七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

つぼみ~♪

大地2005交配の蕾があがってきました。
163DDP×189DD黒
とりあえずダブルだぁー♪
蕾の頃は濃桃だったのに徐々に濃さを増してきました。
189はダークの血がよほど濃いようです。
c0025140_22391378.jpg


これは、予想外の蕾
165DDP×112DDP
両親がDDPなのに、なぜかピコ蕾。ダブルなんだよー!
これ以外の同一交配は普通にDDPみたいです、クリロは謎です。
子どもは安定し無さそうだけど(^_^;)蕾も細長いし・・・(^_^;)でも、早く見たい♪
c0025140_22461112.jpg

【2/7修正】
この下の蕾、その後大地の1/31の写真整理ミスと判明。
ラベル写真の順番を間違えました。
この蕾は182×261です。261に似たのかもね!
[PR]
by nanami7kuri | 2008-01-31 22:50 | クリスマスローズの交配 | Comments(10)

高濃度木酢液散布(^^;)

大地です
室内でぬくぬくとプラグ苗を育てているとアブラムシが発生しやすいです。
いつもだと少々のアブラムシは放っておくのですが、
室内での大量発生は・・・気持ち悪(^^;)

大地は殺虫剤が苦手で、さらに室内でのオルトランは考えられず・・・困った!
おーそうだ、木酢♪
適当に薄めて使い始めたのですが、規定の濃度ではアブラムシ君は★にならず。
徐々に濃くして使って来ましたが★にならず
こうなったら意地だよ。
2倍希釈でどうだ!!
これは効き目があるぞ。部屋の中は薫製臭いが・・・慣れればok
しかし、副作用も出た(^_^;)
c0025140_23185035.jpg

傷口があると枯れる・・・
結局最近は手でアブラムシを取り除いています(^_^;)
ブンブン飛び回る成虫にはべープがいいです。一晩で全滅できます!

このごろ関東でも寒いのです。明日の最低気温の予報は-5℃らしい・・・
最近は育成灯で育てる日が多いです。
夜に育成灯を点灯して、昼は消灯。(昼夜逆転です。昼の部屋は暗いのです)
育成灯の発熱を利用して夜間の温度低下を緩和させています。
クリロ部屋の朝の最低気温は10℃、昼の最高気温は15℃ぐらいを確保しています。
c0025140_23191326.jpg

今日は久しぶりにベランダに出して会社に行きました。
明日はまた育成灯に逆戻り・・・
[PR]
by nanami7kuri | 2008-01-24 23:27 | クリスマスローズの交配 | Comments(12)

ん!バラの発芽かな?

久しぶりにバラの種を蒔いたポットを覗いたら・・・あれっ?芽が
こないだクリロの双葉間違え事件を起こしているので不安・・・
これはバラなのか?
双葉に付いていたカラはバラの種に似ているので
きっとバラだと思います。・・・たぶん(^_^;)
c0025140_2344167.jpg

アジサイは順調に双葉が出そろいました。
c0025140_2352310.jpg

そうそう!
2006年度早期発芽で最も発芽の成績の悪かった437×643の発芽が始まりました。
なんだ・・・ちゃんと発芽するじゃん(^^;)遅いけど発芽しますね!
なので、原因が取り除かれれば発根不良も解決できると言えそうです(^^)
よーし燃えるぜ!
c0025140_2353759.jpg

変な花が咲きました。
超多弁花!何枚有るのか数えていません。
正直・・・キレイとは言えない(^^;)弁が暴れてる。
千重(せんえ)咲きを狙うなら重なりが美しくなければ・・・
c0025140_2355677.jpg

[PR]
by nanami7kuri | 2008-01-20 23:28 | バラの交配 | Comments(8)

アジサイが発芽したかも?

大地の交配したアジサイが発芽したかも?
均一した種類の双葉なので雑草の可能性は低いだろう(笑)
なにせ初体験で、情報も無いので、やってナンボの世界です♪
あまりにも小さい双葉なので遠目にはサッパリ解りません・・・・
c0025140_2214875.jpg

でもね、たとえばノーブル×クレナイを拡大すると
ほら!
c0025140_22201.jpg

もっと拡大すると
ほらほら!
きっとアジサイだよね? たぶん、だろう(^^;)
c0025140_2221591.jpg

開花が楽しみです♪
[PR]
by nanami7kuri | 2008-01-15 22:00 | あじさいの交配 | Comments(10)

2006早期発芽の開花♪

咲きました!
大失敗の試行錯誤の末、何とかたどり着いた2006年度の早期発芽2年開花。
アドバイスいただいたみなさん、
実験隊の皆さんありがとうございました。
リスク大なのでオススメできませんが、大地にとっては夏の風物詩になること間違いなし。
c0025140_195244.jpg

母親似の絞り。だいぶヨレヨレ~(^^;)
この花は記念樹で大事に育てるぞ!この遺伝子、交配には使用しないことにしました。
2007年度の早期発芽に望みをつなぎます。
どれぐらいの開花率になるんでしょうね?
目標は低く50%とか・・・(笑)あははは
すでにこの時点で、交配の組み合わせで2年は無理そうと判別できるのが約2割。
だから7割ぐらい咲くかどうかが限界。
今後2年回開花に適した選抜で改善してゆこう

最近クリロ部屋のレイアウトを変更しました。
腰をかがめなくても良い場所に設備を移動しました。
腰に優しく、椅子に座って観察できるようにしたよ(^^;)
c0025140_1953789.jpg

通常発芽もぼちぼち始まっています。
c0025140_1954927.jpg

通常発芽の状況としては、
早期で発根不良だったいくつかの交配の中で、通常発芽が未だに発芽できないのは
437×643のみです。
種の蒔いた数をカウントしていませんのでいい加減ですが、その他は普通に発芽してます。
もう少し様子を見ます。
2008年度の早期はあまり多くの要因を試さずに種洗いを試してみます。
割り切って調子の悪い交配は数蒔くという荒技もありかも・・・
失敗あるのみ!!楽観的にGo♪
[PR]
by nanami7kuri | 2008-01-14 19:43 | クリスマスローズの交配 | Comments(6)

ピコティ~さん入隊です♪

みなさん、おはようございます。
7クリ実験隊に新メンバー「ピコティ~」さんが入隊していただけることになりました(^_^)v
ピコティ~さんのBlog「クリスマスローズかぶれ」はこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/picotee8010
実験隊のHPにもリンク完了しました。ジャンプできます。
気楽に楽しくお願いいたしま~す♪
みなさん、これからも自分の家でできることからコツコツと楽しみましょう。
大地は昨年はりきりすぎて大変だったので、マイペースでね!

2005年交配の通常発芽株の中からいくつか蕾が確認できる子が出てきました。
331DDB×330DDB。まだあまり黒くないです?剣弁かや??
c0025140_9344652.jpg

2006年交配の早期発芽221×338
蕾が開いて来ました~(^^)とりあえずダブルだ♪
母親そっくりの絞りピコ。花はヨレヨレ~(^^;)でも嬉しいです!
c0025140_935050.jpg

昨日から通常発芽に白熱電球の光を照射しています。
何が起きるかな?
発芽が促進されるかどうか比較対照はなーい。
促進されたとしてても効果が、温度によるものなのか?赤外線によるものなのか??
切り分けができません。とりあえず様子見です。
c0025140_9351232.jpg

昨日¥100ショップで変なつまみを見つけた(笑)
c0025140_9354363.jpg

[PR]
by nanami7kuri | 2008-01-06 10:02 | クリスマスローズの交配 | Comments(16)

竹 と ひじき その後

竹肥の効果は?
ひじきのミネラルの効果は?
2006年10月14日のBlogの内容のその後の成長を確認してみたいと思います。
2006/10/14の画像はこれ↓
左2株が生竹のみ配合。
中2株がひじきのみ配合。
右2株が生竹+ひじき配合。
c0025140_0381128.jpg

同じ並び順で2007/1/1の画像はこれ↓
地上部に特質すべき差は確認できません。
c0025140_0382417.jpg

じゃあ、根はどうなのか?
同じ並び順の根はこれ↓
根に特質すべき差は確認できません。
んんー竹もひじきも変わらんかなぁ~
大地の基本用土と施肥で、すでに十分なのかも(^_^;)
それぞれの組みの、左が黒ポット、右が透明ポット。
竹入りの黒ポットとなる右から1番目と5番目がやや良いような・・・気のせいか?
c0025140_0384276.jpg

左が黒ポット、右が透明ポット。クリロの根は暗い方が良いようです。
c0025140_0385684.jpg

大地が感じる竹肥の性質
・異常な程の保水力(屋外での使用に注意。雨後長期に根が濡れてしまう)
・水分伝導が良い(ポット内の水分分布が均一にできる)
・ココ系同様のフカフカ材(でも、どちらかが使用されていれば十分みたい)
・土に返る分解速度まだ不明(寒いせいか特に醗酵の不具合は未確認)
・肥料効果まだ不明(畑と異なり多肥するなら期待しなくても・・・)
今のところ、こんな手応えです。
でも、なんとかこの特性を応用したいのですが・・・良い方法ないかな?
この異常な保水力は底面吸水アジサイ種蒔きで活躍してます(笑)

2006年11月15日の超濃竹ブレンド用土のその後です。
比較には全くなりませんが!
寒い外で、雨ざらし栽培の苗は根の生長悪いです。
c0025140_0391020.jpg

暖かいクリロ部屋での育成灯下で、乾燥気味に育てた苗の根はいい感じ。
まあ当然条件がよいので・・・
c0025140_0392830.jpg

超濃竹ブレンドで使用する場合使い方に注意する必要があります。
竹肥は保水力有りすぎるので戸外のポット栽培では降雨後、長い日数用土がびしょ濡れのままになります。さらにノンスリットなら更に良くないです(苦)。
戸外、屋内で使い分けが必要に感じました。
良い経験になりました、これは超濃ココ材ブレンドでも同様の事が起きると考えられます。

結局、竹もひじきも必要条件ではないようなので安く手に入る物で良いでしょう。
当面はこだわりの材料としておまじない的に使いまーす。
大地のこだわりブレンド材です(^^)
[PR]
by nanami7kuri | 2008-01-02 01:50 | クリスマスローズの交配 | Comments(10)

早期発芽の状況

☆この投稿の前に「光質実験の最終報告」があります。そっちも見てください。

2006年度の早期発芽の蕾がほどけ始めました。
母親そっくりな模様の花になりそうです。
まだDDかSSか解りません。ワクワクします♪
一番花の蕾は尖っていましたが、2番花の蕾はコロコロまん丸?なぜだろう。
そんなに美人ではないけれど、パワフルで、早咲きなこの形質を何かに使いたい。
c0025140_2203717.jpg

そういえばレコード大賞もコブクロの「蕾」だった。
おばあちゃんにも親孝行しなきゃと思う(^^)
株の全体像はこんな感じ。
c0025140_2205618.jpg

2007年度の早期発芽で本葉の数が一番多い子はこれ。
5枚目がキューンと伸びてきています。330DDB×529DD赤紫底白
2006年度の早期より早い。
c0025140_221935.jpg

でも、本葉の数より葉の大きさが重要だと思うのです。
光合成には面積が広い方がいいよね!
葉っぱが一番大きいのはこの子516インソムニアHYB×643DDバイカラ。
c0025140_2212962.jpg

↓こちらは生育だめだぁ~551DDリバースのセルフ。
みな弱い(^^;)すぐに通常発芽に追いこさえれそうです。
c0025140_221423.jpg

わが家ではようやく通常発芽もぼちぼちはじまりました。まだ1割弱です。
ここで傾向を感じたことがあります。
3段重ねのトレーの一番上のトレーに発芽が集中します?
一番上のトレーは光が当たっています。
暖かいから?
光?赤外線か?
寒暖差が多い? どれかが影響していると考えられます。
思い起こせば、2006年度早期発芽で、発芽が早かったのは冷蔵庫内の育成灯の光があたる窓際だった・・
・発根には寒暖差。
・発芽には赤外線。
を応用してみたい。
c0025140_222829.jpg

そろそろ6cmポットで乾燥気味に育てるのに限界を感じてきました。
うっかりすると乾燥しすぎるのです(^^;)
なので2006年度の早期発芽苗は昨日7.5cmノーマルポットに植え換えました。
3月までのんびり出来そうです。
最近は青(青ブロードで)を多めに照射しています。白熱電球40W1個(赤ブロード)を遠くから照射しています。
c0025140_22321396.jpg

殆どの子は本葉3枚目です。
c0025140_22322578.jpg

ジョンさんがフレッシュエアーを薦めると良く聞く。
確かに室内の無風は植物に不健康な気がする。
無風だとカビも出やすいだろうし、葉からの蒸散も滞るだろう。
大地は天井から苗の葉に向けて直接風を送ります。
c0025140_22323631.jpg

斑リビが咲きました。花にも斑が現れます。夏越しが心配だ(^^;)
c0025140_22332852.jpg

[PR]
by nanami7kuri | 2008-01-01 01:49 | クリスマスローズの交配 | Comments(6)

赤光、青光どっちが好き?

赤い光と、青い光がプラグ苗の生育にどのような影響を与えるのか?試験の最終報告です。
光質の実験を12月1日から開始して、約4週間がたちました。
①屈光性?
については以前に報告しているので今回は省略します。
見事に青色へ曲がります。
ただし固くなった茎は曲がりませんでした。
照度計やスペクトラムアナライザーが有るわけではないので、大まかな光質実験と考えてください。全光束は両方のランプ共に同じ450lmです。
現在の様子はこれ
c0025140_19593929.jpg

明るいところに取り出して上から比較するとこんな感じ。
赤青mix(中央)の上段以外の苗は12/1以降に新葉が1、2枚展開しました。
②新葉が緑になるのは何色の光?
左が青光苗、右が赤光苗、中央がmix光苗。
んーどちらの光もちゃんと濃緑になりました(新しく展開中の葉は黄緑ですが)。
光質に大きく左右されないようです。
c0025140_19595896.jpg

③徒長?
どちらの光が徒長してしまうのでしょう?
少し横から比較します。
んんーどちらの光も同じ程度の伸びです。
徒長は光質に大きく左右されないようです。
c0025140_200171.jpg

そして、根はどうなんじゃ!
④根が充実するのは何色の光?
大地にしては珍しく根洗しました。
んんんーどちらの光も同じ程度の根量です。
(茎はmixがやや短い気もしますが・・・気のせいかもね)
c0025140_2004756.jpg

以上の内容をまとめると。
・プラグ苗の生育に光質は大きな影響を与えない
という結果となりました。クリロの苗は光質を選り好みしないようです。
弱光に耐える植物は光質を選り好みしないのかもしれませんね。
このぶんなら、どのメーカーの育成灯でも大きな差は現れないでしょう。
あとは光束が大きい方が有利といえます。
光束ならHG。エマーソンならA。
次回は育成灯ラックを作成しようと思っているので
ビオルックスHGと、Aと、トロピカルレッドを見て比べてみたい。

この実験に使用した苗は次なるステージへ♪
気になっていたのは紙ポット。
根を乾燥気味に育てるのに何か効能はあるか??試してみたい。
¥100ショップでなら12個で¥100です。
スリットが無いので根を止めることもなく鉢全体で乾燥します。
きっと・・・たぶん・・・だろう(^^;)
c0025140_2012258.jpg

室内では絶対に使用するなと書いてある?
なぜ~??ちょっと心配。
まず再利用は出来ないだろうなぁ。
強度はどうなの?根が紙を突き抜けてしまったり(爆)
乾燥しすぎたりして・・・
やってみてから考えまね
c0025140_2013786.jpg

さっき紅白見てたらZARDの曲が流れていました。
うん、元気もらったよ♪
[PR]
by nanami7kuri | 2008-01-01 01:43 | クリスマスローズの交配 | Comments(2)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite