七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

クレマチスの苗床解体地獄

桜の開花までもう一息ですね!
庭では一足早くミツバツツジが満開です。
春ですね~
c0025140_22481499.jpg

桜が咲けばクリスマスローズの開花シーズンも終わりを告げます。
次世代りんごの3番花。
色が抜けてきましたが頑張って咲いています。
c0025140_22481976.jpg

赤が普通ではない特殊色。将来に希望をつなげたい。
c0025140_22482411.jpg

そして休む間もなく
クレマチスの季節へと移ってゆきます。

私は変人で、クレマチスも実生バリバリ、ライフワークの一つです。
2014年度交配で発芽済みの苗はなんとか冬を乗り越えましたが
それはそれは(^^;)か弱いので要注意です。
週末からは屋外デビューさせようかな・・・
c0025140_22482916.jpg

2013年度交配は・・・
ジャングルです(^^;)うっかりしてたらジャングルです。
耐病性選抜をパスした、そこそこ強い子たち。
c0025140_22483436.jpg

絡み合う・・・その前に分離しないと。
いや、もう絡んでいるだろ(^^;)
植替えも出来なくなってしまうので、緊急植替えを行いました。
分離に1時間かかりました。なんて効率が悪いんだ。
c0025140_22483997.jpg

葉の個性も面白いよ!
ギザギザの葉もあれば
c0025140_22484572.jpg

ビチセラのようなプリプリ葉もあり(笑)
c0025140_22485190.jpg

クレマチスも根が命です。
根の張りも様々で、しょぼい苗もあれば
c0025140_2248564.jpg

強靭な根を持つ個体も登場します。
でも、強くても美しいとは限らないので宝くじみたいなものです。
c0025140_2249415.jpg

しかし、美しくても弱い子ではダメです。
厳しい表現ですみません。
c0025140_22491042.jpg

2012年以前の交配の苗に蕾を発見しました。
別の苗とぐるぐるに絡み合っているので、
蔓をたどってポットの交配タグにたどりつくのは一苦労(笑)
この蕾さん、なんだか万歳しているようですね♪
c0025140_22491766.jpg

咲いてからタグを確認してみます(^^;)
今年はどんな花が咲くのでしょう?
のんびり待ちます。
c0025140_22492467.jpg

でも、
まだまだクリスマスローズの植替えが待っています。
そして日曜は雨らしい・・・
作業が遅れるので週末は降ってほしくないなぁ(^^;)

とりあえず充電しよう、おやすみなさい。
[PR]
by nanami7kuri | 2015-03-28 00:08 | クレマチスの交配 | Comments(2)

もう進化しないのか

今季は新しい花を咲かすことが出来ないままで終わりそうです。
将来に繋がるような花は3年に1株ぐらいしか出ないのかもなぁ。
新しい花はF1で狙えない。
6年、9年かかる・・・
それがこの先の標準なのだろう。

昨年のイエローのリバース花が咲いていますが、今季はこれを超えられなかったです。
外弁の形が雑です(^^;)
c0025140_22564016.jpg

姉妹のこの花はピンクは濃いがザラついているので父親にはなれません。
この組み合わせの延長線上には目的の花が咲かなさそうなので変更しました。
c0025140_22564514.jpg

私はこの中途半端なべインが好き。
でも外弁が雑です。今季は形重視に修正しています。
c0025140_22565159.jpg

正面に極太のリップがさすピコティ。
安定して小輪カップ咲き。葉も小さくコンパクトな株です。
でもね欠点があって・・・花数が少ないんだ。
c0025140_22565561.jpg

多弁よりも私には萌えるLSD。この花はだいぶ古い花ですが現役さん。
そう言えば今季はLSDが不作の年でした。
何がいけなかったのかな?仕込み数が少なかった??
今季はLSDも形重視で交配してみます。
c0025140_2257034.jpg

私の期待のSS花。この花には夢がある。
ブレイクスルーの可能性を持つ。
ネオンを超えるためにはこの辺から始める必要がある。
c0025140_2257529.jpg

夜盗虫に食われた花の別の蕾。
最もダメージが大きい蕾です(^^;)半分食べられてるし。
この系統も形の修正を優先させる。
c0025140_22571378.jpg

蕾には夢がある。
そのまま開かないクリロがあっても良いと思う(笑)
まだ夢を見させておくれ(^^;)
c0025140_22572062.jpg

ブラックエッジの太いグラデーションピコティ。
何か応用できないだろうか?
多弁には向かないかもしれない、SDはイケる!
c0025140_22572597.jpg

今日は午前中はクレマの手入れです。
枝の整理、雑草取り・・・ちょっとのつもりが午前中いっぱいかかってしまった。
クリスマスローズの作業は遅れに遅れ後手後手になってしまっている(笑)
悪循環でバテています。
でも奇跡は必ずその中に埋もれているはずだ。
そう信じて  
クリロ苗の植替え頑張らなきゃ!

徐々に気持ちを切り替えてクレマにも集中します。
[PR]
by nanami7kuri | 2015-03-23 00:00 | クリスマスローズの交配 | Comments(2)

懐かしい花

花で忙しくて、ずーっと行っていなかった骨董市に久しぶりに行ってきました。
タッチアンドゴーの2時間企画(笑)
品物を手に取って、迷っては止め、迷っては止め・・・、
買い物なしで帰れそう!
自分で自分をほめてあげたい(^^;)
c0025140_227616.jpg

しかし、甘かった。
古着屋さんの店先で花木の枝を添えて無造作にディスプレイされている壺にロックオン。
絵柄が、青さが素敵です。
これは売り物ではないのですよね? と、尋ねたら・・・
売っていますよ! との返事が。
c0025140_2271851.jpg

骨董市ではダメ元で聞いてみるのが大切です。
お幾らでしょう?
¥3000です。
ん!安い。これはもう買いです。
でも、どうしよう・・・これからまだお店を見て回るのには大きすぎる。邪魔だ。
ううーん、どうしよう。 支払った後に預かってもらおうかな??
迷っていたら。
では¥2500でどうですか・・・と言われ。プライスダウン(笑)あははラッキー
母へのプレゼントにしよう。

*********

今年も新しい花は咲かないです。
進化は鈍化しています。かなり昔の1068.でも今でもストライクの美しさ。
c0025140_2272527.jpg

去年につづいて咲いてきました。
ホワイトエッジのリーバーシブルさん。
中心部も白のフラッシュのようになるので面白い。
花びらに立体感を与える。なにか応用が出来ないだろうか。
c0025140_2273056.jpg

これもリバーシブルの派生版。
ピンクエッジ。ちょっと剣ちゃんです(^^;)
c0025140_2273542.jpg

微妙な違いはあるものの
このままではリバーシブルの進化はありません。
悩んだ末に今年は大胆に変化も加えてゆくことにしました。

青とは言えません。
バイカラー黒/緑の渋い花。もう少し丸くしたいです。
背面はより黒く、正面はより緑に修正を加えてゆきます。
そんな方向性の交配はとっくに仕込んでいるのですが成長が遅くて(^^;)
c0025140_2274079.jpg


懐かしい花も咲いています。
べインピコティの花。とても古いカテゴリー。
この系統の花を始めて見たときドキドキしました。
だってピコティがダブルになっているのですから!
当時、私にとってそれはもうセンセーショナルな出来事でした。
c0025140_227463.jpg

正面はべインなので出すぎるとクドイ花になってしまう欠点がある。
背面については今でもトップレベルの花色に思う。
正面をもっとなんとかしなければ・・・
c0025140_2275221.jpg

変な花が咲いた。
普通のピコティと思っていたら。
c0025140_2275950.jpg

なんと、極細弁のLSD。
付けまつ毛のような(笑)ネクタリ―。
線香花火のようにスッーと伸びる。
変わった形質です。
c0025140_228880.jpg

でも、美しいとは思えないので将来に繋いだりはしません。
おかしな付加価値を付けたらASHから笑われます。
c0025140_2282275.jpg

明日は一年苗の植替えしなきゃ。
週末しか時間が無いのでキビシイ(^^;)時間が欲しい。

最近、友達とディスカッションしている中で
最近SSからの交配してる??
と聞かれ・・・、少ししかしていないなぁ(^^;)
昔に仕込んだSSからの交配の第2世代が咲いてくるも、
新しい花とは言えず、美しいとは言えず、くじけている状態であります(-_-;)
最近はSSにも新しい個性はなかなか見いだせず・・・
実行する前からあきらめてしまうのはダメです。
ブレイクスルーの花がいつかは咲くはずだ。
[PR]
by nanami7kuri | 2015-03-22 00:39 | クリスマスローズの交配 | Comments(2)

食われる

居るんですよ!
大事な大事なつぼみを食べちまうやつ(>_<)
しかもさ・・・初開花の花のつぼみをさ。
c0025140_22502266.jpg

まだ一度も花を見たことのない蕾を・・・
絶対に許さん!
食われた形跡からするに・・・たぶん夜盗虫。昼に見つけるのは困難。
夜になってパトロールに出かけたら、いました!
犯人発見。枝のふりしてるけど(笑)すぐわかります。
命だけは助けてやるがもう二度と来るなぁ~

大きなフラッシュにピコを目指した交配ですが、
細いフラッシュに(笑)人生そんなもんです。
c0025140_22502976.jpg

グレーのカテゴリーとしては、灰色が不十分で赤が出てしまっている。
ブロッチのカテゴリーとしては集中に欠ける。 中途半端か?
しかし・・・なんだか渋くて刺激的で、 妖艶とも言えそうな花
渋エロいぞ。
c0025140_22503584.jpg

汚いと渋いの境界線は何処だ?
解りません(^^;)

来週はとっても暖かいらしい。
[PR]
by nanami7kuri | 2015-03-14 23:06 | クリスマスローズの交配 | Comments(10)

継続すべきこと

あれから4年です。
風化させてはいけないこと、自分にできることを見つけなおす日です。

また、いつもの当たり前に感謝する事を思い出す日でもあるのです。

*******

多弁の前は、小輪が流行っていました。
鉢でコンパクトに可愛く育てることが出来るので日本向きなカテゴリーです。
りんごで小輪は誰でも思いつく、ありふれたアイデアですみません。
でも納得のいく花はなかなか咲かないです。
第1世代ではオレンジ程度の花しか咲かなか~(^^;)
c0025140_23125687.jpg

デュメを使うと汚い花になってしまったので、この蕾はPDを使いました。
持ち味の凛とした姿は歓迎です。花形は開花を見届けないと油断できません。
色がオレンジ程度なので第2世代へつなぐ必要があります
セルフにするか、戻し交配にするか・・・神のみぞ知る(^^;)

りんごは派生でアドバルーンみたいな花が咲く(笑)
寒さと日照の条件によって背面の花色がツヤのアドバルーン。
ある意味庭で目立つ花です。
c0025140_2313132.jpg

去年の花が咲いてきました。
ホットカラーの特殊色。バラのような感覚。
ただし形が悪いので修正が必要です、おまけに今年も花粉が出ません(^^;)
c0025140_2313712.jpg

上の花と片親が同じの糸ピコ。
いや単なる糸ピコではなく私には将来に期待する花色。
非絞りで、花弁正面にリップが差す。多弁にSDに未来を夢見たい。
c0025140_23131421.jpg

近所のお姉さま方にはまったく人気のないグレープバイカラー。
でも、昔からクリスマスローズを育てているお馬鹿さん級のマニアの私にとっって
思い入れの深いこだわりの花です。
背面はより黒く、正面はより白くそれでいてエッジにリップが差す難しいバランスがこだわりの花。
咲終わりの頃でも白が汚されない事が望まれる。
c0025140_23131978.jpg

3年前、黒の交配はあまり行っていません。
デュメの血が流れる小輪さん。弱弱しい(^^;)枯れないか心配な花。
養生で多花になってくれるといいのですが・・・、頑張ります。
c0025140_23132516.jpg

クレオンとミルフィーユの中間的な個性の花。中輪の花。
妖艶なのか病的なのか・・・微妙な花色。背面は太い糸ピコティ。
c0025140_23133162.jpg

この蕾、ようやくたどり着いた蕾。
SSアトロルーベンス x DDディド直系hyb の交配の第2世代の花。
だいぶ昔に着手したのですが、開花に4~5年かかるのでもう忘れていた(笑)
目指していたのはアトロ的なダブル
とりあえずDです。
暴れないでください(^^;)できれば単色にならないでほしい。
c0025140_23133833.jpg

覚えているだけではダメだ。瞬間的ではなく長い継続が必要です。
風化させてはいけないこと、
将来に繋ぐこと、
自分にできることを見つけなおす日です。
[PR]
by nanami7kuri | 2015-03-11 00:24 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

青いクリスマスローズ

そんなもん・・・あるわけないだろう(笑)青いクリスマスローズ
ぜんぜん無理、絶対に無理。
バラと同じく不可能を意味する言葉のたとえになりそうなぐらい(^^;)

でも、こないだ、ちょっと青く感じる部分を見ました。
このトサカの部分。
c0025140_19325929.jpg

黒花のトサカの部分が、なんとも不思議な色でした。
灰色と黒と緑が絶妙に混ざり合うと・・・なんとなく不思議な色。ちょっと青っぽい?
いやぁ~、青と言う言葉を使うのにはちょっと無理があります。
そういえばアトロの緑で似たような感触があります。
とは言え、「そんなの青じゃないぜ」とパンジーに怒られそうです。

美しい青があったら、花色のバリエーションが一気に広がるんだけどなぁ。

*******

べインは入りすぎるとくどいので嫌われます。
失敗するとそれが艶消し紫だったりして・・・
改良版は基部のフラッシュを消したバージョンのニューべイン。
私はこれがけっこう好きです。
c0025140_1933922.jpg

なかなか濃い黄色になってくれない、リバーシブルのイエロー。
それでも絞り系ピコティとはことなる温かみがある。
この分野はまだまだ改良の余地があるのでやりがいがあります。
花色の赤と黄色のコンビネーションが難しい。
赤が強く出ると黄色く感じられない。そもそも黄色が遺伝的に負ける(^^;)
今後、交配の親を抜本的に別系統にしてみます。
No.1203まで戻って別のクロスを行います。
c0025140_19331495.jpg

私の一番好きなカテゴリーのピコティ
これを多弁にも持ち込みたい。
c0025140_19332095.jpg

我が家の今までの黄色が、霞んでしまうほどのインパクトを持つ
丸カップの濃イエロー。単色としては完成されている。
イエローの交配でいつも迷うのが
ゴールド系を使うか、色を優先させるか。
c0025140_19332512.jpg

クリームのラージフラッシュ。
フラッシュはもっと赤くいてほしい。
その点ゴールド系のフラッシュは優秀だ。
と言ってもクロスすれば2世代は希望の花は咲かない。
でも、何もしないと何も始まらない(笑)考え込む時間が長い。
c0025140_19333212.jpg

両面 太い糸ピコティ
内弁もそこそこ丸くなってきた。
カップ咲や多弁咲にはこの両面ピコが武器になる・・・と、思っているんだけど。
正面ばかりが評価される世の中にあって、私は背中を大事にしたい。
その要求を同時に叶えてくれる花色です。
c0025140_19333981.jpg

去年の多弁さんも咲いてきました。
ヨレず、暴れず、合格圏内です。交配に使う事にしました。
c0025140_22452137.jpg

この花にはもう一つ大事な個性があります。
それは首短です。ゾウさんの鼻のようなシワシワの曲がる首がありません。
太くて短い首なので重たい花も横向きにキープできる重要な形質を有する。
c0025140_22453121.jpg

多弁、ヨレない、首短と・・・多弁交配の重要な要素を併せ持つのです。
後は花色に色気をのせよう。
花色優先交配と、多弁優先交配と両方仕込みました。
この花、雄しべがあるのだから父親としても使ってみよう。

ただし、子孫が暴れない保証はないです。慎重に行こう。
多弁は私の交配カテゴリーの一つではありますが、メインではありません。
どちらかと言うとSDの方が好きだなぁ!(^^)!
[PR]
by nanami7kuri | 2015-03-02 23:52 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite