七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

実生クレマチスNo.0018開花

眠い(-_-;)うううう 眠い。

実生クレマチスNo.0018 が開花しました。
フォンドメモリーズ x 美佐世 の交配です。
6/21の記事の下から3番目の蕾が開花しました。
c0025140_15582688.jpg

テッセン系を思わせるオフホワイト。色はどこかに行ってしまった(笑)
しいて言えばウルトラ剣弁なのが個性かな。

実生No.0009といい、0017といい、この0018といい
このオフホワイト的な花の、色の遺伝子には何か極端な性質を感じる。
色の遺伝子は複雑で多数あるので、交雑すると
人間には「混ざる」よに感じるのが普通だが、このオフホワイトは何か違う。
いろいろな色の遺伝子をスイッチに例えるなら、このオフホワイトは、
まるで根元にあるブレーカーみたいな大きなスイッチのように感じる。
気のせいかもしれないけど(^^;)
経験と観察と経験と観察と…長い時間を経ていつかいろいろ解る日が来るだろう。
理論と経験は別物だ。


ガーデニングに、「こうしなければならない!」は、無い。
私が交配する目的は「新しい個性の花を創りたいから」です。
挿し木で繁殖可能な植物の実生は、親株が店頭で売られているようなものなので、
交配すればボチボチ良い花が咲く。けっこう楽しいです!
しかし、それは既存の流通品種と似たレベルの花が多い。
逆の言い方をするとなかなか既存の流通品種を超えられない。
私もまだそのレベルです(^^;)新しい個性が欲しい!

********************

種の行方もいろいろです。
実るもの、実らないもの、嵐で飛ばされるもの(^^;)採種までもう少しの辛抱だ。

この枯れてしまったのは、フォンドメモリーズ x ビルドリオン の交配
ビルドリオンを使用した交配は結実率が非常に悪いです。
c0025140_15583118.jpg

下の写真はビルドリオンの果球です。球になっていない(笑)3粒ぐらいしかない。
c0025140_15584130.jpg

下の写真はレッドスターの果球です。これは順調かな!
c0025140_15584553.jpg


2011年交配の苗はこんな感じ。
うどん粉病に負けない苗の中から、生育が良好なものだけ植え替えた。
タグには 「 耐うどんこ 」 と記入した。
現在7.5cmロングポット。
c0025140_15585685.jpg

クレマ苗の根もまた葉の面積に概ね比例する。
蔓が長いが葉が小さい苗よりも、
蔓が伸びていなくとも大きな葉をもつ苗のほうが根の成長が良いです。

フロリダ(一重のテッセン)の果球は順調に肥大中。
今季はずーっと直射日光を当てずに明るい日陰で管理してます。
c0025140_1559110.jpg

テッセンの交配は根気が必要です。たいてい結実できません。
ダメもとで楽しんでいるのでショックは少ないです(笑)
私にとっては交配している時間そのものが楽しいひと時です。夢がある!
c0025140_15591160.jpg

でも希に、期待したくなる子房も出る!
これはテッセン x 美佐世 の交配。ちょっと子房が肥大したかも(^^)v
c0025140_15591551.jpg

美佐世の青ピコに、ダークな花芯のセミダブルが咲いたら最高です!
でも、どちらかと言えば実生No.0018に似た花が咲く可能性が高い(^^;)

クリスマスローズの世界は実生で品種を保つ難しさがある。
一方、挿し木で繁殖可能な植物の実生には、越えなければならない高い壁がある。
今季、流通品種の現物をいろいろと見れば見るほど
自分の実生にはまだまだ個性を感じられない。
そこはポジティブに考えて目標は高く持ちましょうよ。 
簡単に達成出来てはつまらないだろ!
ライフワークとして考えれば一生楽しめる素敵な趣味だと思うよ~

大河、カシス、ジョセフィーヌに並ぶ花を創りたい(^^;)
100年後に 「あの花は古き良き花だ…」 と言ってもらえる花を目指す!
流行にとらわれない普遍的な美しさと、強さ、個性、を兼ね備えなければならない。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-06-27 00:30 | クレマチスの交配

奇跡の雄しべ  剣の舞

山アジサイの中で一番お気に入りなのが剣の舞です
鉢で育てていますがだいぶ大株に育ちました、特に今年は花が沢山つきました。
c0025140_20122537.jpg

青の八重ガクです。しかも楕円弁。
c0025140_20123216.jpg

わたしのストライクゾーンのど真ん中な花です(笑)。
c0025140_2012381.jpg

毎年、雌しべが脱落してしまう。八重なので雄しべは無い。
なので今まで交配には活かされていませんでした。
今年の目標の一つに山アジサイを使う!
と言うのがありましたが仕事のドタバタで戦意喪失(^^;)

ほぼ花も終わってしまい、そろそろ緑色になりつつある今日この頃。
いまさらですが、ミュージカルの雄しべが取れたので
剣の舞と交配できるかな~と、覗いたら
c0025140_2012452.jpg

意外に雌しべが充実している!
しかも、良く見れば雄しべの残骸があるではないか。
しかも多量にある。
残骸というよりも、まだ使えないか? 希望は捨てるな。
c0025140_20125177.jpg

なんとか探した、一番新鮮なのがこれ。
c0025140_20125841.jpg

現在、熟していた八丈千鳥の雌しべにはダンスパーティを交配してしまった。
今季はとりあえずミュージカルと交配した。

うかつでした。
剣の舞も大株になれば生殖能力を持つようです。
来年は八丈千鳥にも交配させようと思う。

いつの日か、
八丈千鳥 x 剣の舞 の花を見たい。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-06-23 20:57 | あじさいの交配 | Comments(6)

奇跡の雄しべ  ダンスパーティー

まだ仕事に追われているので手短に書きます。
来週はぼちぼち出張してきます。

実家の地植えのダンスパーティを観察していたら
ついに発見、奇跡の雄しべです。
通常、八重の花には雄しべがありません。
我が家の鉢植えダンスパーティでは一度も雄しべが出たことはありません。
しかし地植えにして体力が付くと、数千の両性花の中からまれに雄しべが出るのです!

この花の中に雄しべを発見!
c0025140_19504322.jpg

何処かと言うとこれです、写真の真ん中です。
c0025140_19505247.jpg

ほら、これ!(^^)!
初めて見ました、ダンスパーティの雄しべです。
c0025140_19505980.jpg

全部で3本を発見。出るときは出るのですね。
c0025140_1951622.jpg

とりあえず、八丈千鳥と交配します。
c0025140_19511372.jpg

[PR]
by nanami7kuri | 2012-06-23 20:02 | あじさいの交配 | Comments(0)

アジサイも縮小

梅雨ですね…はっきりしない天気が続いています。
でも例年に比べると台風も来たり、晴れ間もあったり変化が激しい(笑)

さて梅雨といえばアジサイの季節です!
今年はたくさんの実生が咲いてきて…と、書けると思っていたらダメでした(-_-;)
何かが足りないらしく今年もほとんどが咲かない。
今咲いている実生を紹介しますね!

実生アジサイNo.002
ダンスパーティ x ノーブルの交配
八重のガクになりました、でも花弁が整わないです…傷んでいる感じ?
今季、鉢管理のすべての花が傷んでいる感じです(^^;)なんで?
c0025140_16492775.jpg

実生アジサイNo.003
八丈千鳥 x 夏まつり タグには非ピコと書いてある。若葉がピコでなかった株だ。
ガクにはなったが、シングルのようですね…
しかも花弁が整わないような(^^;)遺伝はガクが優性かな?
c0025140_16501433.jpg

実生アジサイNo.004
ダンスパーティ x ノーブルの交配
八重のガクになりました。両親の中間の花色です。中途半端とも言う。
c0025140_16494944.jpg

ほほえましいのは、父譲りの青絞り模様があるんです(笑)
c0025140_16503436.jpg

実生で咲いているのはたったの3株。
育て方に何かが足りない。12cmロングではダメかな(^^;)
ビーナインとかしなきゃだめだろうか。
アジサイの苗は大きいのでもう置ききれません。


去年植えた実家のダンスパーティは何らかのホルモンンの作用だろうか
去年秋まで蕾が上がり続けた、そして今季も絶好調。
おまけに花色もいきいきしたピンク色を維持しています。
c0025140_1650222.jpg

c0025140_16505071.jpg

それに比べ我が家の地植えは、なぜか藤色(笑)酸性が強いのかな。
c0025140_16502050.jpg

下の花は小町です。
酸性なら小町はより青くなるかと思いきや、そうでもない(^^;)
おまけに日焼けしてしまう。
c0025140_1651729.jpg

ノーブルも日焼けしやすいが、部屋で一輪挿しにしておくといつまでも美しい。
透き通るイメージの水色がいつまでも優しい。
c0025140_16503681.jpg

地植えは病気知らずで、放置栽培が簡単だ。
でも地植えは色のコントロールが難しいですね(^^;)

そんな時、白のアジサイは地植えでも無敵だ(笑)色に影響が出ない。
この花はウエディングドレス。装飾花も白、両性花も白。
名前の通りに純白な花です。安定して美しい。
背が高いので庭の奥に植えると良いです。
c0025140_16511868.jpg

こちらは、ミュージカル。
装飾花も白、両性花は青。装飾花は僅かに青のピコティなんです。
ワイ性なので庭では手前が良い。でも花付がイマイチかなぁ(^^;)
c0025140_16513260.jpg

写真に撮り忘れてしまいましたが、
同じく八重ガク白の、鉢植えのシンデレラが調子悪い。
今季の鉢植えはみな花弁が傷んでいる。なんでだろう??
管理が苦手な人間は地植えが一番だよなぁ(^^;)
交配を考えると鉢植えの方が管理が便利なのですが、
大きくなる園芸種の花は地植えが向いているんだろうなぁ

今季もなかなか咲かないので、開花しなかった実生大株をたくさん抱えてしまった(-_-;)
残念ですが…アジサイもまた、クリスマスローズ同様に縮小しないとだめです。
c0025140_1902086.jpg

開花促進をホルモンに頼ってみるか?
アジサイにビーナインするとしたらいつなのだろう、花芽形成の7月末かな??

アジサイの2011年交配は良好に成長中。
c0025140_1903361.jpg

交配を絞り込んで苗を少なくしないと(^^;)ふぅ
アジサイもクレマチスも同じだが、挿し木で増やせる花の実生花は新規性が必要だ。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-06-23 19:41 | あじさいの交配 | Comments(7)

台風の対策…次回の

仕事のピンチはまだまだ続く。
いっぱいいっぱいの生活です(^^;)
実生バラBBCT01が咲いた。
ERベンジャミンブリテン x CLカクテルの交配です。
色が良く、花持ちが抜群(笑)親バカですが。
c0025140_2152560.jpg

花菜ガーデンで周景バラとクレマのコラボに魅せられた私。
シンプルでスプレー咲きな花もいいかな。
でもこの花、樹勢が弱いです(^^;)

実生クレマチスNo.0017 はその後ほぼ白になった。ホワイトガーデン向きかな。
母フォンドメモリーズ x 父ベノサバイオレシア 交配の花です。
c0025140_2152135.jpg

しかし今では台風でギタギタになってしまいました。
皆さんのところでは影響ありませんでしたか?
ちょっと油断していました6月の台風。関東でもとんでもない嵐になりました。

過去の経験からクリスマスローズは嵐の対策していたので無害でしたが。
クレマチスは被害が大きい。
ベランダでは苗の1/3は引きちぎれてしまった(-_-;)
来年からは屋内にしまおう。
c0025140_2152205.jpg

庭のクレマチスは全ての花が飛ばされた。
種は概ね残ったが、今年もアラーナ交配がちぎれ飛ばされた(^^;)
c0025140_21524947.jpg

植えてある場所が風の通り道の入り口なので強風がもろにあたる。
アラーナはもう一株購入して風の被害の受けにくいところに植えようと思う。

自然にはかなわないですが、いろいろと出来る範囲で対策を打とう。
悪い事ばかりではない。
夢見る実生の蕾はまだある。希望は持とう!
この実生の蕾はテッセン系っぽいですよね。
c0025140_2152275.jpg

その他は、まだ小さすぎてよくわからない(^^;)
のんびりと成長を待ちましょう。
c0025140_2152359.jpg

c0025140_21524367.jpg


まだしばらく仕事が忙しい。
問題を解決するのが技術者の仕事なんで頑張るしかない!
一つ一つやっつけますか(^^)
ちょっと寝不足の日が続いています…
[PR]
by nanami7kuri | 2012-06-21 06:18 | クレマチスの交配 | Comments(0)

仕事がピンチ(^^;)

仕事が次から次へとトラブル発生!
まいったまいった(^^;)落ち着いて一つずつかたずけるしかない。
仕事にはまると、花どころではなくなるのはどうしようもないですね。
なんとか枯らさない程度に
切り抜けなければ…
[PR]
by nanami7kuri | 2012-06-19 01:10 | クリスマスローズの交配

休日出勤です(^^;)

明日は楽しみにしていた週末だったのですが
明日と言うかもう今日だな、
会社に出勤になってしまいました(-_-;)ごめんなさい。

トラブルの原因さえまだわからない状態で…再現性はいいのですが。
家に帰れるかなぁ。
そのまま出張してしまうかもしれない勢いです(^^;)

実生クレマチスNo.0017 が開ききりました。
母フォンドメモリーズ x 父ベノサバイオレシア 交配の花です。
c0025140_0275896.jpg

スッキリとした花ではあるが、既存の品種と比べて個性がありません。
おーい、色はどこへ行った~

まだ見たことのない強烈な個性が欲しい。
この万重咲きに、強烈なピコティを乗せる。
そして中心の饅頭部分はダークな色合いにする。
より具体的に夢は描け。
2年以内に実現させる!
実現させたい。
咲いたらいいな、
咲いてくださいお願いします(^^;)あははは

100年後に 「あの花は古き良き花だ…」 と言ってもらえる花を目指す!
[PR]
by nanami7kuri | 2012-06-16 00:32 | クレマチスの交配 | Comments(2)

テッセンの花粉探し

お茶さんから、テッセンにも花粉が出る時があるよー!
との情報をいただいたので、さっそく庭のテッセンを観察してみました。

最初の株は蔓の先の方に中途半端な花が2花あります。
c0025140_19191551.jpg

確かに雄しべの弁化が弱い。
c0025140_19194021.jpg

まだ丸まっているけど、花粉が出そうなシベもあるね!
c0025140_192031.jpg

同じ節のもう片方の花もあやしいシベがある。
c0025140_19195470.jpg



別の株も見てみよう。
この株は下に行くほど蔓の先端です。
c0025140_19201594.jpg

蔓の先端方向の節のペア花のうち片方が不完全な花だ。
c0025140_1920772.jpg

でもこの花にはイケそうな雄しべは無いみたい。
c0025140_19202779.jpg



更に別の株を見てみよう。
蔓の根元に近い方の花に不完全な花を発見。
蔓の先端方向の花は普通の花です。
c0025140_19202036.jpg

同じ節の2花の片方が不完全な花で、雄しべの弁化が弱い。
花粉が出そうなシベがある。
c0025140_19204156.jpg

蔓の根元方向、先端方向は関係ないかも。
同じ節のペアの花でも片側だけだったりしてるので、気まぐれみたいです。
アジサイの八重の花粉探しみたいだ(笑)

この後、2日間は雨が降らないようなので観察を続けてみよう。
土曜からは天気が悪いらしい(^^;)
いずれにしても我が家にはクロス相手がもういない(笑)
[PR]
by nanami7kuri | 2012-06-13 21:30 | クレマチスの交配 | Comments(4)

実生クレマチスNo.0016、 No.0017の開花

初めて母親フォンドメモリーズではない交配の花が咲いた。
実生クレマチスNo.0016
母キリテカナワ x 父フォンドメモリーズ 交配の花です。
c0025140_18463169.jpg

極淡い水色に、薄いエンジのシベ。
革新的な個性はありません。普通の花。
母ではないが、父親にフォンドメモリーズを使用しています。
父の八重の気配は感じられない。
キリテカナワの花弁ヨレヨレは消えている。

ダッチェスの子孫には花弁が暴れる場合がある。
クリスマスローズでは優勢になりがちであるが
暴れは組み合わせで消える場合もあるようです。
運かな(笑)

*************

実生クレマチスNo.0017
母フォンドメモリーズ x 父ベノサバイオレシア 交配の花です。
テッセン系特有のしょぼい蕾だったので期待していなかったのですが
何かおかしい…
c0025140_18463730.jpg

咲いてみたら八重咲きでした
c0025140_18464354.jpg

でも、このぶんだと
革新的な個性は何もない。
既存の品種の白万重やペパーミントと比べて何か変わった個性が欲しい。
この後、個性が出るかな??
今年、既に咲いた実生クレマチスNo.0009
母フォンドメモリーズ x 父ベノサバイオレシア と非常に似た花だ。
万重では交配も繋がらない(^^;)

おもしろいのは、
両親共に有色の一重なのに、その交配の子孫は2連続で万重の白になったこと。
八重の遺伝子はひとつではないはずだし、
さらにクレマは万重フルダブルも、シベの存在する八重もあるから
遺伝子のABCモデルはかなり複雑かもしれない。
シベのある花は遺伝子Bが伸びてAと重なったと考えると理屈に合う。
一部のクレマにはガクが存在するが、たいていはガクが無い。
そして鮮やかな部分は一般にガク弁と言われている。
でも、花弁が退化したネクタリーは見たことが無い。
僕には上手い理屈が見つけられない。
あっ!だめだ、眠れなくなるので忘れよう。
慎重な考察が必要だ。

いずれにしても色はどこいったんだ?
今季、果球が膨らみつつあるフロリダ交配の結果が恐ろしい(笑)
よほど濃色花とのクロスも必要かもしれない。
でもアフロディーテエレガフミナはいい感じに色を引き出した!
難しく考えすぎかな?

「はやて」や「紫栗」だと、八重になっても「紫子丸」似になってしまいそうだし、
すでに花芯が黄色になってしまった。
「ベノサバイオレシア」からでは、「カシス」似だろう。
何か既存の花の模様をブレイクスルーする組み合わせを探しています。
今後、私はテッセン系の交配に何を求めてゆこうか?
今、この手探りのフェーズが、実は一番楽しいのかもしれません。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-06-12 20:48 | クレマチスの交配 | Comments(3)

クレマチスの長い一日

今日の私は機動力を駆使してクレマチスの庭を2個所回りました。
花菜ガーデン
クレマチスの丘
そのあと駿河のクレマチスさん
を大車輪で巡ります(笑)

特にクレマチスの丘では金子先生のガーデンツアーに参加して
勉強させていただきました。
書きたいことが沢山ありますが執筆が間に合いません(^^;)
①クレマとバラ、プランツのコラボレーション再考。
②気になった花。立体的演出。
以下の③~⑦は金子先生とディスカッションもさせていただきました…感激!(^^)!
先生、いつもしつこくてごめんなさい(^^;)
③花の構造、ガク弁なのか花弁なのか
④立ち枯れ病の考察
⑤テッセン、フロリダ、一重のテッセンの言葉の使い方
⑥古き良きもの
⑦テッセン交配に何を求めるか?

時間のある時に、少しずつ書きたいと思います。
花の写真はまた後日にして、今日の記事はざっと一日を追いかけます。

そもそも最近はクリスマスローズの交配結果の整理整頓で夜が遅い。
寝不足です~(-_-;)
今日は気ままな一人旅なので油断をしていたら寝過ごした(笑)
贅沢に可能な限りの高速道路をぶっ飛ばし
9:30に花菜ガーデンに到着。
c0025140_014844.jpg

たくさんのお友達から、いいぞ~!いいぞ~!と教えていただきました。
まだ新しい公園です。施設も素敵。
トイレもたくさんあります(^^)
c0025140_015781.jpg

なるべく人が写らないようにしていたのですが、途中であきらめた(笑)
意外にまだバラは咲いていました。
c0025140_02211.jpg

c0025140_021024.jpg

遅咲きクレマなら、まだなんとか咲いていました。
咲き誇る「ミケリテ」
c0025140_021652.jpg

この花菜ガーデンが
京成バラ園や、クレマチスの丘と違うところは
バラとクレマのコラボの演出が積極的にされているところです。
詳しくはまた別途で掲載します。
c0025140_022652.jpg

あの気になる女神様の後ろ姿もパッチリ(^^)
とてもセクシーでした。
パチパチ撮影していたのできっと変態と思われています(笑)
女神様をとりまく花はHTラフランス。爽やかな良い香りがしました。
c0025140_023227.jpg

バラのアーチが随所にありますが、
庭が新しいのでまだバラが大木になっていませんが、これからが楽しみです
c0025140_024036.jpg

バラのコーナーにもたくさんクレマがありましたが
この地図にある「風ぐるま迷図」ここがクレマチス専用の庭になっています。
c0025140_024641.jpg

花の紹介はまた今度にしますね。
今は遅咲系しか咲いていませんが、早咲系の大輪の時期にもぜひ来たいです。
c0025140_025465.jpg

まだまだ花菜ガーデンは発展途上。
植栽する場所はいくらでもある(笑)今後が楽しみな場所です。
休憩所やベンチが随所にあるので、今度は爺婆も連れてきてあげたい。
c0025140_043640.jpg

花に関する図書館もあります。
趣味の園芸、園芸ガイド、ビズなどなどバックナンバーも豊富でした。
c0025140_04464.jpg

次回はのんびりお茶や食事をしながら来たいものです。
あわてて巡ったにもかかわらず、予定オーバーで11:30になってしまった。
全力で第二東名をぶっとばしクレマの丘に向かいます。
c0025140_0433050.jpg

今回、インターを出てから近道を発見。
クレマの丘では第2駐車場からチケットセンターまでの裏口を発見!
ことごとくオシャレにできているクレマの丘なのです。
c0025140_05850.jpg

あっ! あわてて家を出たので
気が付いたら汚いサンダルを履いていた(-_-;)まあいいか
c0025140_052019.jpg

チケットセンターにあるアフロディーテエレガフミナ
こんなに咲き誇る状態を初めて認識しました。
c0025140_053173.jpg

素敵です、来年はエレガフミナを手に入れよう(^^)テッセンの血も引くしね!
c0025140_054040.jpg

金子先生のガーデンツアーは総勢30名ぐらいですが、
なんと約1/3の方が今季3回目とのこと(^^;)
私もそこそこクレマ異常者ですが上には上がいました(笑)
c0025140_055387.jpg

みなさん熱心ですよ。
メモメモ、書き書き、おもしろくてためになる話に釘付けです。
c0025140_06345.jpg

遅咲き系はタワーや壁面の演出にいいですね。
たくさんの花で覆いつくす見せ方が参考になります。
ビオラやアオテアロアには驚かされます。
こんど記事にしますがノーマークだったアオテアロアが凄すぎる!
c0025140_06158.jpg

行ったことのある人は、最初に驚かされることになる入り口のジャックマニー
この花はこんなに主役になれる。
古き良き花。それは性質の強さも現わしていることになる。
c0025140_062634.jpg

そして、駿河のクレマチスさんに急行。
ジャックマニーを2株、ビオラetcを購入(^^)
c0025140_063828.jpg

写真では伝わらないところを、現物で感じてきました。
何回か訪れているのですが、違う視点で見れています。
今後の交配の方向性に活かしたいと思います。
自分の好みにも変化を感じる、剣弁が素敵に感じる。

帰りは20kmの渋滞にハマってしまった(^^)
ここまでおにぎり1個した食べていない強行軍でした。
おなかペコペコの渋滞って…辛いなぁ

今後、ぜひ手に入れたいのが
弥一、
アオテアロア、
アフロディーテエレガフミナ
どこに植えよう(^^;)

今日は3日分頑張った気がする(笑)
時間のある時に、個別の記事をアップしてゆきますね!

そうだ実生0016も咲いてます。
写真に撮らなきゃ。
特出する個性はありませんが、親バカなので交配にも使ってみます(^^)

そもそも、こんなふうにブログなんぞを書いているから
寝る時間が無いんだよなぁ(^^;)あははは
手抜きも覚えなきゃね。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-06-11 01:28 | クレマチスの交配 | Comments(6)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite