七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

実生のその後。遮光しました。

いつも咲かない場所に紫のクレマチスが咲いた。
近年、この場所に紫の花を植えた記憶がありません。
c0025140_22194463.jpg

おそらく大昔に植えたジャックマニーが生き残っていたのだろう。
絶滅したと思われていた幻の花を再発見したぐらいに嬉しい。

針弁咲きのエンプレスもまた中心部は残る。何を意味するのか?
c0025140_22195494.jpg

星のフラメンコは今季全部で6花咲いた。
クロス交配の4花は結実しているが、セルフ交配の2花は結実しない。
c0025140_222022.jpg

単なる偶然か?来年も様子を見よう。

フロリダのクロス交配は果球が膨み始めた。
大昔の購入初年度もここまでは行ったが途中で立ち枯れた(^^;)
今季は採種まで行けるかな!
c0025140_2220105.jpg

フロリダのセルフ交配も果球が膨らんできた。
c0025140_22215420.jpg

5月5日から4℃の冷蔵庫で保管してきた花。
現在約3週間が経過。
c0025140_2222437.jpg

この花粉でフロリダにクロスをかけた。
機能するのだろうか楽しみです。
引き続き花粉は冷蔵庫で継続保管しますね。
c0025140_22221140.jpg

2010年交配の生育普通組は現在ジャングルです。
既に弱いものは淘汰されてしまいました。
うどん粉病に侵された葉はすでに枯れ落ち、その後の正常な葉で生育中です。
c0025140_22222270.jpg

蕾はまだ上がってくる。
次に咲くのはこの蕾だろう。大切に見届けたいです。
c0025140_22222721.jpg

下の写真↓ これも蕾だと思う。フロリダ系の葉を持つこの株は
フォンドメモリーズ x ベノサバイオレシア交配。
既にDD開花した実生クレマNo.0009の姉妹交配株です。
c0025140_22223917.jpg

このところの暖かさで2011年交配の発芽遅い実生も順調に芽を伸ばしてきた。
2011年の種は全て温度処理をしてしまったので、
通常の春の発芽率に比べた効果が体感できないのですが…どうなんだろ?
多蒔きのポット苗はうっかりすると根がほどけなくなるので
植替えを急がねば(^^;)
c0025140_22224557.jpg

冬に発芽して室内栽培した子は殆どがうどん粉病にかかる。
その子たちの殆どは既に新葉を展開させて乗り越えてくれました。
でも未だに新葉が出ない子もいる(-_-;)葉は真っ白。
この子を隔離はしない、他の株への伝染を止めたりもしない。
未だに病気予防処理は何もしていません。
自然に任せて見守ります、頑張れ負けるな!
c0025140_22225891.jpg

傾向的にウエスタプラッテの子は弱い。
クロス相手を変えると強くなれるだろうか?

既にうどん粉病を克服した子たちはこれ!
葉の面積が増えたので、成長の加速に期待しています。
ただし今後の直射日光は強すぎないか?心配です。
ナーセリー見学でけっこう多肥に耐える手応えを感じたので多肥にしましたー!
c0025140_2223936.jpg

先ほどの多蒔きポットからも
ポットモミモミ引っ張り法で苗を引き抜きました(笑)
植替えの適期などあまり考えないで実行します。
ただし植替え後は、念のため数日は明るい日陰で管理します。
c0025140_22232428.jpg

フォンドメモリーズなどのピコティは暖かくならないと発色しない。
なのでこの時期の苗の葉にピコティがあるものには、その特徴をタグに記載した。
花の模様と連動するかな?
どうせしないだろうなぁ(^^;)

今後、バラやアジサイ、クレマの苗にとって直射日光が強すぎる。
ちょっと早めにクリロラボのベランダは遮光を張った。
去年の台風で吹き飛んだ遮光ネットをなんとか修理して再利用です。
実生バラBBCT02が咲いています(^^)
c0025140_22233278.jpg

私が遮光を張ると天気が悪くなるジンクスがある(^^;)
神奈川県の天気が悪化したらきっと私のせいです(笑)
[PR]
by nanami7kuri | 2012-05-28 00:30 | クレマチスの交配 | Comments(2)

ナセリー見学

今日は年に一度の湘南クレマチスさんのオープン農場の日!
もりろん見学に行ってきました。
c0025140_20383997.jpg

今の私は現物のクレマを見ることに飢えております(^^;)
花色とか、花付とか、微妙なムードとか(なんじゃそれ)を感じたい!
撮影とupの許可をいただいて、解き放たれた野獣の大地(笑)
私の花の好みのと、一方的な価値観で記載しますのでご容赦くださ~い(^^)

まずはこの花。
ちゃんとした写真を撮れなくてすみません。
特に過激な個性ではないのですが、なぜかとても惹かれる「藤娘」
c0025140_203847100.jpg

私が生まれる前に作出された花だがとても素敵。
新しければ良いと言うわけではない。
古き良きものを知る必要がある。

この花は「レッドパール」鮮烈なレッド&クリムゾン。
画面では再現できない花色です。
開花につれ花色が薄れるが、退色の過程のグラデーションが美しい。
普通ではない花色です。私はグラデーションが大好きです(笑)
c0025140_20385420.jpg

レッドパールこのグラデーションをいつか活かしたい。
フォンドメモリーズや面白とクロスさせてみたい。

上の花に似てるけど、下の花は「バーバラ」
この花も不思議な花色。
c0025140_2039166.jpg

初めて見た衝撃の走る花「大河」
故宇田川さん作出の花。
c0025140_2039790.jpg

今までにない模様だ。
饅頭部分の花弁の先端のみクリーム色となる
クレマチスの進化はまだまだ続くのですね。希望の花だ。
c0025140_20391425.jpg

下の花は「オオナガレ」
安定していないが白い筋が入る場合がある。
クレマは剣弁も素敵だ。ERバラと合わせるなら剣弁が映える気がする。
c0025140_20392134.jpg

この「オオナガレ」は無限花序でした。
爆発的な花付の良さがある。
下の画像の中の水色の花は全てオオナガレである。
上から下まで株を覆い尽くす勢いがある。
この花なら我が家のつるERピンクバラに負けず吊り合うかも。
c0025140_20393055.jpg

下の花は「ピンクファンタジー」
我が家のつるERバラがピンクなのでどうしてもかぶってしまう。
c0025140_20393765.jpg

下の花も初めて見た「パンサー」の実物。
ラベルは青っぽいが実物は濃い紫です。
それにしてもなんとも個性的な雄しべだ。葯の部分だけが黄色いので花火のようです。
紫のシベはフロリダか?
雰囲気からするとインテの血が流れているのかな?
c0025140_20394465.jpg

下の花は「フレデリック ショパン」
この徹底的なフリルは美しい。
c0025140_20395076.jpg

この花の苗をハイソなオジサマが購入していた。
「花も素敵だが花の名前を知ったらもっと喜んでくれるはず」
彼曰くクラシック好きの友達にプレゼントするのだと言う。
ナイス!素敵な演出です(^^)

私がクレマから感じ取る「何か」は発展途上です。
夢や目標もすこしずつ輪郭が決まって、
現物を見ることで、より具体的に想像できるようになってくる。
この花のこの形質と、あの花のあの形質のフュージョン。
思い通りに行かないところが楽しくもありやりがいでもある(^^;)
着眼点も毎年変わる。
今年もたくさん勉強させていただきました。
ありがとうございます(^^)
[PR]
by nanami7kuri | 2012-05-26 22:40 | クレマチスの交配 | Comments(8)

クレマの形

会社帰りに実家に寄って苗に水やりをしに行ったんです。
煙草を吸おうとしたところライターを忘れていたので、
キッチンのコンロで火を付けたら…誤って前髪を燃やした(^^;)
チリチリ~だって。 会社に行けるかなぁ…(笑)


クレマチスの花の形ってとてもバリエーションがあって面白い。
私の今の好みは饅頭咲です。
当面の交配目標は饅頭のピコティです。

ようやく遅咲きのクレマに庭はバトンタッチされつつあります。
ベノサバイオレシアが咲き始めた。
古い花だが、いまでも最新花に劣らない。
多花性でフロリダ系の血も引くことから私は交配親に使用している。
c0025140_2382458.jpg

クレマの花の形には良くわからんところが多々ある。
クリロと同じく花びらに見えるものは、ガク弁だそうだ。
クリロには花弁が退化したネクタリーがあるが
クレマにはネクタリーさえない???
どこへ行ってしまったのだろう。


私の頭の中の感覚では、クレマの八重は大きく2分できる。

その一つのグループがAタイプ
キリテカナワ、レッドスター、ベルオブウオーキングなどのように
八重だけど雄しべ雌しべが存在するタイプ。
下の画像はキリテカナワの例です。
c0025140_2375379.jpg

このグループはガク弁が八重になったという事なのだろうか。


もう一つのグループはBタイプ
白万重、ジョセフィーヌ、紫子丸、彗星2号などのように
雄しべ雌しべもすべて弁化する八重のタイプ。
中心にシベがあるよりも、中心に饅頭が鎮座するこのタイプが私の萌えどころ。
今年、紫子丸を植え替えそびれて購入した鉢のまま育てていたらこんな花になった。
c0025140_2381134.jpg

ダブルではない普通のガク弁と
その上に花粉は出ないけど針弁化した雄しべがあり
さらにその中心には完全に弁化した雌しべがある。

私の交配目標は(好みは)Bタイプですが
生殖器の部分が全て弁化してしまっているので交配には使えない。
Aタイプの遺伝子を使用した交配からBタイプが咲く可能性は低いのだろうか?
そんなこと気にせず…運かも?
フロリダ系の交配だとBタイプの可能性は高いかも??
花の形を決定する遺伝子のABC理論は、この花には何でもありなのかな。
まだまだ経験が必要だ。


前髪(^^;)言われなければ解らないかな。
なんとか会社には出社しよう。

********5/25追記***********


上の写真の、弱に育ててしまった紫子丸の2番花が咲いた。
c0025140_22432934.jpg

えええええええ~
見た目はほとんどシングルです。
あれだけキッチリフルダブルで咲く紫子丸でさえも体力が無ければこうなるようです。
雄しべに花粉が出るか出ないかは微妙。

となると、体力不足で咲く実生の初花の選別は難しいと言える。
・雄しべに花粉が出ない、
・雄しべの一部が針弁化した
こういうサインは見逃してはならない、要注意だと言えるかもしれません。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-05-25 00:44 | クレマチスの交配 | Comments(2)

クレマチスの丘5月20日

今日はクレマチスの丘に行ってきました!
初めて第2東名を使用して沼津で下りたのですが、
まだまだ道路標識の整備が追い付いていません。
ICゲートを出ると一般道の行先を示す青い標識が無いのに、高速の緑の標識だけがある(^^;)

帰りもICゲートを通った後の標識案内不十分で、
東京/名古屋の分岐の手前に予告標識が無く
分岐の根本にようやく標識が出てくる始末…、ちょっと危険を感じます。
第2東名本道は快適で100km/hの速度は止まって感じる(笑)
c0025140_19323721.jpg

じじばば4人+犬を連れての老人会状態で行きました(^^;)
犬は入園できないので車中でお留守番。
私の影響で4人とも花は好きですがクレマは詳しくありません。
ドライブがてら私の趣味に付き合ってもらうとも言える(笑)
c0025140_19373311.jpg

早咲き大輪と、遅咲きの切り替わりのタイミングなのでどちらも中途半端な状態。
でも現物を見るたくさんの収穫がありました。
ソリダルノシチ
ベストウッシーズ
テクサ
レディキョウコ
ライラシナフロリバンダ
ピンクファンタジー
これらの現物を見ることが出来た。
これからの交配の方向性、親木選抜の参考になりました。
私の感性や好みで書くので適当に読み流してください(笑)
c0025140_1933416.jpg

暑くもなくちょうど良い晴天に恵まれました。
じじばばにも意外に喜んでもらえて嬉しいです。
綺麗と綺麗と花を覗き込んでくれます、でもなかなか前に進みません、かなり牛歩な…
c0025140_19331271.jpg

日陰の早咲きはダイナマイトな状態。やはりフェアリーブルーが好きです。
手前にある美術館はいつもは素通りなのですが、
じっくり見込んでなかなか進まない一行であった(^^;)
c0025140_19332088.jpg

クレマの庭に下りるとイスが並んでる?
あとで知ることになります。
早咲き大輪はほぼ終了。ちょっと残念かな。
c0025140_19332734.jpg

今日、意外なことに気が付いた。
この巨大なオベリスクは日当たりガンガンな部分にありますが。
公園全体を見渡すとクレマは意外に木陰になる部分に植えてある!
c0025140_1933358.jpg

ソリダルノシチを発見! 現物は初めて見る。
赤花を購入するときに必ず候補に挙がる名花です。
c0025140_19334339.jpg

美佐世と同じぐらいの矮性。
花弁が丈夫なのか?花が終わっていても花弁が水平を保つ。
c0025140_19335210.jpg

花色は魅力的な素敵な赤ですが、
星のフラメンコ、ウエスタプラッテと大差はない気がします。

タグがないのですが、おそらくHFヤングさんでしょう。
株一面を覆い尽くす物凄い花です。たしかにウオール仕立てに向いている。
c0025140_19402313.jpg

会社通勤の途中でもHFヤングと思われる花はあちこちの庭で見かける。
みな大株に成長していて丈夫であることも推測される。
花色は平凡だが大輪にして花数多数であり庭での存在感は圧倒的。
小輪を鉢で愛でるのも楽しいが、対極の庭の演出の方向性も大切だ。

ライラシナフロリバンダの現物!
青ピコと言うよりも、白筋のイメージです。
白筋の濃淡は花ごとに個性があり安定ではない。
ダニエルディロンダよりも青的ピコに見える。
c0025140_19403521.jpg

白花のなかで最もお気に入りなのがジリアンブレイズさん。
中心の淡緑が私のフェチです(^^;)ほど良い剣弁フリルがたまりません。
c0025140_19404656.jpg

これも初めて見た。ベストウイッシーズさんを3枚。
たしかにフロリダ系の感じ。ミストな筋が特徴的。
c0025140_19405761.jpg

薄墨とテクサの中間イメージです。
c0025140_19411926.jpg

シベにフロリダを感じる。フォンドメモリーズに似た美しいシベだ。
c0025140_19413059.jpg

あっ!
先ほどのイス。
金子さんのガーデンツアーであった!(^^)!
c0025140_19414161.jpg

ごあいさつだけでも…と、思ったのですが、
仕事中でもあるのでご迷惑をかけてはいけません(^^;)ぜひ次回に。

クレマは意外と明るい木陰が良いのか? 絶好調に咲いている。
c0025140_19415488.jpg

過去に枯らしたジリアンブレイズはバラの陰になりすぎてに負けたのか?
クレマの気持ちを少しずつ理解してゆこう。

下草シルバータイムとの記載が!
今日の大地はじじばばを連れてのシルバータイムである(笑)
c0025140_1942517.jpg

休憩のカフェラウンジでは、
いつもの素敵なガラス花瓶のオブジェにクレマの一輪差し
c0025140_19421695.jpg

透明なガラスと、透き通るクレマ  ほっとする瞬間です。
とっても癒されるおもてなし(^^)

最後の階段はじじばばにはきついようです(^^;)
階段の両側のクリスマスローズの植栽は素敵な演出だ。
宝くじが当たったら、この上にあるレストラン「プリマヴェーラ」に入ってみたい!
c0025140_19442974.jpg

プリマヴェーラの側面にはジョセフィーヌさんが咲いている。
何度見ても大地好みです。
欲しいのですがエンプレスがあるので我慢しています(^^;)
c0025140_19444257.jpg


プリマヴェーラの入り口にはウオール仕立てのスパニッシュビューティ(バラ)が
圧倒的な存在感で来る人を引き付ける。
誰もがこの場所で記念撮影をしていました。
バラ園によくあるパイプによるアーチ仕立てとは次元がちがう。
c0025140_2005216.jpg

品種を確認してこなかったが奥には見事な黄色バラのウオール仕立て。
c0025140_194553.jpg

園を出たところの売店でも発見は続く。
レディキョウコの現物を初めて見た。
c0025140_19451733.jpg

一鉢¥5200と非常に高価な花である。3鉢が販売されていた。
でもクリロを思えば高くは無い。よし買いだ…と、
c0025140_19452834.jpg

と、心にGoを出してから品定めしているうちに
考えが変わって…「この花を超える花を交配目標にする」 ことにした。
c0025140_19453929.jpg

黄色のクレマの現物も初めて見た!
何じゃこれは。とても黄色い。
クリスマスローズのゴールドよりも遥に濃い。
とは言え、この花色の平咲園芸品種が誕生するのは何年先になることか(^^;)
c0025140_19455732.jpg

c0025140_19461276.jpg

多花性の個性で秀でているピンクファンタジーを発見。
意外に少しリトルマーメイドっぽい色合いなのです?肥料のせいかな…
ほんのりしたイメージの花色です。
c0025140_19462290.jpg

最後に駿河のクレマチスさんの直売所にも寄らせていただきました。

******

今回、レディキョウコ、テクサなどの個性的な苗の販売に出会えたが
迷って迷って我慢した。
同じものを後日、またいつか入手できる可能性が高いので我慢できる(^^;)
このへんがクリロの世界と異なる平和なところ(笑)

今回、連れ帰った花は意外にこれ!
「雪小町」と言う品種。
遅咲き、中輪、花付が良いJM系。
c0025140_201757.jpg

イワンオルソンと美佐世の中間の極淡いラベンダー覆輪に
中心が淡いグリーンの筋が入る。グリーン筋フェチにはたまらん一品です。
c0025140_2012016.jpg

非常に清楚な美しさがある。
自分でも意外な花を連れ帰りました。
通販の画像や、本ではパッとしない写真で紹介されているので
一般には認知度が低いかもしれない。


帰路の干物屋さんで発見しました。
その昔、浄蓮の滝で食べ損ねたソフトクリームを再発見。
c0025140_201483.jpg

ほんのりワサビの味がしました。
意外に美味しい(笑)
c0025140_2015771.jpg

次回またクレマチスの丘にうかがう予定です。
JM系の花の良さをもう一度見定めようと思います。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-05-20 23:33 | クレマチスの交配 | Comments(6)

実生クレマNo.0015開花

早咲きクレマの開花もほぼ終わり、遅咲きにバトンタッチ
テッセンやベノサが咲き始めました。

まずは実生クレマチスNo.0015
フォンドメモリーズ x ダニエルディロンダ
明るい青地に紫の筋が入る。まだまだですね。
c0025140_21154620.jpg

新しく開花する実生の蕾はまだあるので夢を楽しめそうです(^^)

こないだ購入したフロリダの開花株は爆咲き中です。
無限花序の性質は凄いです。まだまだ蕾を量産中です。
c0025140_21154394.jpg
c0025140_21161219.jpg

同じく無限花序のテッセンも、これでもかと言うほど蕾を量産中。
全部で4株が庭に植わっています。
c0025140_2116548.jpg

南面のテッセンは開花開始。立ち枯れするなよ~(^^;)
c0025140_21163580.jpg

この花はバラのカクテル。
コルヌスコントラバーサバリエガータに寄り沿わせて枝垂れ仕立てです!
日照の環境はあまり良くない場所ですが、ここは逆にテッセン向きなのかもしれない。
c0025140_21162588.jpg

アラナーさんは今季は花粉をやや出ししてきましたが、
c0025140_2117983.jpg

その後、後半は花粉を出さない。
花粉を使うなら開花初期の雄しべで行きましょう。
c0025140_2117127.jpg

フォンドメモリーズはピコティなのでお気に入りです。
c0025140_211735100.jpg

特にシベが美しい。このグラデーションの渦に引き込まれる。
c0025140_21174512.jpg

この花は実は紫子丸さん。
世話をサボっていたら針弁調になってしまった(^^;)
c0025140_21181798.jpg

初期に開花していた星のフラメンコさんは果球が大きくなり始めています。
でもまだまだ安心はできません。
去年は台風などでふっ飛ばされたり…(^^;)何が起きるか解りません。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-05-19 22:34 | クレマチスの交配 | Comments(0)

アジサイ買ってしまった…(^^;)

密かにアジサイのシーズンもそろそろ始まります。
私の浮気はまだまだ続くのである!
母の日の直前はアジサイがお花屋さんにたくさん並んでいて…
先日はアジサイに浮気(^^;) 誘惑に負けてしまいました。
c0025140_19365222.jpg

そうなんです、買ってしまいましたアジサイ。
賀茂さん作出の「雨に唄えば」です。
こんぺいとう、ティンカーベル、ピーターパンに隠れて あまり注目していませんでした。
通販のページでもあまりパッとしてない写真(^^;)でも…
c0025140_1937136.jpg

でも、現物は非常に可愛らしかったのだ(^^)
通販ページの紹介にあるように、小輪で花弁数が多いです。
花数は少ないのですが隅田の花火のように花の茎が長く
花が空中に浮いているような姿で咲きます。
覆輪というよりも淡いグラデーション。
c0025140_19371512.jpg

今のところ奇跡の雄しべは確認できず。
今季は交配相手がいない(^^;)
それにしてもアジサイは素敵だ!

私の実生アジサイもボチボチ蕾が確認できるようになってきました。
初開花のダンスパーティ x ノーブル
c0025140_19372340.jpg

早く見たいのです。ワクワクします。
予定では私の好きなガク八重の花が咲くはずなんですが…
[PR]
by nanami7kuri | 2012-05-19 21:11 | あじさいの交配 | Comments(0)

クレマチス展示会

麻溝公園のクレマチスフェアに行ってきました。
肌寒い朝でしたが、とても爽やかな晴天に恵まれました!
c0025140_21215996.jpg

オープン前の広場。
静かなようですが出店されている方たちがあわただしく準備中です。
あのラッピングカーも来ていましたよ。素敵なデザインです。
c0025140_21223779.jpg

オープン前に品定め!
同じ品物が複数あるのでクリロのように焦る必要はありません(笑)
平和だぁ、それでも獲物を前にするとドキドキします。

と…のんびりしていると。
いつものマニアックなメンバー方々に再会!
そのままディープな話題に突入していったのでした。
気が付けば2時間以上も立ち話してしまい、日焼けでヒリヒリに…(笑)
楽しい時間はあっという間に過ぎてゆきます。勉強にもなりました。

そして実物を見ることも大切だ。
これは面白。
面白はピンクピコ。フォンドメモリーズは紫ピコ。
c0025140_21224146.jpg

チャリッシマと言う花。
良く見ると花弁元は糸ピコティーです。
c0025140_21225646.jpg

実生クレマチス0010(フォンドメモリーズ x ダニエルディロンダの交配)にも
花弁元は糸ピコティーの模様がある。
特別な個性になるのかなと思っていたがそうではないらしい(^^;)

ビビッ! と来たのは、弥一さん。
青丸だ。
いつか庭に植えたい一品だ。
c0025140_212395.jpg

写真に撮り忘れましたが…、
針弁好きの僕にはフェアリーブルーがやはり好き。

新しければ良いというわけでもない。
今回連れ帰ったのはこの4人。
昔、枯らしてしまったジリアンブレイズ。
何処が素敵に感じるかと言うと、緑の筋に色気を感じる。
彗星2号を枯らしてしまったのでマルチブルーを連れ帰り…
c0025140_21232110.jpg

目を引く星のフラメンコは庭にもう一本追加したいとおもっていたので!
これなんだろ、パンサーという子。青シベは本当か?衝動買いです(笑)
c0025140_21232788.jpg

その他にフロリダの開花大株を購入。
無限花序の中輪クリームのタイプです。
立ち枯れに備えるべく2株体制で進めます。
まずはフロリダ x 千島ハンショウヅル
c0025140_21234047.jpg

今日もこれから交配です(笑)

来週はクレ丘に行ってきます!
[PR]
by nanami7kuri | 2012-05-16 00:11 | クレマチスの交配 | Comments(2)

フロリダとの再会です

先週は今年の冬に咲いた実生のプレ選別を行いました。
実生クレマチス0009
(2010年交配 フォンドメモリーズ x ベノサバイオレシア)は、
初のDD開花なので残そうかと思って作業していたら…
誤って開花枝を切ってしまった(^^;)
c0025140_22343942.jpg

庭ではプリバルチカが開花中。
美佐世とは異なり淡いラベンダーのピコティ
c0025140_22345036.jpg

美佐世にはないパールの輝きがある。
c0025140_22345733.jpg

シベのグラデーションも美しい。
フォンドにはかなわないが銀河系のようなイメージだ、
c0025140_2235784.jpg

ピコティの花、フォンドメモリーズが咲き始めた。
私の交配はいい加減なので(^^;)雄しべを半分除去する程度。
花粉親に迎えたのは…この花。
c0025140_22351345.jpg

この花、ビルドリオン。
去年と同じ交配ですが、赤ピコティ作出目的の最も期待する交配だ。
高コントラストの太いピコティの作出も目標の一つ。ライフワークなのである。
c0025140_22352473.jpg

アラナーが開花した。
シベに特徴のある赤花である。お気に入りの赤です。
c0025140_22353067.jpg

観察していたら驚いた。あれっ~
去年は全く花粉が出なかったのに今季は普通に花粉が出てます(^^;)
c0025140_22353943.jpg


***********
そして本題のフロリダさんの話題です。
室内栽培に切り替え、ギラギラ直射日光の照射を激減させたら調子が良い。
現在、確実に認識出来る蕾は12個 !(^^)!
c0025140_22354546.jpg

何年ぶりの開花だろうか…本日、久しぶりに再会しました(笑)
クリロラボは日中28℃にも上昇するが立ち枯れる事は無い。
立ち枯れの原因は温度差では無いようだ。
c0025140_22355457.jpg

さっそく交配しました。
雄しべも雌しべも真っ黒です。
私が交配にフロリダを使う目的は…、この黒シベにある!
フロリダの花粉は何に使おう。
c0025140_22355983.jpg

フロリダの花粉は、フロリダ系以外の花とのクロスを優先させる。
アラナー x フロリダ
レッドスター x フロリダ
ビルドリオン x フロリダ
の交配を実施した。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-05-12 23:25 | クレマチスの交配 | Comments(4)

クレマチスの季節

記事をupしようと写真を撮りためているうちに
次から次へと開花して…もう間に合いませんね(^^;)
GWの頃の写真をupします(笑)

2011年交配の温度処理種の発芽遅い組。
これもそろそろ植替えなければ…ポットから抜けなくなる。
c0025140_2037579.jpg

伸びた子だけを抜き取って植替えた。
ここでまた問題が、どれもこれも開花が見たい。捨てられない(笑)

冬から春にかけて室内で開花した2010年交配を分析すると
全て母親がフォンドメモリーズである。
逆にみると母がフォンドメモリーズならば父は選ばず成長が早い。
母親ウエスタプラッテの苗は弱くて未だに6cmポットに入っている始末。
親によって変わるから経験積むしかないですね!
これは2010年交配の秋に発芽した生育遅い組。これも植替えました。
c0025140_20371312.jpg

植替えついでにインベントリーしてみると、
フォンドxベノサがまだまだあるので楽しみです。

あっ、追加の写真がないのですが現在室内のフロリダは蕾が11個あります。
どう料理しようか?思案中です。
晴れの日のクリロラボは28℃にもなっていましたが今のところ立ち枯れません。
温度によるものではないようです。

ピコティ遺伝子源として期待しているビルドリオンさん。
花粉は出るのですが量が少ないので、交配作業は苦労します。
c0025140_20372181.jpg

先日購入したニオベさん、さすがJM系なので花数が多いです。
この花は赤というよりワインレッド。
この花もPCの画面では花色が再現で来ていませんね(^^;)
c0025140_20372849.jpg

初めて八重で開花したダニエルディロンダは
3日長雨の後の晴天で…
c0025140_20373672.jpg

立ち枯れました(^^;)
c0025140_20375776.jpg

夕方には復帰したけど花弁は傷んで台無しになってしまいました。

ベルオブウオーキングも開花中。
芽吹きは早かったのに開花は遅い(^^;)
c0025140_20381074.jpg

こちらは天塩さん。花弁数が少ない、小輪の八重。
八重ではあるが花数はおおい特徴がある。花弁がよれることは無い。
花粉が出るのもうれしいです。
c0025140_20382093.jpg

c0025140_2038283.jpg

株の奥で見えないところで咲いていた花を発見した。
もったいないから交配しよう。雄しべを除去して、どうせならと…
c0025140_20383342.jpg

この千島ハンショウズルさんをクロス。
去年と異なる冒険も少しは仕掛けておこうとおもう。
c0025140_20384112.jpg


相変わらず君は素敵だ、美佐世さん。
非常にワイ性。
ピコにコントラストは無いが、この淡いグラデーションは美しい。
c0025140_20384786.jpg


実生アジサイにも蕾が見え始めました。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-05-11 21:10 | クレマチスの交配 | Comments(0)

雨の日は、作戦を練る。

せっかくのGWなのに、もう3日も雨が続いている。しかも大雨です。
ガーデニングは何も出来ずにもやもやと欲求不満がたまる(^^;)
やることがないので久しぶりにクリロラボラトリーを掃除した!
あまりにも汚い、散らかっていた。
何年振りだろうか(笑)3年ぶりぐらいかな~
住める完成度なのに土間と化しています(^^;)

雨が続くとクリロは灰カビ病が心配だ。
種を宿した大切な花茎がバタバタ倒れる…
さっそく何本か倒れています。期待の交配だったのにもったいない(^^;)
c0025140_1338132.jpg

野生のランが咲いています。
父が弟からもらったもので良い香りがしています。
野生同様に空中に吊るして育てています。
c0025140_1338630.jpg

春の実生クレマの開花はこれが最後になるのかな?
実生クレマチスNo.0014 フォンドメモリーズ x レッドスター
c0025140_13382999.jpg

花弁の先っぽが緑なのはたまたまだろう。体力が付けば消えるかな…
花弁はピンクのピコティーになってるけど安定するやら?
花弁の1枚は先割れコウモリ型だ、これも安定しないよね(笑)
雄しべが針弁化しているのが3本ある。
何もかも全ての特徴が中途半端で…(^^;)
体力の無い初花から、体力が付いた安定後の花を見抜く能力は
まだ僕には乏しい。経験を積む必要がある。
体力が付いた花を見たい。

週末、キリテカナワの蕾がしおれていたが復活しない。立ち枯れかな(^^;)
そうそう今日、偶然テレビをつけたら趣味の園芸でクレマしていました。
金子さんの解説は楽しいですね!
c0025140_13382076.jpg

その中で興味のある話題が、クレマは基本的に日光が好きだが
明るい半日陰でもテッセンは育つとのこと。
林の中などの半日陰が最適なのかもしれない?
フロリダ系によくある「雨の翌日の晴天で立ち枯れる」のは
日照が強すぎると自ら葉を減らそうとする行動のようにも感じる。
我が家では鉢でも地植えでも立ち枯れる。
彼らの立ち枯れは天候と直結しているので、病気というよりは生理現象なのかも??
とりあえず今年はそのまま室内窓辺でフロリダを育ててみる。

********

レッドスターの2番花。
んん?花弁数が少ないぞい(^^;)ダブルとは言いにくい花になった。
この花の花粉を使用しているので遺伝子的には同じであることを願う。
c0025140_13384286.jpg

ダッチェスの血のせいか花弁が暴れるので交配には覚悟が必要だ。

逆に、ダニエルディロンダがようやう八重で咲いてくれた。
でも綺麗にビシッとした花になるためには体力的に難しい。
この花は大きすぎる。インパクトはあるが花数が増えない…(^^;)
c0025140_1338334.jpg

クリロのSDくずれと似ていて、中途半端な八重は見た目に損をしている。
私は饅頭のような八重か、針弁の八重が好きです。
この花はエンプレスの体力十分な花!饅頭になります(^^)
c0025140_13385698.jpg

こっちも同じエンプレスですが針弁になります。
一株で2度美味しいアーモンドグリコのような花だ。
c0025140_13384637.jpg


星のフラメンコの別の茎では太弁で咲いてくれた。
満州黄とグレイブタイの良いとこ取りで完成度が高い。
c0025140_1339952.jpg

濃赤の花弁に黄シベが映える。
また満州黄ゆずりの雄シベがヨレずに形が良い。
クレマの交配ではシベの美しさも追求してゆきたいと思っているので
シベが気になる。
美しいシベとは何だろう?
今日は雨の中、獲物をむさぼりに園芸店巡りをしてみましたが
サンセットのシベも形が良かった。白王冠のシベの形もよかった。

シベの形はNGですが、連れ帰ったのは今更ですがニオベさん。
母の日のプレゼントではなく自分用(笑)あははは
昔、植わっていたのですが絶えてしまったのでリベンジ。
JM系の多花性に期待しています。星のフラメンコとのクロスも楽しみ。
c0025140_13385946.jpg

赤ピコティのビルドリオンさんは今年たくさん咲きそうです。
ちょうどベルオブが開花してくるのでタイミングは合いそうです。
でも去年と異なる交配もしておかねば…
c0025140_13392119.jpg

美佐世さんは毎回コンパクトな場所で咲いてきます。
何回見てもこの花は綺麗だ清楚だ。
雄しべの形が整わないのが玉にきず(^^;)
c0025140_13391564.jpg

美佐世に似てるけど、ややパールラベンダーな花、プリバルチカ。
c0025140_13394086.jpg

これも美佐世に似ているけど、更に淡い青ピコとなるイワンオルソン。
が…。食われた(-_-;)
大事なシベを食いおった!
さらに犯人はウンコまで残して行きおった…むむむ
c0025140_13393234.jpg

たぶん夜盗虫と思われ…
まいったなぁ。

今年は6/10クレ丘ガーデンツアーの予約が取れた!
画像ではなく実物を見ていろいろ考えたいと思っています。
頭を整理して交配プランも練っておこう。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-05-03 21:21 | クレマチスの交配 | Comments(8)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite