七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

オーストリッチのリサイクル④(最終回)

足の肉離れはそこそこ良くなってきました。
ゆっくりなら普通に歩ける。
でも庭の草むしりでウンコ座りをしようとしたら・・・まだダメでした(笑)

オーストリッチのカバンをリサイクルして、時計のベルトを手作りしています。
その④回目(最終回たぶん)

夏休み4本目の製作に突入しています。
自作の累計19本目です(バカです)ふたたび18mm幅用のベルトに挑みます(^^)v
今回はクイルマーク(毛穴)を意識して、最優先にデザインします。
昨今のオーストリッチ自作ベルトの経験を踏まえ、下地処理から8つの工夫を織り込みます。
c0025140_19241811.jpg
①水に浸して革を伸ばし、クセを除去します。
②オーストリッチは柔らかいので厚手のままだと後々変形しやすいです、なので
 なるべく薄くしてトコフィニッシュで強化します。
③高級感と個性を演出するため、出来るだけ大きいいクイルマークを使いました。
クイルマークの裏は繊維が集中していてベルトのフラット化の妨げになるので
c0025140_19242610.jpg
④クイルマークの裏毛はニッパーでカットします。
c0025140_19243373.jpg
深く切り取りすぎると穴が開いてしまうので(^^;)
⑤ボンドGクリアーで簡易に塞いでおきます(革の接着時のボンド流出を防止できます)
c0025140_19243946.jpg
尾錠側のクイルマークが大きいと、厚みによりDバックルに通せなくなってしまうので、
⑥時計側の見せたいクイルマーク以外は潰します。
トコフィニッシュを浸透させて潰すとこんな感じ。尾錠側を潰した。
c0025140_19251666.jpg
⑦アンティーク時計用の18mm幅のベルトは、仕上がり厚を薄くしないとDバックルに通らない。
よって2枚合わせで仕上げます。裏地を包むように表皮を折り返して接着する。
切り出したらこんな感じ。
c0025140_20124395.jpg
今回は12時側のベルトも、6時側のベルトも
クイルマークをアピールするデザイン。
c0025140_20133596.jpg
ステッチは悩んで悩んで・・・
けっきょくベージュではなくブラウンにしました。
糸はロウ引きビニモ5番のブラウン。
この後、1ヶ月ぐらいでロウが抜けてやや明るくなる予定です。
c0025140_20135035.jpg
手縫いなのでステッチを縫い込むのに4時間もかかります。
そして完成しました。
累計19本目の手作り時計ベルト。過去最高レベルの完成度です(親バカ)
とても手間をかけて作るので1本1本に愛着を感じられます。
c0025140_20143263.jpg
遊環は前回同様にクロコダイルの脇の下の革を使います。
⑧遊環は、コバとウロコの谷が出来るだけ平行にならないようにカットしました。
c0025140_20272658.jpg
時計に着けてみましょう!
タカノのシャトーに着けてみました。
クイルマーク(毛穴)をめちゃめちゃアピールしました。飛び出しています。
c0025140_20273345.jpg
あのカバンから時計ベルトに生まれ変わりました。いい感じです(親バカ)
18mmベルトは細いのでベルトの存在感は薄くなりがち・・・
思いっきり革の個性を出しても、ちょうど良いぐらいです。
c0025140_20274132.jpg
ちょっと浮気して
セイコーのロードマチックに着けてみました。
Cラインのケースとのマッチングはどうだろう?
c0025140_20430887.jpg
Cラインの特徴を強調するには今回のような普通のベルトデザインの方が目立つね~
この組み合わせも時計の個性が活かせていいのかも。
しかしこのケースは目立つね。
c0025140_20431679.jpg
結局のところ、18mmサイズのベルトはこの時計との組み合わせで会社に行こう!
c0025140_20432849.jpg
当分、時計とベルトの着せ替えは楽しめそうです。
最初に買ったグレーのオーストリッチのカバン・・・
次は、それで黒の時計ベルトを作りたいな!

私は手作りが大好きだ、
世界に一つだけのものを自分の手で作ることが生き甲斐です。
新しいものが完成しても長くは余韻に浸れない
常にその先を考える、次の目標を追いかける。
なんだか花の育種と似ているなぁ。

しかし、没頭しすぎる悪い癖がある(^^;)
すこしベルトの手作りはお休みしよう。
そろそろクレマチスの種の採種が忙しくなります。





[PR]
by nanami7kuri | 2017-08-16 21:37 | 自己紹介♪ | Comments(0)

オーストリッチのリサイクル③

オーストリッチのカバンをリサイクルして、時計のベルトを手作りしています。
その③回目
今回は遊環にもこだわっています!

c0025140_00342751.jpg
遊環は別の素材を使ってみました。アクセントにグレーのクロコダイル。
ウロコが平行なタイプと、ウロコがクロス模様になるタイプ。
何れもウロコの谷とコバが出来るだけ平行にならないように切り出しました。

取り付けるとこんな感じ。密かに主張する遊環です。
c0025140_00343249.jpg
そしてリサイクル3段目も完成。
上:自作16本目 22mm幅用の4枚貼りベージュステッチ
中:自作17本目 20mm幅用の2枚貼りブラックステッチ
下:自作18本目 18mm幅用の2枚貼りブラックステッチ
c0025140_00344454.jpg
裏面はこんな感じ。
実は一番下の自作18本目は作り方間違えた(^^;)
あわてて作っていたら、表皮の折り返しが見える順番で貼り付けてしまった。
まあいっか、でも2枚合わせの場合はこれでもいいかも!
c0025140_00345379.jpg
取付幅3種類が揃いました。
これで我が家の腕時計のほとんどに装着可能です。
そこそこ良く出来ています(親バカ)
手作りのベルトはビンテージなテイストで溢れています。
そして 001 of 001 なのである。
c0025140_00490455.jpg
組み合わせもビンテージなデザインのクロノグラフに
自作16本目のベージュステッチのベルトを装着
c0025140_00490900.jpg
分厚い4枚合わせですが、柔らかに仕上げてみたので
Dバックルを外すとフラットにもなれます。
c0025140_00491927.jpg
ブラックフェイスのクロノグラフに
自作17本目のブラックステッチのベルトを装着
c0025140_00492875.jpg
会社に行く時のワイシャツにはブラックステッチのほうが
大人っぽいです。
c0025140_00582817.jpg
いぶし銀ダイヤルにクサビインデックス、アンティークな小型の時計に
自作18本目のブラックステッチのベルトを装着
c0025140_00583586.jpg
カットのミスもなんとか修正しました。
あっ、遊環の色留め処理を忘れている。明日やらなきゃ。
c0025140_00584683.jpg
この18本目は18mmなのでアンティーク時計のほとんどに着けられる。
スクエアなデザインの、ブラックフェイスの時計に着せ替えてみました。
c0025140_00585672.jpg
自然に、いい感じに似合ってしまう(親バカ)
今回の3本のベルトは12時側のベルトに大きなクイルマーク(毛穴)が来るように
デザインしています。
人に見られる側に良い革を使いました。
c0025140_00595054.jpg
今回の3本を作製して感じたのは
クイルマーク(毛穴)の配置の重要性です。
時計のベルトは細いのでけっこう気を使います。
昔は、小さなクイルマークの革を使って沢山クイルマークが見えるようにデザインしましたが、
製作を経験しているうちに徐々に考え方が変わってきました。
今は、大きなクイルマークの方がカッコいいと思う。
2、3個あれば十分な見栄えが確保できる!
c0025140_01000106.jpg
なるほどぉ~
そして夏休み4本目の製作に突入です。
クイルマークを意識して・・・
下地処理から工夫を織り込みます。
c0025140_01000841.jpg
18mmベルトのベージュステッチが欲しい。
夏休み中に出来るかなぁ・・・





[PR]
by nanami7kuri | 2017-08-16 14:27 | 自己紹介♪ | Comments(0)

オーストリッチのリサイクル②

オーストリッチのカバンをリサイクルして、時計のベルトを手作りしています。
その②回目
さあステッチを入れてゆこう!

c0025140_21545841.jpg
22mm幅用の自作ベルト16本となる こちらの4枚合わせの厚手には
ベージュのステッチを入れました。
背面には豚の床面を使用してフワフワでサラサラ。
高級感重視のデザイン、その代わりに汚れに弱いだろう(^^;)
エイジングと考えるべきである。
c0025140_21550332.jpg
20mm幅用の自作17本目の2枚合わせベルトにはブラックのステッチ。
穴は3連の Φ1.8mmで穴あけ。
この3連ポンチのおかげで失敗は無くなりました(笑)
c0025140_21550929.jpg
6時側ベルトの先端はビンテージなデザインに合わせて
とっても尖がり仕上げ。
c0025140_21552184.jpg
裏面のステッチの直線性にも気を配りました。
表裏が逆でもイイかも(親バカ)
c0025140_21561380.jpg
焦げ茶のオーストリッチに ブラックのステッチは
一見するとちょっと物足りないようなイメージです。
でもビンテージ感はこちらの方が演出できそうです。
ワイシャツにはこちらの方が似合うはず。
先端にクイルマーク(毛穴)が来てしまい手こずりました(^^;)
c0025140_21561860.jpg
コバは時間をかけて仕上げました。
固めて、削って、固めて、削って・・・を繰り返し
レザーコート(マット)で仕上げました。
c0025140_21562586.jpg
調子が良いので18mm幅用も作ってしまおう。自作ベルトとしては18本目になります。
同時に並行して作ると、待ち時間が無いので作業効率が良いです。
その代り、休みなしで大変ですが(笑)
c0025140_21563295.jpg
18mm幅用は我が家のメンズ時計では最も細いので
一番ボロボロのこの部分を12時側ベルトに使っちゃおう!
c0025140_21573694.jpg
なんとか活かせました。
18mmから17.5mmへ幅が変化します。
c0025140_21574573.jpg
世界陸上4x100mリレーを見ながら
調子こいて作業していたら・・・
注意力が散漫でした。
12時側ベルトの先端付近のカットをミスしてしまいました(-_-;)
画像の中心部の切断が脱線。なんとか修正しなきゃ。
c0025140_21575233.jpg
そして再び、
ベルトへのリサイクル用にオーストリッチのカバンを買ってしまった。
今度はライトブラウンの上質な革なのです♪
金時計に似合う色合いです。
時計のベルトにはクイルマーク(毛穴)がちょうどいい大きさ。
c0025140_21575803.jpg
もちろん新品は高価で買えないので中古です。
オーストリッチの場合、カバンからリサイクルするのには
沢山のメリットがあります!
①端切れよりも上質な部分を使用している。
  クイルマーク(毛穴)が大きくて均一。
②端切れよりもリーズナブル!
  このカバンから時計ベルトなら9本は作れそう。

でも、あまりにも綺麗な状態なので分解するのがもったいない。
しばらく婆ちゃんに使っていただくことにしました(笑)





[PR]
by nanami7kuri | 2017-08-13 01:00 | 自己紹介♪ | Comments(0)

オーストリッチのリサイクル①

リュウズが取れてしまった故障で
修理に出していた腕時計がようやく帰ってきました!
ツエッペリンのZeppelin号誕生100周年記念モデル7680:右側

c0025140_23022224.jpg

値段の割にはアンティークなムードが良くデザインされています。
いぶし銀色のダイヤルに、用途不明の小さなインデックスがいい感じ。
悩んだくせに・・・モデル7640と結局は両方買ってしまったおバカさんな私(^^;)
しかし問題発生。

c0025140_23022930.jpg
修理時にダイヤルを擦ったらしい。
インデックスが消えている(-_-;)かなり消えている。
中古だからしょうがないかぁ?我慢できるか?
そんなに高くない現行モデルなのにボロボロ。
うーん、我慢ならん!
返品しました。
c0025140_23023418.jpg
でも、もう気持ちは収まりません。夜も眠れません(笑)
なので新品を購入しました♪
c0025140_23024001.jpg
風防はレトロなドーム型。
ケースサイズも42mmで大き過ぎず、小さ過ぎず。
難を言えば自動巻きにして欲しかった、ラグももう少し細くてもいいかと・・・
でも総じて大人らしい良いデザインしています。
現行モデルですがアンティークなデザインが魅力です。

さて、
前回に浅草橋の革屋さんへ行ったとき、オーストリッチが空振りで
良い材料を入手できませんでした。
その経験から中古のバッグを買ってくる技を覚えました(笑)
c0025140_23375832.jpg
グレーに続いて、ダークブラウンのオーストリッチを仕入れてきました!
だいぶボロボロですが西ドイツ製のバッグ。
こいつをリサイクルして腕時計のベルトに仕立て直してゆきましょう。
楽しみです。
分解して素材に戻します。
c0025140_23381599.jpg
カバンってとても手が込んだ作りになっているのですね。
何枚も何枚も布が貼り合わさって構成されていました。
意外と分解に苦労しました。
c0025140_23382360.jpg
大きな4枚のパーツが取れました。
これだけあれば腕時計のベルトなら12本ぐらい作れそうです。
革屋さんで端切れを買うよりお買い得です。

オーストリッチは精密な加工をするには柔らかすぎる。
加工しやすくするために薄く固くする下地処理が大事。
c0025140_23383191.jpg
床面のケバケバを出来るだけはぎ取って、
トコフィニッシュで固めます。
c0025140_23575806.jpg
未処理革と、薄化処理した革の違いはこんな感じ↓
上段が薄化処理革。下段が元の革。
c0025140_23581203.jpg
革を貼り合せました。
今回は4枚合わせ。
c0025140_23582459.jpg
もう、曲線カットは怖くありません。
22mmから18mmまで幅を絞り込むグラマラスなデザインにしてみます。
ステッチも太めで行こう。
c0025140_23583814.jpg
コバの断面はこれ。贅沢な4枚合わせ。
肌に触れる裏面は、質感重視の豚の床面を使ってみます。
c0025140_00055532.jpg
実は2本同時進行で作成中。ここまで紹介した22mmタイプと、もう一つは20mmタイプ。
20mmタイプは簡易構造の2枚合わせ。
c0025140_00081480.jpg
週末にここまで作れば、あとは平日の会社帰宅後にコツコツ作れる。
既製品と違う味を出したいので、ちょっと大胆にしてゆこう。
それでいてワイシャツにも似合うように。





[PR]
by nanami7kuri | 2017-08-07 23:08 | 自己紹介♪ | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite