七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

3年前の交配

仕事でピーピー言ってる大地です♪
3年前の交配の蕾が色づいてきました(^_^)v3年って長いようですが、あっと言う間でしたよ。これからは毎年見れるんですね!楽しみです。この子は112セルフです。110×DD黄(お友達の)なんて交配もあるのですがDD黄色の交配の成長はいまいち遅い、今シーズンの開花は無理みたい。この頃はセルフが多かったですね、クロスは114×112ぐらいです。4年前に初めて人工交配したPD×SSバイカラーなんぞは今年咲いてくれるのかさえ?です。今では変異を求めてクロスばかりしています。3年間も夢が見れるっていいですね(^-^)
年末ジャンボも買わなきゃね!!
c0025140_21344979.jpg

[PR]
# by nanami7kuri | 2005-12-02 21:36 | クリスマスローズの交配 | Comments(11)

一番絞り♪

去年、猫に鉢を落とされ花茎がポキッと折れてしまったNo.221。
今年の大地の庭は、全体的に花芽の上り方がなんたか早いが、その中でも今年一番早い開花株はこの221になりそうです。一番絞りです!!花色がちゃんとしてくれるか心配ですが、そのまま咲かせて見ます。うなじ側の絞りがとっても濃くて、正面は白だったはずなんだけど・・・なんだか変なキャベツみたいな色になっています、どうなることやら(*_*)いつもならこの状態で交配を行うのですが今回はセルフします。3年前の交配も遂に蕾がみえてきたよぉ~
c0025140_1948958.jpg

[PR]
# by nanami7kuri | 2005-11-19 19:49 | クリスマスローズの交配 | Comments(13)

実験隊のページを更新しました♪

皆さんこんにちは実験隊隊長のジェントル大地です(^_^;)
このたび実験隊のページを新しくしましたのでご報告いたします。
今回特に早期発芽実験のページが有ります。実験隊の皆さんご苦労様でした。またいろいろとアドバイスをしていただいた方々にも感謝申し上げます。今回は結果にいろいろと差が出て考察に苦労しております。まだまだ謎も多く、完璧に解明出来た訳では有りませんが、大いなる一歩を無事に歩き出せたのではと思っています。これからも研究は続きます、いろいろな内容に今後も挑戦して行きましょう。青いクリロを夢見て・・・
http://www.geocities.jp/nanami7kuri/
まだ写真が有りません。実験隊メンバーのBlogから画像を数枚パクリさせてください。本人には予めご連絡いたしまーす(^-^)
全く発芽の気配のない、大地の取り蒔き苗床でーす。さみしぃ~

c0025140_22465420.jpg

[PR]
# by nanami7kuri | 2005-11-06 22:50 | クリスマスローズの交配 | Comments(10)

こんなにちがう生育 その2

大地です♪
我が家の0.5年子苗ちゃんで、早熟な子と、大器晩成な子(勝手に思っています・・・)では、
こんなに生育がちがうます。ポットのサイズは10.5cmです。
c0025140_925398.jpg

左がオリエンタリス系交配(母ミヨシさんメリクロンピコSSNo.90 × ベティラニカNo.217)
右がトルカータス系交配(DD糸ピコNo.161セルフ)
オリエンタリス恐るべし・・・

海外の種は、
・その土地の気候に合う交配だったり、
・その土地の方の好みに合う色の交配だったりします
(そりゃそうですよね・・・大地も同じこと考えます)
だから日本向けの花は日本人が作らなくては・・・ねっ(^-^)
みなさんがんばりまっしょい!!
とりあえず夏にも生育を続けた強健な子には特別なマークを付けて育てています。
参考までに大地の家のメリクロンNo.90はじゃんじゃん結実します。
メリクロンは高速な株分けってところでしょうか。
[PR]
# by nanami7kuri | 2005-09-18 09:47 | クリスマスローズの交配 | Comments(9)

真夏の株分け【1ヶ月後に軟腐病】

8月6日に真夏の株分けを2株ほど行いました。No.299DDPとNo.303SDPです。悪条件で切り口に殺菌処理なしです。せめてカッターだけは水洗いしましたが、なるべく厳しく手抜きです。クリロはどこまで強いのか?アドバンテージとなるのかダメージとなるのか?
c0025140_20535711.jpg

あれから1ヶ月。どうなっているかな?分割した4株をチェックしたところ。No.303の一株がさっそく軟腐に・・・
c0025140_20575817.jpg

当たり前じゃん!と皆さんに怒られちゃいますね(^^;)やはり真夏の株分けはダメージが大きいのですね。でも、その他の3株は株元も硬く問題ない様子です。
この他にも8月中旬に6株ほど株分けし、最初の水やりを殺菌を兼ねてマイシン剤の水溶液を与えた株が12株ありますが全て株元も硬く良好な様子です。
ここまでの経過をまとめると。私見としては
・株分けは早いほうが良い。翌年の開花・生育に有利と言える。
・夏の株分けはダメージが大きい
・株分けしたら切り口に殺菌処理を
当たり前ですね(^^;)ごめんなさい。大事な株は9月末以降に株分けしましょう。
ただし、今回の経験から真夏の株分けは、消毒処理を適切に行うならば禁止事項ではないと感じています。来年は少し涼しい6月に数多くの株分けを行って経験を積みたいと思います。マイシン剤を使って・・・・

それからみなさん朗報がありまっす!
ヘレバカ実験隊に新しいメンバーが加わりました!(^^)!
なんと栗吉さんを特攻隊長としてお迎えいたしましたああああああ!(^^)!
実験隊も超パワーアップですね!これからも刺激し合って楽しく研究を行いましょうね!
夢は大きくいきまっしょい(^_^)v
[PR]
# by nanami7kuri | 2005-09-12 21:18 | クリスマスローズの交配 | Comments(7)

こんなに違う生育

左がオリエンタリス系ダブルの苗で、右がトルクォータス系ダブルの苗。
同じ条件で育てているのに、こんなに成長が違うんです!
c0025140_0132948.jpg

[PR]
# by nanami7kuri | 2005-09-01 00:14 | クリスマスローズの交配 | Comments(11)

インスタント遮光

大地は毎年夏の遮光に苦労しています(T_T)
大地の家では、ほんとに株の置き場がたりましぇん・・・
簡単で、安くて、移動が楽な遮光が出来れば、夏前からもう少し株分けを出来るんだけどなぁ。とHCを3時間もうろうろして考えたのがこの方法です。
こげさん、期待させた割には大したアイデアではなくてゴメン!

キーパーツはこのワイヤークリップ。
c0025140_2123261.jpg


ワイヤークリップを用いて、鉢台の足に園芸支柱を取り付ける。
この鉢台は¥100ショップの物です。
c0025140_21283177.jpg


これを2セット作って遮光シートを取り付けるとできあがり(^_^)v。
鉢の下には木材を敷いて地面からの熱を和らげました。
c0025140_21302913.jpg

くだらない物でゴメンなさい。
[PR]
# by nanami7kuri | 2005-08-28 21:34 | クリスマスローズの交配 | Comments(6)

超乾燥種を蒔く

クリスマスローズの種は乾燥に弱いと言うのが通説です。
どれほど弱いのでしょうか?本当に弱いのでしょうか?
じゃあ確かめてみましょう(^-^)

8月まで徹底的に乾燥させたガーデンハイブリッドの種。
①大地交配DDPを34粒
②ミヨシさんのピコメリクロンセルフ交配34粒(No.90)
c0025140_21312923.jpg

いずれも薬品消毒処理なんてしていません。
蒔く前に、水につけ戻しも何もしません。
8月6日、普通にポリポットに取り蒔きし、土が乾燥しない程度に日陰で管理しています。
なるべく悪条件をそろえました。これで発芽するならたいしたもんだ。
結果は2006年の春までお待ち下さいな!

c0025140_21315711.jpg

[PR]
# by nanami7kuri | 2005-08-25 21:37 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

作っちゃいますかヘレバカ実験隊!

c0025140_10243176.jpg


ある時は変態交配魔、ある時は実験男、そしてその正体はエロちゅう年の大地です。
こげさん、MOGEさん、はにぃさん、みなさん。
地球の平和のために実験隊作っちゃおうか!!
大地のホームページの中に実験のページを今後追加しますね。
皆さんよろしかったら是非参加してくださいね。
(8月じゅうにはUPします)

①参加資格
 ・クリスマスローズ異常者であること。
 ・実験の結果を多くの人に伝えたいと思う方なら誰でも気軽に参加してくださいね!
②実験の方針
 ・実験を楽しむ
③実験の目的
 ・良い結果、駄目な結果、普通の人がやらない事を確かめて、多くの人と情報を共有化する。

こんなんでどうでしょうか?気楽にやりましょう!
ただいま実験内容を検討中です。こうご期待!
皆さんからの実験内容も募集いたしまするぞえ~。おもしろそうな実験を提案下さいね!
[PR]
# by nanami7kuri | 2005-07-24 11:14 | クリスマスローズの交配 | Comments(27)

6.ダブルの遺伝の強い花とは?

ダブルの血が濃いとよく言われるベティーラニカと、ディドを見ていると
普通の花に比べてこんな傾向がある様に感ずる。
①花粉が出にくい、結実しにくい個体が多い(ベティーラニカ)。
②内花弁の(花びらの)数が多い
ここで①については、セミダブル、シングルでも見かける
事があるので、ダブルの血の濃さとの関係は考えにくいかも。

大地がいま最も注目しているのは②の傾向である。
ホームページでも書いたが、ダブルの血の濃い遺伝情報は
蜜腺、雄しべをも弁化させてしまうと考えているので、
その場合、結果的に花弁数が増加する。
と大地は推測しております。

ここまでの仮説が正しいとすれば、インソムニアは
ダブルの血が濃い丸弁の花と言うことになる。
あなたはどの様に考えますか?
c0025140_23373391.jpg

[PR]
# by nanami7kuri | 2005-01-08 23:38 | クリスマスローズの交配 | Comments(22)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite