七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

今年はたくさん咲く

母が倒れて救急車で搬送されました。
脳梗塞とのことです。
奇跡的に軽傷で、かたことの単語は出てくるのですが
自分の名前が言えなかったり・・・
もとの生活は難しいのかもしれません。
時間をかけて、ゆっくりリハビリしてゆきましょう。
ブログは休み休みで続けます

少し前の写真になってしまいますが
今季の実生クレマチスの記事をアップしておきます。
徐々に蕾も大きくなってきました。
今年は新しい実生がたくさん咲く年なのです。

c0025140_23364520.jpg
秋以降に出張などのドタバタが無かったので、しっかり元肥を与えました。
蔓が太くて頼もしいです。
この株はフロリダ系の赤花目的交配の苗。
なんとなく茎も葉も赤っぽい。
c0025140_23364993.jpg
万歳している蕾さん(笑)
お前の本気を見せて見ろ!
c0025140_23365475.jpg
赤花の八重目的交配の蕾さん。
この蕾の形からすると・・・八重ではなさそう(^^;)
c0025140_23365902.jpg
この株もフロリダ系の赤花目的交配の苗。
無限花序に近い蕾の付け方で成長中。
c0025140_23381770.jpg
冬に発芽したプラグ苗たち
みんな宝物のようなものです♪
そろそろ植え替えなきゃ。
c0025140_23382766.jpg
なんじゃ! この細い葉は。
両親共に太葉なので、どんな花になるやら将来が楽しみです。
c0025140_23383577.jpg
日光に耐えきれず。
立ち枯れの子も出てきます。
もったいないなぁ(^^;)
c0025140_23384309.jpg
人生いろいろあるけど、
あわてず、ゆっくり咲いておいで。






[PR]
# by nanami7kuri | 2018-04-13 00:03 | クレマチスの交配 | Comments(0)

アンティーク小屋へ

庭の はなみずき が2階まで伸びて来ています。
わりと濃いめのサーモンピンクが可愛い。

c0025140_23555010.jpg

さて、

クリスマスローズのラボとして使用している部屋を、
アンティーク小屋へと模様替えを始めています。
・捨てるのが面倒で置いておいた物
・いつか使うかもしれないと、とっておいた物
そんな物が溜まりに溜まってゴミ屋敷なのです(笑)
まずは不要なものを捨てなきゃ(^^;)

c0025140_23555611.jpg

市のゴミ回収、資源回収のカレンダーとは異なる方法で
一気に廃棄可能な方法を教えてもらったので
自分のペースで作業できます!

まずはスッキリと空にしました。
c0025140_23560295.jpg

これまで土間として使用してきたので土の粉塵がすごいです(笑)
土足でないと歩けませんでした。
久しぶりに雑巾かけです、手前は拭いていないところ(^^;)
奥から半分を3回拭きしてみました、なんとか輝きは取り戻せそうです。

c0025140_00053050.jpg
早期発芽用の冷蔵庫デロリアンと、室内電照栽培設備はそのまま残します。
イメージ合せにアンティーク家具を少し搬入。
目指す方向性は
①「アンティーク雑貨に囲まれたカフェ」
コーヒーや日本茶、酒をのんびり楽しむ癒しの場にしてゆきたい。
c0025140_00132221.jpg
もう一つは
②「古いものをレストアする工房。クラフトを楽しむ工房」
そしてもう一つは
③「育種のラボ」

総じて、創造的な作業に取り組むための小屋として使います。
c0025140_00133048.jpg
家具達もコツコツ修理してゆきます。








[PR]
# by nanami7kuri | 2018-04-11 23:29 | アンティーク・雑貨・DIY | Comments(0)

カントリー調の下駄箱

カミさんから
カントリー調の下駄箱が欲しいと頼まれ・・・
いろいろ探しましたがそんなもの、なかなか売っていません(^^;)
そもそも需要が少ないので選択肢が少ない。
昨今の主流はフラットで機能的な壁面取付タイプのようです。

理想を追求するか、あきらめるか、
いろいろと検討した結果、中古食器棚を下駄箱へとリメイクすることになりました(笑)
なんじゃそれ。

いきなり完成写真がこれ!

c0025140_00012556.jpg
裏にフランスベッドのラベルが付いていました。

作り込みのいい加減さからして日本製ではなさそうです(^^;)
最初はボロボロだったのです。
背面板は外れ、個性引き立つ天井板も外れており、
開き戸は裂けており(^^;)引き出しのレールは破損しており(^^;)あーあ

そんな難ありありの食器棚ですが、カントリー調のデザインが気に入りました。
直せば使えるだろう(笑)
オシャレ度を最優先しました♪

棚と背面板をモスグリーンにしてほしいとのリクエストに応えます。

c0025140_00004299.jpg

側面の中央のくびれデザインが圧迫感を消してくれている。
これを活かすべく、棚板も曲線のデザインを行いました。

c0025140_00014566.jpg

緑の棚の部分は全て新しくして、段数を追加しました。
なんだか、そこそこイイ感じです。
下駄箱にしてしまうのはもったいないかも・・・

c0025140_00015270.jpg

夜の2時まで作業がかかってしまいました(^^;)
屋根がオシャレだよなぁ~。
やはり下駄箱にするのがもったいない(笑)

後はカーテンなどで、やや目隠ししましょうかね!
タイルや金具の装飾をしても、カントリー調を演出してくれそうです。

c0025140_00020999.jpg
裂けた開き戸はパテで埋め、蝶番は位置を変更しました。
引き出しのレールはL金具で補強し、ロウを塗っておきました。
買ってきた値段と、修理の材料と、あまり変わらなくなってしまいました(笑)

家具のリメイクも、ゼンマイ時計のリメイクも、
木製なのでなんとかなる。
いじれるところが楽しいです。


ただいまクリロラボを→ アンティーク趣味部屋に改装すべく
まずは断捨離の決行中です。
なんか果てしない作業なんだよなぁ。ぜんぜん終わらない(^^;)





[PR]
# by nanami7kuri | 2018-04-01 21:21 | アンティーク・雑貨・DIY | Comments(0)

明治 置時計

骨董市で掘り出し物を連れ帰ってきました!
明治時計という会社のゼンマイ式の置時計。
動かないので・・・、
なんと牛丼よりも安い価格で購入してきました!

c0025140_22011233.jpg
俗にいう日の出型というやつです。
文字盤も綺麗だし、ムーブメントも綺麗。
ただし、ほんとに動かない(^^;)
やりがいを感じます(笑)
c0025140_22011802.jpg
いつものリハビリでテンプは動くようになりました。
我慢できないのは裏蓋の化粧板が剥がれています。
あららら
c0025140_22013124.jpg
これは木工用のボンドで直せる。
c0025140_22014196.jpg
もったいないのが塗装の劣化。
良く見ると、トラの様な木目模様があります。
水で濡らしてやると模様がよみがえるので、表面のクリア塗装が劣化したようです。
c0025140_22021046.jpg
塗っちゃいましょうか!
水性塗料のクリアを買ってきました。
実は前回記事の精工舎の再塗装と同時に作業していたので、たいした手間ではありません。
c0025140_22021665.jpg
そして・・・
クリア塗装を完了しました。
昔のゴージャスな感じの模様が復活♪
c0025140_22022422.jpg
日の出型ってアメリカンな60年代風だよね。
無駄に大きい四角の台座に、丸い時計がレトロ感もりもりです。
渋いです。
ゼンマイ時計は特別な工具や技術が無くてもレストアを楽しめるところが楽しいのです!
c0025140_22023380.jpg
これで日の出型の置時計は3台目
なぜか増えてゆくのです(笑)
c0025140_22030548.jpg
カミさんから
カントリー調の下駄箱が欲しいと頼まれ・・・
そんなもの、なかなか売っていません(^^;)
いろいろと訳あって下駄箱をリメイク中です(笑)






[PR]
# by nanami7kuri | 2018-03-27 22:40 | 自作の時計ベルト | Comments(0)

柱時計 精工舎の再生 その2

春分の日はあいにくの雪になってしまいました。
真冬の寒さです、ガーデニングは諦めて何しよう??

とりあえず・・・、
中断していた精工舎の柱時計の修理をしました。
右がもともとのムーブメントでゼンマイが切れてしまった。
左が骨董市で入手してきた同型と思われるムーブメント。
ゼンマイを移植しようと思います。

c0025140_22415140.jpg



c0025140_22420129.jpg
ゼンマイを針金で縛って、はじけ飛ばないようにしておきます。
柱時計のムーブメントの歯車は、上のシャーシと下のシャーシで全ての歯車のシャフトを
一気に取り付けなければならない構造なので、慎重に慎重に作業をする必要があります。
常に最悪の事態も想定しながら、少しづつ少しづつ前にすすもう。
まずは壊れたムーブメントの分解を、と慎重に作業したつもりが・・・
バン!! 一気に飛び散りました(^^;)あせあせ
ゼンマイを針金で縛っていても、針金が突っ張りきるまでのエネルギーは一気に解放されてしまいました。
直せるのかなぁ(笑)心配になってきました。
c0025140_22420768.jpg
仮に、ゼンマイが無事に取り出せたとして、再組み立てが可能なのか?
先に組立ての練習をしてみた。
歯車を元の位置に戻せるものの、全てのシャフトを一気にはめ込むなんて無理(-_-;)
30分格闘したけどあきらめました(-_-;)
c0025140_22421855.jpg
プランBへ変更。
部品取りに購入してきたムーブメントで再生させましょう。
振り子の周期は同じなのか?
振り子の振れ角はケースに当たらないのか??
課題はあるがこれを使って組立てましょう。
c0025140_22433976.jpg
その前に、
どうせならケースの再塗装もやっときましょうか。
あちらこちら塗装がギタギタなのです。
下の3本のツララのうち2本が欠損していたので、代替え部品を用意しました。
c0025140_22435364.jpg
このツララと本体ケースの色合わせの意味もあって
全面再塗装します。
c0025140_22440568.jpg
2液性のウレタンにするか?
水性でもいいか?
摩耗や強度の考慮は不要なのでお手軽な水性にしました(笑)
c0025140_22441380.jpg
もう、全部塗ってしまいました~
リダンとも言うのだろうか(笑)
でも大地の場合は修理も楽しみの一つなので。やっちゃうやっちゃう全面再塗装♪
c0025140_22451107.jpg
一気に組み立てません。
試験運転します。
・振り子が当たらないのか?
・このムーブメントに必要な振り子の周期が出せるのか??
・そもそも実用になりそうか???
c0025140_22452343.jpg
メカの丸見えも意外にいいですね。
師匠から教わったのは
・カチカチの音が均等になるように、アンクルと振り子を繋ぐ「く」の字の棒の角度調整が重要。
ほんとにコレは重要なノウハウに思います。
この調整次第で機械の調子が一気に変わる。
c0025140_22453749.jpg
一日試運転の結果、なんか調子いいぞ!
無事に実用になりそうです。
ではでは、待ちに待った再組み立てします♪ ワクワクする!!
c0025140_22455285.jpg
そして組み立て完了!
無事にネジは余りませんでした(笑)
c0025140_22470871.jpg
つららも同色でカッコよくなりました。
この部品が付くとゴージャスな感じになりますね!!
c0025140_22471871.jpg
この柱時計のうれしい特徴の一つがこれ
サイドがガラス張りになっていてメカが丸見えのスケルトンなのです。
c0025140_01183626.jpg
上から見下ろすとこんな感じの時計です。
c0025140_22494932.jpg
下から見上げるとこんな感じの時計です。
おそらく高いところに取り付けるので、こんな感じになる。
c0025140_22495939.jpg
なんかイイ感じ♪
ピカピカに生き返りました。
ちょっと達成感を感じています(^^)
酒をちびちびやりながら、こいつを眺めてはムフフフとしています。

[PR]
# by nanami7kuri | 2018-03-24 00:46 | 自作の時計ベルト | Comments(0)

再び冬に逆戻り

暑い週末から一気に再び冬に逆戻りしました。
ただ今、クリロ部屋をアンティーク趣味部屋に改装する準備中。
散らかっているので、たぶんまだまだ数か月かかるだろう(^^;)
でも逆に考えると、採種が始まるまでには概ね完了させたい!

c0025140_21391951.jpg


ピコティのお気に入り。
若干、祖先のべインの名残があります。
リップの色とか、太さとか、絶妙なバランスが好きです。

c0025140_21392439.jpg


リバース寄りのデザインに太糸ピコ
なんだかんだ言って、こんな花が一番好きだ。

c0025140_21392918.jpg


2月15日の記事の
限りなく透明に近いピンク・・・
この花は不思議だ。

c0025140_21393965.jpg


ほわーっとした微妙な発色。
ゴールドのイメージ似た透明感をピンクで表現したような花色。
先日、交配していたら気が付いた・・・

c0025140_21395106.jpg


花芯がアルビノ的。

c0025140_21395691.jpg


思い出してみれば実験隊の時代から、うなじがアルビノの花は見かけたことがある。
そういう花は花芯もアルビノ的だ。
こういう花は他にも無いかな?まだあるかな??
庭を探してみたら有ることはある。

かなり番号が若い昔に交配した花。お爺花が803です。
花芯がそこそこアルビノ的だ。
自分ではゴールドの血を入れていないので・・・、
・はるか昔の先輩が組み込んだか?
・そもそもそんな花はたまに咲く?
のかもしれない。

c0025140_22022355.jpg


花芯の透明感をアップすることは育種的には良い方向だと思う。
ただし、その前に改良しなければならない要素がまだまだあるので
私の美的感覚からすると最優先事項にしてこなかった。
今でも最優先事項ではないけれど、今年はすこし意識して交配してみようと思う。

この花も花芯がややアルビノ的
ゴールドではないけれど、片親が変わった黄色を使った。
なんとなく黄色っぽい(^^;)

c0025140_22034206.jpg
この花の両親もゴールドではないのですが
花芯がアルビノ的です。
形がイマイチですがゴールドの遺伝子を混ぜてみたい。

c0025140_22024446.jpg

去年の自分とは異なるアプローチの交配をしておきたいし、
既存の園芸種とも異なるアプローチをしてみたい。
人の歩いた道を辿るよりも、新しい道を見つけてみたい。
ちょうど楽しめる良い素材かも。

去年、開花直前に灰カビで花茎が倒れてしまって花を確認できなかったゴールド
我が家の初期のゴールド交配なのでリップが無い。
前記の花芯のクリアー化の方向性はフラッシュを鮮やかに改良できる可能性がある。
一方で中途半端にフラッシュが残ると、どっちつかず。

c0025140_22253551.jpg

この花はリンゴとゴールドの交配
何故だ? 両親の悪いとこ取りの花が咲いたダスキーパープルべイン。
どこからこのべインはやってきたのだろう(^^;)
確かに少しゴールド系の気配がするね(笑)

c0025140_22255158.jpg

イエローフラッシュとゴールドの交配
フラッシュは結構残ったけど、F1レベルではクリアー感は出せなかった。
フラッシュの発色の改善も出来なかった。
想定通りとは言え、ちょっとは奇跡を期待していた私が悪い(笑)あはは
形は良いのでもう一世代だけチャンスをあげよう。

c0025140_22254356.jpg

こつこつ行こうぜ!







[PR]
# by nanami7kuri | 2018-03-08 01:07 | クリスマスローズの交配 | Comments(4)

急に来る春

大地の一日は24時間しかないので
忙しくなると初めに切り詰めるのが日記としてのこのブログ。
ちょっとサボっておりました(笑)
今年の冬は寒い日が続きました(^^;)
おかげでクリスマスローズの開花が1~2週間遅れていますが
ぼちぼち咲いてきたので少しずつアップしてゆきます。

そして今週はというと爆弾低気圧の吹き返しで・・・
急な春がやってきました。
いきなり20℃越えで5月の陽気だそうです。

今季、美しさにトキメク花にはまだ出会えていません(^^;)
そのまま今年も終わってしまいそうです。
急なブレイクスルーは起きないなぁ。

買ってきたネオン
ちょっと暴れる。2番花に期待してみます。

c0025140_20531261.jpg

りんごのPD的な派生の花
にょっきによっきと花茎が垂直。分化能力が弱いのです(^^;)

c0025140_20531993.jpg

原種色の方向に品種改良してきた渋い花

c0025140_20532497.jpg


こんな趣なのに、この系統は早咲きさんです。

c0025140_20533100.jpg


以下は今季初開花の花達です。
ゴールドのLSD。
4年前の交配です(^^;)ようやく咲きました。
6弁SSゴールドとSDゴールドの交配。ダブルの血は薄いだろう。

c0025140_21162811.jpg


りんごの変異タイプの花
咲き始めは普通の花でしたが、日が当たると正面が赤く発色する。

c0025140_21163367.jpg


雄しべが無くなるころには更に赤く染まる。
ぜひ応用したいけど・・・

上向きに咲かないと発色しないし(^^;)
2番花以降は確実に下向きに咲くだろうし(^^;)
c0025140_21163821.jpg

親とほぼ同じ花になってしまった。
吹きかけ絞りは好みではなく(笑)でもなんだか可愛い。
c0025140_21164671.jpg

この花も6弁SSゴールドとSDゴールドの交配。
ちょっと暴れそう(^^;)
c0025140_21365544.jpg

葉が黄色い、怪しげなフラッシュの花とゴールドの交配
薄いけど黄色っぽく咲いてきた、姉妹も同様の花になった。
何がどう作用するか解らないものだ
c0025140_21370336.jpg

絞りの気配が無い お気に入りのピコティ
背中も色気があります。
c0025140_21371487.jpg

ゴールドと怪しいピコティの交配
にうれしい濃黄だが去年開花している姉妹同様ピコティが発現しない(^^;)
我が家はゴールド系交配において出遅れているので未だにこの程度です。
c0025140_21372183.jpg
PD的な花ですが、花芯が緑ではない変な花。
濃黄とPD的イエローリバースの交配から開花。
この花の姉妹は先祖返りが多く咲いて絶不調(^^;)
もう一度だけチャンスが欲しい。
黄色系で戻し交配してみたい。
c0025140_22012180.jpg
土間と化しているクリロ部屋を、アンティーク趣味部屋に改装するための布石。
プラグ苗の植替えシステムを考えてみました。
収納用のプラ箱なだけですけど(笑)土を飛び散らかさずに作業できるようになりました。
c0025140_22011474.jpg
ようやく生育悪い組のプラグ苗の最後の植替えが完了しました。
ノーマル発芽と変わらない程度の遅さ。
今季は発芽後に加温もしなかったので超遅遅です(^^;)
c0025140_22012112.jpg
クリスマスローズだけではありません。
クレマチスのプラグ苗も生育中。
期待の子たちなのだ!
c0025140_22014469.jpg
ちょっとペースダウンしないとバテ気味だ。
とにかく睡眠は確保したい(^^;)寝坊したいぞ。





[PR]
# by nanami7kuri | 2018-03-04 22:26 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

相模原クレマチスの会の講習会 宇田川さんの育種について

まだまだ寒い日が続いています
クリスマスローズの開花は全体的に遅れています。
流行の路線ではありませんが好きな花が咲いてきました。
カップ咲の赤バイカラー
c0025140_00172003.jpg
平日は会社でバリバリ労働していますが
休日はもっと忙しい(笑)
一日中、植替えと交配をしている日もあれば
先日の土曜日は機動力を最大限に使い跳び回る

朝早くからとなり町の骨董市に行ってきました。
ターゲットは柱時計のゼンマイ(笑)
意外ですが、すんなりと類似のムーブメントを発見しました。
c0025140_00172663.jpg
見る限り、同じに見える。
精工舎の刻印もアリ。各パーツの位置関係も同じだ。
ちょっと錆びてるけど、リハビリしたら自励し始めた。
c0025140_00173232.jpg
ただし今回修理中の柱時計はやや長身。
振り子の周期が遅く振れ角が狭いはず。だからアンクルの角度やギヤ比も微妙に違うはず。
修理方針はゼンマイの移植で進もうと思います。

話は戻って本題です
骨董市は早々に切り上げて、今日は相模原クレマチスの会の講習会に参加してきました。
湘南クレマチス園の落合さんによる「宇田川さんの育種」についての講演があるのです♪
c0025140_00325722.jpg
宇田川さんは大河やアフロディーテエレガフミナの作出者です。
残念なことにもう亡くなられていらっしゃるので
生前交流のあった落合さんから宇田川さんの育種に関する貴重なお話を
たっぷりと教えていただきました。とても勉強になりました。
詳細は・・・秘密(^^;)

そのままランチに突入。
平均年齢はだいぶ高いが(笑)、花にかける情熱はみなさん熱いのです。
c0025140_00330151.jpg
その後は、車を飛ばして市街の有名園芸店に直行。
2店をハシゴ(笑)。
クリスマスローズの動向、価格、各ナーセリーの花の方向性を勉強して
自分の交配を再考します。
市販の花と同じ方向では面白くないし、何か自分の個性を出したい
でも行き過ぎた冒険は禁物(笑)
その微妙なラインを探ります。
まよった時は、ラナンキュラスやジュリアンを眺めて 美の基準を確認します。

一花連れ帰りました。
限りなく透明に近いピンク
c0025140_00450232.jpg
この透明感のピンクはありそうで、なかなかない。

さて、日が暮れると
もう花色は解らないので
次はリサイクルショップ巡りに気持ちを切り替えます。
3店舗をハシゴして、アンティークな家具を購入してきました(笑)

家に帰ると少しだけ柱時計の修理を進めます。
ムーブメントの修理は時間がかかる危険があるので(笑)
本体のサイドガラスの掃除をしておこう。
ギタギタに汚れているんだよね(^^;)
c0025140_00450955.jpg
どうせならと、ガラスを外して洗う事にしました。
久しぶりにノミを使いましたよ(笑)中学時代から使っているノミです!
c0025140_00451638.jpg
ほとんどの部品を外してしまいました。
時間が経過すると、再度組み立てられるのか心配ですが・・・まあいいか。
c0025140_00452234.jpg
まるで棺桶見たいですよね(笑)







[PR]
# by nanami7kuri | 2018-02-15 01:00 | クレマチスの交配 | Comments(2)

クリスマスローズの未来

先日、母がジュリアンを買ってきました。
私にとって強力なライバルです、
いや・・・私はジュリアンに負けている(^^;)
c0025140_23193498.jpg

こういう花色のクリスマスローズを目指して
頑張ろうと思います♪

相変わらず寒波がすごくてクリスマスローズの開花が遅れています。
決してクリスマスローズが嫌いになったわけではありません(笑)
誰にも負けないつもりの情熱を注ぎ込んでいます。
c0025140_23194056.jpg
黒/赤バイカラーの扉を開くきっかけになりそうな花。
小輪で形が良い。まだ赤さが足りない。
渋いアダルトなムードの花。

期待の蕾。今季が初開花になります。
ゴールドの血は流れていない。
お前の力を見せて見ろ。
c0025140_23201896.jpg
黄色地のリバーシブル。両親よりもマゼンダが濃く咲いた。
ただし黄色みが足りません。
c0025140_23202393.jpg
この先どうなるやら・・・微妙なつぼみ。
上の上の写真の蕾と姉妹です。
c0025140_23203474.jpg
ダンスビデオ編集も終わりました。
クリスマスローズに集中します!







[PR]
# by nanami7kuri | 2018-02-07 23:43 | クリスマスローズの交配 | Comments(6)

柱時計 精工舎の再生

ダンスのビデオの焼き増し中に柱時計をいじっています(^^;)
またまた動かないやつです、中型の柱時計を仕入れてきました。

c0025140_23053866.jpg


精工舎の80cm級のガラス張りの渋い奴です。
3方向がガラス張りで、やや高級機だったのだろう。

c0025140_23054588.jpg


文字盤は細かいヒビがまんべんなく入っていて
ほど良くアンティークな味が出ています!

c0025140_23055214.jpg


でも動きません。
どうせ動かないだろうと期待しないで買ってきたものの
うんとも、すんとも、動きません(^^;)
でもそこは考え方次第です。
ポジティブに考えれば直すのを楽しみましょう♪

この柱時計は側面もガラス張りなのです。
メカが丸見えなので、メカ好きの私にはたまりません。
なんとかして再生させたい。

c0025140_23055854.jpg


文字板を外してムーブメントを見て見ると、やや汚い(笑)
でも致命的なサビは無い。
右のゼンマイは時計の駆動用、左のゼンマイはチャイム用。
いずれのゼンマイも巻き上がっている。

c0025140_23074231.jpg


時計の駆動用のゼンマイを優しく巻き足したところ
ガキ、ガキと異音が・・・
バネがさび付いてるのかも??

ガンギ車とアンクルが丸見えで、絶妙なやり取りが興味深いです。
でも振り子のシャフトを左右に振っても、アンクルは動くがガンギ車が回転をしない?
この関係は非常にシビアな駆動なので、最初はここが壊れていると思っていたのですが、
どうも違う。
ガンギが回ろうとする気配が無いのです。

c0025140_23074840.jpg


次の次の歯車を指でアシストすると、アンクルが自励を始める。
そこから思い当たるのは、ガンギ車まで動力が来ていないような気がする。
各歯車を指でアシストしていったところ、なんとゼンマイ直結の第一歯車のリハビリで
カチカチと自励を開始した!
やった嬉しい。
でも今までの経験上、強力なトルクを有する第一歯車の異常は腑に落ちないんだけど。

再組み立ての前に、少し2,3日はエージングしておこう。
アンクルとガンギ車の動きを見ているとまるで生きものの様で愛らしいです(笑)
ビデオの焼き増しの度に、見に来てはムフフフと達成感。

が、2時間ぐらい経ったところで停止していた?
振り子のシャフトをアシストしてもガンギ車は回らない??

c0025140_23075638.jpg


ふと見れば時計の駆動用ゼンマイがほどけている?
何日もかけてほどけて行くものなのに。
ゼンマイを巻いてみるも、もう巻き上がらない。
マジかぁ
新たな問題が発生した模様です(^^;)
ムーブメントを取り出してみると・・・

c0025140_23080666.jpg

ゼンマイが破断している(^^;)
最初の巻き上げ時に感じた異音はこれだったようです。

c0025140_23091038.jpg


それにしても、こんなに分厚いハガネが破断するんか?
信じられないけど
確かに破断している。

c0025140_23091698.jpg


破片をとりだすと・・・・
もう粉々です。
まいったぁ(^^;)重症です。

c0025140_23092360.jpg

金属疲労と言う言葉を使えば簡単ですが、
一ヵ所が切れただけなら理解できるけど、粉々になる条件はかなり特殊なはず・・・
急激な解放?
何だろう??
粉々破断のメカニズムが解らん。

初心者の私にとっては試練です(笑)
ちょっとヘビーな壊れ方なので、修理はやむなく中断しよう。
ビデオとクリロのプラグ苗植替えを優先させます。

再生プランは4つ
①パワーのリザーブ時間は減るけど、残りのバネを加工修理する。
 (シャフトに取り付けられるのか?非常に硬いはず?また折れるかも?)
②バネだけ交換する(バネだけ売ってるのか?なさそうですが)
③ムーブメントの丸ごと交換。
 (ムーブメントだけを売っているのを見かけるが、
 文字盤との位置関係が同じものは簡単に見つからないのでは)
④最悪は、チャイム用のバネを、時計の駆動用に移植する。
 (チャイムは永遠に鳴らなくなってしまいます)

敗北感のまま
しばらく先送りです。
必ず生き返らせてやる。





[PR]
# by nanami7kuri | 2018-02-05 00:58 | 自作の時計ベルト | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite