七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

自作時計ベルト レディース 

時計ベルトの自作も15本目になりました。
前回のRado Goldenhorse 7005/1 用のレディースを作ってみました!
大まかにパーツを切り出します。トコフィニッシュで下地処理して固めます。
時計取付部はアクセントにクロコダイルを使用する。

c0025140_17332634.jpg

クロスオーバー接着のためのスライス。
斜めに薄くするこの作業は私の技術では非常に時間がかかります(^^;)

c0025140_17333237.jpg

黒革を表にするか?茶革を表にするか?
迷いましたが、結局 黒革を表にしました。
貼り付け完了!

c0025140_17333608.jpg

カットの断面はいい感じにクロスオーバーしているもよう。

c0025140_17343274.jpg
今回も徐々にベルト幅を細くします。
裁縫用の定規を使い始めてから、もう曲線カットは怖くありません!(^^)!
c0025140_17334224.jpg
ベルト幅は12mmから、徐々に10mmに変化します。
アクセントのクロコダイルの尖り部が、中心になるように切断するのに
気をつかいました。
c0025140_17343816.jpg
尾錠を付けたらこんな感じ。概ね予定通りの仕上がりです。
ここで、ステッチの再考。
やるか?やらないか??
c0025140_17345289.jpg
これだけ細いベルトともなると・・・、
・糸もそれなりに細くないとつり合わない。
・ステッチの直線性がいつもより要求される。
c0025140_17345901.jpg
のでので、だいぶリスキーである。
レディースにはステッチレスを良く見かけるので、今回やめました(^^;)
強度はだいぶ低下するかもしれません。
c0025140_17495376.jpg
組立てたらこんな感じ。
ラドーのレディースに15本目となる自作の時計ベルトを組み合わせてみました。
(Rado Goldenhorse 7005/1 自動巻き)
c0025140_17370680.jpg
1970年代のアンティーク時計。
ギラギラ成金的な派手なイメージを、ややカジュアルに軌道修正しました。
意外とさぁ・・・、ニシキヘビでも似合ってしまう気がする。
c0025140_17501850.jpg
あ、またまたやってしまいました。遊環を作り忘れていました。
同じ材料のきれっぱしを使います。
c0025140_17504844.jpg
今回、技を知った!
切断部とウロコの谷が なるべく直角になうように切り出しました。
こうするとエッジが美しく仕上がる。
c0025140_17474884.jpg
こうして15本目の自作時計ベルト完成しました。
これは婆ちゃんにプレゼントしよう♪


安堵する間もなく、新たな希望。
昔買ってきたオメガのジュネーブのレディース
これもラーメン並みの価格で買ってきました(笑) なぜなら、
c0025140_17514596.jpg
こちらも風防がギタギタなのです・・・ふと、
ラドーのように風防の中心にマークはあるのかな??
ルーペで覗き込んでみました。
c0025140_17515568.jpg
ある、ある! ありました。
風防の内側の中心にオメガマークがあります。
これも風防を磨いてやろう。


夏です!
大昔に作った2本目の自作ベルトをリニューアルしました。
夏にはライトブラウンのベルトが似合う。
カジュアルですが、エッジを焦げ茶に塗り変えて質感、存在感は残す!
c0025140_17520673.jpg
セントジョイナスの5013-02に着せ替えました。
合う!なんか夏向き、なんか若向き、写真で見るよりいい感じ(親バカ)
c0025140_17521591.jpg
来週はこれで会社に行こう!

次のベルトは、オーストリッチのカバンを分解して、リサイクルで作ります。
肉離れの内出血が、土踏まずや指先に落ちてきて・・・なんだか ゾンビ的な大地です。



[PR]
by nanami7kuri | 2017-07-30 21:10 | 自作の時計ベルト | Comments(0)

ラドー ゴールデンホース 風防を磨く

暑いので冷やしラーメンを食べてみました!
ずーっと気になっていたのです
揚州商人の冷やし担担麺の大盛り(笑)
c0025140_23265110.jpg
細めんです。
白ごまと酢のハーモニーがいい感じ♪
スープはやや濃いめの味付けなので、プレーンな青梗菜と合っています。
これ書いていたら・・・また食べたくなってきました。

***** 今月の時計 *****

大学院生と大学生をかかえる大地にとって
自由になる財源は無いので高価なものは買えません(^^;)
なので最近の私は、ボロボロなものをピカピカにレストアすることに
楽しみを見出そうとしています。
これまた骨董市でワクワク楽しみなものを見つけました。
c0025140_23253058.jpg
形がCラインのレディースものの時計です。
風防がボロボロすぎて時刻が読めません(笑)
どうしたらこうなる?コンクリートの壁にこすり付けてしまったかの様な深い傷です。
c0025140_23253728.jpg
よく見ればラドーです! ゴールデンホースの7005/1
女子向け時計ですが頑丈にスクリューバック。
金張りケースで、よくみればダイヤルは程度が良さそう。
連れ帰ってきました(笑)
c0025140_23254402.jpg
この子も風防を磨いてあげよう。ピカピカにしてやる。
ギタギタなのでやりがいがあるな(^^;)
前回同様に
風防とベゼルの間を化粧品のパックでシールして研磨開始!
歯車の様なベゼルなので剥がせるかな? 心配です。
c0025140_23271957.jpg
耐水ペーパー600番、1200番、1500番の順で丁寧に磨こう。
ベゼルを削ってしまわないように注意が必要でした。
デイト表示の四角いレンズが平らになってしまうかも・・・仕方がない。
c0025140_23272496.jpg
仕上げはいつもの歯磨き粉
ライオンのホワイト&ホワイト
c0025140_23273099.jpg
風防とベゼルの間に塗ったシール剤もピーッと剥がれてくれました
この化粧品のパックは、作業にちょうどいいです。
なんだか貝ひもみたいで(笑)
c0025140_23273824.jpg
完成がこれ!
輝きを取り戻した風防。
ダイヤルのコンディションは非常に非常に良好です。
いかにも1970年代的なデザインですな。
c0025140_23282634.jpg
ラドー ゴールデンホース 7005/1 が当時の美しさを取り戻しました。
シミ、焼け、サビ・・・皆無なのです。
精巧な2匹のタツノオトシゴが現れました。
よく見ると、風防の中心にもラドーのアンカー(錨)マークが彫られていました。
デイト表示の四角いレンズも意外に残せました。
c0025140_23283383.jpg
さて
ベルトはどのように味付けしましょう。
時計がギラギラ金ピカすぎるデザインなので、ややカジュアルに戻してみたいです。
2色のベルトとか?どうだろう。
ベルトも細すぎるので、ステッチレスとか?

ただいま足を怪我して不自由な生活をしているのでガーデニングが出来ません(^^;)
ちょうどベルトの製作には良いタイミングかもね。






[PR]
by nanami7kuri | 2017-07-22 18:07 | 自作の時計ベルト | Comments(0)

今月の時計 風防を磨く

もう、すっかり夏ですね・・・日陰が恋しい季節です。
今月の骨董市は暑い(-_-;)、日差しが痛いくらい。
それでも骨董市は賑わいます。陶器、掛け軸、古着、おもしろいのです。
c0025140_22515811.jpg
オーストリッチのカバンを見つけました。
いつもなら買わないのですが
時計のベルトにはちょうど良い大きさのイボイボ
c0025140_22520343.jpg
そしてファスナーが破損していました。
よし! 
価格交渉の結果、¥500となりました(^^)連れ帰ります。
 
**** 今月の時計 ****

骨董市で連れ帰ってきました。
今月の獲物はこれです!
c0025140_22520927.jpg
セイコーのロードマチック 5606・7130
1970年頃の時計です。自動巻き。
Cラインの個性的なデザイン、レトロな流線型。
それにしても、風防がギタギタです(^^;)
c0025140_22521434.jpg
ボロボロ過ぎて格安。
しかし、ダイヤルは状態が良いです。
なんとか甦らせられないものか・・・
ここまで風防が傷だらけなら、プラスチック風防だろう。
なんとかしよう、連れ帰りました。

時計を分解する技術は私にはありませんが、
磨く根性はある!
レストアは大好きです。
風防を磨くにあたり、新しい武器を買ってみました。
ドラッグストアで角栓を取るパックを購入。
c0025140_22525025.jpg
風防と、ケースの間に
研磨作業時のゴミや水が進入しないように
風防とケースの接合部をシールします。
私の期待は
・浸透してはいけない
・剥がすのが容易
練習用の時計で試してみました。いい感じに期待に応えてくれます!
c0025140_22525650.jpg
いよいよ研磨開始。
大胆に削ります。
耐水ペーパー#600番からスタート。
こんなに削って大丈夫なのかな?
不安ですが、傷が深いので削らないと傷が消せません。
c0025140_22531309.jpg
つづいて、耐水ペーパー#1200、#1500と細かく仕上げます。
それでもこんなに曇ったまま・・・
不安だぁ(^^;)
c0025140_22532312.jpg
仕上げは歯磨き粉(笑)
ライオンのホワイト&ホワイト
磨いて磨いて艶を出します。
シール材として使用したパックも気持ちよく剥がせました。
c0025140_22543615.jpg
見よ、この輝き!
c0025140_22545198.jpg
生まれ変わりました。
ボロボロの時計を甦らせるのは楽しいものです♪
c0025140_22550085.jpg
ダイヤルは期待通りに美しさをキープしていました。
状態は良好です。
そうなると早くベルトがほしい。
c0025140_22551454.jpg
今度はどんなベルトをデザインしよう。
茶色のオーストリッチでいこう。
前回同様にケース幅から絞り込むデザインにしようかな!





[PR]
by nanami7kuri | 2017-07-17 00:06 | 自作の時計ベルト | Comments(0)

クリスマスローズの種まきしました

だいぶ暑さが厳しくなってきました。
庭ではちらほらと、クレマチスがしぶとく咲いています!
こちらはパンサー。

c0025140_23213826.jpg
クリスマスローズは節目の時期
早期発芽の低温処理を始めました。

今季は期待の交配が多いので、種類がなかなか減らせない(^^;)
キャパmaxの種類を蒔きます。
夢が見れることは良い事だ!
c0025140_23214430.jpg
早期発芽用の冷蔵庫「デロリアン」を再起動。
用土の水分が安定したらビニールで包みます。
c0025140_23214979.jpg
ここ数年、自分の処理能力に合わせて減産してきましたが
今季はたくさん蒔く!
もう自滅してもいい、ギリギリを攻める事にしました。

************

また時計を買ってきました。
一番左の小ぶりな時計。
娘の誕生日用にと奮発して、予算オーバーですが(笑)
c0025140_23215612.jpg
スイスの老舗 ラドー
フローレンス153.3680.4です♪
c0025140_21183910.jpg
長く愛用してほしいので、大人のデザインを選んでみました。
ブラックのダイヤル。外周はダークミラー。
c0025140_23223739.jpg
風防はサファイヤガラス。
フォーマルでも、カジュアルにも、シーンを選ばない。
地味なデザインですが、インデックスがキラキラ輝く。
ブラックダイヤルもミラーも反射してキラキラ。
後は・・・
気に入ってくれるといいのですが(笑)

実は、このフローレンスを購入する前に1個買ってた(^^;)
自作の皮ベルトが付られるようにレノマのレディース。
ちょっとダイバーチックなデザイン。
c0025140_23224645.jpg
レノマは、よく聞く若者向けの庶民のブランド。
なので価格も手ごろ。
シチズン製なので信頼性も高いと期待します。

これは来年のプレゼントにしよう(笑)
早くベルト作りたいな。






[PR]
by nanami7kuri | 2017-07-11 00:14 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite