七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

種のチャリティ活動2010その後

2010年7月12日のBlogで、クリスマスローズの種のチャリティー募金を
行いました。その集計が出ましたのでご報告いたしまーす!
大地を含め6名の善意の総額は¥20,300なり~
皆さんご協力ありがとうございました(^^)

****************

急に涼しくなった関東です。連日33℃だったのが急に23℃の日々へ…
庭の彼岸花も急に伸びてきました! 温度に敏感ですね。
アマドコロはもう落葉の準備に入ったようで葉が黄色くなってきています。
c0025140_19552769.jpg

先日、保険の普通蒔きクリスマスローズの種をポットに蒔きました。
デロリアンにいつ事故が起きるか分らないので、念のため。
無事に早期発芽が完了しても交配内容が微妙に異なるので手放せませーん(^^;)
c0025140_19553869.jpg

早期発芽はなんとか順調です。
涼しくなってきたので温度のセッティングは容易になってきました。
只今の庫内温度は11~14℃。蛍光灯は4本を24時間点灯しています。
c0025140_19554683.jpg

今期、新しい記録が生まれました。
四つ葉の双葉???なにそれ…?? 四つ葉の双葉なんです。
いきなり子葉が4枚ある子が誕生(笑)あははは
c0025140_19555497.jpg

猛暑で枯れたと思っていた昨年の早期発芽苗…新芽が出てきました!
頑張ったね!夏を乗りきりました。
でも、スタートダッシュの光合成が出来ないので来年の開花は無理だなぁ~(^^;)
今日は親株も含め、有機肥料を仕掛けました。
c0025140_1956117.jpg

shinoちゃんとこで斑入りの話題があったので大地の苗も探してみました。
やや斑入り発見。No.972×No.945
c0025140_1956834.jpg

c0025140_2124869.jpg

もう一つはNo.955×No.945
c0025140_19561666.jpg

c0025140_213531.jpg

これらはみんなNo.467の子孫です。467の子孫は苗の頃に斑が良く出ますが、
残念ながら大人になると消えちゃうんだよね(^^;)
これに、もうひと押し斑の遺伝の濃い花をクロスすると面白いかもよ!

早期苗のこの子たちにも有機肥料をあげました。
バットグアノです。コウモリのうんこの化石です(笑)
c0025140_19562395.jpg

大地はホームセンターで売っている¥298/1kgのものを使っています。
c0025140_19563194.jpg
c0025140_19563845.jpg

リン酸とカルシウムがとっても豊富に含まれている有機肥料。
あげすぎても大丈夫らしいです。
水溶性リン酸とク溶性リン酸がたくさん入っているのに、窒素がほぼゼロ(^^)
だからバラマニアが御愛用しているんだって!
もうどん粉病になりやすい秋のアジサイ苗にも今年から使っています。

今年の夏は「猛暑で少雨」異常気象でしたね、
黄色系のクリスマスローズをいっぱい枯らしてしまいました。
ゴールド系、ネオン系、りんご系…
枯れた花は黄色系が圧倒的に多いです。黄色系は暑さに弱いのかな?
[PR]
by nanami7kuri | 2010-09-25 21:33 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

アジサイの種まき【今期のまとめ】

今期のアジサイの種まきのまとめ!
いろいろな交配を今年もやったのですが、順調には行きませんよー
折れる…枯れる…
結局ですね、無事に蒴果が膨らんだのは4種類。
4種類ですが複数のポットに分けて蒔いて、またまた耐病性選抜に備えます。

大地はガクアジサイが好きなので、ガクアジサイ交配しかしていません(^^;)
まずは八重ガク同士のクロス交配。ダンスパーティ×ノーブル。
c0025140_1715182.jpg
c0025140_172176.jpg

種の直径は0.5mmほどと非常に小さいので、6cmポットで底面給水で育てます。
上から水をかけると、種も流れてしまうので底面給水が必須です。
約2週間で発芽します。タグが9/17になっていますが、正しくは9/13です。
リビングに戻って誤りに気が付いたのですが、土がずれるのが怖くて(^^;)
蒔いた頃は暑すぎないのか…心配でしたが、今では寒すぎないか心配です(笑)

次も八重ガク同士のクロス交配。ダンスパーティ×シンデレラ。
シンデレラは今期購入したニューフェイスです。
八重の花なのに花粉がよく出ます。来年から花粉のメイン親になりそうな花です。
c0025140_1774714.jpg
c0025140_178288.jpg

ようやく発芽がはじまりました。

こちらは八重ガク×一重ガクの交配
シンデレラ×夏まつりの交配。丸弁同士の交配です。
c0025140_17222123.jpg
c0025140_1723264.jpg

これも、ようやく発芽です。
夏まつりはピコティが強すぎてピコに見えません(笑)
でも、交配にはそれぐらい強烈なほうが良いだろう…と思うのでした。

これは前回Blogで紹介している
八丈千鳥×夏まつり
c0025140_17332380.jpg

c0025140_17333366.jpg

c0025140_17335464.jpg

少し双葉が大きくなりましたね、良く見ると本葉が出てきています。
極細剣弁の八重ピコティが目標の交配です。
この交配の苗たちはどんな多様性を見せてくれるのか…
まずは葉の形の変異に注視したいと思います。

しかし今年も自分交配のアジサイは咲きませんでした(^^;)
きっと来年は咲いてくれるだろう。前向きに!前向きに(笑)
アジサイの実生育苗は場所を取るのが難点ですね~
[PR]
by nanami7kuri | 2010-09-25 17:49 | あじさいの交配 | Comments(2)

遺伝~スポットが消える交配もある?

最近涼しくなってきたので、冷えすぎないようにデロリアンの
セッティングを変更しました。
チューニングが上手く行かず最近の庫内は8~16℃
だははは(^^;)でも自然界ではそんなものかもしれません。
早期発芽は少しずつ双葉も増えつつありますが、ピークはまだまだ先ですね。
c0025140_1233655.jpg

なぜか発芽の早かった1122×643はだいぶ発芽しています。
c0025140_1234813.jpg

でも実験対象の437系の発芽は始まっていません。
c0025140_124211.jpg

そうそう、こないだデロリアンが大量にお漏らししました(^^;)
フリーザーに付いた霜を放置してたら…霜取り機能が
動作してしまったようで、床がびしょびしょ(笑)
標準装備の水滴を受け止めるトレーでは受け止めきれませんでした


先週、またまた遺伝の本を買いました。
日本では有名な科学雑誌「Newton」の別冊「知りたい! 遺伝のしくみ」です。
c0025140_1242247.jpg

前回2009年8月19日のBlogで紹介した「遺伝のふしぎ」から飛び抜けた
情報はありませんがとても勉強になりました。
あらためてメンデルの法則を発見したメンデルさんは凄い人だ!と思うのでした。
また、メンデルの法則通りにいかない事象をいろいろと説明しています。
「いろいろな遺伝の法則」のページがそれです。8種類あります。
c0025140_1243468.jpg

条件を付け加えてやると説明が付くとのこと…さすが科学雑誌です。
科学者の見地で書かれています。
でも…いろいろな遺伝の法則で科学者は納得出来るかもしれませんが、
育種をする人にとって「いろいろな…」じゃ意味が薄いんだけれどぉ…(笑)
コラムで面白かったのは、一卵性双生児の三毛猫は模様が同じではない事。

ところで大地の家の花Aと花Bを交配したらどうなるか?は、
おおよその傾向は経験から解ってきましたが
厳密に言えば、やってみなければ解らない部分があるのが現状です。
特に、色や模様に関する遺伝は複数の遺伝子が関与しているので
人間の目に映る形質は単純にメンデルの法則の通りにいきません。
だいたいは「おおむねAとBが混ざり、AからBの範囲で色々出る」
そんな大雑把な言い方しかできないやー(^^;)

面白いのはスポット。
クリスマスローズでは一般に優勢の傾向が高いと言われています。
大地の経験からも確かに優勢の傾向は高いと思います。
でも下記の交配結果はスポットが消えます。
母237DD黄ややスポット×父429DDりんごの交配
下の写真は母No.237
c0025140_12212814.jpg

下の写真は父No.429
c0025140_1224245.jpg

母の237にはスポットがあるのですが、
その子孫であるNo.1192、1196、840、906にはスポットが出ませんでした。
下の写真は例No.1192
c0025140_1225559.jpg

類似交配の母237DD黄ややスポット×父413DDりんごの子孫も
スポットが発現しませんでした(詳細はホームページ参照)。
サンプルが少なすぎると言われると笑うしかないですけど(^^;)
母のスポットが少なめだからなのかな?
意外な結果も出てくるのが現実です。
隔世遺伝で再び子孫に出るかもしれませんね。

だからと言ってDD黒の苗からDD白が咲くトラブルの言い訳にはなりません。
大地の経験では「黒」を狙った交配から白が咲くことはありえない(笑)
こういった話は年に2,3回は耳にします…残念ですね(^^;)

さて、遺伝の謎は解き明かしたいとの想いもあるけど、
はじめから結果が完璧に明らかになってしまうと楽しみが無くなってしまうようで…
ある程度「謎」というか「多様性」があってくれたほうが
実生フェチは嬉しいです。
[PR]
by nanami7kuri | 2010-09-19 12:31 | クリスマスローズの交配 | Comments(16)

バラのクロスの種まき ~ 

観測史上初のへんてこなコースをたどった台風のおかげで、
つかのまの涼しい日を過ごすことができましたが、再び残暑が戻ってきましたね。
今日もあじぃ~です。
こんな日は涼しい本屋さんでのんび~りしよう!
早く涼みたいぞぉ…お昼はコンビニのサンドイッチとコーラで軽くすませてGo(^^)v

何を買ったかと言うと、いつものようにバラとか、遺伝の本(笑)
過去に何回も立ち読みしていたのに結局買った、ビズの別冊「愛されるバラたち」
c0025140_1842507.jpg

花の綺麗な写真とか、こだわりの〇〇とかの記載は普通に素敵ですが、
決め手は名花作出のエピソードとかに惚れて購入。
c0025140_1843113.jpg

イギリスのデビッドオースチンさんや、フランスのメイアンさん…
ほんの数ページですが、育種家の人生にふれているページがあって
そこが宝物に思えて…レジに並んでしまった大地なのでした。
何気なく育てているバラですが、
この花にはそんな人たちの情熱や人生…歴史が刻まれてんだなぁ

ピエール・ドゥ・ロンサール…欲しくなっちゃったなぁ(^^;)
もうツルバラ植えるところ無いけど(笑)
本の写真や、ネット通販を見てると欲しくなっちゃうよね。

こんな酷暑ですが、庭のバラもポツリポツリと繰り返し咲いています。
夏は体力が無いせいか花弁数が少ないですね。
ERチャールズ・レニー・マッキントッシュはシベが見えてでも素敵
c0025140_18431643.jpg

夏だからと言って、必ずしも色が薄くなるわけではなく
より映えるような気がするベンジャミンブリテン!
花芯が見えるのも素敵な気がする。
c0025140_18433546.jpg

暑い夏も一生懸命に咲いています。
大地も夏バテしている場合ではない(^^;)

ふと見れば実はまだ赤くないのに枝が枯れるものや、
実に傷があるもの、実が黄色くなっているもの…
ワケありの実がぽろぽろあるので蒔いてみる事にしました。
c0025140_18435472.jpg

その中には大事なクロス交配の実も入っているので
もったいないからちゃんと蒔きます。

このERベンジャミン×HTカーディナルは実に傷が入っているので不安
c0025140_18444178.jpg

このHTカーディナルは香りも無く、色も普通…
でも花持ちは最高クラス。枯れるまで剣弁高芯咲きの形が崩れない。花弁が厚い。
c0025140_18445228.jpg

実にキズのある部分の種は茶色くなっていました。あぶないあぶない(^^;)
性質の異なる花同士の交配はどんな花を咲かせるのだろう?楽しみ。

これはERベンジャミン×CLカクテル
c0025140_18533783.jpg

5粒入ってました。
この子孫はどんな花になるだろう?
花弁数は減るだろう。四季咲き性は期待しています。退色は激しいかも(^^;)
c0025140_18592376.jpg


これは冒険交配です。
ERチャールズレニーマッキントッシュ×MINリトルアーティスト
c0025140_191491.jpg

覆色のERが咲かないかな(^^;)
実がつるつるの黄色で可愛らしい
c0025140_1925251.jpg

ぽっきり4粒…しかも小さい(^^;) 無事に発芽するのかなぁ
c0025140_1933374.jpg

そのほかに、コンスタンススプレイのセルフ、パットオースチンのセルフを蒔きました。
c0025140_1935681.jpg

コンスタンススプレイは1961年デビッドオースチンの作出です。
もう半世紀が過ぎようとしています。
剣弁高芯咲きがもてはやされる時代で、
「美しいバラはほかにもあるのに…」と、自分の感性を信じ、世間を逆行する勇気。
まわりに流されない信念みたいなもの、
流行にとらわれず美しいものを知る心を持たれていたのでしょう…
剣弁高芯が優れているわけではない、カップ咲きが優れているわけではない
そして現代では当たり前のようにカップ咲きも、剣弁高芯咲きもある。
美しいバラは一つではない。
[PR]
by nanami7kuri | 2010-09-12 19:14 | バラの交配 | Comments(4)

アジサイの発芽♪

事故によって早蒔きを強いられた9月2日のBlogのアジサイの種が発芽しました。
八丈千鳥×夏まつりの交配です。なんと8日で発芽するんだね!
c0025140_1151070.jpg

↓こちらは涼しい玄関の日陰窓辺に置いていた苗床。
c0025140_1153081.jpg

↓こちらはマサオ君で23℃恒温管理の苗床。
c0025140_1154335.jpg

まずは、無事にどちらも発芽してくれた(^^)
まだ暑いので楽観はできないけど涼しく管理してゆきます。
調子こいて…他の交配も蒔いてしまう?
複数の蒴果があるものは冒険で蒔いてみようと思います。

***********

クリスマスローズも、ちらほらうなじが見え始めました。
1122×643は双葉がだいぶ濃くなった。
c0025140_116968.jpg

でも問題の発芽均一性実験中のの437×1122はまだまだ動きが無いです。
今期の結果でいろいろと危険な決断をしようと思う。
c0025140_1161834.jpg

それは…「バラつくものは運命としてあきらめる」です(笑)どはは
発芽不能さえ回避してくれれば、少数の不揃いは…まあいっか!
それも選択肢の一つだと思うのです。
そう考えると、けっこう気が楽だな♪
[PR]
by nanami7kuri | 2010-09-11 02:04 | あじさいの交配 | Comments(2)

女子大生からOLへ

再びクレマチスの種まきです。
8/29の女子大生(JD)蒔きよりも、やや熟した種を蒔きました。
見た目の果球は茶色ですが、変色直後なので胚乳自体はかすかに緑色。
よってこれは入社したてのOL蒔きと命名!(OL)意味不明~(笑)
最近の酷暑で脳細胞が熱暴走を始めています。
c0025140_2254137.jpg

咲くのはたぶんシングルだけど、けっこう期待しているのがこの交配。
フォンドメモリーズ×美佐世。そこそこの数がとれました♪
ピコティ系のクロスです。しかも黒シベ同士の交配。
c0025140_23181564.jpg

c0025140_22541184.jpg

c0025140_22542130.jpg

殻むきは大変めんどうな作業ですが…ちょっと癖になりそう♪
同様にフォンドメモリーズ×ベノサバイオレシアです。
これもピコティ系のクロス。フロリダの血を引く花同士の交配です。
c0025140_23202074.jpg

c0025140_22543890.jpg
c0025140_22544931.jpg

ピコティのダブルを創りたくて行った交配!
美佐世×レッドスター。
ホントは父親にキリテカナワを迎えたかったはずなんだけど?
開花タイミングが合わなかったのかな。
c0025140_23255472.jpg

c0025140_2255223.jpg

これも同じくピコティのダブルを創りたくて行った交配!
フォンドメモリーズ×レッドスター
今期、最も多産な交配かもしれない。
c0025140_23272544.jpg

c0025140_22551794.jpg
c0025140_22553077.jpg

とにかく交配しなきゃ何も始まらないので、やるだけやったさ(^^;)
今のうちにダブルの血をクロスしておけばF2あたりで奇跡が起きないかなぁ~
あとは無事に発芽できるかな?
[PR]
by nanami7kuri | 2010-09-07 21:46 | クレマチスの交配 | Comments(4)

クリスマスロース発芽1号

8/31の早期発芽処理でうなじが見えていた子がなんとか発芽です。
あの子は自力で殻が脱げなくて…ピンセットの力を借りました(^^;)
c0025140_2156357.jpg

現在デロリアンの窓から蛍光灯の光で内部を照らすセッティングに変更です。
5本の蛍光灯のうち、1本だけを点灯。そのかわり24時間連続点灯にしました。
c0025140_21564340.jpg

現在のデロリアンの庫内温度は13~10℃
二日に一度は水をやらないと乾燥が早いです。
水やりのたびに発芽状況を確認して、うなじが見え始めたポリポットは
光が良く当たる最前列に移動させています。
[PR]
by nanami7kuri | 2010-09-05 22:13 | クリスマスローズの交配 | Comments(6)

アジサイの緊急種蒔き

去年のリベンジ交配でもある、大切な大切な交配…八丈千鳥×夏まつり
c0025140_22491022.jpg

今年は猛暑なので種まきはまだまだ後にしようと思っていたのですが、
こないだまで青かった蒴果が急に枯れてしまいました。
八丈千鳥はそういう物なのか?
ほかにもいろいろな八丈千鳥クロス交配を行いましたが
今日まで無事に蒴果が膨らんでいたのは唯一この枝だけ(^^;)
c0025140_22492056.jpg

蒴果を開けてみると種は無事にあるある♪
ちょっと早いけど緊急種まきすることにしました。
去年は9/12に蒔いて無事に発芽していますが、今年は猛暑…
ちょっと心配です。
c0025140_22493165.jpg

2年前は、あまりにも暑い場所で発芽管理していたら種がみんな腐ってしまった
失敗の経験があります。
大事な交配なので、用心に用心を重ねて2種類の管理で発芽を待つことにしました。
一つはマサオ君で23℃恒温管理。
もう一つは涼しい玄関で管理。です。
c0025140_22494683.jpg

アジサイの種は1mmにも満たない塵のような種なので
いつもと同じ底面給水で発芽させます。
今回は用土にパーライトも混ぜてみたんだけど白は種が見にくい、
用土の乾燥が解りにくい、などの欠点があるかも(^^;)

ともあれ緊急種まきは完了。
そして上手く行けば約2週間後に発芽が始まるはずだ!
[PR]
by nanami7kuri | 2010-09-02 23:18 | あじさいの交配 | Comments(2)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite