七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

恐怖のカイガラ虫 再び。

子苗を観察していたら、発見しましたカイガラ虫!
3年ぶりだったでしょうか・・・あの悪夢を思い出します。
c0025140_2261223.jpg

見た目はそんなに怖くないですが、放っておくと大発生します。
過去の大地の悲惨な経験では一度大発生してしまうと歯ブラシでの除去では間に合いません。オルトランも効きません。マシン油は効きましたが葉にダメージが残ります。
高温になる夏が好きらしいです。
あまりメジャーな害虫ではありませんが、大地が一番恐れる害虫です

このカイガラ虫は自家交配のプラグ苗に発見しました。
慌てて他のプラグを確認しましたが目視では他に発生していませんでした。
念のため開花株もチェックしたけど見つからず・・・
何処から来るのか?
なんでプラグに??
薬が嫌いな大地ですが、こればかりは薬を使っちゃいます「スプラサイド」
カイガラ虫用の特効薬。全ての株に散布しました(^^;)
c0025140_22413576.jpg

1週間ぐらいで効果が確認できます、カイガラ虫がオレンジ色に変色してパリッと外れる様ならokです。
[PR]
by nanami7kuri | 2007-08-29 22:28 | クリスマスローズの交配 | Comments(6)

わが家で出来ること

交配から2年で花を咲かせるためには、真冬の成長促進も手抜き出来ません。
わが家にはビニールハウスを建てる土地がないので(^^;)氷点下になる真冬の戸外では苗の生長が緩慢になってしまうのです。これがわが家の環境。
でも去年窓辺で育ててきた早期発芽苗の生育がとても良好であったので、もっとこれを利用できないかと考えました。そこで小屋裏の窓辺を利用してぬくぬくな環境を用意してみます。
ここは真冬でも5℃~15℃。

先週、育成灯を入手したので点灯させたくてしかたがない・・・子供みたいですね(^^;)
買ってきたのはこれ!
NECビオルックスAの40W型。大地の期待のアイテム!
c0025140_22465486.jpg

ちゃんと植物育成用って書いてあるんですね。

メインの光は窓から差し込む、冬の角度の低い太陽の自然光を!
窓から遠い苗に対して、補助光として育成灯の力を借りてみます。
どんな光なのか早く見たい・・・そんな想いで朝から工事しました。あはははー
そして点灯♪
c0025140_2247847.jpg

おおーっ!
トロピカルレッドと全く同じ「ピンク」の怪しい光です(^_^)v
天井からチェーンで吊しているので、苗と育成灯との距離は自由に調整可能です。10cm~50cmまで調整可能にしてあります。現在このビオルックスAを2灯付けてみましたが、気に入ったので、予定していたトロピカルレッド32W×2本は中止して、もう一本ビオルックスAの40Wを追加しようと思います。この方が安く出来るのだ、育成灯が¥1200×3本、点灯機器が¥1980×3台、で合計約1万円の見積もり。
去年この場所には育成灯はありませんでしたが、生育不良の苗をココに置いていたら調子が良かったのです。そんなダメ元の内容がヒントになったりしました。

わが家で出来る冬の育苗の条件下ではこれが限界かと・・・
わが家の弱点を逆に利用しちゃるぞーい(^_^)v
もう冬支度ですね♪
[PR]
by nanami7kuri | 2007-08-25 23:04 | クリスマスローズの交配 | Comments(6)

2007大地の庭UP

よーやく夜は涼しくなり始めましたね♪
早期の方もまだまだ地上部の変化がなく、毎日ほじりたい思いと格闘中(笑)
冷蔵庫は温度を少し上げて8~13℃あたりで管理中。根はどーなっているのでしょう心配(-_-;)
時間に余裕が出来てきたので2007大地の庭を作成し始めました。
少しずつ頑張りまーす。
この母と、この父から、こんな花が咲いたよー 形式で掲載しています。
c0025140_2254962.jpg

3年前からピコティの血が入り始めたのでバリエーションがちょっと広がりました。
まずは意外と楽しいSS×DDから作成しました。きっと先輩方の誰もがここから始まったんだと思います。交配の楽しさ、交配の魅力の原点なのだと感じました。
同系統でない模様の親同士のクロスの方が変異があって楽しいみたい(^-^)
なので今年の交配の中には冒険ものもやっています。
ゴールド×黒
ブロッチ×ベイン
黒×模様 とか・・・
片親にアトロを使用した交配も楽しみ!

冒険しすぎ?
これらの交配の狙いは、そう! 「予想外」なのです(^-^)あははは
予想外な花が咲いてくれることを狙っています。あまり深く考えず楽観的に♪
花の予想もつきませんね~(笑)
きっと、あなたも冒険好きでしょ?
[PR]
by nanami7kuri | 2007-08-24 23:07 | クリスマスローズの交配 | Comments(6)

ルーピング再考

最近は猛暑ぉーですね。クリロ部屋の温度は38℃。冷蔵庫もオーバーヒート気味!
冷蔵庫の窓を塞いで、冷蔵庫に扇風機の風をあてて凌いでいます。
アホですねぇ~。
来年はプラグを入れないので今年だけの苦労ということで、まあいいか(笑)

今日は友人から元気をもらったので、もー暑さついでに汗かいてしまおうとプラグ苗の植え替えを行いました。そしたら新たな疑問が!
↓スリットあり7.5cmポリポットの根はこんな感じ
確かにルーピングは無い。スリットを逃げて根が成長しています。
c0025140_1505011.jpg

↓スリットなし7.5cmポリポットの根はこんな感じ
凄いルーピング!でも立派だよね・・・
c0025140_1511160.jpg

(根洗比較が無くてゴメン)同じ系統の苗ではないので単純比較出来ませんが、ルーピングも悪くない感じ。とゆうかルーピングの方が根が素敵に見えた(笑)
鉢の中で、出来るだけ根を自由に伸びたいだけ成長させようと考えた場合、どちらが有利なんだろ?

昔の大地は梅雨時の根腐れなどを警戒してスリットを選択してきたのですが、ココ系のフカフカの用土を使用している現在では少し様子が違うのかもしれません。
今後の早期発芽育苗でバームクーヘン方式の採用を検討している大地にとっては、ルーピングを逆に利用してやろうか(^^)なんて考えも悪くないなと思いました。
スリット無しポリポットで、ルーピングした根の下に、こまめに増し土する感じでどうだろ?

これは早期発芽育苗案なので、開花株はやはりスリットで育てたい。
夏がキビシイ大地の庭では、懸崖スリットの白が一番良いかも。

そうそう、地上部が夏伸している苗と、そうでない苗の根を比較してみたら特に差は感じられませんでした。こげさんのレポートと同じ手応えです。上と下の成長タイミングは同じでは無さそうです。
[PR]
by nanami7kuri | 2007-08-16 15:01 | クリスマスローズの交配 | Comments(19)

確かにプラグ苗の休眠は短い!

暑い夏がやってきましたね、セミもガンガン鳴いております(笑)
わが家のクリロ部屋では連日35℃を越えております・・・
早期発芽用の冷蔵庫が壊れませんように(^_^;)
c0025140_21393787.jpg

関東ではこんなに暑い日が連日続いているのに、
先週の株の成長は止まりません!
いったいどうなってるのでしょう?
c0025140_21401025.jpg

若葉は展開し、さらに新芽が次々と出てきます。
この株は、来年も真夏に成長するのか??追跡を続けてみます。

この夏伸の開花株はちょっと特異な株ですが、
プラグ苗は休眠が開けるの早いと思いませんか?
皆さんから教えてもらって、わが家ではどうなのか??と観察してみると、
確かに!
プラグ苗の1/3ぐらいは芽が膨らみ始めています。早い子は葉が展開し始めています。
c0025140_21412290.jpg

夏伸タグを挿しています。
c0025140_21414528.jpg

c0025140_21415845.jpg

全てのプラグ苗が新芽をニョキニョキさせているわけではありませんよ!
でも、確かにプラグ苗の休眠は短い! そんな手応えを感じました(^-^)
あなたの庭ではどうですか?
上記のプラグ苗達は5月から遮光した場所に置きっぱなしのままで、特に何らかの要因を変化させたわけではありません。最近ますます暑くなってきたのに、なぜ成長が始まるのでしょう?
解りません(^^;)
「休眠が短い」と表現すべきか、「夏でも成長する」と表現すべきか迷いました(笑)。
でもさ、6、7月はさっぱり動きが無かったので「休眠が短い」の表現が近いと思います。
とは言え、なんで酷暑の中で成長始めるんだろうね?

いったん休んで、何かが溜まると、暑くてもビンビンに伸び始めるんか?
大地と同じだ(^_^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2007-08-11 21:42 | クリスマスローズの交配 | Comments(6)

休眠ってなに?

我が家では8/4現在こんな株があります。
こんなに暑い8月にもかかわらず、新葉がにょきにょきと成長を続けています
c0025140_20423280.jpg

休眠ってなんなのでしょうか?
この株は約3週間前の7/15頃に、梅雨時の日向から日陰へと置換えたものです。
他にも同様なプラグがちらほらと有ります・・・
環境温度として上がったのか、下がったのか正確には解りませんが、
どちらにしても既に十分暑いことには変わりありません。
それなのに芽が動く!
なぜ??

ありえそうな要因としては
①夏にも休眠しない性質の株なのか?
②短日が効いた?
③たまたま(笑)

夏にも良く育つ苗を選抜してゆくことで2年開花の確率を上げようと、こういう株には「夏伸」タグを挿入します♪
選抜は別として今回は、この現象は日陰に移動したことによる短日が、彼女を刺激したのではないか?と仮定してみたくなりました。短日処理で開花を促進させるという話も去年ありましたので、今回の現象はこれに繋がるのかもしれませんね。
温度の影響もあるとは思いますが、短日が大きく影響を与えていると仮定して、これを早期発芽苗の夏の育成に応用できないかと考えました!
もしかすると関東でも夏場休眠なしで育てることが出来るのではないか(^_^)v

あははは、あなた。無理だろうと思っているでしょ!
いいじゃありませんか大地は最高にあきらめの悪いクリロン人です!!
なんだかまたアホアホな夢を抱いてしもうたぁ。
今年の経験を纏めると
①今まで大地は直射日光による温度上昇を緩和させる為、5月から遮光をしていました。
しかし今年の経験では、梅雨終了まで日向で育てていた苗の生長も以外に良い♪
②7月中まで日向で育てていた株を、日陰に移すと8月には芽の成長が始まる場合がある。

この経験から、またまた無謀な事を考えてみました。
来年の早期発芽苗の一部を下記で育ててみます!

☆遮光は梅雨明け直後から
梅雨明けまで遮光無しで育て、
梅雨明け直後に遮光(または日陰移動)を行い、短日処理を行います。
これによって夏の休眠を最小限に抑える作戦。
名づけて「眠れない夏、大作戦」(^_^;)
上手く行くかは、解りません(笑)良い子は真似しちゃダメよ♪

先週植え替えた2年苗(梅雨の間日向で育ててきた)の半分を
日陰に移動してみます。
日陰組
c0025140_20432184.jpg

日向組はサマーカットしました。
c0025140_20433549.jpg

早めに成長が始まるといいな!!

ただし大地の目的は夏の成長の休眠防止であって、初冬開花を目指すものではあ
りません。この目的に適しているのかも解りません(^-^)あっははは
成功するか、失敗するか、やってみないと解りません(笑)
でもね、やってみないと気が済まない性分なんですよ(^^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2007-08-04 21:10 | クリスマスローズの交配 | Comments(8)

軟腐病さよなら宣言(^^;)

8/1現在、軟腐病は発生していません♪
いつもならば8月までに、とっとと発病するので、今年は封じ込めることに成功したみたい。
昨年の悲劇をくり返すまいと、あれこれ考えた対策が効いたみたいです。
薬は使用していませんよー(^_^)v
2005年の経験から酷暑はさほど関係ありません。梅雨時期にサマーカットした2006年は最悪でした。そんなこんなで8月まで来てしまえばわが家の場合一安心♪

実験的に軟腐病で逝ってしまった株の土をわざわざ混ぜた株も元気です!
ここまで悪い条件でも平気!ようやく自信がつきました。
それでも大事な株の茎を切るときはドキドキしましたけどね(^^;)
c0025140_23431733.jpg


ホームページの「軟腐病友の会」のページも改版しておきました。
対策の要は
・地際で茎を切らない
・切り口を極力早く乾燥させ塞ぐ(その為に出来ることを実施する)
です。

あとは台風の強風で茎に傷を付けないように注意します!
とりあえず自分の中ではトラウマから抜け出せました!(^^)!

おまけ!
アジサイの子房はますます膨らんできています♪
c0025140_23453754.jpg

[PR]
by nanami7kuri | 2007-08-01 23:46 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite