七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

直せばまだ使える

今日は久しぶりに独身状態だったので、たまにはリビングで大きな音で音楽を聴くぞ♪
久しぶりにMyステレオでMDを聴こうと思ったら…
MDがドライブできない?
中でギコギコ音がして明らかに故障(^_^;)
おまけにMDが取り出せないときた…マジかよぉ
機械って使っていないと逆に壊れやすいものなんだよね。
大地は電子回路のエンジニアですが他人が設計したものは解らないものなのです(笑)
でもこの様な故障は機構的な故障なので、分解して何とか修理してみます。
c0025140_2054297.jpg

いろんな部分を押したり引いたり叩いたり(笑)
何とかMDの取り出しに成功!何度かローディングを繰り返すうちに無事に動作できるようになりました。ついでに光ピックアップも掃除しました。溜まったゴミもお掃除。
機構的故障って結構こんな感じで直せるものなんです。
(注:火災や感電のおそれがありますので分解は自己責任でおねがいします)

さあ♪気分も爽やかに 音楽スタート…んんん??
今度は音がおかしい(-_-;)音が曇ってる。
まだ何所かが壊れているのか。
左のスピーカーの音が曇ってる。高音がおかしい。
配線を入れ替えても左がおかしいので左スピーカーの故障です(^_^;)
住宅事情を考慮して高級オーディオでは無いのですが、一日かけて聴き比べて選び抜いたこだわりのスピーカーInfinity社のReference10
c0025140_211004.jpg

右スピーカと比較すると、明らかにツイター(高音用の小さいスピーカー)が鳴っていない。
今まで長い人生でスピーカーを壊れたことはない。
当然、直したこともない。とりあえずツイターを外しました。
c0025140_2119727.jpg

全く鳴っていないのでおそらく、ボイスコイルが切れたか?、ネットワークがショートしてるか?
テスターで抵抗値を測定したら、無限大Ω  (^_^;)
あはは故障個所はボイスコイル切れだぁ。交換するしかないですね!
大音量で鳴らした訳でもないのに…なぜ切れた?
c0025140_21202914.jpg

修理に出そう。部品はまだ流通しているのだろうか?普通はここで終るのですが。
まあ、ヒマなのでダメ元でさらに分解します。
意外なのはInfinity社はアメリカですが、ツイターはフランス製でした。
コーンを丁寧にカッターではがしてみると
c0025140_21324569.jpg

なんとツイターの中心には吸音用のスポンジが!
高音に有利なレアメタル振動板が全盛な時代に、なぜかソフトドームの古風なしろものですが
こだわりの作りこみに感心、感激です。すばらしい。
c0025140_21381818.jpg

もっと嬉しいことには、ボイスコイルの切断部分が巻き終わり部だったこと!
これなら直せるかも(^^)
c0025140_21431981.jpg

ただし、これを半田付けしたのでは再び電流の発熱で切れる…何か良い方法は無いものか。
考えて考えて考えて!閃いた(笑)
なんとボイスコイルを1周ほどく事にしたよ。
わずかにインピーダンスが変わってしまうだろうけど、何十周も巻いているコイルなので影響は少ないだろう。
端子への半田付けも楽ちんでした。
c0025140_2155526.jpg

再び組みなおして、無事に音を取り戻すことができました。
奇跡です。
うれしい♪うれしい♪うれしい♪うれしい♪うれしい♪うれしい♪うれしい♪うれしい♪
c0025140_21555630.jpg

自分でも信じられないけど、直せた(^_^)v
世界広しと言えどもボイスコイルの切れたスピーカーを直すおバカは
滅多にいないであろう(笑)
こうして3時間がかりでようやく全ての修理完了。
大好きな音楽を大きな音で鳴らしたよ♪
自分で直したスピーカーの音は素敵に聞こえるから不思議ぃ(笑)親バカ
まだまだ大事に使います。
[PR]
by nanami7kuri | 2008-09-27 22:17 | 自己紹介♪ | Comments(4)

もっと遠くへ

最近、愛車のエンジンが調子悪くて入院していました。
毎日乗っているので動くのが当たり前!の空気みたいな存在でしたが
いざ動かなくなると大切さが解りました(^_^;)
結婚してしまうとなかなか車にお金が回らなくて(笑)もう7年も乗りました。
珍しい純正のルーフレールが付いていて、純正なのにキャリパーは赤いです、
純正なのにコックピットから3列目まで内装が木目調です。自分で塗っただよ(^^)
まだまだ大切に乗りたいと思います。

治って帰ってきたので、さっそく遠くへ行ってきました!
横◎園芸さんの原種シクラメンを取り扱っていらっしゃるお店まで
遠路はるばるGo!
shinoちゃんに影響されて買ってしまいましたプルプラッセンス。
c0025140_1419321.jpg

c0025140_14194243.jpg

形、模様、色…何が人気で、何が希少なのか全く解らないので
先入観なく自分の感性で選んできました(笑)
花が終わりかけていましたが、数多くの苗の中から葉で選んだよ。
これは種なの?蚊取り線香が付いています。
c0025140_14201025.jpg

ついでに太葉リグリクスの苗を発見。気になってしょうがないので
連れ帰りました。
c0025140_14221123.jpg


今日から関東は急に涼しい日が続きます。予想最高23℃くらい
今日はうす曇りなので先週の外出し早期発芽苗は日向に出しました。
そして、新たに8種類のポットを冷蔵庫外に出しました。
c0025140_14231573.jpg

ポット内で全てが発芽できていないのですが、
本葉も出てきているので既発芽苗を優先して外出しです。
まずは日陰で、超薄液肥でスタートです。

あの大地汁2ですが、全く臭気は止まらず…凄いことになっています(^_^;)
誰か助けてくれぇ(笑)そろそろ挫折しそう…
[PR]
by nanami7kuri | 2008-09-27 16:45 | クリスマスローズの交配 | Comments(8)

苗の外出し

だいぶ涼しくなってきました。
神奈川県の大地地方では朝は20℃ぐらい、昼は暑くても30℃に行かなくなりました。
庭でも彼岸花が急に伸びてきて咲き始めています。
c0025140_122332.jpg

大地の早期発芽は発芽完了したポットもあれば、まだ発芽しないポットもあります。
発芽していないポットは全体の1/3ぐらいまだ残っています。
今のところこの差を縮める技術は私にはありません(^_^;)
c0025140_1225560.jpg

そろそろ彼岸花も咲いたので、早期発芽の発芽完了ポットを冷蔵庫から出してみるこ
とにしました。双葉も濃い緑なので、もう大丈夫でしょう。
c0025140_1219132.jpg

去年の経験からすると、濃い緑になってしまえば直雨も平気でしたが、
念のため初めの一週間は
雨の当たらない、直射日光の当たらない明るい日陰で過ごさせようと思います。
今回の外出しは6ポット
435×803、573×803、591×803
651×806、723×803、791×803
c0025140_1231950.jpg

今回まだ外に出していませんが、いつも発芽が遅い643系のなかで
なんと冒険交配の643×803は発芽が早い。
組み合わせでけっこう変わるものですね。
でも去年はプラグ苗の時期の成長は良かったのに、中苗になったら成長鈍化した交配
も有ったりしたので、まだまだ何が起きるかわかりません。
自分で育ててみないと解らない事が多々あります(^_^;)

先日到着した海草のぼかし肥です。18kgもあるので、いつ使い切るやら。
c0025140_1242034.jpg

早速、熟成中の大地腐葉土に混ぜて寝かしこみました。中身は粉状。
c0025140_1251283.jpg

カタログを取り寄せたら驚いた。そこには哲学がありました(^^)
[PR]
by nanami7kuri | 2008-09-23 12:20 | クリスマスローズの交配 | Comments(6)

有機再考

大地汁2のキムチ悪臭が止まらない(^_^;)
なんとかしなければ…
生ゴミを有機肥料にするのに流行っているのは、EM菌というのを使って、「EMぼかし」という肥料を作るらしい。悪臭が少ないらしいのです。
EM菌って何さ?(Effetive Micro-organisms=有効微生物群)だそうですが
いろいろ調べたけど内訳はよくわからん。秘密なのか(笑)
嫌気状態の発酵が得意なようです。
ぼかし肥は晴らしいが、なにもEM菌でなくとも十分との説もあり
EMを絶賛しすぎるネットの記事には引いてしまいます。
乳酸菌を加えると臭いが軽減されるという記事もあった!
ともあれ早いとこ臭いを軽減させたいのでEM菌を買ってきました。
c0025140_113829100.jpg

とりあえず大地汁2をかき混ぜると
あれ?ニンニクだけが浮いてきた、ニンニクは全く発酵していない(^_^;)
原形をとどめています、抗菌作用があったような記憶もある。ダメですね。
ニンニクは後入れだったのでミキサーにかけていないのが幸いした、とりあえずニンニクを取り除くと、それだけでも結構臭いがおさまりました。キムチ臭から→ぬか床臭に変わった。
そこに乳酸菌飲料とEM菌を突っ込みました。
EMは嫌気状態(外気に触れない)状態で発酵させるのが良いらしい。
乳酸菌は好気状態が良いらしい。
性質が逆だね(笑)とりあえずバケツは蓋をしました。
c0025140_11385478.jpg

その後2日経過してどうなったかと言うと、
言葉で表現するのは非常に難しいのですが
「もうヤメテくれ~」という臭い(-_-;)
ぼかし肥料はできるだけ生の方が良い、加熱しない、乾燥させない。&酵素
そんなコンセプトをねらった液肥を作りたいのですが…無理か?
こんな思いをするのなら有機肥料は買ったほうがいいですよぉ(笑)くじけそう。
のりかかった船なので大地汁2はこのまま発酵を継続させます。
今回有機肥料を勉強して思ったのは、
早期発芽で有機に即効性を持たせたいなら、あらかじめ分解している断然ぼかし肥料がいいです。既製品のぼかし肥料がおススメです。

そうそう乳酸菌を使うので酸性が強すぎる液体になっちゃうのでは?と
ちょっと心配になってきた。我が家にはph計がありません。
酸の中和と言えば、小学校で習ったのは石灰で…どうせなら有機のカキがら石灰も
入れてみた。酸と石灰なら二酸化炭素が出るので膨張注意ですよ。
乳酸菌に影響出ちゃうかな?発酵が完了してから入れるべきだったかも??
大地汁1にも入れてみた。

そんなところへ、発酵済みの海草ぼかし肥が到着♪
大地汁2に混ぜちゃえ~
いじりすぎて益々悪い方向に向かっているのかもしれない(笑)
手作り除草剤に近づいているかも?

もうひとつ勉強になったのが竹粉のC/N比。
なんとC/N比が70もあるらしい、高すぎるのです。
糖分、ミネラルが豊富なので微生物の増殖には適しているそうですが、
土中に大量にすき込むと、その微生物が竹を分解するのに窒素を消費してしまうため
植物にとっては一時的に窒素不足となるそうな…(^_^;)
でも液肥などで補えていれば問題はないそうです。
分解し終わって窒素を消費した微生物が死ねば再び窒素成分は戻ると思う。
ならば竹粉の分解にはヨーグルトがいいのかな?竹もあらかじめぼかすか?
結局のところ有機肥料は寝かすなり、ぼかすなりして、分解したものが良いようです。
結局、肥料成分を与えすぎて枯らしたりして。

ココ繊維はどうなのだろう?
分解が非常に遅いので、こちらは問題ないと思う。
大地の場合は今まで通り肥料ではなくフカフカ材として扱ってみます。

ぜんぜん関係のない話ですが、大地の庭にはたくさんトカゲがいます。
この時期赤ちゃんトカゲがかわいいですよ。無防備に歩道に出てくるので
子供たちに捕まらないようにね(^^)
たいていは茶色のカナヘビ、青いしっぽのニホントカゲなのですが、
たまに見るのがヤモリちゃん。ちょろちょろ出てきたので捕まえた!かわいい。
c0025140_11472425.jpg

やしかに親を目撃したことがある。繁殖してるんだね♪
ワニの目を持ち、指先が吸盤になっています。
子大地に見せたあと庭に帰しました。

涼しくなってきたので明日はいよいよ、早期発芽苗を戸外に出します。
最近、ルーラル電子図書館中に、現代農業の用語集というページを見つけた!
記事やバックナンバーは会員にならないと読めないらしい(^_^;)残念…
でも、この用語集を読むだけでも、とっても勉強になりますよ。
現代農業の用語集
[PR]
by nanami7kuri | 2008-09-23 00:37 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

脱がします゜(* ̄ ▽ ̄*)°

最近の早期発芽さんたちはこんな感じです。
591×803、601×806などは蒔いた種全てが発芽しています。
そんな交配もありますが、でも良い話ばかりではありません、
中には803系の交配にもかかわらず776×803などは未だひとつも発芽していません。
今回、種の洗浄を比較している437×643もまだ動きがありません。
今年はこの種の洗浄以外は何も新しい試みをしていないので去年同様に時間差が生じるのはしょうがないのかもしれません。
c0025140_2337332.jpg

高温処理もクリロ部屋放置式にしたので温度が足らなかったのかな?
でも上記437×643交配は発芽してないものの、ほじってみると発根はすでにしていて時間
がたてば無事発芽はしそうです。ひとつだけ言えることは交配の組み合わせによって発芽時期が違う事です。803、806を交配に使用した種は比較的発芽が早い傾向にあります。
今年はどれぐらいバラつくのでしょう?もう少し様子を見たいと思います。
バラつく程度ならまだいいのですが、今年は高温処理を手抜きしたので、もし発芽できない種が多いようならば高温処理が足らなかった?のだと思われ、来年は冷温庫買って全部高温処理するか??いやいやそれはリスクが高い。かといって、早期に仕掛ける種の選定は6月末まで時間をかけて考えたいし…、などなどいい方法が無いか思案中。
今はもうじたばたできないので今年の結果を見てから考えますね。

さて、去年の早期発芽はどれぐらい開花しそうか?というと、大地予想では、うまく行って40株ぐらいの見込みです。
大地は早期発芽の種をポットの中にドカッと蒔きます、数多くのプラグの中から生育、葉の形などで選別して約200本ぐらいしか個別ポットに移植して育てられません。そして去年の早期では春まで育てたところ成長が非常に遅い品種も多々あったりして2年開花が不可能と判断した苗は実家の母にプレゼントです。こうしてようやく現在は約100株まで減らしました。その中で2年開花しそうなのは40本程度なので早期発芽の道はまだまだ険しいのです。
春の選別からすれば2年開花率は40%ですが、プラグ選別からすると2年開花率はたったの20%そんな状況です。原種に近い交配はつらい…
関東の大地には今のところこんな成績になりそうです。これから早期向き血統を見つけ出し改良していくしかないですね。でも早ければ良いと言う訳でもないので、花の内容とバランスをとりつつ、でも冒険もしつつ、コツコツ…
2年で開花できなかった花はもちろん3年目で咲くのでめげずに頑張りますよ~(^^)。
毎年継続すれば必ずイケる。

有機用土の分解を促進すべく取り組んでいる腐葉土にヨーグルト&納豆をかけたものは菌糸がびっしりです、
c0025140_235461.jpg

先日切り替えしたところ中までびっしり。最近の温度は35~40℃で落ち着いています。香りも普通の腐葉土の良い香りに戻りました。このまま菌糸がいなくなるまで熟成を待ちます。(少しぐらい残っていても使っちゃうけど)

最悪なのが大地汁2
あのあと、ニンニクを入れたんですよ!
そしたら強烈なキムチ臭に変貌。本格的な韓国キムチそっくりの強烈なにおいがします。
あまりにも悪臭なのでバケツのフタを買ってきました。完熟したら臭いは取れるので
しょうか?このままではベランダや庭で使えないほど激しいキムチの香り!
逆に言えば天然の乳酸菌を呼び込んでキムチ風になっていると言えそうですが、ニンニクには注意が必要です。
画像は変わり映えなくキモイのでパス。ドロドロ~ブクブク~発酵しています。
酵素液肥&ぼかし液肥を狙っていきます。
あまりにも臭いが強烈なのでEM菌による密閉の嫌気発酵に路線変更も検討中。

この頃、肥料のカタログを見るときは「ぼかし〇〇」とか「発酵〇〇」とかばかりを見ています。
少しでも分解の進んだ有機肥料という目で見るようになりました。
大地が興味をそそる肥料に、ぼかしの海草なども世の中には有りましたよ。
手配したので近日upしますね。青のりや、ひじきを入れるより安そうだし発酵済みが魅力的。
買った方が安上がりで手間いらずなのですが、自作有機肥料は過程が楽しかったりしています。何事も経験ちゅーことで(^_^;)
みなさん菌、発酵、酵素は大地も未知の世界です。くれぐれも自己責任で楽しみましょう。

そうそう!
大地は一晩に4,5人を脱がしています♪
けっこう神経を使う作業なので疲れますが、なければ無いで寂しい(^_^;)
発芽が始まった種にとって、深さ5mmぐらいの差は3,4日の差なので深めに15mmぐらい覆土しているのですがそれでも皮を被ったまま出てきてしまう人がいます。
c0025140_08506.jpg

今日は大地の脱がし方を大公開(^^)ぷぷぷ
まずはスポイトで皮に水をかけます。皮がふやけて、張り付きも無くなります。
脱がし専用に買ってきた極細先端ピンセットを使っています。
1分もあればふやけるので、双葉の付け根側からピンセットの先端の片側を皮と葉の間に挿入します。ここで無理に脱がしてはいけません、ピンセットを強く握ることで皮を切ることができるので1mmぐらいずつ切断してゆきます。
c0025140_091471.jpg

そうすると、ツルンと脱げて黄緑色の双葉が出てきます。
c0025140_092983.jpg

失敗もあるんだよ。葉が枯れた(^_^;)
c0025140_094279.jpg

双葉の付け根が、まだ黄緑になっていない状態の種の皮をむりやり脱がすと、双葉がまだ黄色かったりします。その場合枯れてくる可能性が高いので、最近はできるだけ双葉の付け根が黄緑になってから脱がすようにしています。
最近は昼間19~16℃、夜12~9℃
437×643も発根していたので夜はもう少し暖かくしようと思います。
代謝に影響が有るのか無いのか解らないので、育成灯は点灯6-18時、消灯18-6時
点灯させっぱなしだとどうなるのかね?
[PR]
by nanami7kuri | 2008-09-20 01:10 | クリスマスローズの交配 | Comments(6)

大地汁2

前回のBlogの続きです。
車の車検の見積もりをしに出かけたついでに近所のスーパーマーケットに寄り道したら、パイナップルが¥180で売ってました(*^▽^*)家族みんな好きなので2個もゲット♪
お安く手に入ったので急遽、大地汁2を作ることにしました。
今回は酵素をテーマに作ってみます。
酵素って何でしょう?
ネットで調べて見ると…難しい(-_-;)この世界は深い。
完全に生物化学の世界でして良くワカランのです。
要約すると
生体でおこる生化学反応を触媒する物質だそうです。
栄養となる物質を生物が利用できるように化学反応させて消化、吸収、代謝するのに欠かせない物らしい(^^;)生物は酵素がないと生きてゆけないのです。
現代農業を読んでいてもしょっちゅう「酵素」と言う言葉が出てきます。
そして皆さんそれを自作しているので真似てみることにしました
酵素でクリロの成長の吸収・代謝を促進させる事が出来るか?
試してみます。

この作業はとっても面倒なので、よほどの効果を実感できない限り、次回はないかもぉ(^^;)
酵素は熱に弱いものが多いらしいので、とにかく生ものを使えとのことです。
何でも入れるらしい・・・ぼかし肥と考え方が同じです。
冷蔵庫の中に有った、ちょっと古くなっていた物を使いました。
くだもの系はリンゴ皮ごと、梨の皮だけ、バナナ皮ごと
それからトマト、レタスも入れた。
ちょっと個性を出そうと、クリロは根が命なので根菜系を重視、
大根、ニンジン、サツマイモ、ジャガイモ、タマネギ、ニンニク。
c0025140_2245592.jpg

そして今日買ってきたパイナップの皮
c0025140_2251369.jpg

これに海のミネラルとして、塩抜きしたワカメを加え
砂糖とハチミツ、万田31号、FFCパイロゲンなども少しづつも加えました。
リポビタンDも1本入れた(笑)ビタミンBは補酵素らしい(^^;)
大地汁1も100cc入れる。
c0025140_2255634.jpg

そしてスペシャルな素材はこれ! 実はクリロの根
c0025140_226236.jpg

去年、早期発芽で開花した花No.683(211×336)の根です。
2年開花でも有り余る成長力でした。夏でも成長止まらないし!
あの成長力にあやかろうと…(笑)
有効な酵素が必ずあると思うのです。あったらいいな…、ホントにあるの?
病気があったら感染してしまうのでは?まあいいか(^^;)入れました。
「男なら入れろ!」と天の声が(爆)ミキサーにかけたらこんな感じ
c0025140_2264720.jpg

素材によって色が異なります。水で倍に薄めて熟成を待ちます。
c0025140_2271342.jpg

今回はヨーグルトと納豆を入れずに様子見します。

見にくいですが、昨日の腐葉土はさっそく菌糸が生えてきた。
c0025140_2210178.jpg

発酵が進んでいるようです、トレーが暖かい。44℃もありました(^^)
c0025140_22112362.jpg

[PR]
by nanami7kuri | 2008-09-13 19:00 | クリスマスローズの交配 | Comments(20)

腐葉土を分解したい

最近の大地は有機に力を入れようと試行錯誤しはじめました。
生物化学の専門知識が無いのでカンで行動しています(笑)
今回はとくに有機肥料に即効性を持たせようと下記の2点に重点を置いてみることにしました
①有機肥料の分解促進
②酵素による吸収促進
上記の2点はアプローチは似ていますが作用の考え方は、全く別な考え方で進めてみようと
思っています。どちらも自作ものになるので始めてみると結構楽しいかもしれません。
今週は、まず①の有機肥料を作ってみることにしました。
腐葉土と竹粉を主体とする有機物に、ミネラルを加え、乳酸菌と納豆菌と放線菌?らしきもので分解・発酵を促進させることが出来ないか?試行錯誤を始めてみます。
このように、ぼかし肥の考え方を取り入れて進めてみますね。随時生ゴミとかも追加してみるかも。

ここで少し話しが変わりますが大地汁のその後なのですが、あの後ペットボトルは全く膨張しないのです?
空気に触れていないから?いえいえ今ではバケツの方もカビが生えてきません。動きが無いのです。
何が起きているのか?を考えてみた。正しいかどうかは解りませんが。
変化が無いのは発酵が終わってしまったと考えてはいかがでしょう。
菌がでんぷんや糖分を燃料に発酵し有機酸などを精製してくれた後、糖類の燃料を使
い果たした菌は既にほとんど失活してしまっているのでは?と考えました。
この大地汁を、ストックしている腐葉土に直接散布しても、まだそこから発酵やカビは生えてきていません。なので完熟の液肥状態になっているのでは、と思うのです。

話は戻って、今回は腐葉土の分解を目的にしているので、完熟液肥になってしまった大地汁をかけても駄目です。
いままでクリロ苗のポットに潅水させてきましたが、有機酸の液肥としては効果を期待できますが、ポット内の有機を発酵・分解促進させる効果は薄いだろうと思いはじめました。
なので発酵前の材料を使います。発酵のための燃料と腐葉土を混ぜてから、菌に働いてもらいます。

まず腐葉土と竹粉、それから大地秘伝の(笑)放線菌と思われる菌糸が生えた熟成ココ繊維を加えます。腐葉土は既製品ですが(^_^;)
c0025140_23164314.jpg

ここに菌の燃料を注ぎます。
ぬかと、黄な粉、豆乳。ミネラル補給に青海苔、ひじき
c0025140_2317392.jpg
c0025140_23171552.jpg

ワカメはまだ入れていなくて、だいぶショッパイので塩抜きしてからあと入れします。
c0025140_23173146.jpg

それから、こげさんBlogで紹介されていた放線菌入りの土壌改良を加えます。
ダイソーで見つけました!見た目、手触りはいい感じです。¥100はうれしい。
c0025140_23174982.jpg

今回、ミキサーまで買ってしまいました。クリロ専用(笑)
硬いひじきも、バッチリ粉にしてくれます。ドンキホーテで¥1980
そしてついに菌として、ヤクルトと、ヨーグルト、納豆を投入。
c0025140_23181085.jpg

c0025140_2319114.jpg

菌の即効性燃料に
オリゴ糖、FFCパイロゲン、サトウキビの砂糖、豆乳も入れてみました。
出来上がったその液体はこんな感じ…。アホですね~
ふと我に返り「俺って何やってんだ…」と思ってしまいました(^_^;)
んんんん…ヨーグルトと納豆を合わせたそのままの香りです(笑)
c0025140_23191824.jpg

腐葉土に混ぜたらこんな感じ。うえ~
c0025140_23193127.jpg

ちゃんと発酵してくれるのでしょうか?この腐葉土は発酵が終わるまで使用しません。
ちなみに「乳酸菌の発酵は空気に触れている必要がある」との事なので、いい感じに発酵し始めたら定期的に切り返しが必要なようです。
早期発芽の合間にこんなことをやっているのです(笑)お恥かしい
でも興味のあることは何でもやっておきたいのです。
ここまでしなくても腐葉土を袋のまま1年寝かせておけば十分朽ちてくれそうなのにね。

最近の早期はこんな感じ、圧倒的に803系統の発芽が早いです。
早い子は本葉がポチっとしています。
c0025140_23222168.jpg
c0025140_23223284.jpg

[PR]
by nanami7kuri | 2008-09-12 23:30 | クリスマスローズの交配 | Comments(8)

アジサイ発芽しました

2008年8月31日のBlogの続きです。
母ノーブル×父ミュージカル
誤剪定してしまったアジサイの種を8/31に蒔いてみたところ、
ほら、よく見れば緑がポツポツ
たったの2週間後に発芽しました(^_^)v
c0025140_21273211.jpg

どうやらアジサイの発芽には低温の体験は不要のようです。
植物としては普通なほうなのかも、いつもクリロを育てているので余計な心配してました。
こんなに早く簡単に発芽できるなら2年開花は楽勝かも♪
ほかのアジサイの種も蒔いてしまおうと思います。
c0025140_21275282.jpg

こんなに簡単に発芽するのに、枝に付いた朔果の中で発芽することはない。
発芽阻害物質の作用なのでしょう。
枝から供給されるのか?
種の乾燥で蒸発するのか??
水で洗い流されたのか???
のどれかかな…
ともあれアジサイは夏には種まきできるね(^^)
[PR]
by nanami7kuri | 2008-09-12 22:00 | あじさいの交配 | Comments(2)

遺伝

大地は中学生のころから音楽が好きで、
カセットテープに、さまざまな歌手の好みの曲を詰め込んで
「マイテープ」を作って聞いていました。
結構ね!歌詞もよみますよ。

いつの間にか、子大地たちも同じ年頃になってまして
音楽が好きでね~、
うちの子もシングルCD借りてきて「マイMD」作っています。
遺伝したみたいですよ(^_^;)

今日は子大地たちを連れてツタヤさんに行ってきました。
結局たくさん借りるハメになりまして…
もちろん悲愴感♪けっこうお気に入り。
c0025140_053472.jpg

以外に気に入ったのは、レミオロメンの「もっと遠くへ」
これ何chだったか?オリンピックのテーマ曲でした。
歌詞がいいのよ♪大地のクリロ人生のようで(笑)元気をもらいました。いいぞぉ
c0025140_06234.jpg

もうひとつ以外にお気に入りになったのが
これもNHKのオリンピックのテーマ曲だったミスチルの「GIFT」
オリンピックでなにげに流れていた時はあまり気になっていませんでしたが
歌詞を見ながら聴いていいたら「深い」のだ。
桜井よ、君は深いなぁ(-_-;)
人生いろいろありますが光と影、全てを包み込んで
クリスマスローズの世界がGIFTの詩のようでありますように。
c0025140_064315.jpg

ミスチル…相変わらず字余りで、歌うのは難しい(笑)
これらの曲を聞きながらカラオケの様に歌う大地なのでした(^_^;)
スッキリするのだ。
「世界に一つだけの花」も勉強になりますよね。

早期発芽のほうも、葉が濃い緑になってきました。
少しずつですが芽のうなじも増えてきています。
803系や806系の交配が発芽が早い傾向があります。強い遺伝子をもっていそう(笑)
c0025140_0505886.jpg

良い特性が遺伝している事を願っています。最近は昼16℃、夜12℃

風呂から出てみると、子大地がMD聞きながら部屋で歌っていました。ぷぷぷ…
これも遺伝でしょうか(^_^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2008-09-08 01:13 | クリスマスローズの交配 | Comments(8)

有機と無機と菌と酵素

最近の大地は肥料と言えば化成液肥に頼りっぱなしです。
その他に使用している肥料もマグアンプKやIB化成。
気が付けば化成肥料に頼りっぱなしで栽培しています。

ただし用土の中には肥料としての認識は薄いのですが
無意識に腐葉土を入れていて、その他にもクン炭やらカキ殻、
竹粉、ココ粉、ひじき、青のり、などの有機物を入れています。

遊びで大地汁を作り始めて解らなくなってしまったのが肥料のありかた。
化成液肥があれば有機肥料無しで育つのか?
極端には赤玉と化成液肥のみでも十分育つと思う。

有機肥料があれば化成肥料無しで育つのか?
極端には赤玉と腐葉土のみでも十分育つと思う。

いずれも何とか育ってくれると思うのです。
でも短期間で大きく育てるためにベストは何かと考えると、
きっと有機と化成のコラボなんでしょうね。
有機肥料は、微量な元素や、有機酸、酵素など、あらゆるものを
時間をかけて還元してくれる。
化成肥料は、最も必要とする元素を過給的速やかに供給する。
両立が重要かと。そう考える事にしました。

最近取り組んでいる早期発芽による2年開花では、あらゆることにベストを尽くさな
いと開花率を上げることが出来ません。
早期発芽で2年開花させたい大地はついつい化成液肥に
頼りがちになっていて、いままで有機肥料の事をあまり深く追求してきませんでした。

ところで有機肥料に何を追及したらいいのでしょう?
大地に何が出来るか??
微量元素の意味ではミネラル重視のお遊びに、青のり、ひじき、カキ殻
などの海産物を突っ込んでいます。カニ殻などもいいかも。
天然のMgやFeなどミネラルが豊富です。
おまじない程度かもしれませんが(笑)
その他にと思ったのが有機肥料の弱点である分解速度、吸収の向上です。
弊害などで危ないかもしれませんが有機にスピードを求めてみようと思いました。
この方向性で良いのか?
なにぶんにも素人の暴走につき、なにが起きるかわかりません。

手っ取り早そうなのは菌による有機分解の促進と、
酵素による吸収強化。
大地汁とか自作の菌培養液を使いこなせたら…と、ポットに潅水させて
分解、吸収の促進に期待しています。
たまたま酵素は万田酵素を入れてみました。
害にならなければいいのですが(^_^;)

ちょっと待て!
ポットに潅水では遅いかもしれない。もっと早める方法も考えよう。
自作用土に潅水させて、数ヶ月のあいだ予め熟成させておくとか。
腐葉土は買ってきてすぐに使わず1年ぐらい熟成させておくとか。
こんな感じに予め有機肥料を分解させておくのも手かもしれません。

分解は菌に任せても、吸収は酵素の仕事。
酵素の事を考えると「ぼかし肥」などもおもしろそう。
生モノをいろいろ発酵させて面白そうだし…検討しています。
クリスマスローズの根にある酵素を増やせたら最高かも。
根をすり潰して培養すっか(^_^;)半分マジだったりします(笑)
またまた異常な世界にあなたを誘う♪

現代農業の10月号もけっこう面白いよ。気がつけばだいぶ集まりました。
c0025140_2342025.jpg

会社帰りにホームセンターに寄ったら
ハイポネックスのいろいろ有機の製品が出ていました。
納豆菌の殺菌剤、竹粉加工品、有機酸…現代農業を読んでいるのか(笑)
c0025140_2344819.jpg

結局なにも買って帰りませんでしたが、
きっと世の中、そういうニーズが高まってきてるのでしょうね(*⌒▽⌒*)ノ
[PR]
by nanami7kuri | 2008-09-07 23:39 | クリスマスローズの交配 | Comments(8)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite