七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

始めよう

今回の震災におきましては
被災者のみなさんに心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

ニュースを見ていると自分の無力さを感じてしまいます。
でも、ターシャさんの言葉にあるように「何もしなければ何も始まらない…」
ちいさなことでもコツコツと今、日本のために今できることを考えましょう。
・省エネ
・買いだめしない
・募金する
・ボランティア
・笑顔、挨拶、ふれあい
最近よく流れるACのコマーシャルが、
大地に大切な事を思い出させてくれています。

************

こんな逆境の中でも、それでも花は咲いてきます
立ち止まることはできません。
植替えも、交配も、記録も、いつも通り進めなければ…
「何もしなければ何も始まらない…」ので、こちらも引き続き頑張ってます。
省エネのためコメント欄はもう少しお休みしますね!

2008年の交配も引き続きバイカラー交配に萌えていました。
なので今期もNo.643直系の子たちが多く咲いています。
今日は643のセルフの結果を少し紹介します。
643はバイカラー同士の交配から生まれたわけではないので
変異ありますね…
今期の初開花のお気に入りはこれ、No.1337
コントラストが良好です。
c0025140_23162087.jpg

↓こちらは別の個体No.1360
コントラストは1337と同程度ですが、
開花につれての染み込みが少ない特徴があります。
c0025140_23163279.jpg

高コントラストのグレープバイカラーの花は、
咲き進むにつれ正面に色が染み込んできてしまう場合が多い。
ゆえに美しい時期は短い、その弱点を何とかしたい!

分化能力の弱さも何とかしたい
No.516DDインソムニアhyb×No.643DDグレープバイカラーのNo.934は
コントラスト未完成だけど分化能力は良好。
PD系のNo.710DDグレープバイカラーを用いた子孫も
剣ちゃんながら分化能力は良好。
これらの2系統を使用して、分化能力が強くコントラストも高い
DDグレープバイカラーを創りたい。

親のNo.643よりもコントラストが少ない花も咲きます(^^;)
c0025140_2325299.jpg
c0025140_23251299.jpg

そして最もコントラストが少ない花がこれ↓ ほぼピンクです。しゃもじ弁。
c0025140_23252469.jpg

こんなに花色にバラツキが出ました。
643の母親の205はピンクバイカラーだったので、お婆ちゃん似ですね。
どうも643系はしゃもじ弁になりやすい気がする。

*********

交配から4年経っても咲かない苗(^^;)
No.490アトロ×No.500ディドhyb交配の苗
でも新葉の黒さが個性的です。ほかの兄妹苗とは違う葉です。
どんな花が咲くんだろう…来年ですね。
c0025140_23411686.jpg


交配から5年経ってようやく咲いた花もあります。
No.413DDりんごセルフ
成長遅いし、弱弱しい…でも、去年の酷暑を生きぬいた。黄色の花色が不足。
c0025140_2341324.jpg


2009年の早期発芽で交配から2年で咲いた花↓
No.739DD丸イエロー×No.929DDりんご
超期待の交配でしたが、ちょっとイマイチ(^^;)来年まで様子見します。
c0025140_23414291.jpg

考えてみればこの花はまだ、りんご1/2遺伝子。
りんご3/4遺伝子の花を早く見てみたいのです。
「何もしなければ何も始まらない…」ので、失敗を恐れず始めましょう。
待っていてはダメ  まずは一歩踏み出そう。
今、日本のために出来ることを考えよう。
[PR]
by nanami7kuri | 2011-03-27 00:21 | クリスマスローズの交配

東日本大震災

みんな、今できることを考えよう

被災者のことを考えると胸が痛みます。
言葉に出来ません。
みなさん日本のために今できることを考えましょう。

明日から計画停電、しばらくblogは休みます。
大地は無事です。
[PR]
by nanami7kuri | 2011-03-13 23:35 | クリスマスローズの交配

原種交配

大地の交配のメインの方向性は「鮮やかさ、芸、色気」を目指すから
大地は原種交配をあまり行っていません(^^;)
ちょっとだけ、細々と行っています(笑)

原種交配には目的と覚悟が必要だと思う。
・小輪?
・香り?
・丈夫?
・原種色?
・新しい交雑?
などが代表的な目的だと思います。
原種交配… 聞こえは良いけどリスクは高い。
求める目標の完成度にもよるけどF2、F3まで続ける覚悟も必要だ。
改良を積み重ねた園芸品種にわざわざ原種を交配して
歴史を10年ぐらい後戻りさせるのだからハードルは高い。
今日はちょっと辛口です。

大地の原種交配もF1で満足できるものは何一つ咲かない(^^;)
この原種交配をF2、F3まで行った時、
それは原種交配と呼べるのか?
渋い色の園芸品種の様な気がする(笑)
結局、定義なんてどうでもいいや~  可愛ければ良いのである!

**********

さてさて、F1的結果はこんな感じ。
No.766DDデュメトラムhyb×No.643DDグレープバイカラー の交配
目的は小輪多花の鮮やかなバイカラー。
c0025140_22192722.jpg

その子供たちがこれ↓
確かに小輪多花だけどくすんだ緑色
c0025140_22193765.jpg

これも小輪多花だけど、同じくくすんだ緑色
c0025140_22194795.jpg

意外にバイカラーになりませんでした。
なぜか じゃもじ弁です、643の血筋だからかな。
小輪化は簡単だけど、豊かな花色を兼ね備えるには時間がかかりそうだ。
ポジティブに考えると! このしゃもじ弁にリップが載ったら可愛ええ~気がする(^^)

**********

つづいて
No.489SSアトロルーベンス×No.643DDグレープバイカラー の交配
目的は小輪多花の鮮やかなバイカラー。
c0025140_22411764.jpg

その子供たちがこれ↓
中輪花、両親の中間的な花ですね!
c0025140_22413490.jpg

可愛いけど目標は未達成。
ネクタリーは大きい、Dの気配を感じる。

*************

つづいて
No.490SSアトロルーベンス×No.500DD原種色(ディドhyb) の交配
目的はアトロ色のダブル。青緑紫色のかわいい子を咲かせたい
c0025140_22491178.jpg

その子供たちがこれ↓
見るからにアトロ的な容姿です、順当にSSで咲きました。
交配から開花まで4年かかってしまいました~
c0025140_22492479.jpg

何個体かありますが、青緑紫色の丸弁で咲いてくれた♪
c0025140_22493470.jpg

さらに、この個体にはネクタリーに模様が確認できる!
ダブルの遺伝子がありそうです。
c0025140_22494488.jpg

この子たちはセルフと、更にダブルと交雑と、の2系統で攻めます。
使うダブルはコレNo.893DD原種色。
2年ぶりに開花した。今年は寒いので発色も渋い!
c0025140_23145841.jpg

原種交配の中でも、
渋い色同士の交配から 渋い花を咲かせるのは簡単なようです。
類似色同士なのだから当り前か(笑)F1で狙える。

しかし大地の目標は
緑ではない、
緑/紫バイカラーでもない、
アトロ青緑紫色にこだわりたい(笑)
小輪多花で丸弁、アトロ青緑紫色のダブルを咲かせてみたい。

*****************

今期、斑入りバラーディア目的の交配は子房が大きくなってきました。
花弁が緑色になるにつれ、斑が見えるようになってきました?
この交配から運よく斑入りバラーディアが咲いたなら
アンティークフラワーになった時に花弁の斑が楽しめるのかもしれない。
2度おいしい花になるね(^^)種が入っていることを祈ります。
c0025140_23153588.jpg

たぶん簡単には行かないだろう。
でも夢があるよな~
夢が大地を動かす燃料です(^^)
[PR]
by nanami7kuri | 2011-03-08 23:14 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

バラの実生に蕾きた!

久しぶりにバラの話題で行きま~す
バラを衝動買いしてしまいました!
これ↓ 「シルビア」だそうです
c0025140_2363226.jpg

どこまでも濃い黄色に惚れました(^_^)v
c0025140_2364134.jpg
c0025140_236481.jpg

性質は不明(笑)花粉は出るぞ!
バラを買う時に、花粉を見るアホです(^^;)

*********
2010年交配の苗達は現在こんな感じです。
ちょっと寒いので成長鈍化ぎみかな。
c0025140_2365627.jpg

状態をチェックしていたら… んが! 蕾を発見しました。
こんなに、こんなに小さな苗ですが蕾を付けました。
c0025140_237472.jpg

9月に蒔いて、12月に発芽した
母チャールズレニーマッキントッシュ×父リトルアーチスト。
まだ3月なのにね!バラ交配は結果を早く見れるのが楽しいのです。
c0025140_2371387.jpg

どんな花が咲くかな?大地のクロス交配の開花1号になりそうです。
c0025140_237204.jpg


これは↓我が家のベンジャミンブリテン
c0025140_2372840.jpg

そのセルフ交配の苗の中で一番生育が早い子はこれ↓
金星斑は健在♪
c0025140_2373513.jpg

世界に一つだけのバラはとにかく可愛いのです(笑)
[PR]
by nanami7kuri | 2011-03-04 23:31 | バラの交配 | Comments(3)

ピコ系

3年前から行ってきている冒険交配の一つ
No.739DDイエロー×No.546DDリバーシブル の交配。
目的は正面オレンジ、背面イエローの花を創ること。
c0025140_21543095.jpg

この交配の子供たちがそこそこ咲きそろいました。
結果は去年の早期発芽結果と同じく、イエローの発色は何処へやら…(^^;)

その前に、546リバースの親はNo.110DDピンクでした。
発色が温度に左右されやすい普通の濃ピンクでした↓
c0025140_2204388.jpg

この110のセルフから546は生まれました。

話は戻ってNo.739DDイエロー×No.546DDリバーシブルの子供たちはこれ!
↓まずは~なんと単色ピンクが出た。110に戻ってしまった様な花。
c0025140_21544431.jpg

↓後は父親546似のリバースに…黄色の気配は何処へ。
c0025140_21545629.jpg
c0025140_2155525.jpg
c0025140_21551317.jpg
c0025140_21552367.jpg

黄色が劣勢なのか?、リバースが強いのか?
みんなリバーシブルになってしまいました。
目的の花がF1では咲かないうちに、似た花を入手!
背面がイエローで、正面がピンク。
c0025140_21134570.jpg
c0025140_2114358.jpg

今後、花色のコントラストをもっと高めたいと思う。


もう一つリバース系交配はこれ
No.610SSリバーシブル×No.546DDリバーシブル の交配。
c0025140_22104467.jpg

この交配から生まれたのはこれ↓
SSリバース底グリーン。エッジが白いのは母譲り。
しかし母親のような色気は出てこなかった。
c0025140_2210541.jpg

もう一度546を戻す。DDリバースでホワイトエッジが咲くかも!

あとは803系交配の花でお気に入りはこの子たち。
No.261DDピコバイカラーややベイン×No.803DD太ピコ の交配
c0025140_22195729.jpg

この交配から咲いたのはこれ↓
背面太糸ピコティで正面ベイン。なぜかドクドクしさが無い。いつもと何がちがうのだろう?
きっと底ホワイトだからかな!
フラッシュベインとはまた違う美しさがある。
c0025140_2220680.jpg



もう一つ803系交配から
No.522DDクリムゾンバイカラー×No.803DD太ピコ の交配
c0025140_22274361.jpg

この交配から咲いたのはこれ↓
背面グラデーションピコティで、正面ややベイン。
これもなんとなく底ホワイトになった。
c0025140_22275128.jpg

803は底ホワイトベインを生み出す遺伝子があるのかも。
見方を変えると花弁先端に模様を持ってくるとも言える。
たしかに803そのものがそうだ。さすがash系だ。
ダブルになった時に、花弁の重ねにたえる模様が工夫されているとも言える。
ただし生まれたこの子たちは進化過程であり形がイマイチ(^^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2011-03-04 21:34 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite