七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

タキイのカタログ

このところ爺婆が見に行ったテレビ番組の公開録画をblu-rayにまとめてプレゼントにしました。
会場のシーンを良く見ると爺婆が写っていたりします(笑)
でも何も編集できないのが残念です(^^;)
c0025140_20262658.jpg

NHKの収録の帰りは、車で迎えに行ったのですが
初めての渋谷・原宿界隈の走行で緊張しました(笑)都会ですね・・・
ビルを見上げてしまいます。

***************

最近は普通の園芸本に惹かれなくなってしまって(^^;)あはは
先日は本屋さんでこれを買いました!
タキイの通販カタログです。

もともとカタログなので¥100で売ってます。
なんで買ったの?
実はこれ!見ているだけでもいろいろ楽しいのです。
最近のトレンドとか、最新花、希少花…とか、欲しいものが沢山です(笑)
何だこれは、何だこれは、の連続です。
私としては花のデザインの参考に、直視的イメージが湧くので刺激になります。
デザインのヒントを探しています。
今日はちょっと辛口でいきます。
c0025140_20263868.jpg

バラの世界は成熟しているので進化は鈍化していますが、
フラッシュの種類はだいぶ増えてきました。多弁化してきていますが
クリスマスローズ同様に弁が重なりすぎるとせっかくのフラッシュが見えません(^^;)
そうは言っても素敵です、アイズフォーユーの現物を見てみたい。
私の好みは剣弁高芯か、ディープカップか、両極端な花が好きなので、
最近のバラの方向性は良くわからん(^^;)
クリスマスローズで言うところの花弁ヨレヨレの花が多いのです。
なぜこの花が商品化されたのか??理解不能(^^;)。 
昔の花の方が素敵に感じるのは私だけだろうか・・・

クリスマスローズは無難な表現に留めています。
実生だからなぁ・・・

チューリップの世界って凄いことになっています。
花色、花形、花弁、八重、驚くべきバリエーションの多さです。
交配したら多様性たっぷりで楽しそうに思えました。

ユリの八重はバイオハザード見た後だと、やばい(^^;)

野菜苗のページは雄性不稔なのだろうか?
育てて花を咲かせてみたくなる(笑)。

こんな模様があるんだ! こんな花形があるんだ! こんな弁形があるんだ!
こんな花は出来ないか? あれを目指そうとか?
ともあれ、いろいろな花の進化をサーッと短時間に体験できる、
そんなカタログです。

*****************

今日は台風17号の対策として、急遽庭木の剪定を行いました。
頭でっかちのアフロと化していた枝をすいてスポーツ刈りに!
クリスマスローズの鉢も配置変更。
決算最終週末でもあるのでPC屋さんにも行ってきました。
ドタバタとこなした後、ようやく園芸活動開始(^^)

涼しくなってきたので、少しずつ植替えを進め始めました。
生育の遅い実生クレマチスの6cmポット組の一部を実施しとこ。
私はオーガニック的な栽培を目指すことは出来ていませんが
強い花を残すために、暖期は野ざらし無農薬で放置栽培させています。
c0025140_18425742.jpg

病気に弱い子は高温多湿の時期にすでに枯れてしまいました(^^;)
最後まで花が見たい、かわいそう、いろいろ葛藤がありますが割り切ります。
自然は甘くないです、枯らす負の連鎖は自分のところだけで食い止めなければ!
真ん中の子・・・少しうどん粉病が出てますね(笑)
c0025140_1843647.jpg

その子を植え替えてみると、さすが6cmポット組は根がしょぼい。
この時点で生育が旺盛ではない、難しい花の片鱗を見せているのかも(^^;)
でも今は未だそんな難しいことは考えなくともいいか。
まあいいか。のエッセンスを仕込んでおきます。

地上部がショボイ割には、太い根を持つ子もいる。
クリスマスローズの経験上、この子は体力蓄え上手でオマセかもしれない。
しかし、未だに6cmに入っていたのだから生育は遅いのだよなぁ
まあいいか。
c0025140_18431389.jpg


クレマチスはボチボチ開花しています。
体力が無いのでほとんどが中途半端な花なのですが
これはしっかりしています 星のフラメンコ
c0025140_18432049.jpg

クロス相手もいないので、普通に咲かせて楽しませてもらいました。
この記事を書いているうちに、雨・風が強くなってきました。
明日の朝、は被害が少ないと良いのですが・・・
[PR]
by nanami7kuri | 2012-09-30 21:34 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

レーダー探知機を付けた!

ようやく涼しくなりましたね、苗の植替えが出来そうです。
10月はイベントが多くて休日が足りない。また植替え地獄になりそうだ。
でも、その前に・・・
花の盗難が多いのでGPSレーダー探知機を付けてみた!
あはは(^^;)???そうはいかないぞ・・・


ともかく初めてGPSレーダー探知機と言われるものを装着しました。
お店でいろいろと機種の比較をしていたら、だんだんこだわりが出てしまい(笑)
Sellstarの最新鋭機AR-G70Mを購入しました。
地図上にターゲットを表示するちょっとリッチなタイプです。
おこずかいがスッ飛んでしまいました(^^;)
最近のカーロケは携帯電話回線を使用したシステムのようなので識別は困難だ
なのでこの機能としては期待しないことにしています。
楽しい美しいアクセサリーという視点で購入を決断しました。
待ち受け画面のデザインで決めたとも言う。
c0025140_17532812.jpg

美しく取り付けるのに、こだわる私は
工具持参でオートバックスの駐車場で自分で取り付けます。
不明点が出たら店員さんに質問できる、足りない部品も即調達、出たゴミも捨てれる。
そんなメリットが沢山あるのです。
c0025140_1754643.jpg

カーナビの取り付けに比べれば、今回は電源をつなぐだけなので簡単だ。
とは言えどもやり慣れない作業なので3時間かかりました(^^;)
私は内装をジャンジャン分解します。たまに元に戻せなくなりますが・・・
c0025140_1753423.jpg

炎天下で車いじりをしたら熱中症で倒れてしまいそうなので・・・
この作業も涼しくなるのを待っていました。決算期でもあるし!
配線は極力内装の中に隠すため外せるものは何処までも外して配線します。
ミラータイプに決めたのはダッシュボードに配線を見せたくないからでもあります。
c0025140_17542093.jpg

そして工事完了。
画面の明るさとかの細かいセッティングはこれからです。
私は助手席側に画面が来るように取り付けました。
GPSは10秒で測位との歌い文句通りにホントに速い。
アンテナはミラーの隅に内蔵されているので、GPS衛星の見える数が不利だろうと
心配していたのですがそれでも10個以上の衛星が見えています。たいしたもんだ。
c0025140_17535651.jpg

ネットの口コミ情報では夜間に明るくて邪魔との書き込みを見たので
心配していたのですが、そこは改良されていて5段階調整できます。
最暗モードは非常に暗くて夜間にちょうど良いです。
昼の地図画面も夜間モードに設定すると景色が透けて見えるので、
車の側面も視認性が良いですよ。

試運転中に早速パトカーとすれ違いましたが
やはりカーロケは反応しませんでした。そんなもんです。

車速パルスを得ていないのでトンネル内での位置精度がどれほどのものか、
期待はしていませんが楽しみにしています。

ターゲットを補足すると距離をカウントダウンするモードにしてみました。
うるさいかな?(笑)
はやく首都高速道路を走ってみたくてワクワクします。



次回は タキイのカタログ
いよいよ頭の中を 花モード に切り替えなくては!
[PR]
by nanami7kuri | 2012-09-22 18:43 | 自己紹介♪ | Comments(0)

百姓が地球を救う/初恋

このごろ妙な本ばかり読んでいます。
今日紹介する本はこれです「百姓が地球を救う」です。
c0025140_20555169.jpg

題名は奇想天外なタイトルですが、内容は深いのです。
著者さんは青森で林檎を無農薬、無肥料、雑草ぼうぼうな畑で育てています。
大自然と闘わない栽培方法でたわわに林檎を実らせる・・・
そんな植物栽培の原点を見つめ直すきっかけを与えてくれる1冊です。
単にオーガニックの本と思ったら大間違いなのです。
何百年も何万年もかけて自然の摂理は構築された。
自然はどうしてそうなっているのか?
自然を観察して、自然から学んで、自然を利用する、
まるまるこの本の内容全てを真似することは私には不可能ですが
育種に、栽培に、この本の考え方を応用したいと思います。
この本の教えは、通常の園芸本の決まり文句とは真逆なのである。
c0025140_20555935.jpg

我が家のクリスマスローズの病気の殆どは肥料過多が原因だと、
10年以上も育てて来てようやく今春に気が付いた。
気が付くのが遅いとも言う(-_-;)特に我が家ではIB化成との相性が悪い。
(自分の環境に合わせて適量の使用であれば問題無いはずです)
みんなウイルスや虫のせいにしたがるが、それは概ね2次的要因であって
諸悪の根源は自分の施肥だという事を誰も教えてはくれない。
教えようもないし・・・
もちろん100%の話ではない、剪定の原因も多々あるだろう。
このBlogの記事も話半分ぐらいに読んでいた方が良い。
初心者よりも、たくさん育てているマニアが陥りやすいと思うよ。
原種に近い品種よりも、園芸種の方が多肥に弱い傾向を我が家では感じる。
このへんの施肥加減は、枯らしてなんぼ・・・
人間と同様に、多肥で育てられた植物は軟弱だ。
軟弱にした植物を、農薬で守る(-_-;)
これがエスカレートすると「自然」のシステムから徐々に離れてゆくことを意味する。

我が家には無縁の話だと思っている方!
いつかその時が来たら、このBlogを思い出してみてください(^^)


************


ちょっと前ですがサマーウォーズのTV再放送を家族で見た。
何度見ても楽しいストーリーです! 家族で楽しめます。
その繋がりで、時をかける少女⇒奥華子⇒ガーネットを思い出し、
久しぶりにPVを検索したら「初恋」と言う奥華子の歌を見つけた。
PVの試聴ページがあった。
とても切ない歌詞に泣けてくる(TT)いい歌だ。学生時代を思い出します。
息子と娘に、知ってるか? と聞いたら、
さりげなく「知ってる」だって!
それだけで十分な気がしました。
色々な経験を積んで、いつのまにか少しずつ大人になってゆくんですね・・・
[PR]
by nanami7kuri | 2012-09-16 01:37 | クリスマスローズの交配 | Comments(2)

クリスマスローズ 急には減速できない

実家に1通のハガキが到着しました。
今度の差出人はNHK !
c0025140_18564998.jpg

爺婆が元気なうちにいろいろと連れまわしておこうプロジェクトの第4弾:歌謡コンサート2
せっせせっせと出してきた観覧募集が当選した!
応募はがきを出しに出すこと20枚。
念願の当選ハガキが到着です!(^^)!
前回のテレビ東京の木曜8時のコンサート同様に、シニア向けのライブ感覚の番組です。
渋谷のNHKホールにて懐メロ・歌謡曲・演歌の名曲が豪華メンバーで歌われます。
NHKの場合は生放送なんですね。9月18日放送予定です。

*******************

まだまだ猛暑残暑が続いています。ガーデニングは休業状態です。
水やりで精一杯。
クリスマスローズの苗も植替えせず放置状態(^^;)
栽培経験から培った早めの植替えは出来ていません。
本来6月に終わらせておかなければ・・・
c0025140_18563545.jpg

クリスマスローズの実生苗は縮小方向に努めていますが、
こんな状態では花芽は来ないかも(笑)
咲かなけれな身軽になれないし・・・悪循環ですね。

私は普通のサラリーマンなのでいつ転勤の辞令が来るかわかりません。
いつ病気になるかもしれない。
そう思って、全力で実生の道を走り続けてきましたが、順調だと家庭が苗で飽和します(笑)
人間も植物もバランスが重要なのです。
あなたは大丈夫ですか?

大地に言われたくない!
す、・・・すみません(笑)


また、新しい本を買いました。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-09-10 00:53 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

タネが危ない

最近、本を買いました。
「タネが危ない」です。
c0025140_20273849.jpg



話の本筋は
世の中 雄性不稔F1の農作物だらけの現状に警鐘を鳴らす内容となっています。
良いところもあれば、悪いところもある、なるほどと考えさせられました。
一部のF1メジャーによって世界が偏った方向に向かっているのは確かだ(-_-;)
一方で、私がこの本に興味を持ったきっかけは
均一の品質を生み出すF1の作り方はどうなったいるのだろう?
どんな方法があるのか。
最新の方法は。
に始まって、雑種強勢の引き出し方、自家不和合性へと続き面白い本でした。
私はどちらかと言えば多様性を利用したい立場なので直接応用できる記載はありませんが
実生の大切さ、自然の仕組みの大切さを教わった気がします。
人間はどこまで遺伝を操作して良いのか・・・考えさせられる一冊です。

未だにクレマチスの結実は解らないことが多々ある。
そもそも疑問を持ち始めたのは
・蕾のうちから花粉を出しているのに自家受粉しない場合があった。
自家不和合性が有るのか無いのか、時間差型なのか、
完全ではなく「そうなる場合もある」その程度なのかもしれない・・・
・当然放置していても結実する場合もあるし
・去年採れても、今年は採れないとか
・花の充実度で結実能力も変わるようだし
・八重の遺伝子を持つ者の結実能力は低いのか普通なのか傾向がつかめないでいます。
・ごちゃごちゃ考えずに単なる結実能力不足とか?単なる気まぐれ?(笑)

クリスマスローズでは近親交配を繰り返すと、雄しべが出なくなる場合がある。
遺伝的異常が固定されたものではないので雄性不稔でもないし、
自家不和合性とも異なりますが、結果的に自家不和合的な植物の工夫なんだろうな。

***********

先週末は久しぶりに雨に恵まれました!
が・・・
3日間も降ったり止んだりが続きました。
そしたらクレマチス子苗の葉が枯れこむものが出てきました。
フロリダ系のように水分を遮断されたようなタイプの立ち枯れ方ではないです。
ベト病?さび病?褐斑病?炭そ病?なんだかわかりませんが
ともかく長時間葉が濡れっぱなしだとダメみたい。
蔓を、全ての葉を枯らすわけでは無く下の方の葉だけ枯れる。
c0025140_2028244.jpg

この症状は我が家のウエスタプラッテに出る症状と似てる、長時間の濡れに弱い。
長時間の濡れ・・・す、すみません(笑)
100年後に銘花と呼ばれるには多湿にも強くなければ!
強い子には「耐湿」と記載を残すことにする。

********

もしかして立ち枯れ病と言われるものって2タイプありませんか?
私の経験で大別すると
①多湿が続くと葉が徐々に枯れこんでゆくタイプ
例:ウエスタプラッテ
②悪天候後の急な晴天時に、まるで水分が絶たれたかのように
突然に蔓全体がしんなりするので葉は緑のまましなびるタイプ
例:フロリダ、テッセン

枯れるのは同じだけど、明らかに経過症状は異なるのです。
でも上記の我が家の症状は一般的なのか解らない。
私のBlogをうのみにしてはいけない。
本やネット、他人から得た知識は丸飲みしてはいけない。
興味をもっていろいろ観察、経験すると見えてくるものがあります、
答えは自分で探すしかない。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-09-08 19:24 | クレマチスの交配 | Comments(4)

クレマチス種の低温処理

カミさんと爺婆を連れて息子の通う高校の文化祭に行ってきました。
c0025140_961348.jpg

青春してますね~、
楽しそうだ。
みんな輝いてます!
若いころを思い出して懐かしいなぁ、そんな(笑)

せっかくの文化祭なのにゲリラ豪雨(^^;)
ダンボール箱で作った飾りは可愛そうになすすべもなく・・・
しかし、そこは若さでリカバーしています。無限のパワーがある!
c0025140_955542.jpg

PTAで編成されたビデオ撮影部隊も発見しました!
同じ趣味なので興味津々
声掛けしてお話したいなと思いつつ、話に花が咲いてこれ以上作業が増えるのも…(^^;)
時間があればいくらでも協力したい!意気込みだけで申し訳ありません。
c0025140_962591.jpg

うちの子はクラスでたい焼き屋してました。
「白いたい焼」きのはずが・・・普通やんけ?
自分たちで生地を配合して焼き上げているので、初日のこれは失敗らしい。
c0025140_96725.jpg

なにやら怪しい催しものを発見。
宮崎駿を連想させるネーミングです(笑)
なんだろ?なんだろ??気になります。
c0025140_964676.jpg

残念ながら爺婆の体力も無いので帰りましたが・・・なんだったんだろう?
翌日、カミさんと娘が再び文化祭に遊びに行きました。
吹奏楽部の演奏があるからです。
たい焼き、今度は少し白かったそうですよ(^^;)
ともかくフル稼働でも生産が間に合わないほど売れたそうで良かったね。

***************

すみません、前置きが長かったですが
クレマチスの種を低温処理に仕掛けました。

私はクレマチスの種の発芽時期の安定化&前倒しを目指しています。
条件はまだまだ模索中なので流し読みしてください。
ここに記載することをまだ信じてはいけません。
試行は各自自己責任でやってください(^^;)

無計画ですが(笑) 9月1日に冷蔵庫(愛称:デロリアン)に入れました。
今季は少し早めにデロリアンから出す予定。小刻みに冬と春を繰り返してみたい。
c0025140_962846.jpg

会社の研究とは異なり、ぶらぶらっと適当に楽しみたいと思います。
本を読んだり、人から聞いたり、ネット調査したことだけが知識を得る方法ではありません。
自分で見たのか?、自分で確認したのか?
先生や先輩方の教えです。
植物を見て、植物に聞いて、現場から答えをもらえ。
それを繰り返して経験から得る知識は土壇場で役に立つだろう。

オオナガレが咲きました。
と言うよりも写真撮影を忘れていたので最後の最後の花です。
この最後の花だけは先端が白い。大河の親戚は考えすぎか(笑)
c0025140_965966.jpg

その他にアンドロメダとアラーナが咲いています。
何かクロスしてみようか・・・
と、欲望も再燃するのですが
ゲリラ豪雨が欲望も洗い流してしまった(^^;)あははは
久しぶりの雨はガーデナーとしては嬉しいのですが
あまりにも破壊的な強雨は困りものです。

そんなこんなでここ数日 
たい焼きを食べすぎている大地です。
[PR]
by nanami7kuri | 2012-09-02 18:16 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite