七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

真夏のフェアリーブルー

昨日の花が開ききりました。
この花は本当にフェアリーブルーなのか?
花色も濃いし、花に色気があります。
c0025140_142550.jpg

大地の好みのストライクゾーンど真ん中な妖艶な花。
花弁の先端が赤に染まりゆくグラデーションが美しい。
c0025140_1425327.jpg

フェアリーブルーで画像検索したら似た発色の写真を発見!
その画像の持ち主さんのblogによると8月撮影とのこと。
c0025140_1423169.jpg

安心しました、フェアリーブルーの真夏の花で正しいようです!(^^)!
でもこんなに温度で変身するものなのですね。
c0025140_1431394.jpg

ともあれ、美人だ。
新たな交配目標を見せてもらった感じです。
c0025140_1425281.jpg

このフェアリーブルーは、HFヤングの枝変わりとのことなので
きっと強い花なのではと期待しています。
c0025140_1434150.jpg

一応、中心には雌しべに見える部分があるが…
結実はしないだろうなぁ。
c0025140_1433664.jpg

現在咲いている花で花粉があるのはジャックマニーのみ。
フェアリーブルー x ジャックマニー を行いました(^^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2012-07-29 16:39 | クレマチスの交配 | Comments(0)

フロリダ交配は全てNGかも…

クレマチスは良くわからん(^^;)
こんなに暑くとも咲いてくる!

こないだ植えたばかりのジャックマニー
もう咲く!
c0025140_19384148.jpg

そして節々に花を付ける。耐病性とかはこれから確認してゆきますね!
青の歴史的な「古き良き花」なのできっと強いと期待します。
c0025140_19385010.jpg


フロリダを立ち枯れさせない方法を編み出したので(笑)
今季はフロリダがたくさん結実しています。
母フロリダ x 父*** のクロス交配の果球が茶色くなり始めたので
採種を始めてみました!
c0025140_19385852.jpg

でも…
なんか、
ちょっと、
小さ目な子房で、だいじょうぶなのか??
c0025140_1939671.jpg

そしたら、全てシイナでした(-_-;)
全部カラです(^^;)
c0025140_19391617.jpg

現在、まだ親株に付いている果球も、
果球は大きいが子房の充実が無い手応えだ。
この分だと、全てシイナかもしれない(^^;)ふぅ~
来年からダメ元交配リストに登録です(笑)

****我が家の結実力が低い花****
テッセン、フロリダ、アラーナ、ビルドリヨン、
ベノサバイオレシア、レッドスター
*******************


今日、驚きました。
植えたばかりのフェアリーブルーが咲いてきた。
c0025140_19392675.jpg

薄い水色のはずが、濃い桃紫な色合い。
温度で大きく花色はかわるようです。こんなに濃く咲く。
暑いと濃くなるのはクリスマスローズと逆で嬉しい。
c0025140_19393370.jpg

私は雄しべ雌しべのある八重よりも、
雄しべ雌しべの無い千重咲きが好きです。
真ん中が饅頭のようになるのも好きですが、
このフェアリーブルーやエンプレスのような針状弁も大好きです。
c0025140_19394156.jpg

装飾されたクレマチスの花びらは一般的にはガク弁と言われていますが、
実は密かに「花弁か?ガク弁か?どちらなのか」議論がされているそうです。

クレマチスにとっては「そんなのどうでもいいでしょ!」 と言うかもしれない(笑)
葉が徐々に生殖器に変化してゆく事には変わりない。
c0025140_19395014.jpg

花芯を拡大すると、
機能しないと思われるが、中心には雌しべかもしれない柱頭がある。
その周りには毛の生えた針状弁が…
果球の子房には毛が生えるのだから、これも雌しべの名残かな。
その外は雄しべの変形?
どれが花弁で、どれがガク弁…
眠れなくなるので考えるのは止めよう(笑)

構造も、遺伝も
クレマチスは良くわからん(^^;)
まだまだ経験がたりませんね!

あの柱頭…
念のため、JMとクロスするかな(笑)
[PR]
by nanami7kuri | 2012-07-29 04:15 | クレマチスの交配 | Comments(0)

アジサイ 今年は蒔けるか?

暑い…
暑すぎるだろぉ(^^;)
最近はバテバテです。

今年のアジサイの交配は少ししか仕掛けていないのに
枯れるときは枯れます(^^;)
これなんかは全滅です。
c0025140_18224146.jpg

これも蒴果の一部が枯れ始めました。
無事に残るか?難しいかなぁ
c0025140_18225180.jpg

安心できませんが、この花は全く異常なし。
c0025140_18225942.jpg

我が家の地植えの花は、特に結実しなくとも蒴果が枯れることは無いのですが…
原因は解りません。
あっ、地植えでも小町は蒴果が落ちていた。
鉢とか、水切れとかは関係ないか。

交配したからと言って確実に種が採れるわけではない。
種が採れたからと言って確実に発芽するわけではない。
発芽したからと言って確実に育つわけではなく…
まあ、毎回そんなもんです(^^;)

とにかく、後は運命に任せるか!
いや、運命は自分で切り開くもんだろ。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-07-28 18:58 | あじさいの交配 | Comments(0)

一歩前進!

3週間ほど引きずっていた不具合の原因がついに解った!
結局はゴミが原因だった(^^;) 
ここにたどり着いたとき、関係者全員で喜んだ。
とりあえず、めでたい。一歩前進だ。

この週末は娘にカメラを持っていかれたので写真がありません(^^;)
一週間前、我が家の野生ラン5個体のうち2個体にビーナインを噴霧したら、
噴霧した2個体だけ今週咲いてしまった! 驚くべき反応速度。
それとも偶然かな(笑)

フロリダの果球3個が枯れ始めたので採種した。
その他に枯れ始めは無い。
この3果球はそこそこ大きくなりはじめていたが未だ成熟には早いサイズなのに枯れる??
交配タグによると3個ともにセルフ交配。
分解したらすべてシイナ。
シイナだから枯れたのか?他の交配もシイナなのか??心配です(笑)


ちょっと前にテレビで「一休さん」の実写版を2時間スペシャルで放送していた。
かわいい子役の鈴木福くんが主演です!
その中で、和尚さんが一休さんに解いた言葉に打たれました。
「感謝される人になるより、感謝する気持ちを忘れない人になれ」
おおおーお
自分なんぞはまだまだ子供だと感じたのである。

c0025140_2355356.jpg


カーネーションに影響を受け、いわさきちひろに影響を受け、和尚さんに影響を受け
それぞれの何かを花の交配に活かそうと思います。
とにかく、一歩前進!
[PR]
by nanami7kuri | 2012-07-22 00:54 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クレマチスの種の採種

久しぶりに実生クレマが開花したと思ったら、
既開花株の実生クレマチス0010でした、
フォンドメモリーズ x ダニエルディロンダの交配
ピンクからラベンダーに色が染まる。
c0025140_2113167.jpg

フォンドメモリーズのピコ形質が花弁先端に出るが
個性的。美しい。と言えるレベルではない
c0025140_2113985.jpg

早く2011年交配の結果が見たい。

**********

クレマチスの品種によっては採種をはじめました。
去年からカリカリ完熟よりも、やや青採りしています。
まともな果球は2個だけ(^^;)
c0025140_21132797.jpg

その他の2,3粒だけ種が付いているもに期待していましたが…
c0025140_21133388.jpg

c0025140_2113395.jpg

ダメでした、みなシイナでした(^^;)
殻はこんなに出ても
c0025140_21134699.jpg

採種できたのはまともな果球2個からだけ(笑)
クレマの交配はいつもこんな結果です。
もともとダメ元の行動なのでメゲませんよ~
c0025140_21135160.jpg

この種は固いのですが、薄いのでちょっと心配。
c0025140_21135722.jpg

来年は、結実率の悪い母親は優先的に父親として使用しようと思う。

結実率の悪さでは最高レベルの花の一つ、テッセン。
今季一花だけ子房が膨らんでいる。
c0025140_21162068.jpg

期待は高いのですが、今日までの結果からするとシイナだろうなぁ(^^;)
でも期待してる!
夢がある(^^)
[PR]
by nanami7kuri | 2012-07-16 22:29 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クリスマスローズ早期発芽に仕掛けました

例年だと7月初旬にはクリスマスローズの種を早期発芽に仕掛けるのですが、
今季はずるずると繁忙に追われて7月14日に蒔きました。
c0025140_20463927.jpg
c0025140_20465784.jpg

用土は去年の反省から、赤玉&鹿沼のmixにしました。
c0025140_20465460.jpg

蒔く種の量は例年の約半分に縮小させた。
来年はもっと吟味して減らさねば(^^;)
現在のデロリアン設定温度は約10℃

何を蒔いたかと言えば、何でも蒔いています(笑)
[PR]
by nanami7kuri | 2012-07-16 20:59 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

アジサイに ビーナイン を買ってきた!

再現性の悪いNGはまだ解決していない(^^;)
だいぶ原因個所の切り分けは狭まったが…かなり手強い!
これが解決しないと次の設計が進まないのだ。

クリスマスローズ、クレマ、バラ、アジサイとリレーしてきた開花の季節もようやく終わる。
あとはのんびりと種を蒔けばよい(^^)
花から少し解放されて、別の趣味に時間を使えるぞー

今年のアジサイ実生のたぶん最後の開花になる花が咲いてきた。
2010年交配の ダンスパーティ x シンデレラ
c0025140_23543791.jpg

しかし、体力不足か?肝心の装飾花が無い(笑)
なんだよー(^^;)

あまりにも実生苗の開花率が低いので、試しに使ってみますね!
ビーナインを買ってきました、週末に散布してみよう。
c0025140_23544662.jpg

ビーナインはわい化剤です。
でも副作用的に花芽形成促進になればと期待しています。


いいかげん植え替えてあげないと水切れが激しい2011年交配の苗さん達。
ごめんなさい(^^;)ようやく植え替えます
この苗は八丈千鳥 x 十二単
c0025140_23544910.jpg

いままで6cmポットに入っていました(^^;)
日陰植物だからかな?
地上部が立派な割には根はショボイです。
c0025140_23545970.jpg

のびのび9cmロングに植え替えてあげました。
これで当分大丈夫だろう。

そろそろクリスマスローズの種を蒔きます。
クレマチスの種もそろそろ収穫時期ですね♪
[PR]
by nanami7kuri | 2012-07-15 00:50 | あじさいの交配 | Comments(0)

アジサイ 伊豆紀行(黄金崎、堂ヶ島、岩地)

今日はもう疲れ切っているので(笑)園芸活動はしませんでした(^^;)
溜まっている伊豆紀行をupします。
今更ですが、遅ればせながら7月初旬の旅行記です。

伊豆と言えば八重ガクの交配親の「城ヶ崎」が採取された
アジサイの原生地でもありますが、わが一族にとっては懐かしい思い出の場所でもあります。
私の爺婆と親戚の爺婆を連れて、まるで老人会のご一行です(笑)

愛犬がいるので旅行には制約がありますが
みんなのリクエストに応えて行けるところまで行きますよ~
最後にアジサイの買い物が出来るかもしれないので反時計周りの1泊で行きます。
まずは土肥金山
c0025140_21193874.jpg

金に執着はありませんが(笑)金入りのソフトクリームはあるのか?
残念ながらありませんでした(^^;)
c0025140_21194729.jpg

でも金箔せんべいを発見!
お土産にいいなぁと思ったのですが、1枚¥500はちょっと高価だよなぁ(^^;)
c0025140_21195650.jpg

次に向かうは黄金崎。
私の父親のリクエストの場所です。
子供の頃、家族旅行で伊豆に来ると必ず休憩した景勝地ですが、
国道にトンネルのバイパスが出来て、近くに恋人岬なる場所が作られ、
地盤がもろい危険な地形という事もあり、近年はマニアしか知らない場所となりました。

ネットで調べてもなかなか情報が出てきません?
行ってみたらいきなり通行止めです(^^;)なぜだろう??
c0025140_2120418.jpg

もういいぞ! と、爺は言ってくれましたが、
でもね、思い出の場所です。 簡単には諦めません。
徒歩でなら迂回ルートを発見。

そして、ついに到着しました。
青い海に、褐色の岸壁、そして海食された洞窟。 
ここが思い出の黄金崎です。 
c0025140_21201243.jpg

昔のままでした。おぼろげな記憶がよみがえります。
我々の他には誰もいません。貸切の状態!(^^)!
それもそのはず、崖崩れがひどい状態なのです。通行止めな訳ですね…
c0025140_21202017.jpg

すこし下がったところから見かえると、あの崖の上の松の根本にいたことになります。
もろい地盤なのでいつ崩れてもおかしくないです(笑)
そんなわけで観光地としての宣伝を止めているのでしょう。
c0025140_21202827.jpg


そして次の場所へと向います。
西伊豆と言えば堂ヶ島。
しかし、いままでゆっくり見たことはありませんでした。
らんの里や、加山雄三ミュージアムなどもあり老人会には最高の場所です。
梅雨時期のせっかくの奇跡の晴天なので、これらは明日周ることにして
景勝地の遊覧船の洞窟めぐりに行きます。
c0025140_21203735.jpg

私がツアーを組むと、洞窟や鍾乳洞に必ず行きます(笑)穴好きなのです(^^;)
ケージがあれば券売所でワンコを無料で預ってくれますよ。
c0025140_21204596.jpg

遊覧船はとても好評でした。
小さい船なので解放感抜群です。
c0025140_21205347.jpg

c0025140_2121623.jpg

狭い岸壁の間を通り抜けたりしてスリルもあります。
こんなに狭い場所も通りました。
c0025140_21212071.jpg

そしていよいよ洞窟に進みます。
ここが進入口です。
c0025140_2121302.jpg

狭い洞窟の奥には天井の大きな穴から光が差し込んでいます。
それにしても、よくぶつからないなぁ!(^^)!
c0025140_21214080.jpg

とても神秘的です。
みんな言葉をうしなって、ただただ「おおおー」と…
c0025140_22234878.jpg

下船してからは、散策路で洞窟の上にも行きました。
あの洞窟の中の空の見える穴は「天窓洞」と言うそうです。
c0025140_21221329.jpg

けっこう大きな穴ですね。人間がこんなに小さく見えます。
c0025140_21222259.jpg

洞窟の奥にはプライベートビーチのような場所もあり、複雑に洞窟が繋がっています。
大満足の堂ヶ島でした、明日はらんの里で花を楽しもうと思います。
西伊豆に行ったら堂ヶ島の遊覧船は絶対おススメです(^^)
c0025140_21223365.jpg



まだ時間があるので、岩地にも向かいます。
ここは私が小学生のころ、今回同行の爺婆親戚の家族ぐるみで海水浴に来ていた場所。
c0025140_21224425.jpg

懐かしいです。
でも、昔どの民宿に泊まったのかはもう思い出せませんでした(^^;)
c0025140_21242834.jpg
c0025140_21244079.jpg

この岩地の南端にも洞窟があります。
そして洞窟の中を歩いた記憶があります。
今はどうなっているのでしょう、老人会を連れてプチ探検です!
岸壁の遊歩道の先にそこはあります。
c0025140_2124511.jpg

立て看板には、ここもまた崩落で通行できないとのこと(^^;)
でも簡単には諦められません、行けるところまで進みます。
c0025140_22532397.jpg

これが洞窟の入り口。
いよいよです。
c0025140_2125543.jpg

これこれ、思い出の洞口です。通り抜けることが出来るはずです。
洞窟の中ではさっそく歩道が崩れています。
でも行けます!
c0025140_21251883.jpg

水が透明で、下の岩まで良く見えます。
子供の頃、コバルトスズメをここで見ました。
まだいるかな?
c0025140_21252760.jpg

そしたら、泳いでいましたコバルトスズメ。
みんなで大喜びです。来たかいがありました(^^)
そのまま堤防に抜けて一周して帰路につきました。

************

老人会としては冒険的な一日でした。
みんな喜んでくれて引率者の私はちょっと嬉しかったです(^^)
頑張りすぎたので早めに宿に入りのんびりしましょう。
この日は堂ヶ島に宿をとりました。
c0025140_21253872.jpg

露天風呂が絶景です。
ちょっと雲が出てきてしまいましたが、三四郎島と夕日を眺めながら。
ダラダラとのんびり湯につかりました。
c0025140_21254758.jpg

お腹も空いた~
夕食はなんと贅沢に隣の空き部屋に用意してもらえました!
c0025140_21255844.jpg

3歳年上の親戚の姉さんが、きんめ鯛の煮つけの差し入れを用意してくれました!(^^)!
c0025140_2126862.jpg

大満足の一日目を終え就寝したと思ったら…
同行者の息子に事故発生(^^;)
私の機動力は柔軟です、なんと夜中の2時に宿を出ることになりました。

旅行は中断。長い長い2日目の始まりでした…ドタバタ
気が付けばアジサイどころか花を何も見れずに(^^;)あははは
またいつか来ようと思います!
[PR]
by nanami7kuri | 2012-07-08 23:35 | あじさいの交配 | Comments(0)

ツルアジサイ いわさきちひろ 安曇野、白馬紀行。 

仕事のトラブルはまだ片付きません(-_-;)
NG再現性が悪く原因がまだわからない。
技術者にとって厄介なトラブルですね~

しかし、予定していた旅行も手を抜くわけにはまいりません(笑)
爺婆が元気なうちにいろいろと連れまわしたいと思うのです!
愛犬がいるので行動が制限される中、オリジナルの1泊旅行です。
少しさかのぼること6月末の話ですが…(^^;)
私はちょっと疲れ気味ですが、行ってきました。

今回は安曇野と白馬
梅雨まっただ中なのですが晴天に恵まれました!
まずは「大王わさび農場」。ここはワンコの入場okです。
あまり期待をしていなかったのですが、どうしてどうして(^^)とっても良いところでした!
c0025140_16475842.jpg

ビニールハウスをイメージしていたのですが、まったく違う!
伊豆のワサビ田をイメージしていたら、まったく違う!
c0025140_16484274.jpg

自然の地形を利用した、小さな谷が幾重にも連なっていて
そこに遮光シートを張って栽培しています。
安曇野の豊富な湧き水をふんだんに利用して涼しげに育てられていました。
c0025140_16481352.jpg

園内は自然にあふれていて、なんだかのどかな雰囲気でした。
階段なども少ないので高齢者におすすめのスポットですよ。
ワサビと言えば、やはり「ワサビソフト」を食べなければなりません(笑)
c0025140_16485434.jpg

いちばん奥にある「いわな茶屋」のソフトクリーム
伊豆のワサビソフトとは違うのは、ちゃんとワサビの粒々が入っています。
それでいて子供でも大丈夫な味付けです。
山菜の天ぷらも美味しいですよ!

本当に安曇野は水が豊富なところです。
ワサビ農場の横にはゆったりとした川の流れがあります。
堤防や河原などない、川藻が揺れる、とうとうとした流です。北海道釧路の原野を思い出します。
c0025140_16482840.jpg

実際に稼働している水車もありました。
のどか(^^)なのです。
c0025140_16491118.jpg

そして次は栂池自然公園に向かいます。
ともかく極力(^^;)階段の無いスポットを選びました(笑)
ケージさえあれば、ロープウェイ乗り場でワンコを預かってもらえるので助かります!
そして到着! 標高約1900mにある湿原です。
4月に3mの大雪が降った影響で未だに遊歩道は雪に埋もれている部分があります
c0025140_16484211.jpg

梅雨時期なのに雲の切れ間から奇跡的に青空ものぞきます。
バリアフリー木道は車いすでも大丈夫そうです。とても良く整備されていました。
水芭蕉の開花も遅れ気味でしたが、しっかり咲いていてくれました(^^)v
c0025140_16492652.jpg

c0025140_16485791.jpg

宿はグリープラザ白馬。
貧乏な我が家にしては珍しくまともなホテルでの宿泊です。
スキー場のど真ん中に建つアルペン調のたたずまいが圧巻です。
ペットホテルが併設されているので安心です。
c0025140_16494110.jpg

私はこれが気になりました。
ホテルのエントランスの石垣にまとわりつく植物。
c0025140_16491178.jpg

ツルアジサイです。
石垣やレンガに這わせると素敵です。文献によると20mほどにまでなるらしい。
c0025140_16495686.jpg

たまたまなのか?両性花に花弁がありません??
c0025140_16492841.jpg

現状日本の住宅事情では、なかなかこの花を活かしきれないだろう。
でもツルアジサイが品種改良されたら素敵かも。
冬は落葉するからエコにもいいよね!
どなたかツルアジサイの品種改良をしてみませんか!
c0025140_16501460.jpg

翌日は黒部第4ダムへ向かいました。
またまた梅雨時期なのに奇跡の晴天に恵まれました。
室堂まで行きたいのですが行程上、ワンコを長時間待たせるのは可愛そうなので、
ダムを見たら引き返します。
扇沢駅の一番下の無料駐車場は木々に囲まれているので、
晴天でもワンコを車中で待たせていられます。

平日なのでトローリーバスもほぼ貸切(笑)
そして室堂は残雪まみれで散策不能とのこと…、ちょうど諦めにいいや(^^;)
観光放水開始の初日です。 大迫力の放水でした。
c0025140_1649476.jpg

次に向かうは安曇野ちひろ美術館です。
知る人は知る故いわさきちひろさんの美術館、私の父が大ファンなのです。
私が幼稚園の頃…
毎月、幼稚園でもらってくるキンダーブックの挿絵が ちひろさんでした。
その頃の私は絵の世界は無関心でした(^^;)
c0025140_16503023.jpg

改めて拝見するとまずは懐かしかったです。
子供と花を生涯のテーマにされていて、水彩画で表現されたその世界は
透明感のある柔らかい独創的な世界があります。
絵に添えられる言葉も素敵です。

水彩画のようなやさしいグラデーションは、花にも共通して素敵に思う。
私も独創的で、それでいて優しい花色を創り出したいです。
クリロのNo.546などは古き良き花の素質があるのかもしれない。
最近は強烈なコントラストのリバースを追いかけていましたが
日本人の心をいやすのは優しい水彩画のようなリバースかもしれない。
いわさきちひろさんの絵と、クリスマスローズの発色に
通じるものを感じた貴重な経験になりました。

花の育種において、強烈なコントラストの花色も狙うが
優しいグラデーションの花こそ目標に置こうと思います。
いろいろな角度から花への影響を受ける旅になりました。


この後、北アルプス牧場へ向かい再びソフトクリームを食べました(笑)
どこへ行ってもソフトクリームを食べる感じ(^^;)あはは
そして安曇野ワイナリーへ向かう予定でしたが
両親がよっぽど大王わさび農場を気に入ったらしく
どうしても生のワサビの根を下ろして、刺身を食べたい! との事。
しょうがないなぁ、再び大王わさび農場に向かう事に(笑2)
翌日は刺身をいただきました、でも主人公はワサビです。

この爺婆両行は時間を空けて、伊豆へと続きます。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-07-08 19:16 | あじさいの交配 | Comments(0)

まだまだ

まだまだ仕事にはまっています。
水やりが精一杯かな(^^;)何かが片付くと、新しい問題が発生します。
親戚の不幸も重なってしまいました。
そんなこんなでドタバタしていてなかなか園芸活動に携われません。

非公開コメントの皆さん、ご返事遅れてすみません。
レスまで少しお時間下さいね(^^)

さて、これは何でしょう??
c0025140_124356.jpg

[PR]
by nanami7kuri | 2012-07-03 01:32 | クリスマスローズの交配 | Comments(2)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite