七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2008年 早期発芽の苗

今日はイイ天気♪ガーデニング日和だね。

光合成には光が必要なのは小学校で習ったよ(笑)
光合成で炭水化物とかデンプンを作り出す。
高度になってくると化学反応で表わされたりしてチンプンカンプン(^_^;)
僕らはこれを食べては活動エネルギーの元としている。

物理の視点で見ると、光のエネルギーを炭素に固定して
エネルギーを保存しているとも見える。

花ともなれば僕らを癒してくれる。
種まきする原動力を与えてくれる。
精神的エネルギーもあるかも(笑)あははは
古代文明に太陽信仰が多いのも納得できるよ!

視点を変えて現象を捉えると面白いと最近思うのです。
炭水化物は読んで字の如くで、光の他には水と二酸化炭素が必要なんだって!
そう言えば二酸化炭素の濃度upの栽培技術なんてのもネットで記事を
見たことあった!

当たり前に水やりをしているけど、水はどうなんだ。
光合成の視点で考えたことはあまり無い。
c0025140_11172415.jpg

こないだ読んだ本によると、
光合成は一般的に午前中のほうが盛んに行われているらしい。なぜかと言うと…
午後になると根の周りの水分が不足してくる。
植物にとって水の枯渇は死を意味する、
そうすると植物は光合成よりも生存を優先させるそうです。
つまり水が不足すると光合成の活動を抑えてしまうのだそうです。

とは言え、水をやりすぎると根腐れで枯れる。根が伸びない。(^_^;)
鉢や、用土、風通し、etc… 色々な要因で根の周囲の水分量は変わるから
塩梅はむずかしいですよね。
光合成の事を重視するなら、朝に水やりして…夜は根をじめじめさせない…
そんな状況が最適なのかもしれないね。
(夏の休眠期は温度を下げるための夜水がいいかもしれないけど)
水やり3年…と言われるほど、水のコントロールは難しい。
極めるには3年以上かかるかも…

***********

さて、
久しぶりに2008年度の早期発芽苗の状況を見てみました。
いつも会社出勤前に水やりするぐらいで…
ちゃんと観察できていませんでした(^_^;)
c0025140_11173471.jpg

野ざらし育苗なので葉の痛みがすごいのです。長雨が怖いさ!
2009年の現在のプラグ苗も、1年後にはここまで大きく育てるのだから
とても真剣に異常な育苗をしています。

これは806DDベインカップ×774SDベインの苗
c0025140_12184637.jpg

生育の良さそうな子同士の交配なので、それなりに早い。
園芸店の早期苗にも負けていません!
c0025140_11174514.jpg

ただし経験上…生育が良すぎると花が暴れたり(笑)する
お願いだから淑やかに咲いておくれ(^_^;)
c0025140_1117551.jpg


これは808DDベイン×774SDベイン
c0025140_1219162.jpg

母親808は特別に強健というわけではないけど、クロスすると解らない…
丈夫になった。
c0025140_1118956.jpg

一芽仕立てはフロリゲンを花芽に集中させる!
重要な技術です。 が…やっていなかった(笑)開花確定サイズだからまあいいか。
c0025140_11182050.jpg

去年より平均的な生育は向上している気がするけど
今期はどれだけ2008早期発芽が咲くだろうか?

*******
既開花株で本日、蕾一号を発見。914DDグレーです!
c0025140_1118315.jpg

あなた…ホントに(^_^;)グレーなのかえ~
クリロの早咲きってどうなのよ…(笑)どちらかといえば狂い咲きだな!
十分な発色は期待できません。
それでもいちおう咲かせてみるね♪
移動も何もしてないのに、どうして狂い咲きは起きたのだろうか?
クリロは短日性植物なのか、長日性植物なのか。
まあいいか(^^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2009-10-31 20:57 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

きっと大丈夫♪ クレマ種まき

今期交配したクレマチスの種を蒔いてみました。
10月の初旬に採種してデロリアンで冷やしていたのですが、もう停止させたので蒔いちゃおう。
c0025140_10234916.jpg

時期も時期だし…高温処理はいらないかな??と思っています。
この2、3週間の低温期も意味はないだろうと思っています(笑)
c0025140_10241262.jpg

種の殻を剥いて蒔く人が多いみたいなので大地も剥いてみた!
フォンドメモリー×フロリダ です。
もっといっぱいあるだろう…と、思っていたら使えそうな種子は以外に少ない(^_^;)
c0025140_10242338.jpg

それに比べて、壺系の種子は丈夫で大きい♪
ハイザワ系×テキセンシス系
壺系は挿し木が困難らしいけど、種からの繁殖は楽なのかな?
そもそもクレマの発芽率の経験値を知らないなぁ。
c0025140_1024335.jpg

とりあえず、初めてなので用土はクリロプラグ苗と共通用土(^_^;)
失敗してなんぼ!です
あまり期待せず、のんびり行きましょう~
c0025140_1024446.jpg

ともかく、初めての種まきを経験してみました。
また新しい世界に落ちてしまったかも。
来年は大輪系の咲く時期に丘に行きたい!
そして自分の作りたい花のイメージを膨らませたい(^^)
目標の妄想は非常に大事である。
[PR]
by nanami7kuri | 2009-10-31 10:51 | クレマチスの交配 | Comments(2)

雨のち、雨のち、台風…(^^;)

土曜も雨、日曜も雨で、とどめに月曜は台風襲来だ(^^;)
外では時たま風がごぉーっと音をたてています。
天気の悪い日が続きましたね。
苗にとっては成長の鈍化要因でもあるし、
それよりもプラグ苗にとっては根腐れが心配です。
仕方が無いのでこんなときは早期発芽プラグ苗は室内で電照栽培させています。
c0025140_22585960.jpg

どうせならと24時間連続で電照栽培しています(笑)
この画像は、10/18のBlogのトレーを同じ角度から撮影しているのですが
この時期の1週間の生育は非常に早い、とあらためて感じさせられます。
しかし…、生育はいいけど何らかの不具合を伴っているかも
しれませんので、自己責任です。

つい先日植え替えた生育悪い組はこれ、
c0025140_22592242.jpg

例年であれば植替えは発芽が揃ってからなのですが、
今期は高温処理不足で均一でないのです。
そのせいで…早い子と、遅い子が混在してしまっているのと、
赤玉単用の用土ではポットの底に水が溜まりこんでしまう欠点があるので
今期は早め早めの植え替えを実施中!

あの発芽不良ポット達はポツリ…ポツリ…と発芽中(^_^;)だめだぁ
c0025140_22594971.jpg

今日は殻取りも失敗してしまった!
うっかりブッツリ…(-_-;)ごめん。
c0025140_230354.jpg

ちなみに大地の殻取りピンセットの鋭さはこれです。
シャーペンの芯と、ピンセットの先端の比較画像です。超超トンガリです。
c0025140_2301926.jpg

そうそう、道具の話と言えば。
最近、室内での水やりはこの巨大スポイトで行っています。
ストーブの灯油メンテナンス用のスポイトなんです。
ポット毎にちゅーっ!と水やりします。以外に癖になる楽しさ発見(笑)あはは
c0025140_2303670.jpg

話は戻って、植替えに踏み切れないポットもある。
良好な子と遅い子が混ざっているのですが、遅い子がまだ黄色い…
もう少し濃い緑になるまで慎重に待とうと思います。
c0025140_23177.jpg

こういう2極化する苗は、性質が分離しているかもしれないので
両方とも開花まで見届けたいぞ!

最近は読書にはまっています。こんな本も読み始めました。
本の紹介がこのごろ多いですね(笑)
c0025140_2312917.jpg

高校生の生物の教科書ではないけど興味をそそる面白そうな部分だけが纏められた本です。
生命の誕生と進化とか、遺伝とか、
植物の体と生殖、では花の構造を決めるあのABCモデルも書いてあります。
エネルギー代謝の項では光合成の仕組みに触れていて
その中で、光合成の飽和曲線というのが紹介されていました。
光の量を増やしてゆくと、それにつれて光合成も活発になってゆくのですが
ある光量を超えると、それ以上は光合成量が増えないで飽和するというものです。
その飽和点を「光飽和点」と呼ぶそうな。
必要以上の光をあてても無駄という事ですね。
この特性は植物によって違うそうです。
c0025140_2314649.jpg

クリロはどうなんだろか?
弱光にも耐えて育つのだから弱い光でも光合成は活発なのかもね
人口的な光で育てるなら出来るだけ省エネで育てたいしね…
でも光飽和点を調べるのは大変そうなのでやめときます(笑)

現在6cmポットなので1トレーに48個入ります。
2トレーあたりで40W育成灯(NECビオルクスA)を2本使用していますから、1トレーで40W一本の換算です。
葉と蛍光灯の距離は約20cm。
ちょっともったいない気がしますが48個に恩恵を与えるなら…
趣味なので、まあいいか(^_^;)
昔、光の波長で苗の生育差が出るか実験をしたときには
青と赤であまり差異を感じられなかったのでクリロは普通の蛍光灯でも十分だと思う。

それより、昨日は久しぶりに育成灯育苗現場を
かみさんに見られてしまったのだ(笑)やば…
無駄に明るい室内…
どう見ても異常な植物の室内栽培…

しかし、ノーコメント??。
それよりも、マサオ君を見て「冷蔵庫が増えてる」と話を蒸し返えされたのでした。
いちおう「ママさんバレーで使ってもいいよ!」と声をかけましたが
フフッ♪とかわされたよ(^^;)こわ~
[PR]
by nanami7kuri | 2009-10-26 23:31 | クリスマスローズの交配 | Comments(6)

本葉出てました

愚痴っていいですか…

なにも週末2日間とも雨降らなくたっていいじゃないですか(^_^;)
今週末は外作業は何も進みそうもありません(笑)

久しぶりにアジサイの話題です。
あの子達もだいぶ茂ってきました、 とは言ってもまだまだ小さいですが
c0025140_2144571.jpg

最近は光の当たる窓辺で育てています。
拡大するとこんな感じ、双葉の先端に種の殻が付いています。
これはダンスパーティ×ノーブル
あんなに小さかったんだね(笑)信じられないほど!
c0025140_21441634.jpg

拡大写真をよーく見ると、おお!本葉が出始めていました。
小さくて肉眼では気が付きませんでした(笑)
まだまだ葉の特徴とか解らないです。

雨だと…ひまだぁ!
かーちゃんが買い物している間に、大地は本屋さんへGo!
また面白そうなのを見つけてきました。
c0025140_21442683.jpg

花色の不思議、開花の不思議について書かれています。
面白そうでしょ(b^ー°)
c0025140_21443843.jpg

c0025140_21451040.jpg

最近めずらしく大地はこの手の本を読むことが多いです。
交配に生物科学の知識が役に立てばと…

しかし、知識と経験は全く別物。
知識は重要ですが、この世界は机上計算とおりに行きません(笑)
だから経験を大切にしてゆこうと思っています。

それなのに…
一番はじめに話は戻って
雨のおかげで(-_-;)読書の秋です(笑)
[PR]
by nanami7kuri | 2009-10-24 22:42 | あじさいの交配 | Comments(4)

プラグ苗の植替え

昨日の夕飯はお刺身でしたo(^-^)o
我が家では刺身は大地が切ることになっています(笑)綺麗に切れたのでパチリ!
超激安¥298のビントロでしたが、脂ののりがイマイチ…
c0025140_16412677.jpg

さて、少し早いのですが今週から早期発芽の苗を植え替える事にしました。
なぜなら、りんご系のプラグ苗が根腐れする事が多いから(^_^;)
c0025140_16414411.jpg

赤玉主体の用土に種まきしてきましたが、弱点としては
上がカラカラ乾燥、下はじめじめ…という状態になりやすかった。
種まき用土は来年の課題ですね。鹿沼、ココ繊維を追加するかも。

まず、ポットから出してみました、これは728DD紫黒×911DDパールエッジ
ウルトラ冒険交配です(^_^;)
c0025140_16415441.jpg

この子達には根腐れの心配はいらないようです。同じクリロなのにね。
地上部と、地下系が同じぐらいにバランスが取れています。
ちょっとほっとしました。
c0025140_1642313.jpg

根毛もイイ感じです。全ての交配がこうだと良いのですが。
均一化の壁は高い。
c0025140_1642148.jpg

用土は個別に調合するところまでマメではありません(^_^;)
今期の共通用土は、軽くて通気性が良くて水分の均一化が良好な用土を目指してみました。
鹿沼:4に、ココ繊維:2、赤玉小粒:2、が主体です。
そのほか、腐葉土、牛フン、自作菌糸ココ、竹粉、
くん炭、熔性リン肥、バッドグアノ、ぼかしコンブetcがブレンドされています。
去年は有機肥料を入れすぎたので今期は少なめです(^_^;)
c0025140_16422723.jpg

いつもだと本場が生えそろう頃の植替えですが、今期はまだ双葉が多いです。
植替え直後は根と用土がなじんでいないので、体力のない双葉苗は
植替え直後に炎天下にさらさない方が良いです。
今日の天気は晴れすぎです(^_^;)ひやひやです。午後は日陰に移動しました。
c0025140_16424277.jpg

この子達はどんな花を咲かせてくれるのだろうか。
目指す花を咲かせることは出来るのか?
どんな進化があるのか?
答えは2011年2月まで解りません。 
[PR]
by nanami7kuri | 2009-10-18 18:51 | クリスマスローズの交配 | Comments(18)

全部外に出した

早期発芽は非常にリスクが高い栽培方法です。
実行は自己責任でお願いいたします。失敗しても後悔しない状況で実施下さい。
大地はこれで今季、100粒以上を無駄にすることとなりそうです(-_-;)

***************

さて、神奈川県も急に寒くなってきました朝は10~16℃ぐらいになります。
今期の早期発芽は高温処理に失敗していて
発芽しきれていない種がたくさんあるのですが、
この外気温度ならもういいや(-_-;)あきらめて外に出してしまおう…
と、言う事で全ての種をデロリアンの外に出しました。

今のところ思うに、十分な高温処理を経た種はガツンと冷やすほうが良さそう。
種にとって3℃や5℃でも十分活動できるようだ。
でも高温処理不足の種に、ガツンと低温処理しても…何も起きないや(笑)

今期は全く発芽していない組がこんなに…
超プチ発根と、そこそこ発根が混ざっていると思われるので
最近の昼の温度で少し高温処理になるかなー?普通蒔きと同期にれるだろうか。
でも、もうあきらめる心の準備はしています(-_-;)
c0025140_1753544.jpg

ポツリポツリ発芽している微妙組は今の朝夜の温度なら
このまま行ってくれると判断して直射日光の当たらない軒下で様子を見てみます。
それでも70~20%はロスすると思われ…もう来年はこんなことのないように頑張る!
c0025140_17541092.jpg

今年はもう、やぶれかぶれです(^_^;)
順調組は24時間光合成を始めました。
来週から少しずつ6cmポットに個別植替えを始めてみようと思います。
c0025140_17545392.jpg

やぶれかぶれは、まだまだ続く…
通常発芽蒔きが少しでも早く発芽できるように、デロリアン目標4℃に投入♪
結局いれるならマサオ君で少しでも冷やしておけば良かったのに(笑)
c0025140_17551139.jpg

事件も発生した…(^_^;)
ひじが当たって発芽ポット4個を落下させてしまった。ひぇ~えええ1m落下。
なんとかポットの中にとどまっていた軽傷3ポットは土増しでなんとか…
c0025140_1802661.jpg

でも、重症なのが1ポットあって。飛び散りました…(-_-;)
さすがに事故現場を撮影する余裕はないです(笑)
ちょっと葉も痛めてしまいました。枯れなければ良いのですが。
c0025140_1804123.jpg

床にも何粒か長発根済み種が落ちているのだけど、
確実に他のポットと混じらなかった保障は無く…「かも?」事故タグを付けて埋めました。
c0025140_1805457.jpg

最近、朝晩は非常に涼しいけど。晴れすぎる昼間は怖い。
水が枯れれば乾燥死、水を与えすぎれば根腐死…
会社に出勤してしまうと後戻りができないのでひやひやです。

前向きに楽観的な発想で来年もやるよ!
来年の発芽は非常に均一になるので(笑)発芽し始めたらデロリアンからマサオ君に移そう。
そしてデロリアンの空きには普通蒔きを入れてゆこう。余裕があれば…ですが。
[PR]
by nanami7kuri | 2009-10-12 19:35 | クリスマスローズの交配 | Comments(8)

読書の秋?園芸の秋?失敗の秋(笑)

最近また新しい本を買いました。
もう絶版なのか新書が無くて、中古で購入。
本の価格よりも、送料のほうが高かったです(笑)
c0025140_21553664.jpg

前回の本「遺伝のしくみ」よりも内容が難かしかったです(^_^;)
研究者の考察の過程とか、喜びや苦悩をたどるような内容です。
知恵熱出ちゃいそうです!でも勉強になったと思います。
植物の体のつくりの考え方や、突然変異体を通じて遺伝子の機能を調べた過程などが
紹介されています。例えばほら以前に紹介した花の形を決めるABC理論などです。
c0025140_2155539.jpg

仮説を立てた後の証明の仕方、追試…研究者は大変なのですね。
僕らアマチュアとは次元が違うだぁ~(笑)
でもプロもアマも基本は同じで、やはり比較だそうです♪
いかに比較対象以外の条件を同一にそろえられるか…

比較と言われちゃうと大地も詰めが甘いですね(笑)
こないだの種逆低温1週間コースは比較対象ありません(^_^;)
その後、暖かめに過ごしていますが何らかの効果は体感できず…です。

台風18号は凄かったですね。
でも、鉢の転倒とか大きな事件はありませんでした。何本か芽はもげたけどさ(^_^;)
それよりもダメージが大きいのが長雨による根腐れ…
またかよぉ~
これは早期発芽の開花あきらめ組の株ですが、
ぐったりが回復せず806×774。こんな症状が数株あります、運命かなぁ(^_^;)
c0025140_2156463.jpg

さて、高温処理に失敗している早期発芽のその後、
デロリアンの中では遅い遅い生育が行われています。
c0025140_21561626.jpg

877セルフはまだ発芽ナッシングぅ~です。発根はしてんだけどなぁ…
c0025140_21562641.jpg

こないだ880×837根腐れを書きましたが、
またまた出てしましました根腐れ(笑)
906×837のポットの中の左の2本がぐったりで…回復しません
c0025140_2156358.jpg

たぶんダメだろうと引っ張ったら…やっぱダメ(^_^;)まじかよぉ
そのほかにも896×856で根腐れ発生。
c0025140_21564574.jpg

今期根腐れしている苗、全ての共通点を探ると…りんご系です。
慌てて根を調べると、元気な子は元気でほっとしました。
c0025140_21565558.jpg

本葉が出ていないのでいつもならまだ植え替えないのですが
緊急的にリンゴ系のみ植替え。乾燥気味に育てやすい用土にしてみました。
まだまだ、いろいろ枯らす秋です(^_^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2009-10-10 23:46 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

アシュードナーセリー 2010

アシュードナーセリーの2010年の開花株通信販売が間もなく始まるそうです。
本日、先行メールで注文フォーマットが届きました!
近日中にホームページでも注文が始まると思われます。
国内じゃないから記事にしてもまあいっか(笑)
c0025140_2120488.jpg

去年より株の価格は若干安くなっていますが、手数料が上がりました。
早い者勝ちだから早く頼めと…誘惑の言葉もちゃんと書いてあります( ̄▽ ̄;)
どうする?
頼んじゃう?やめておく?
悩んで悩んで…結局まだFAXしてません(笑)もう数年、様子を見るかなぁ。うむむむ。
挑戦する方はお早めに!!

さて、
秋雨前線に台風が合体して最悪の長雨が続いている神奈川です。
でも、先日の日曜はよく晴れました♪
c0025140_21201764.jpg

こんな日は、早期発芽のプラグ苗には直射日光ガンガンモードで育てます。
太陽エネルギーを炭素に定着させて大きくなーれ♪
これは880SSバイカラーフラッシュ×837DDりんごの苗。
c0025140_21203125.jpg

将来に繋げるための期待の片親SS交配。
c0025140_21565349.jpg

しかし、このあと異変が… しなしなしている苗がいくつか?
張りが無い、元気が無い、なぜ??
引っ張ったらスッポリ抜けた(^_^;)根腐れです。2本。
c0025140_2121988.jpg

翌日には更に数本…( ̄▽ ̄;)がーん
多数を死亡させてしまいました。
今までの経験上、プラグの根は多少の加湿でも平気だったんだけどなぁ…
弱い形質なのかねぇ~ 毎年何かが失敗する。
山あり谷あり…何が起こるかやってみないと解らない。
[PR]
by nanami7kuri | 2009-10-07 22:59 | クリスマスローズの交配

9月蒔きは安全か?

台風が来ますね(^_^;)大きな被害が出ないといいのですが…

さて、9/26日に蒔いたアジサイの種が昨日から発芽し始めました。
母:ダンスパーティ×父:ノーブル
c0025140_2191713.jpg

母:ダンスパーティ×父:墨田の花火
c0025140_2193089.jpg

関東での9月蒔きは十分に安全なようです。
2週間以内に発芽します(^_^)v
その前の9/12に蒔いたダンスパーティ×夏まつり は茂ってきましたよ(笑)
c0025140_2195328.jpg

これで発芽は対策はクリア。
あとは咲かす技術ですが…なんとか2年で咲かせたいな(^_^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2009-10-07 21:10 | あじさいの交配 | Comments(2)

来年に向けて

特許執筆に追われていましたが、
原稿締め切りギリギリでノルマ達成で…いやー頑張った頑張った(笑)

買い出しで久しぶりの「大地」シリーズを発見。
またまた焼酎です(笑)酒に強くない大地はこれを飲みきるのに何カ月かかるやら(^^)
c0025140_1743317.jpg

強くはなにのに家では焼酎をロックでちびちび呑むのが好きです。
いも焼酎とか癖の強いのがすきだったりします(笑)これは麦だって…

さて、最近天気の悪い日が続きますね…来週も雨続きのようです。
そこで今日は遮光を外しました。日光を浴びて大きく育っておくれ♪
c0025140_175093.jpg

最近の早期発芽はこんな感じ。
8割がた発芽したものはデロリアンから外に出しています。
これを見る限りは順調そうに見えるかもしれませんが…
2008年10月4日のblogとの差は大きいです(^_^;)みな高温処理不足が原因です。
c0025140_1751295.jpg

現在のデロリアンの中は寂しい状況。
ポットの中はぽつりぽつり、まばらな発芽は今も続いています。
発根はしているものの未だ発芽に至らないポットが多数!
こらーぁ、出てこい出てこいと毎朝毎晩ラブコールを送っています(笑)
c0025140_175353.jpg

さて本題です。
簡単そうで難しい早期発芽ですが
コツさえ掴めば難しそうで意外に簡単な早期発芽でもあります。
オーストラリア系やASHピコ系はけっこう2年開花が狙えます。
しかし、追及をし始めると奥は深い(笑)
速さに対して欲を出すと失敗します(^_^;)均一に発芽できません。最悪は発芽しません。
まあ~そんな失敗を踏まえ来年は温度に対する比較実験を行う予定です。
どこまでもアホなblogになってきました!計画はこれ!
c0025140_1754381.jpg

早期発芽を行う上で最も大事なことは種の高温処理。
今までの実験隊のレポートや大地の経験から、高温処理が不足すると
発芽が均一でなかったり、最悪は発芽できない。
発芽出来てもその後の成長が悪くなる傾向があるのです。
来季は高温処理に冷温庫マサオくんR652を使用して、
高温期をより確実に過ごしてもらいたいと思っています。
なので来季の標準は①か②で考えています。低温処理移行は7/7に設定。

さて、実験の方はというと
交配種は我が家でもトップクラスの早期発芽不向き品種の437SSグレープのセルフを使用する。
これが順調にかつ均一に発芽する条件を見つけ出せれば、
他の種はおのずと均一に発芽できるであろうと考えました。
種の保存方法は根の状況を観察しやすいベンレート1000倍希釈液+パーライト+ジプロック
高温処理の温度は2種類に分ける。6月から冷温庫マサオくんで28℃管理と、涼しい玄関で放置の2種類。
低温処理の最初の2週間の温度は2種類に分ける。8℃管理と、3℃管理の2種類。
今後の検討で若干条件は変えるかもしれません。
このマトリックスの温度条件をこなせば何かが見えてくるだろうと思う…
c0025140_1755242.jpg

ついでに時間に余裕があればやるかもしれないのが
植物ホルモンのエチレンの影響の確認。
普通ならジベレリンが話に上がるところですがこちらはプロにお任せしましょう♪

なんでエチレンかというと、リンゴを置くだけでエチレンガスが出せるから(笑)
どこでも売ってるから~(笑)実験が簡単かなぁーと思った次第で(^_^;)
一般に植物に対してエチレンの作用は老化や、ワイ化の作用があるらしいです。
これじゃぁ発芽に意味なしだ。
でもホルモンは植物によってその作用が異なるらしい。
また、生育のステージ(発芽、生育、開花…)でも作用が異なるらしいです。
ユリやチューリップの発芽促進の記事もあれば、
ジャガイモやニンニクは発芽抑制されるとの記事もあり…
まあぁ…良く分かりませんがシロートのやる事ですので暖かく見守ってあげてください(笑)
知りたいのは
・胚の熟成に与える作用(高温処理の時期)
・発根に与える作用(低温処理初期)
です。
何処にも文献が無いのなら、結果から仮説をたてるしかない。
c0025140_176216.jpg

将来に向けてSS交配こそ重要と思う大地は今年も539SSピコを使いました。
結婚相手は父900DDピコ
c0025140_18465790.jpg

なぜ900かと言うと、945や877とタイミングが合わなかったから(笑)
しかし900には特技があります首短横向きの形質があるのです。花弁数も少ない。
539のネクタリーはダークではなく、模様がある!
何かを期待してしまいます(^_^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2009-10-03 19:14 | クリスマスローズの交配 | Comments(9)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite