七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

実生クレマチス開花開始

こないだの記事のフォンドメモリーズ x 美佐世 の蕾。
一番大きいのにこれは未だ開く気配がなく(^^;)
c0025140_22392052.jpg

しかしフォンドメモリーズ x レッドスター の蕾は
蕾の付け根がほころび始めた。隙間からは有色の気配があります。
明日は咲き始めるかな。
c0025140_22392826.jpg

でも、昨日まで何も気配がなかったこの蕾が1番に咲きました。
2月15日ブログの一番左の蕾さん。
記念すべき実生一号の開花は2010年交配のフォンドメモリーズ x 美佐世
c0025140_22393564.jpg

白ベースの花のようです。
雄しべはダーク系。

実生の花の番号管理はどうしようか…
クリスマスローズと同じに、カテゴリー無視の連番4桁管理にすることにしました。
この花は0001番です。
9999までは死ぬまで使い切らないだろうから(笑)
クリスマスローズと同じく現場用の「クレマノート」を作らねば!
大地の場合、番号の付与には採番のためにも現場でのノートが必要です。

***********

同期の交配が開花したにもかかわらず、
一向に発芽しない2010年交配のサマンサデミー x レッドスター交配ポットを
ほじくって様子を見ることにしました。
c0025140_22394293.jpg

表土を取り除くと既に発根していて発芽のスタンバイokな状態。
c0025140_22395130.jpg

完全に取り出してみれば根は見事なもんです。
しかしそれでも発芽はしたくないらしい…(^^;)
c0025140_234737.jpg

彼らは20~25℃でこのまま管理しても発芽はしたくないらしい。
もう一度、低温期が必要なのかもしれません????

**********

もうだめだ、このままだと引き抜けなくなるので
植替えを決行することにしました。2011年交配の苗達。
c0025140_2239586.jpg

サンプルは美佐世セルフ。これは縦植えポット
c0025140_2240598.jpg

ここまで成長しているとポットモミモミ工法でも引き抜きが困難でした。
c0025140_22401185.jpg

これは同じく美佐世セルフの横植えポット。
横植えの弱点は未発芽苗まで一緒に抜けてしまうこと(^^;)
c0025140_22401820.jpg


植替え時の注意点がまだある。
乾燥した用土で植え替えて、水やりしないまま10分もしないうちに
しおれ始めた(笑)
クリスマスローズの苗でも同様の事が起きるが猶予時間がとても短い。
あわてて注水しました ベルオブウォーキング x ビルドリオン
c0025140_22402574.jpg

冷温庫マサオ1に戻した苗床はだいぶスッキリしました。
いったん18℃に下げてみます。
c0025140_22403317.jpg

植替え時の断水でしおれた苗も翌日は無事復旧。
c0025140_22404257.jpg

植え替えた苗は概ね1トレーになりました。
最近のクリロ部屋は10~20℃なのでなんとか紅葉しないで育ってほしい。
c0025140_22405133.jpg

どんな花になのか…早く咲いてこい!
[PR]
by nanami7kuri | 2012-02-27 23:45 | クレマチスの交配 | Comments(0)

蕾の外側

2011年交配はただいま25℃で管理中。
全32ポット中、発芽が早いグループを冷温庫マサオ1号機に集めました。
発芽してしまえば、もう勢いは止められません!
c0025140_2293680.jpg

でも順調ではありません。相変わらず発芽は均一ではない。

大事な事がもう一つ、
ほとんどの苗が丸葉だ…
一見聞こえが良いが、これは花弁の形とリンクしていない事を
現わしている可能性がある…

大事な事がまだある。
葉の色に個性がない…
これは花弁の色とリンクしていない事を現わしている可能性が高い。
紅葉と同じメカニズムでアントシアニンの発色が出るのなら
寒くならないと解らないかも…
しかし、暖かい時期に咲く花なので、そんなこと無関係かも。


そろそろ植替えを始めないと引き抜けなくなってしまう。
しかし戸外はまだまだ寒すぎる。
植え替えた場合はクリロラボでの電照栽培させるしかない。
外出しとのリレーが上手くつながるかが問題です。

2009、2010年交配の蕾は大きいもので3cmぐらいになってきた。
蕾の外側に濃い筋が入り始めた蕾がある。
フォンドメモリーズ x レッドスター の蕾。
c0025140_2294960.jpg

それからフォンドメモリーズ x 美佐世 の蕾。
c0025140_22103436.jpg

これって有色の花って事かな?
もうすぐ咲くだろうから気にしてもしょうがないか…
プラグ苗の時にわかるといいのにね。それはそれで夢がないか(^^;)

話は変わって、2010年交配で未だに発芽しないポットがある
サマンサデミー x レッドスター の交配。
c0025140_22105558.jpg

この種たちは既に同一交配の発芽済みがあるのでのもう諦める!
現在の早期発芽に仕掛けている種が全部発芽したら
約320苗にもなってしまうので到底育てきれない。
4月までに発芽しない種は捨てる覚悟で行こうと思う。

今冬に経験した栽培技術をフィードバックさせれば、
今発芽したばかりの苗は高い確率で来年の4月には開花可能だ!
交配から2年で開花するなら遺伝子のフィードバックが早いぞ。
F1で目的の花色は発現しないと思っていた方が無難だ。
遺伝子の血統が遡れるように管理を行う。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-02-25 02:00 | クレマチスの交配 | Comments(2)

デザイン5 遺伝子の追跡

ファッションのデザインは
思い描いたデザインを具現化させやすいと思う。
でも花のデザインは発想の具現化困難ですよね…遺伝子は気まぐれですから。

この花、No.896ピンクのLSD
どうみても単なるピンクのバイカラーに見えますが
c0025140_20292316.jpg

実は片親にDDリンゴが使われています。
母親No.466LSDピンクバイカラー
c0025140_20293920.jpg

父親No.429DDりんご
c0025140_203011.jpg

通常このように白と黄をクロスすると、生まれ来る子は
黄色に発現する可能性は非常に低い。
確かに896に黄色の気配はないです。

でも、896に黄色の遺伝子が入っていることを知っている大地は3年前
896にNo.856DDりんごをクロスした。
c0025140_2037380.jpg

最近、庭では初開花を迎える苗が急速に蕾を膨らませています。
そんな中、美味しそうな果実色の蕾を発見!
c0025140_20371499.jpg

タグには896x856と記載あり。なんだかSDっぽい。
交配管理してきてよかった!
大地は親株No.0001までさかのぼる事が可能です。
記録を残さなければならないわけではありません(^^;)
大地はルーツを辿るのが楽しいのでそうしています。
遺伝子は気まぐれですが、追跡は可能性を高めると再認識。

まあ今回は隠れた同系色を引き出すだけだったから
なんとか上手くいってくれたけど、
全く異なる形質のクロスで良いとこ取りは…神のみぞ知る(笑)
F1がNGでも夢は見続けよう。

この蕾は赤い!とっても艶々でしょ!
りんごの果実のような、とってもとっても期待される蕾。ついに来たか!
お前を待っていたぞ~
c0025140_20533287.jpg

でもSSでした(^^;)
親は538x929
なので当然の結果でもある。
ネクタリーが大きければもう一度…
とも思うところですが小さいなぁ(笑)
[PR]
by nanami7kuri | 2012-02-20 22:41 | クリスマスローズの交配 | Comments(13)

アジサイ2011年の実生の耐病性選別

アジサイのチビ苗の植替えを行いました。
今季の苗は平均的にうどん粉病の耐病性が高い。
八丈千鳥 x 十二単 のポットを分解するとこんな感じ。
c0025140_9345374.jpg

生育の良さ、葉の形、葉の模様で特徴のある子をピックアップしました。
葉の細さを特別に感じられない。
花弁形状とリンクしないのか? 十二単が超丸弁だからか?

今回ピコ目的交配がないので葉に覆輪ピコはない。
しかし紅葉のように先端ピコがある。どうなるのか気になる。
これらのピコは紅葉(葉としての役目が終了)だからだろうか
ピコ部分はうどん粉病にかかりやすい傾向を感じた。
確かに庭の親木も紅葉時にうどん粉病やベト病っぽいものにかかる。

アジサイは日本の風土に適した植物ですが、
さらに分化能力も旺盛なのでクリスマスローズのように分化の心配が不要だ!
根も新芽も次々に分化する。
c0025140_9345817.jpg

選別6株を目標にしていましたが、
あ、あ、…20株になりました(笑)
c0025140_935879.jpg

育て方もいろいろと試してみます。
10株はいつもの窓辺へ、
もう10株は24時間光合成にセットしました。
何か新しい発見があるかもしれない。
c0025140_9351423.jpg

[PR]
by nanami7kuri | 2012-02-19 09:36 | あじさいの交配 | Comments(2)

デザイン4

NHKの朝ドラ「カーネーション」に影響されている大地です。
先日は次女の涙につられ泣き(TT)
そして、いよいよ三女もデザインに覚醒するようです…

ファッションに例えると、これはゴシックだろうか!
色は十分だがダブルになりきれなかった花
c0025140_20311560.jpg

これはファッションに例えると、ロリータかな?
甘ったるいイメージ。ピンクフリルのメイドさん。
c0025140_20312157.jpg

フュージョンさせると、これはゴスロリか(^^;)
中途半端な花色でパンチが無いが、なんだか惹かれる。
c0025140_14759.jpg

グレーの世界はブロッチが定番ですが、この花は微妙な模様。
グレーにシャープなべインは嫌われるかもしれないが、
このボヤーとしたピンクのべインは面白い。
グロスブラックエッジがもっと太くしたい。

***********
花色の修正

こないだの蕾は外弁は内側にリップが差す。
内弁には今のところ差さないようで…目的は達成されないNGだ。
c0025140_20314882.jpg

最近は絞りの花色を可能な限り交配に使用しないようにして修正している。
デザインの方向は色気のある赤エッジ。

この花はフラッシュの失敗作。べインが出すぎる。
赤シベは想定外。
c0025140_20315946.jpg

雄しべに隠れないほどの大きなフラッシュが欲しい。
それでいてくどいべインにはなってほしくない。
この要求を満たすのは非常に困難で…(^^;)

非常にどぎついべイン。ここまで来るとケバイ。
しかしケバイ花も追及する必要があるはずだ。
c0025140_2032571.jpg

エンジ色の艶消しべインは色気を感じないが、
輝く艶赤のべインだったらどうだ?
きっと妖艶なエロ華やかな花に見えると思う。

園芸品種交配バカの大地は原種という言葉に興味はないが、渋い花は好きだ。
渋いワビサビの世界がある。
c0025140_2032147.jpg

しかしこの花の花色ではまだまだ不満だ。
正面のグリーンをもっと濃くした花を創りたい。フュージョンのネタはあるはずだ!
[PR]
by nanami7kuri | 2012-02-19 01:47 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

デザイン3

そう…
NHKの朝の連続テレビ小説カーネーションを見て思い出したのは
昔、大先輩から教わった言葉に
「花の欠点を見つけ出せ…」
「育種と営業は切り離せ…」
んん????
普通なら、花の長所を見つけ出してそこを育むべきではないのかなぁ、と
思っていたのですが、なんでそんなにマイナス思考なのだろうか…
真意は解らなかった???
切り離すって…どちらかに集中しろってことかな???

「デザイナーとしての志があるのなら、人のデザインのコピーで満足するな」
ガガーン(^^;)カーネーションの言葉でショックを受けた私は
デザイン…、デザイン…
でもテンションが最近上がらない。倦怠期なんです(笑)
満足できるテンションの上がる強烈な個性が無い…
あの言葉は 「満足するな」 という意味なのか?
そう考える思い当たることが…

考え方は立場で180°変わる。
とかく販売の立場の人は長所を前面に押し出す。付加価値を高める。
これは普通の姿であり、当然のことだと思います!
長所を並べると、なーんとなく満足してきてしまう。
次の夢を見なくなる。
修正のフィードバックを交配にしなくなる。

しかし育種をする人間は常に「不満」を持ち続けろ!
「短所を見つけろ」は、それを伝えたかったのかな…

不満があるから更なる挑戦をする、
不満があるから改良をする、
もしかすると大地が太る原因はこれか?(笑)
いやいや単なる不摂生だろうよ(^^;)
c0025140_21302574.jpg

久しぶりに咲いたDD黒817x712の交配。
黒は卒業と思っていましたが単色の濃さだけで満足するな。
模様はどうした?
グロスエッジ
グロスべイン
レッドフラッシュ
が形質として世の中に存在するではないか。
その追求・熟成をしなければそこで終わりだ。

パールエッジやレッドエッジもまだ咲いていないぞ、満足するな。
不満でテンション下げずに、不満でテンションを上げろ!
そう自分に言い聞かせて、夢をみよう(^^;)
形は悪いがグロスエッジが咲いてきたのでクロスする。
c0025140_2151189.jpg

とはいえ初めはコピーから始まる。
クロスしてさえも片親から50%づつ遺伝する。
しかし、逆に外部の血も積極的に取り入れるべきだ。
「オリジナルの花」に定義は特にない、志の問題だろう。
夢はポジティブに描いて
現物には厳しい評価をすることにしよう。
む、む、難しいぞぉ~(笑)

次回は修正の話を書いてみます。

*****************

面白い花を見つけました。
SDのリバーシブル
c0025140_2153592.jpg

今までネクタリーに特徴的な模様を宿すと想定していたのですが
シンプルな単色のネクタリーです。
LSDが生まれたらネクタリーに模様が載り豊かな表情になるのかも??

DD渋い蕾。緑系の特別な交配に引用したい。
c0025140_216038.jpg


この蕾は573 x 803
正面にリップを乗せたい目標の交配。
蕾は素敵だが正面リップはなさそうな…
c0025140_2161225.jpg


この蕾は882 x 803
同様に正面にリップを乗せたい目標の交配。
LSDにはなりませんでした。正面のリップは…
c0025140_2162153.jpg

薄そうです(^^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2012-02-15 22:32 | クリスマスローズの交配 | Comments(2)

クレマチス発芽は高温が好きなようだ

クレマチスの記事ばかり書くと
クリスマスローズの知り合いからは「止めてしまったのか?」と心配され(^^;)
そんなことはないですよ~
4種の花たちと真剣にお付き合いしています(笑)

発根の少し遅い種を蒔いたマサオ2号機の中は
c0025140_2263074.jpg

ボチボチ発芽してきました。
c0025140_2264159.jpg

発根の早い組のマサオ1号機の中は
c0025140_2264948.jpg

こちらもボチボチ発芽のままです。
均一に発芽とはいきませんね…
c0025140_2265863.jpg

でも、傾向的に発芽は高い温度の方が良いようです。
20℃で発根させて、20℃のままではなかなか発芽しなかってのですが
25℃にしたら急に発芽した…そんな手ごたえを感じました。
c0025140_227664.jpg

いずれにしても均一ではないですね。まだまだ課題がいっぱいだ。
最適化の道は遠い。

2009、2010年交配の苗たちは暴走しています。
絡み合いながら上に伸びていきます(笑)
嬉しいのは、あちこちに蕾をつけてくれています。20個以上あるのです(^^)
c0025140_2271686.jpg

でも、蕾はなかなか大きくはなりません。
蕾にはよほどパワーが必要なようで、
体力も、葉の面積も、用土も、日照も十分でないこの環境では時間がかかるようです。
c0025140_2272296.jpg

暖かい春が来たら早く戸外に出してやりたい。
でも、
植替えはどうしたらいいものか…
蔓を解くだけで一日がかりになりそうです(^^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2012-02-15 22:29 | クレマチスの交配 | Comments(0)

アジサイ。うどん粉病が今年は少ない

2011年交配のアジサイ実生苗はこんな感じです
今季の苗は圧倒的にうどん粉病が少ない。
確かに病気に強い親株の子供だからなのでしょう。
c0025140_2146365.jpg

↓いちばん生育が良いのは 八丈千鳥 x 十二単
c0025140_21464388.jpg

↓ピコ葉がやや多いのは 八丈千鳥 x ノーブル
c0025140_21465211.jpg

↓生育が遅く、ややうどん粉病が出ている シンデレラ x 十二単
c0025140_21465917.jpg

例年に比べ、うどん粉病が圧倒的に少ないが
弱い子も出てくる。
c0025140_2147829.jpg

週末には選別しよう。
今回は八重ガクが目標の種しか蒔いていない。期待が高い。
厳しく…厳しく…12本ぐらいしか残さないようにしないと。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-02-15 22:27 | あじさいの交配 | Comments(0)

デザイン2

NHKの朝の連続テレビ小説「カーネーション」を毎朝見ています。
親子でファッションデザイナーとなった小篠3姉妹の母親の生涯がモデルのドラマです。
現在ドラマの中では長女と次女がそれぞれデザイナーとしての自我に目覚め
お互いにライバル視してケンカばかりしています(^^;)

先日、姉妹げんかのシーンの中で心に刺さる場面があった
サンローランのデザインを真似た服をおしゃれに着こなす長女に対し、
自分の着たい服に出会えない次女いわく
「デザイナーとしての志があるのなら、人のデザインのコピーで満足するな」
と大喧嘩になるのでした。
(正確に覚えていないのですがそんな意味合いだったと…)
この言葉をクリスマスローズに置き換えたとき考えさせられました。
自分のオリジナルの花は創れたのか??
まだまだ私は他人のデザインのコピーの域を脱していない…
この壁を超えるには、まだ世の中に存在しない花色を創り出すしかない。
そんなのはちょっと無理では?
何年先になるのかな~(笑)夢を見なきゃ損ですよ!

そう!
この番組カーネーションを見て思い出した
昔、大先輩から教わったのは***************
これはまた別の記事で書こう。



こないだ変な形質に気が付いた。
以前にBlogで紹介した花。
外弁の背面は薄い色なのに、内弁の背面は濃い赤の花。
c0025140_056273.jpg

横にあるのは、その蕾です。
何か違和感がある…
c0025140_0561124.jpg

そう、
日光に当たっていたところは白く、
日光に当たっていなかった部分が赤いのです。
c0025140_0562095.jpg

紅葉の逆の現象。
この性質は何かに応用できないか?
LSDとか…?今のところ名案はないです(^^;)

ちょっと汚い蕾。
でも中が緑っぽいので期待しています。形は良さそうでしょ。
c0025140_0562838.jpg

ピコティ交配の蕾。
バイカラーになってしまうかも。それならまだ良いが…
花色が乗りすぎると単色になりそう(^^;)
c0025140_0563656.jpg

PDのアプリ。
蕾のうちから雌しべが出ている、オマセさん(笑)
c0025140_0564378.jpg

最近、会社からの帰りが遅いので眠い…(^^;)
時間が欲しい。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-02-10 01:17 | クリスマスローズの交配 | Comments(6)

クレマチスの早期発芽~発芽の温度

ベルオブウオーキング x ビルドリオンの葉が大きくなってきたが
2本以外は発芽してこない。
c0025140_214041.jpg

美佐世セルフの縦置き種は葉が大きくなってきたが
2本以外は発芽してこない。
c0025140_21482.jpg

美佐世セルフの横置き種は2つ発芽してきた。
c0025140_2141645.jpg

根を横置きにして蒔いても発芽に大きな影響は与えないのかもしれない。
ならば手抜きが出来るので種まきが楽だ。もう少し観察しよう。

しかし逆に言えば…
あれだけ長く根が伸びていた種を蒔いても、発芽してこない種が多いと言える。
そういわれてみると去年の経験では発根確認してから種まきしているのに
なかなか発芽しないものがあった!
クリスマスローズのように発根したら発芽するわけではないのかもしれない。
発根したくなる条件と、発芽したくなる条件は異なるのか?
それとも、ここにも彼らの多様性があるのか。
手強いやつらだな(^^;)
発根も発芽も急に来る。短い期間でも傾向を探れるかもしれない。


その他に3ポットが発芽してきた
マズリー x 美佐世
c0025140_2142613.jpg

ベルオブウオーキング x ウエスタプラッテ の横植え
c0025140_2143285.jpg

ベルオブウオーキング x ウエスタプラッテ の縦植え
c0025140_2144030.jpg

この結果からも縦植えと横植えの差は心配しなくてもよいのかもしれない。
まだサンプルが少ないのでもう少し観察しよう。

未だに発根しない交配もある。
美佐世 x ウエスタプラッテ 
c0025140_2144699.jpg

[PR]
by nanami7kuri | 2012-02-07 22:12 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite