七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

曲線定規

**** 今月の時計 ****

まいど時計ネタですみません。
今月の時計、またまたSEIKOのスーパー
c0025140_18320461.jpg
1950年代の時計です。
この頃の時計は風防がとってもドーム型でレトロ感がありありなんです。
マーベルやユニークも欲しいのですが、なんでかいつもスーパーです。
c0025140_18321711.jpg
ベルト幅が18mmだったので
自作のオーストリッチ オレンジのベルトを組み合わせてみました。
アンティークな雰囲気がもりもり(親バカ)
c0025140_18324866.jpg
ワイシャツでもok
c0025140_18325440.jpg
4つの数字のインデックスは普通に浮き出ているのですが、
その他のインデックスはダイヤルを掘って刻まれています。
c0025140_18331780.jpg
ケースの金メッキは変色している部分があったりします(^^;)
ダイヤルはレコード盤のような溝が付けられているデザインです。
色むらもほとんど無く、コンディションは良好。
c0025140_18333574.jpg
今週はこれを付けて会社にこう!

早くベルト製作を再開したい。こいつらに付けてやりたい。
ブラック皮にライトブラウンステッチも
オレンジ皮に茶ステッチも
ブラウン皮にオレンジステッチも作りたい。
うずうずしています!(^^)!

2017年夏のベルト製作再開に向け、どうしても改善したいことが!
ブラウンのオーストリッチで製作した時に採用したテーパー加工。
ベルト幅を徐々に細くするデザインです。
確かにカッコいいのですが、私の技術力では簡単そうで難しい。
片側で1mm滑らかに細くしなければならない。

その次のブルーグレーのオーストリッチで失敗して(^^;)
それ以来、ビビッてデザインに採用していません(笑)
c0025140_18340983.jpg
定規を自作しなければと思っていたのですが、
しつこくネット検索していたら発見しましたカーブ定規。
クローバーの裁縫用のカーブ定規。
25-051と、25-015.
大きくゆるいカーブのイン側を使いたいので、こんな定規が欲しかった!
c0025140_18342017.jpg
ほぼ直線の領域から、緩やかに滑らかにカーブしてくれます。
時計ベルトに特化した定規ではありませんが、流用できそう。
c0025140_18342855.jpg
これなら失敗の可能性を激減できそうです。
早く使ってみたい!


[PR]
by nanami7kuri | 2017-03-21 23:12 | 自作の時計ベルト | Comments(0)

ダメもとでやっておく その⑧

朝から腕組みしながらブツブツ・・・庭をうろうろ。
あれはもう交配したか?
あの組み合わせはダメだった?
その組み合わせは冒険すぎないか?
その組み合わせは保守的すぎないか?
夢見る交配の季節もそろそろ終わりです。
c0025140_18292038.jpg
のんびりしたいところですが、植替えが待ったなし!
大地は植替えマシーンとなってます。
でも、まだ半分ぐらいしか終わりません(^^;)
大地のお気に入りピンクフロストはしっかり生き残りました!
c0025140_18293983.jpg
ピンクのSDニゲル
可愛い。
この子は大株にしてみたい。
c0025140_18295285.jpg
2月25日の記事の子と姉妹交配。
ゴールドとピコティの交配
蕾はグリーンから始まって・・・
c0025140_18301313.jpg
開くほどに黄色が乗ってきます
極薄くですがピコが出てくれて嬉しい。
現代の進化には全然追いつけていません、ややピコ(笑)
まだまだこれからですね(^^;)
c0025140_18301925.jpg
りんご同士の交配から咲いてきたライムイエロー
c0025140_18302709.jpg
形は確かにりんご系なんだけど、赤が全く乗りませんでした(^^;)
青りんご だなこりゃ(笑)
花弁の基部は黄色くないけれど透明感がある。
ダメもとで上の写真のゴールド系ややピコをクロスしてみた(笑)時間切れ。
c0025140_18303528.jpg
一方で、前回の記事でアップしたこの花もゴールド交配さんです。
想定通りの普通の花になってしまった(^^;)
想定される結果とはいえ悩ましい。第二世代に繋げる気になれない。
何でだろう?もし花弁が黄色だったとしても大地の目指す方向ではない。
c0025140_18304504.jpg
この子は超想定外
艶ピコ的なバイカラーのセルフ交配から咲きました。
もう自信喪失(^^;)あかん
蕾は汚いけど、咲いたら明るい爽やかなグリーン。
c0025140_18305037.jpg
今年を振り返るとゴールド系の進化が身近になった年でした。
久しぶりに刺激的なシーズン。
まだまだ改良の余地を感じるのでいじり甲斐があります。
じっくり楽しめそうです♪

**** 今月の時計 ****

まいど時計ネタですみません。
今月の時計、またまたSEIKOのスーパー
c0025140_18320461.jpg
1950年代の時計です。
この頃の時計は風防がとってもドーム型でレトロ感がありありなんです。
マーベルやユニークも欲しいのですが、なんでかいつもスーパーです。
c0025140_18321711.jpg
ベルト幅が18mmだったので
自作のオーストリッチ オレンジのベルトを組み合わせてみました。
アンティークな雰囲気がもりもり(親バカ)
c0025140_18324866.jpg
ワイシャツでもok
c0025140_18325440.jpg
4つの数字のインデックスは普通に浮き出ているのですが、
その他のインデックスはダイヤルを掘って刻まれています。
c0025140_18331780.jpg
ケースの金メッキは変色している部分があったりします(^^;)
ダイヤルはレコード盤のような溝が付けられているデザインです。
色むらもほとんど無く、コンディションは良好。
c0025140_18333574.jpg
今週はこれを付けて会社にこう!

早くベルト製作を再開したい。こいつらに付けてやりたい。
ブラック皮にライトブラウンステッチも
オレンジ皮に茶ステッチも
ブラウン皮にオレンジステッチも作りたい。
うずうずしています!(^^)!

2017年夏のベルト製作再開に向け、どうしても改善したいことが!
ブラウンのオーストリッチで製作した時に採用したテーパー加工。
ベルト幅を徐々に細くするデザインです。
確かにカッコいいのですが、私の技術力では簡単そうで難しい。
片側で1mm滑らかに細くしなければならない。

その次のブルーグレーのオーストリッチで失敗して(^^;)
それ以来、ビビッてデザインに採用していません(笑)
c0025140_18340983.jpg
定規を自作しなければと思っていたのですが、
しつこくネット検索していたら発見しましたカーブ定規。
クローバーの裁縫用のカーブ定規。
25-051と、25-015.
大きくゆるいカーブのイン側を使いたいので、こんな定規が欲しかった!
c0025140_18342017.jpg
ほぼ直線の領域から、緩やかに滑らかにカーブしてくれます。
時計ベルトに特化した定規ではありませんが、流用できそう。
c0025140_18342855.jpg
これなら失敗の可能性を激減できそうです。
早く使ってみたい!





[PR]
by nanami7kuri | 2017-03-21 01:03 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

セイコー スーパー ブラックダイヤル

*** 今月の腕時計 ***

SEIKOのスパーです
大地好みのSマークなんです!
アンティークのブラックフェイスに初めて出会ってしまった(^^;)
もーあかん、カッコ良すぎる(親バカ)連れ帰らない理由が見つからない。

c0025140_20240199.jpg
ケースも、ダイヤルも、リュウズもピカピカでとっても状態が良いのです。

リダンなのかもしれない。
大地はビートルとかカルマンギアなどの旧車をレストアして乗りたいと思うタイプなので、それも良しです♪
はやくベルトを作ってやりたいです!
この時代の時計はコンパクトなので、これ・・・意外にレディースとしても素敵です!。


先月のオメガのアンティークに、昔に自作した茶クロコダイルを着せ替えてみました!
手作りの皮ベルトとアンティーク時計は似合う! (親バカ)
超ぉ~渋い。(親バカ)
先週はこれで会社に行っていました。ワイシャツにも行けてる。

c0025140_20244873.jpg
ハーフローター独特のコツンコツンという自動巻き上げの感触は、
残念ながら腕に着けるとあまり感じられないなぁ(^^;)

そして今日は、クレマチスの会の総会にも着けて行きました。
誰も気づいてはくれませんでしたが(笑) カジュアルでもok

c0025140_20250527.jpg
60年前の時計ですが雰囲気がいい。
大地好みのクサビインデックスですが、当時はとてもモダンな嗜好だったんじゃないかな?
c0025140_23225679.jpg
確かに流通は少ないので、なかなか出会えない。
初めは衝動買いしちゃったかなぁ~(-_-;)と、ちょっと反省していたのですが
今は「連れ帰って良かった♪」と出会いに感謝しています。





[PR]
by nanami7kuri | 2017-03-12 23:10 | 自作の時計ベルト | Comments(0)

ダメもとでやっておく その⑦

相模原クレマチスの会の年次総会に参加してきました。
労働組合の総会のように丁寧なんです♪
報告と来年度案をご説明いただいてきました、いつもありがとうございます。
来年度もよろしくお願いいたします。

ロビーでは苔玉が展示されていました。
c0025140_20171537.jpg
その中に、なんとクリスマスローズ!

意外に合っています!(^^)!

c0025140_20184941.jpg

とんぼ返りで帰宅して。
クリスマスローズのお世話に汗を流します。
大変ですが楽しいのだ。癒されております♪

c0025140_20190088.jpg

正面は普通のリバーシブルですが、背中が綺麗。
ピコが太くてザラザラしていないので大地向き!私好み!!

c0025140_20191509.jpg

平咲の剣さん。
丸弁カップの対極に位置する。これはこれで美しいと思うのです。

c0025140_20193085.jpg

今年も咲いてくれました。
黄色交配から咲いた緑のリバーシブル(笑)
どんな料理をしたら良いのやら・・・

c0025140_20194179.jpg

りんごxゴールド
しゃもじ的な内弁。しゃもじの付け根は黄色が凝縮されて濃くなってゆく。

c0025140_20202259.jpg

ピコティxゴールド
クリームにピコティの花になりました。ちょっとザラザラした。
期待の交配でしたが思う通りにはいかない。

c0025140_20204428.jpg

だいぶ黄色い糸ピコティ。
この花は、上の写真の花と姉妹交配なのです。ピコティxゴールド。
それなのに全く異なる花になりました。
思い描いた花ではないけれど、ちょっとお気に入り(^^)

c0025140_20211354.jpg

ゴールドxピコティ
透明感のあるクリーム色です(^^;)あせあせ
ゴールドと、ゴールドではない花との交配の第一世代は
意外でした、ゴールドの気配が残るばあいもあって不思議。交配はやってみないと解らない。
思い通りにはいかないのですが、何か実行しておかないと、何も始まらない。

c0025140_20212617.jpg
ピコティバイカラー x ワインバイカラー
この辺の交配はコントローラブルな領域です。

それでも色、艶を言い出すと難しい。
透明感のある深いボルドー???(^^;)表現するのが難しい
母花の父親は・・・なんと! 太糸ピコティなんです。

c0025140_20223098.jpg
正面はピコティ時代のなごり、細いべインがあります。
c0025140_20224484.jpg
不思議に退色しにくいネオン。なぜか正面も背面もマットではない??
c0025140_20230374.jpg
形がいじけてしまった(^^;)
9番目の写真の黄花と異母姉妹。

太糸ピコティって簡単そうで難しい。正面が太すぎると汚くなってしまう。
絶妙なピコティはどうやって狙う?

c0025140_20231632.jpg
写真ではよく解らないけど・・・

リップの色が明るい赤の変な花(笑)
赤リップと言うよりも、マゼンダリップ??

c0025140_20233003.jpg
*** 今月の腕時計 ***

SEIKOのスパーです
大地好みのSマークなんです!
アンティークのブラックフェイスに初めて出会ってしまった(^^;)
もーあかん、カッコ良すぎる(親バカ)連れ帰らない理由が見つからない。

c0025140_20240199.jpg
ケースも、ダイヤルも、リュウズもピカピカでとっても状態が良いのです。

リダンなのかもしれない。
大地はビートルとかカルマンギアなどの旧車をレストアして乗りたいと思うタイプなので、それも良しです♪
はやくベルトを作ってやりたいです!
この時代の時計はコンパクトなので、これ・・・意外にレディースとしても素敵です!。


先月のオメガのアンティークに、昔に自作した茶クロコダイルを着せ替えてみました!
手作りの皮ベルトとアンティーク時計は似合う! (親バカ)
超ぉ~渋い。(親バカ)
先週はこれで会社に行っていました。ワイシャツにも行けてる。

c0025140_20244873.jpg
ハーフローター独特のコツンコツンという自動巻き上げの感触は、
残念ながら腕に着けるとあまり感じられないなぁ(^^;)

そして今日は、クレマチスの会の総会にも着けて行きました。
誰も気づいてはくれませんでしたが(笑) カジュアルでもok

c0025140_20250527.jpg
60年前の時計ですが雰囲気がいい。
大地好みのクサビインデックスですが、当時はとてもモダンな嗜好だったんじゃないかな?
c0025140_23225679.jpg
確かに流通は少ないので、なかなか出会えない。
初めは衝動買いしちゃったかなぁ~(-_-;)と、ちょっと反省していたのですが
今は「連れ帰って良かった♪」と出会いに感謝しています。







[PR]
by nanami7kuri | 2017-03-12 12:16 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

ダメもとでやっておく その⑥

もうクリスマスローズのシーズンもピークを折り返してしまいました。
気が付けば3月だぜ。
近年、年度末は仕事が忙しくなってしまう傾向が続いており・・・今年も同じくです(^^;)

時代のトレンドと共に我が家の花も黄色っぽいものが多くなってきました。
しかし、3年先、6年先を見据えておかないといけません。
淡い黄色地に、淡いぼかしのピコティ。優しい感じ。
もっと正面がリバース的な花色になってほしい交配ですが神様は許してくれませんね~(^^;)

c0025140_21460170.jpg




ゴールド系のグリーン
これ! 庭で圧倒的に目立つんですよね。咲終わりも濃黄になります。
この素材を次にどうつなげるか?何か変化をつけたい、良いアイデアを模索中。
咲き始めの頃はグリーンなので、むやみに赤ピコを灯すと変な色になってしまわないか?

c0025140_21461581.jpg




3年前から我が家で交配に活躍してくれているLSDゴールド
丸弁で、ネクタリーが筒弁で、お気に入りさんです。

c0025140_21464125.jpg


クレオン的な模様を灯すイエロー花。暖かい感じ。
背面から見ると糸ピコティになっていて多芸さんです。
炎のように進化させたい。どうすればよい?
c0025140_21470875.jpg


この花は2月9日の記事の蕾の花。
イエローグラデーションピコ x ゴールド のクロス交配。
ゴールド系と呼べない花ですが、背面のグラデーションは将来に繋げたい!!
もう一度ゴールド系をクロスしてみよう。それではピコが薄まるのでは・・・
c0025140_21472692.jpg


c0025140_21473640.jpg


りんご系交配から久しぶりの井川遥 級の花が咲いた。
イエローのピコティ、丸弁のカップ咲。奇跡のりんご。
最大の特徴は背面の艶と花色。分化能力も良好。

c0025140_21480359.jpg



りんご系の艶と、鮮赤グラデーションが両立したまさにリップ。
欠点は退色が早い(笑)
このリップは活躍してほしい! 花粉はLSDりんご系にバッククロスしてみます!
雌しべは誰と交配する?
今ある花に満足してはいけない。
c0025140_21481689.jpg


でも本当は、ベタ赤バイカラーのりんご目的の交配でした。
まったく意図していないで咲いたので胸は張れません(笑)
思い描いた通りには行かないので、
柔軟に次に活かそう!
人生そんなもんです(^^;)


デュメトラム系のゴールド。形もイイ感じ。 
今のところ小輪です。
c0025140_21484173.jpg


カッチリと咲くネオン系。雄しべもだらしなくならない。
過去の経験からべインの流行は短いので、冒険でいじってみたい。
c0025140_21485981.jpg



こんな感じのLSDりんごは、先ほどのりんごの唇と相性が良いはず。
LSDりんごピコティが咲くといいな。きっと愛される花になるはず。
この花の父親は、LSDの子孫を咲かせる能力が非常に強い。
c0025140_21492510.jpg


ゴールド系のグリーン花、その2
不思議な透明感があって・・・なんだか惹かれる。
料理のアイデアが浮かばないと、ひとまず小輪とクロスだろうか。
などなどと、いろいろ考えているうちに夕方を迎える(^^;)
c0025140_21495148.jpg


やや弁数の多いSDゴールド
カッチリした咲き方でお気に入り。ただし花粉が出ない(^^;)
c0025140_21500743.jpg


黄色っぽいものばかり見ていると
普通の白系のピコティが新鮮に見える。
時代は繰り返されて再びここに戻る。
c0025140_21504489.jpg


もう少し細くしたピコティ。
それでも太いピコティ、これぐらいが好みです。
この花の父親は、丸弁カップの子孫を咲かせる能力が非常に強い。
c0025140_21510229.jpg



太糸ピコティとリバースの融合タイプは最も私好みの花です。
背中の太糸ピコティも魅力的。

c0025140_21512155.jpg



うっすらと、やんわりと、ふわーっと滑らかなグラデーション。
優しい花です。
清楚なところが有村架純 的(笑)

c0025140_21515225.jpg




大地はどんな花を目指しているのか? と聞かれると
最近、何でしょうね・・・
美しいと思う花なら、黒も白も灰も緑も目指しています。
新しいものを創るのが好きなので「園芸種」です。
そして今年、思った。
大地は何処へ向かおう。
抽象的だけど、原点になる考えは包括的な方が良い。
「説明を必要とするマニア向けの花ではなく、
一般の方がパッとみて美しいと思える花」
そこへ向かってみようと思う。
その方向の頂点は、大勢の人から愛される花になるはずだ。
ベクトルは方向と大きさなのです。

なかなか新しい花が咲かない時代ですが
その先の、またその先、3年6年後の花がまだ見たいと思える事は
まだ進化の余地があると思えたからなんだろう。

今季迎え入れた先輩方が作出した花と、自分の花が咲きそろう今
ちょっとポジティブなんだぜ
新しい花を夢見て交配するのは楽しいです。

アンティーク時計のベルトも早く作りたい(笑)











[PR]
by nanami7kuri | 2017-03-04 23:56 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite