタイプです。
電球型蛍光灯と卓上ライトで合わせて¥2000なり。

話が長くなりましたが、こんな感じで取り付けました。
クリップで挟むだけ。
c0025140_074522.jpg

60W相当光量なので、メチャメチャ強烈な明るさで庫内を照らします。
c0025140_075199.jpg

次回、もくろんでいるのはFANの装着です。
会社のゴミ箱からクーリングFANを拾ってきました。12V品。
これを庫内に取り付けて、内部に風を起こします。
葉からの水分の蒸散を促進させるのが狙いです。
効果は不明だけど、去年の経験から、より自然な環境に近づけようと思っています。
上に乗っている小さい四角いのがFANなのです。
c0025140_075728.jpg

ここまで来ると、会社の工業実験用の恒温槽とあまりかわらんなぁ(^_^;)
まあ、趣味なのでお金かけずに手間かけて・・・楽しみましょう♪
[PR]
by nanami7kuri | 2007-05-01 00:15 | クリスマスローズの交配 | Comments(2)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite