七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

水滴に注意

苗たちの状態、土の乾燥の状態、機器の状態を
毎朝欠かさずに確認するのが日課になっています。
でも毎日見てると日々のわずかな差分にはなかなか気が付きません(笑)
しかし、その変化は突然来ました。
c0025140_21114925.jpg

と言っても、植物の変化ではなくて機器の方です(^^;)
大切な種や苗を故障から守るため毎朝、毎晩 
冷温庫の内部温度を確認するのですが本日マサオ1号の温度表示板に水滴が。
このままだと確実に故障します。
そもそも内部で植物を育てる目的で作られていない、
庫内は湿度で蒸れ蒸れ…
大地の改造とは無関係に、内部照明の窓は電球交換を可能にするために
脱着が可能な構造なのですが、そこに穴が開いていて制御パネルに空気が漏れます。
これが原因で制御パネルが結露していました。
c0025140_21121091.jpg
c0025140_21122194.jpg

対策はどうしようか?
フロントパネルを外しただけで十分な通気が確保できたので
(^^;)このままで使うことにしました。
マサオ2号は高湿で使用していませんが同様にパネルを外すことにしました。
c0025140_21124787.jpg

想定された使用方法以外での利用は危険であると理解しました。
庫内を高湿で使用される方は注意が必要です。

**************

クリスマスローズの親株さん達はまだ古葉切りをしていません。
そろそろ行うかな、どうしようかな、点検してたら蕾を発見。
ちょっとオマセさんです(笑)この時期にあわてて咲いても綺麗に咲けないぞ~
No.1100SSフラッシュ(425X424)
c0025140_211258100.jpg

苗床にも蕾かもしれない苗発見。
c0025140_2113551.jpg
c0025140_21131714.jpg

葉芽か花芽か微妙な芽です(^^;)766x929
運がよくても1/2りんごなので期待はできません。
c0025140_21132629.jpg

2011年早期発芽は気温が下がってきたので葉ピコが確認できるようになってきた
この子の親は強ピコなので、苗からしてピコが強い。
さっそくタグにはメモを記入。
c0025140_2113374.jpg

斑入りニゲル x 斑入りリビダス の交配で斑バラーディアを目的とした
2011交配は今のところ斑出ていません(^^;)
c0025140_21134418.jpg

その中で葉がよりグレーな2個体を日当たり特等席に移しました。
c0025140_21135612.jpg

もう花の時期はそこまで来ているのですね。
今年の秋は暖かすぎたのでちょっと心配ですが、何とかなるかな。
油断していたら昨日から風邪をひいてしまいました(^^;)
鼻水が止まりません(笑)
[PR]
by nanami7kuri | 2011-11-27 21:55 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

冷温庫の2号機を購入

歳のせいでしょうか…(笑)
この頃NHKの連続テレビ小説を見ています。
いま放送されているのは「カーネーション」です。
コシノ3姉妹の母親の人生が脚本のモデルとなっています(^^)
糸子の頑張りに泣いたり笑ったりしながら…元気をもらっています。
こだわりを持つこと、誇りを持つこと、相手の気持ちが解らないと創れない、
自分の思う道を突き進む、即行動する、etc…を教わりました。
椎名林檎の挿入歌も奥が深いのです。
c0025140_18162628.jpg

昔、師匠から教わりました「育種には哲学が必要だ!」
ちょうと大げさでは…、
でも少しだけそう思えるようになってきました。
c0025140_18164211.jpg

いろいろなことに刺激を受けて、感動して、前に進みます。
糸子に負けないように即行動!
冷温庫の2号機を購入しました(^^;)
c0025140_1817122.jpg

クレマチスの秋発芽苗の冬季夜間育苗と、不測の事態の予備機として…
ベルソスのVS-401。 ネット通販で¥9000程度で販売しています。
照明が青LEDに変更されていましたが、
その他は ㈱マサオ製 MSO-R625 と同じです。
窓はマサオ君同様に無色透明ですので植物の育苗に有効です。
愛称は「マサオ2」にしようかな(笑)
c0025140_18173976.jpg

クリロラボのデロリアンとマサオ1号、2号、私の大切な相棒達です(^^)
マサオ2号にも電照&FAN改造しようと思います。
材料をホームセンターで買ってきましたが、金具を手作りしなければならないので
とても時間がかかります。
さっそくマサオ2号の試運転は30℃設定でクレマ種を保存、
マサオ1号は25℃で夜の電照栽培に設定しました。

今日、ホームセンターの帰り道で…
世にも奇妙な物語の再放送「過去からの日記」を偶然に見た。
泣ける~(^^;)素敵なストーリーでした。
最後は奇跡が起こります。
「世にも奇妙な物語 過去からの日記」でネット検索すると見ることが出来ます。
こちらも心に響く名作だと思います。
[PR]
by nanami7kuri | 2011-11-23 19:44 | クレマチスの交配 | Comments(8)

クレマチス2011年交配発根

大地はクレマチスの種に温度処理をしています。
夏ごろに種の採取とともにそのまま約10℃の冷蔵庫に投入しました。
温度処理の効果は未だよく解りません。情報によるとあまり効果は無いとのこと…
昨年より今季は低温処理期間を約3週間長く行いました。
11/14から28℃の高温処理に移行すべく種の状態を確認しました。
c0025140_20591474.jpg

そしたら去年と同様に美佐世の種が腐っていました。
やはり美佐世の種は腐りやすい(^^;)低温でも腐ります。
c0025140_2105387.jpg

全て腐ったわけではないので、正常な種を選別しようとしたところ
なんと!発根している種を発見。
c0025140_2111560.jpg

全ての交配で、数百粒ある種の中で、発根はこの1個体だけ(笑)
美佐世 x ダニエルディロンダ
c0025140_21205589.jpg

c0025140_2114750.jpg
c0025140_2115464.jpg

なので低温処理の効果とは言えません。たまたまの可能性が高い。
去年の早期発芽も同じ時期に1個体だけ発根してたっけ…
タグを挿して特別な個体であることを記録する。
クレマの発芽は数年かかる場合があるので今回から交配年を記載する。

いずれにしても、この個体は発芽が早かったのは事実なので
親バカの私としてはポジティブに期待する!
発根が早い→発芽が早い→成長に有利→早く花(結果)が見れる→
→その子孫も発芽が早い→交配のフィードバックが早い→うれしい♪
c0025140_2131410.jpg

だから記録タグを挿す事は重要なのである。
この発根種は室温放置にしてみます。
開花まであと2、3年はかかるだろう。根気がいる作業だ。

その他のすべての種は、
とりあえずマサオ冷温庫28℃設定に投入しました。
2か月間くらい放置させてみます。
c0025140_2154320.jpg

前回のブログで28℃の環境下で24時間光合成に仕掛けた苗は
順調に生育中。
c0025140_216944.jpg

ただいま来年の交配計画を練っています。
何を母親にする、何を父親にする、何を購入する…
どうせ計画通りには行かないのですが(^^;)あははは
夢を描くことは生き甲斐につながる。
[PR]
by nanami7kuri | 2011-11-16 21:59 | クレマチスの交配 | Comments(4)

カビる油粕 & まだ植替え終わりません

先日、家族会議が開かれました。
議題は「たらこバター」の試食。最近コンビニでよく見かけます。
c0025140_21332241.jpg

家族一致で、これは美味い!(^^)!
タラモソースが美味しいのだから、たらことジャガイモは相性がいいようですね!

*****************:

2011年交配の早期発芽は、今年からカビやすい油粕を全面的に導入しました。
ぼかし油粕とはまったく異なる驚きのカビっぷりです。
c0025140_21333294.jpg

白い毛がフサフサとしています(笑)
マッシュルーム、シメジ、にこだわらず、その辺にいる菌を味方にしてみました。
c0025140_21333762.jpg

カビが葉に触れても意外に平気でした。
でも、まだ別の弊害も出るかもしれませんのでおススメできません。
c0025140_21334627.jpg

肥料成分が乏しいのに、なぜ腐葉土が必要なのか、なぜ牛糞が必要なのか
そこには菌が関係しているように思うのですが
自然な環境でのコントロールは難しいかもしれない。
失敗しながら考えるかな!

**************

この苗は実家に移動させた2010年早期発芽の苗です。
一番上の写真の2011年早期発芽の苗から1年でここまで大きくなる。
神奈川県の暑い平野でもここまで大きくできる。
しかし、ギリギリ今季も殆どが咲かないだろう(^^;)もう一歩、時間が足りない。
c0025140_21335145.jpg

そのまま実家で植替えしました。
縁側を借りて作業台がわりです。
7.5cmロングポットのこの苗は、生育やや悪2010年早期発芽と通常発芽が混じっています
c0025140_2134130.jpg

本来とっくに植替え終わっていなければいけないのにゴメンナサイ(^^;)
根はぐるぐるです。
1151LSD糸ピコ x 803DD内紅糸ピコの交配。LSD糸ピコ狙いの苗です。
c0025140_2134692.jpg

もっと申し訳ないのがこの苗さん達です。
2010年早期発芽の生育悪い組…
なんと、未だに6cmポットに入ったまま(^^;)
c0025140_21341541.jpg

タグの番号を見ても4ケタともなると覚えきれないので
時間がかかるけど親株ファイルを見ながらの作業です。
親株の素性と写真を記録した極秘ファイルです(笑)
それにしても、いくらなんでも狭すぎます。
c0025140_21342059.jpg

時間も無いのでガチガチに渦巻く根をほどくこともなく植替えするしかない。
ベストは少しだけほどくべきだと思う。
c0025140_21342993.jpg

地上部が未だに貧弱な苗もあるけど、地上部だけを見て判断してはならない。
c0025140_2134348.jpg

意外と根にパワーをため込んでいる苗もある。
189x 712の交配。DD黒丸狙いの交配です。
c0025140_21344533.jpg

プランターはパンジーを植え替えた。
クリスマスローズの花色はパンジーに負けていると思う(^^;)
でも、なぜか惹かれるんだすよね~クリロに。
c0025140_21345146.jpg

まったく時間が足りない。
結局、今日は実家のすべての苗を植替えしきれなかった。
また来週も植替えの続きを頑張らねば!
爺ちゃん婆ちゃん、また来るぜ。
いつまで走り続けられるかな…(笑)少しペースダウンしましょう。
[PR]
by nanami7kuri | 2011-11-13 23:59 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

クレマチスの病気、害虫

先日も、娘の所属する吹奏楽部の演奏があったので
爺婆とカミさんを連れて見に行ってきました。
神奈川県公立中学校文化連盟の芸術祭です。
近隣の中学校の演奏も聞けるので勉強になります。

どの学校も3年生が引退したあとで、1・2年生での演奏なんです。
日曜日以外は毎日練習、練習、練習…
頑張ったね、素敵な演奏をありがとうございました。
c0025140_1753563.jpg

もう一つ目的があって、新型のハンディーカムCX560は
暗い舞台の撮影でもどれぐらいピントが合うのか?の実験です。
結論から言うと、SR12から格段に進化していました。
非常に暗いシーンでもオートフォーカスの収束速度が非常に速い。
安心しました。

しかし今日、修理に出しました。初期不良を引きずっています(-_-;)
ヤマダ電機のお兄さんにも症状を確認してもらって…
「ホントだ、珍しい症状ですね」だって(笑)


*************

私は植物の病気対策はあまり詳しくありません(^^;)
なぜなら、基本は自然淘汰させているので…
病気予防の薬剤散布も全くしていないズボラなガーデニングです。
クレマの病気もほぼ無知です(笑)

よく知っているのは壺クレマでお馴染みの うどん粉病。
我が家の大輪系親株では出ませんが今回は苗で出ました!
肥料のあげすぎかな(笑)フォンドメモリーズ x ダニエルデロンダ交配苗です。
c0025140_1753504.jpg

これは葉の中央が黒っぽく汚れてきてしまいました。
クレマにもブラックデスとかあるのかな?
要注意の個体です。未対策で様子を見守ってみます。
(フォンドメモリーズ x キリテカナワ)
c0025140_1754134.jpg

害虫も出ました!
写真では見えにくいですが黄色い貝殻虫です。
昔クリスマスローズに大発生して困った強敵…
クレマチスにも出るんですね(^^;)
さっそく我が家のキンポウゲ科植物全てにスプラサイドを散布しました。
c0025140_17541014.jpg

スプラサイドは強い薬なのであまり使いたくないのですが
この黄色い貝殻虫には効果絶大です。

クレマの葉が食べられてしまう事件も発生しました。
前回のブログの超丸葉のキリテカナワ x フォンドメモリーズなど…
幾つかの苗が丸坊主になってしまいました。
c0025140_1756103.jpg

昼間は犯人が現れないので、夜盗虫の疑いが濃厚。
夜、苗床を観察したら(^^;)いました夜盗虫。容疑者確保(笑)
なんとか無事に新葉も生えてきました。やれやれ。

****************

ビニールハウスが欲しいけど、関東の普通の住宅事情の我が家には
そんな大物を設置できません(^^;)
なんとか別の方法で工夫するしかありません。

台風で大破していたベランダの反射鏡も本日ようやく復旧させました。
ベランダの奥まで日があたります。
c0025140_175419100.jpg

雨の日…子苗程度ならクリロ部屋に取り込んで24時間電照栽培をさせます。
そもそも、クレマの小苗は冬の戸外で凍死しないのか?
経験がないのでちょっと心配だ。
c0025140_17543670.jpg

1.5年前の2010年のクレマチス交配の種は未だにちらほらと発芽してくる。
じれったいので、マサオ冷温庫を起動させました。
28℃設定で2010年クレマ種蒔きポットを投入。
c0025140_17544663.jpg

ついでに夜間はLED電球で電照、昼は太陽光で24時間光合成に移行。
c0025140_17545732.jpg

最近はクレマと雑草の区別が出来るようになりました(笑)
c0025140_1755744.jpg

このポットの中では今、4本の苗が葉を展開しています。
フォンドメモリーズ x ベノサバイオレシア交配
クレマの極極小苗の葉は個性がある。黄緑色~灰色。
c0025140_19515719.jpg

同じく兄弟であるフォンドメモリーズ x ベノサバイオレシア交配の
発芽が早かった苗たちの中でも個性が分離してきています。
両親がフロリダ系なのでテッセンに似た葉を持つ苗もいますが、
c0025140_2044227.jpg

変わり者はこの子。
なにやら野生種のような風合いの黄緑葉を持つ苗もいます。
c0025140_2045031.jpg

前年はあまり効果は感じられませんが
2011年交配の種は現在8℃で低温保存中。
そのうちマサオ冷温庫28℃に移行させます。

早く花を見てみたいですが、
咲くのは何年先になるやら。
何個体が生き残るやら。
無事に花を愛でる事が出来ているか、世の中の変化も激しいなぁ(^^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2011-11-13 20:27 | クレマチスの交配 | Comments(2)

デロリアン停止

この頃の週末は、4週連続で子供の行事です。
娘は吹奏楽の演奏会。息子は卓球で県大会♪
親バカにとっては応援のし甲斐があります(^^;)
応援に行く⇒ビデオにとる⇒編集する⇒忙しい(笑)⇒植替えできない。
この悪循環に陥っています。
AMはクリロ3年苗の手入れ、PMは老人ホームでの演奏会。
まだ文化発表会での演奏の編集が終わっていません…
c0025140_2257599.jpg

先日の文化発表会の撮影はカミさんとの初のカメラ2台体制での撮影。
編集も同期編集方法が必要でした、どうやるの?ちょっと心配でしたが
2映像を同期をさせた後は、リップル編集機能を使うと
同期させたまま自在に編集が可能でした。同一場面の切り替えや、p-in/pが可能です。
ちょっと面倒ですが慣れたら問題ありませんでした。
ここまでするやつはかなり親バカだと思う(笑)
キャンディード、スターウォーズ、ヘビーローテーション、etc…素敵でした。

*******************

デロリアンの中で発芽した苗は、ほとんど外に出してしまいました。
今季は根腐れ回避のため少し早めに双葉植替えしていますが
植替え間に合わず順番待ちの渋滞中(^^;)
c0025140_22581228.jpg

早い時期に発芽していた子たちは、本葉が揃ってきたところです。
液肥と、カビやすい油粕で育苗中。
c0025140_22581963.jpg

デロリアンの庫内に残っているポットで、
まったく未発芽のポットは二つ残っています。
c0025140_22582627.jpg

と、思っていたのですがよく見ると2ポットともにうなじが見えて来ていました。
今季は未発芽100%の交配はなかった。
根腐れ交配はあったけど(^^;)
c0025140_22584157.jpg

デロリアン停止と思ったけれど、クレマ種が仕込んであるので
もう少し継続させることにしました。

今回RAM8Mコアi7パソコンのおかげで、ハイビジョンのレンダリング中の
ブログ操作はサクサクしている。
しかし、来週もまた演奏会があるので、プラグ苗の植替えは平日深夜に行わなければ…
クレマは夜盗虫事件が発生!
バラは変わった親株に出会って衝動買い!
書きたいことがたくさんあるのですが執筆が間に合わないです(^^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2011-11-07 00:31 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite