七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クレマチスは採種の始まり

目玉焼きの半熟のつもりが・・・ちょっと火を加えすぎたか。
と思ったら?
c0025140_22591766.jpg

石鹸でした(^^;)
終わりに近いオレンジ色の石鹸を、白い石鹸に貼り付けたら
目玉焼きになってしまいました。
c0025140_22592577.jpg

クレマチスの開花シーズンも終わり一段落かと思ったら甘い。
今はクリスマスローズの種蒔き熟考で悩ましい時期です。
昔のように迷ったら蒔く! というわけにはいかないので
熟成と冒険とのバランスをほど良く最適化して未来に繋ぎます。
c0025140_22593094.jpg

種の整理に、写真の整理、カビるもの、乾き過ぎるもの
この交配は絶対に結果を見たい! そんな種が採れると希望が生まれます。
自由に使えるお金はないが、夢はたくさん持っています(笑)


クリスマスローズの種まきが終わらないうちに
クレマチスの採種も始まってしまいました。
気持ちを切り替える猶予はなく、常に同時進行で作業が進みます。
c0025140_22593570.jpg

お金も時間も無いけれど、夢はたくさん持っています(笑)
また新たな希望の蕾を発見!
未確認の実生苗の蕾を、追加で2個発見しました。
第4個体の蕾さん
c0025140_22594022.jpg

第5個体の蕾さん
このまま咲かないで、夢のままでいた方が良いかもしれませんが
それでも次が見たいのです(笑)
c0025140_22594545.jpg

タングチカ系が咲いてきました。
このタングチカ系の黄色は非常に濃い黄色です。
平咲にこの花色が出せないものかな!
c0025140_22595062.jpg

たまたま環境が合っているのか
枯れるどころか、今季はとっても茂っています(笑)



[PR]
by nanami7kuri | 2016-06-26 23:46 | クレマチスの交配 | Comments(2)

実生の蕾はワクワクを連れてくる

梅雨だと言うのに今日は良く晴れました、まるで夏です暑い暑い!
昨日もとてもいい天気でした。
曇天が続いた後の晴天は、立ち枯れの危険度が最も高いので
もしかすると・・・ と、思っていたらやっぱり枯れた(-_-;)
c0025140_2326150.jpg

上の写真は先週の晴天で立ち枯れた子です。
今回の晴天と合わせて3個体が立ち枯れました。
ある程度のロスは覚悟しているけど、もったいないなぁ(^^;)
立ち枯れタグを挿しておこう。株元付近ではもう新芽が準備されていた。
c0025140_23261127.jpg

ベランダで最も伸長しているこの花は。
実生の良くある白万重もどきNo.030
フロリダ系なのに直射日光に耐え立ち枯れにめっぽう強い。乾燥にも強い。うどん粉病にも強い。
c0025140_2326164.jpg

一節に6花を付けながら無限花序で咲いてくれます。
しかし・・・
花が普通すぎる
c0025140_23262186.jpg

遅ればせながらパンサが咲きました。
特にこの時期は濃いね。
c0025140_2351194.jpg

ガブリエルも咲いてきました。細弁が特徴的。
ちょっとうどん粉にかかるけど、この花も無限花序で下から咲きあげる。
面白い遺伝子が入っていたりして?
c0025140_23511546.jpg

今季は実生の初花は咲かないだろうと あきらめていていたのですが
来ました! 
3個体に蕾を発見。
c0025140_23263754.jpg

未確認の蕾を発見するとワクワクします。
c0025140_23264132.jpg

特に、下の写真の蕾は数奇な運命の株です。
腐ったと思って捨てた種が、残土の中で埋まりながらも発芽し生き延びていました。
発見時はモヤシのような状態でした。
c0025140_23264690.jpg

なので親が不明です(笑)でも、縁というか運命を感じて育てています。
「奇跡」というタグを挿しました。
発芽から半年で蕾を付けました、我が家で最速の開花記録かも。
ワイ性で地上部から約60cmに蕾があります。

手前の苗は交配から1~2年の苗です。
これらを来年咲かせられるように頑張ります。
c0025140_23265372.jpg

下の2枚の写真は交配から1年の苗
なんだか細めの葉っぱもあれば
c0025140_2327065.jpg

ギザギザの葉もありです。
c0025140_2327624.jpg

来週はまだ曇りがちのようなので、遮光はその後かな。



[PR]
by nanami7kuri | 2016-06-19 00:58 | クレマチスの交配 | Comments(2)

梅雨時期のクレマチス、冬のクレマチス

先週に紹介した梅雨時期の6月のフォンドメモリーズは下の写真のように
リップがととても濃いのであります!
c0025140_1452952.jpg

一方、1月に咲いたフォンドメモリーズは下の写真
桜のように淡い淡い桃色さんで咲きます。
c0025140_1453553.jpg

今年は暖冬だったので1月でも咲いていた。
氷点下はいくらなんでも枯れてしまいましたが
この花は一年中咲ける四季咲き性の強さを有するのです。
季節で、気温で、まるで別の花のように表情を変えます。
四季咲き性はあればうれしいけど、私にとってはマストではないけど。

**************

クリスマスローズの植替えが終わったら、いよいよクレマチスの植替えです。
でも! ちょっとその前に梅雨時期のクレマチスを見に行こう。
麻溝公園に行ってきました。
ここは薬に頼らない栽培なので、一般家庭に近い状況が見れます(笑)
c0025140_1454195.jpg

管理事務所前ではいつものカガクさん
施肥が少ないのか?だいぶ細め。我が家並みの咲き方です(^^;)
c0025140_1454562.jpg

テッセンは無難に、綺麗で、美しい。
我が家ではもう咲き終わってしまったのに、なぜここでは満開なんだろう?
日照の条件はさほど変わらないようなんだけど・・・、涼しいのかも。
c0025140_1455063.jpg

立札の名前を信じると、下の写真の花はジェニー
もりもりと花盛りで咲いていた。
これならアジサイとも絡めるね!
c0025140_1455640.jpg

下の花は、マダムジュリアコレボン
何処の公園でも、誰の庭でも立派に咲いてくれる信頼性の高い花。
アナベルや、柏葉アジサイのスノーフレークなどの白いアジサイと絡めたくなった!
いつか手に入れて白アジサイと絡めたい。うどん粉にも強い。
c0025140_146321.jpg

紫の下の写真はエトワールバイオレット。これもうどん粉に強かった。
c0025140_146860.jpg

ぷりぷりっと可愛らしい押切さん
大きすぎず、小さすぎず、大好きです。
我が家に昔あったんだけど枯らしてしまった。
c0025140_146135.jpg

うどんこ病にちょっと弱いのです。
壺系の花の宿命ですかね。
c0025140_1462147.jpg

先日のオープン農場で、友達とうどん粉病の話になったときに
とても弱いと聞いていた篭口さんを見つけた。形と色艶はとても魅力的。
大地好みです!
でも・・・ほ、ほんとに弱い。うどん粉病で葉が真っ白(^^;)
c0025140_1462796.jpg

そして、
壺クレマのエリアに到着。あれっ・・・
なんと! ほとんど枯れている?  9割近くが枯れている。
ちょっと衝撃の光景。
c0025140_1463344.jpg

この公園、普通に放置栽培なのだろうか? でも、ある意味とても参考になります。
確かに我が家の壺クレマも全て絶滅した。
普通に日当たりが良くても、風通しが良くても、それだけではダメらしい。

そんな中で、うどん粉にかかりながらも頑張って咲いていたのは
下の写真の吹込でした。
それから這沢。押切。 この3種は比較的なんとか耐えるようです。
c0025140_1464073.jpg

この花壇の状況は勉強になりました。


先日、キッコーマンの豆乳を飲み終えた後、
パックをつぶして捨てようとしたら
とても気持ちが朗らかになる活字を発見しました!
c0025140_1464689.jpg

たたんでくれてありがとう・・・
畳むと初めて見える、こんなところに感謝の言葉が添えてあり、
明るい気持ちになれました。
c0025140_1465254.jpg

ただいまクレマチスの植替の真っ盛り。
クレマの植え替えは難しい。植え替えたくても絡んでいる(^^;)

でも最近はテクニックを覚えた。
蔓を解かずに、下だけ植え替えます(笑)
c0025140_146591.jpg

昨年は仕事が忙しくて、実生クレマチスの栽培を手抜きした。
その結果、今年は新しい実生がほとんど咲かない(^^;)
その失敗を修正し、今季はちゃんと手入れをしておきます。
我が家の耐うどんこ病試験、耐立ち枯れ試験、をパスしたシャラポアさん達よ、
お前の力を見せて見ろ!



[PR]
by nanami7kuri | 2016-06-13 08:30 | クレマチスの交配 | Comments(0)

ダンスパーティーに流れるショパンの調べ?

本日、関東も梅雨入り宣言がされました。
クレマチスも遅咲き系の開花ピークを越え、終盤を迎えつつあります。
アジサイの開花とも重なるこの頃です。

バラとクレマチスとの共演は良く紹介されるけど、
アジサイとクレマチスの共演はあまり見かけない。
でも、けっこう素敵だよ!
c0025140_20564684.jpg

ピンクのダンスパーティと、水色のフレデリックショパンの絡み合い。
アジサイは小さな花の集合体なので、クレマチスにはボリュームがほしい。
c0025140_20571139.jpg

ショパンってこんなにしぶとく、遅くまで咲くんだね!
アジサイとクレマチスの共演は、クレマチス側が遅咲きでないと開花時期を合わせられない。
クレマチスが日陰だといいのか?
素敵な共演だけど確かにちょっと難しいかもしれない。

*****

実生クレマチスNo.053が咲きました。
中輪でセクシーな花弁。
うむむむ、個性が無さすぎる。
自分で交配した花にはキビシイ言葉を使います。ご容赦ください。
c0025140_20571737.jpg

両親の特徴の痕跡さえもないアンコントローラブルな世界だ。
色をキャンセルする遺伝子、またはその仕組みがあるか?
色の形質を決定する遺伝子が少ないのか? その辺を感じる。
経験が少ないのに、知識だけを語るのは簡単だ。
今までにそういうものを幾つか見てきた。
そこには動物的な直感が働かない、知識だけでは閃きが乏しい。
私にはまだ経験が足りない。


下の花は実生クレマチスNo.054  ようやく咲きました。
2009年の交配です(^^;)
無限花序で、乾燥に強く、立ち枯れに強いが、うどん粉に弱いかも・・・
花がうどん粉してしまった(^^;)あららら
c0025140_20572168.jpg

ベノサバイオレシアを薄くしたような花。
爽やかかとは言えずザラザラしてる、これも中途半端でインパクトが足りない、


一方これは体力不足の大河の咲き遅れさん。
体力不足でもなお美しい。
c0025140_20572649.jpg

下の花は、ちょっと前まで咲いていたアオテアロアさん。
バラの日陰のなので条件が厳しい。クレマの丘のように爆発的な生育はしてくれない。
c0025140_20573120.jpg

前回、話題に出てきたプリンセスダイアナさん。
確かに良く伸びるので、バラと共演と言うよりも、バラの上で咲いている(笑)
c0025140_20573626.jpg

ちょっと前の写真になりますが
「きざし」と「エレガフミナ」
我が家では絡み合って咲いている(^^;)
c0025140_20574259.jpg

こっちなんぞは5種類の花が絡み合ってるし(笑)
c0025140_2057528.jpg

フォンドメモリーズは2番花が咲いてきました。
剪定したわけではないので2番花とは言わないかもしれませんが・・・。
この暖かい時期に咲くフォンドメモリーズは中輪で濃いピコティとなる。
美しい。
c0025140_2057581.jpg

業平さんの2番花が咲き始めました。
暖かい時期からかもしれないが、咲き始めは濃青紫。
この先の変化が楽しみです。
c0025140_2058510.jpg

ようやく訪れた週末はてんてこ舞いなのに朝から雨で・・・
それでもクリスマスローズの植替えは待ったなし。
実家の軒下を借りて任務遂行(笑)
今ごろ植替え、そう遅いぐらいです(^^;)
配置のローテ――ションは来週かな。

今年は灰カビの発生が圧倒的に少ないまま終了した。
種を宿した花茎が倒れた記憶が無い!
なぜだろう・・・
天候のせいか? 施肥のせいか??
まだまだ経験が必要だ。



[PR]
by nanami7kuri | 2016-06-05 22:53 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite