七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

何処へ行く?     

そう、それは7月初旬のあの猛暑の時、
遊びに行ったホームセンターで見かけました。
炎天下の処分品コーナーに放置されているHFヤング
もう何日も水をもらってないようでカラカラに乾いた土
それでも枯れずに頑張ってました。
なんて強いクレマチスなんだろう、多肉植物並みに乾燥と日照りに強いのか!
春、あちこちの家庭の庭先で咲き誇るわけだ。
ちょっと交配に使ってみたくなります。
親は不明なのが残念・・・

7月初旬の猛暑に比べればましですが
それでも炎天下の作業はキビシイ(^^;)
先送りしてきた網戸の張り替えでは、立ちくらみの連発です。
手慣れたものですが、倒れない程度に休まなきゃ。
さてアジサイの剪定時期は待ったなし、しかし全体の1/2で今日はギブアップ。
台風対策も先手を打たねば! 
ユウカリに続き、大きくなりすぎたフラミンゴを選定しました。
フラミンゴは斑が涼しげです。
c0025140_14491624.jpg

平日は仕事でピキーに働き、週末は趣味とは言え炎天下の作業では体が持ちません(笑)
いつ休むんだろう。今日は外で作業しないぞぉ・・・   と、心に決めても
ついつい植物の世話をしてしまうのでした、あははは。

実生のクレマチスはポツリポツリと咲いてきます。
実生No.0032  母:フォンドメモリーズ x 父:レッドスター
剣弁オフホワイトの6弁花、シベは黒に近いエンジ色
母親のピコティは何処へ行った? 父親の赤は何処へ行った??(笑)
c0025140_1449479.jpg
c0025140_14495595.jpg


実生No.0033  母:ベルオブウオーキング x 父:ビルドリオン
剣弁淡ラベンダーの6弁花、シベは明るいエンジ色
c0025140_145082.jpg
c0025140_14502611.jpg

父親のピコティは何処へ行った?
開ききると僅かにピコティの気配がありますが、そんなの普通レベルです。

新しい花と呼べるレベルの花を咲かせるのは難しいですー
クリスマスローズの花色の遺伝感覚とは乖離しているイメージです(^^;)
混ざるというイメージが通用しない。かなり手強い。
逆に言えば簡単に真似されない!

あなたはどんな考察しますか?
結果を確認することも大事ですが、
もっと大事なのは「なぜ?」と考えることだと思います。
いろいろな仮説をたてる、頭の中のスパコンをフル回転で演算させる。
一方で非科学的な経験値が最後にものをいう。
直感やひらめきも偶然ではない、脳みそが瞬間で高速演算した結果かもしれません。
初めはいつも手探りです。
今は経験を重ねるしかないだろう。
[PR]
by nanami7kuri | 2013-07-28 23:57 | クレマチスの交配 | Comments(8)

スイッチを入れるとき   

さて、
先日のこの花
実生No.0031の親当てクイズの正解は・・・
c0025140_22114534.jpg

私の交配はオープンエア-状況下なので
虫や風に先を越されているかもしれません。
確実ではありませんが交配したつもりの親はこれです。
母:天塩 x 父:ビルドリオン 
c0025140_22301940.jpg

ピコティを創り出したいと思ったときに
クリスマスローズ交配の経験からすると・・・当然、親に思いつくのは
・ビルドリオン
・フォンドメモリーズ
・ベノサバイオレシア
・柿生
・ビチセラ系ピコ 
etcこのあたりだろう。

同様にクリスマスローズ交配の経験からすれば
ピコティは遺伝しやすいのではないかと期待していました。
が、しかーし。

ビルドリオンのピコティは何処へ行った(笑)
高温期にもかかわらずピコティの気配さえもない。
天塩セルフではと思えるほど。
ピコティが遺伝しやすいという期待はクレマチスには通用しないのかもしれない(^^;)
うむむむむ・・・・
F1程度で目的の花が咲くほど甘くは無いようです。
世の中に早咲系の大輪ピコティがあまり無いのもうなづける。
難しいから意義がある、解らないことに挑戦することは面白い。


お口直しにフォンドメモリーズはいかがでしょう(^^;)
ただいま庭では返り咲きしています。
c0025140_22121414.jpg

c0025140_22122658.jpg

高温期のこの花は特に美しい。
ピコのコントラストが強くなります。
綺麗だなぁー!
[PR]
by nanami7kuri | 2013-07-21 23:04 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クレマチスの実生No.0030、 No.0031開花  

管理人の大地です。
もう夏バテしています。
今日はちょっと涼しかったですね。これぐらいの陽気が続くとよいのですが!

開花からずいぶん日にちが経ってしまいましたが実生クレマチスの開花報告です。
6月25日の記事の蕾の続きになります。

実生No.0030 母フォンドメモリーズ x 父ベノサバイオレシア
オフホワイトの万重咲になりました。
姉妹交配からの白万重モドキはこれで4個体目。
No.0022のカシスモドキを含めると万重咲は5個体目です。
c0025140_19414115.jpg

今までの個体との違いと言えば・・・
あああーんんんー? 内弁がチリチリしてるところでしょうか(笑)
c0025140_19415441.jpg


さて、面白いのはこの下の画像の花。
同じく6月25日の記事続きです。虫に食害されてしまった蕾が開花しました。
実生No.0031
c0025140_194204.jpg

6枚弁の剣弁。
極淡い青のピコティです。美佐世と、イワンオルソンの中間型くらいの花色です。
シベは紫のグラデーション。美佐世とフォンドメモリーズの中間的イメージ。
残念ながら雄しべの先端と、雌しべは食害されてありません(^^;)
c0025140_1942518.jpg

さてここで問題です!
上記の花の親当てクイズ(笑)
母親と父親の名前はなんでしょう?

正解者の中から抽選で1名様に・・・
あああーんんんー。何もありません(^^;)ごめん。

ヒントは
大地的には「ええー、こうなるの?という感想」
でも、答えを知ると「まあ、ありうるだろう」と思えます。

もう一つヒント
美佐世、イワンオルソン、フォンドメモリーズは親に使用していません。

熱い夏のオフシーズンはこんなクイズでも楽しんで行ってくださいませ。
答えは来週あたりに発表しますね!

*************

別の実生の未開花苗に、初めての蕾が上がってきました!(^^)!
このダラダラと開花シーズンが続くのは喜びが小出しでいいかも。
楽しみが長続きして、夢が長続きして、嬉しいです。
さあ咲いてこい!
お前の花を見せてみろ!
c0025140_19421097.jpg

c0025140_19421548.jpg

この苗たちはうどん粉病に強いです。
今のところ未立ち枯れです。
でも、期待すると奇跡は起きないですよね(-_-;)

*****************

昨日、ホームセンターで衝撃の光景を目にしました。
HFヤングを親株に迎えたくなってきました!
[PR]
by nanami7kuri | 2013-07-16 23:51 | クレマチスの交配 | Comments(0)

早期発芽プログラムの始動     

猛暑が続いていますね、おまけに雨も降りません。
うっかりしてると植物がぐったりしていて(^^;)水やリが気を抜けません
そして仕事も無事に忙しくなってしまい(笑)私も夏バテしています。
近所の学校にも救急車が3台来ました!
熱中症だって・・・、おおお~ついに出てしまいましたか。
皆さんも、体調には気をつけてください

7月13日の夜にクリスマスローズの種をようやく蒔きました。
私の種まきの方法は温度処理を行って早く発芽させる方法で行います。
リスクが高いので一般的にはお勧めしません。
なので今日は緻密な作業内容や設定は割愛します。
詳細を知りたい方はご面倒をおかけいたしますが過去の記事を参照願います。

例年だと七夕に蒔いてきましたが、
今年は忙しくて・・・1週間ほど遅延してしまいました(^^;)
本当は7月1日に蒔きたいと思っているのですが毎年間に合いません。
今年の用土は赤玉4:鹿沼2:燻炭1で行いました。
c0025140_21422374.jpg

この頃は面倒なので、
ビニール袋の中で湿潤用に使用していたパーライトと共に蒔いてしまいます。
c0025140_21423336.jpg

クリロラボにはエアコンが無いので、
夜とは言えども汗だくだく流しながら蒔きました(^^;)
か・・・体が干からびてしまいそう。
c0025140_21424021.jpg

デロリアンを久しぶりに起動させました。
設定は冬眠モード。温度は10℃。
c0025140_21424783.jpg

蛍光灯は動作テストとして点灯させてみました。
このあと発芽が始まる10月まではのんびり出来ます。やれやれだよ(^^;)
c0025140_21432728.jpg

今季蒔く種は冒険と熟成と織り交ぜられている内容です。
同じ花がたくさん咲いても仕方ないので
毎年少しずつ冒険の角度を変えています。

新しい花に、迷わず新しい模様を差し込むぐらいの速度が必要だ。
この花はNo.546DDリバーシブルのグラデーション
2007年にNo.110のセルフから開花した。
c0025140_22281586.jpg

そして翌年2008年7月5日のクラブのオフ会にてセルフ種を配布している。
だからもう過去の花です。デザインとしては古い。

そこでNo.546をベースに新しい個性を求めて
交雑した花たちが今季もボチボチ咲いてきた。
2013年2月11日の記事の花と同じカテゴリーの花たち。
正面から見るとパステル調のグラデーションで、エッジは濃い糸ピコとなる花。
背面から見ると白地に濃糸ピコティです。
あの記事とは別の個体
c0025140_22283070.jpg

リーバーシブルと糸ピコのクロス交配から生まれた
両親の良いとこ取りの花色。
この花たちは正面から見ても、背面から見ても楽しめます。
c0025140_22283845.jpg

地植えや、大鉢を考えたなら・・・
背面の美しさも大切な気がします。
c0025140_22284521.jpg

このグラデーション的な花色は安定的なものではありません。
暖かくなると薄まります。
それでもグラデーションのピコティは繊細な日本人の感覚に合っているのかもしれません。
好きなんだぁ・・・
c0025140_2228579.jpg

少しは個性が出せたかな?

クリスマスローズへの興味が薄い人からすればこの程度では
「 同じ花 」
程度にしか見えません(笑)。

珍しい花と、美しい花は必ずしも同じわけではありません。
今季の交配は熟成と冒険の間で揺れながらも夢を仕込みました。
何か面白い花が咲いてくれるといいのですが・・・(笑)

天気予報によると来週は少し涼しくなるそうです。
クレマの事、アジサイの事、書きたいことがたくさんあるのですが
バテバテなのです(^^;)
[PR]
by nanami7kuri | 2013-07-15 21:17 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

クリスマスローズのスタート     

今日は暑かったですね(-_-;)
一気に真夏・・・いやいや猛暑でしょうか。
クリロラボの気温は35℃まで上昇していました。
気温の変化に花たちも変調をきたしてしまうのではないかと心配になってしまいます。

さて、
私もついにオモチャを買ってしまいました(笑)
LTEのスマホです。まだ使いこなせません(^^;)
こんなものに¥6000/月もの通信料を払うのはもったいないと思いつつ
私もまだまだ子供です・・・買ってしまいました~
柔軟な機動力に、柔軟な情報収集力を追加しました。
十分な計画を立てつつ、臨機応変な行動をします。が・・・
余計にせわしない人間になってしまいそうです。
スローライフは何処に行ってしまったのだろう(笑)
情報よりも心の豊かさが大事だろう。
c0025140_23303381.jpg

プロバイダー等の変更も行いますので現行のホームページは近日閉じます。
秋ごろまでには別のプロバイダーで同じコンテンツを再開しますね!
リンクを張っている方にはご迷惑をおかけいたします。
このブログはそのまま継続出来るのでupし続けますよー

さてさて、一年中クリスマスローズを育てて
開花して交配して種まいて育てて開花して交配して種まいて・・・
を繰り返す生活を送っているので(^^;)いつが季節のスタートだかわかりません(笑)
なんとか、どの種を蒔くかの検討が・・・ようやく終わりました。
c0025140_23304699.jpg

交配に使用した母親株は182株でした。
交配の種類は342種類。
その中から考えて考えて悩んで悩んで夢見て夢見て・・・
厳選されたものを蒔きます。

気が付けば、もう7月7日 七夕です。
もう種まきを急がねば。
未だ今日の時点では早期発芽の低温処理に仕掛ける準備が間に合いませんでした。
一家全員のLTEへの乗り換えに4時間近くも費やしてしまいました(-_-;)
c0025140_23304040.jpg

今季はグレープバイカラーのお気に入りがいくつか咲いてきました。
このグレープバイカラーのカテゴリーは
近所のお姉さま方にはあまり人気がありません。
単純なバイカラーではイマイチ色気が足りないのだと思います。
人気が無いうちに、人気が出るように、魅力を付加させてゆきたいと思います。
私の個人的嗜好では正面から見たときにピコティ(覆輪)になる花に魅力を感じます。
そんな魅力のベクトルに磨きをかけたいと思っています。
c0025140_23305478.jpg

今後のグレープバイカラーは背面のグロスは必須。
正面のピコティのコントラストを高くしてゆきたい。
濃い部分はより濃く、白い部分はより白く・・・
c0025140_23305960.jpg

でも、これがなかなか難しいです。
ピコティが細すぎてもダメ、太すぎてもダメ・・・
白い部分に徐々に色のりしてきてしまう場合が多いのです。
c0025140_2331418.jpg

高コントラストだけど、短い区間でグラデーションしてくれると嬉しい。
ザラザラした色調は取り除いていきたい。
そんな完成度の花は今のところ見たことがありません(笑)
c0025140_23311042.jpg

理想は高く行きましょう。
まだ夢は持てると思います。
c0025140_23311620.jpg

グレープバイカラーもまた奥が深いようです。
夢はまだ見れる、しかし現実は進化が鈍い領域に達している。
のんびりマイペースで行きましょう。
管理苗の数を減らすべく自分と闘っています(笑)
[PR]
by nanami7kuri | 2013-07-08 02:31 | クリスマスローズの交配 | Comments(8)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite