七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

小田原のおでん

お盆休みに何処へ行きたい?  と、爺に聞いてみたら・・・
小田原の「おでん」が食べたい!
かなり明快な要望が(笑) ではでは行ってみましょう。

花関連の投稿でなくて申し訳ありません(^^;)この時期咲いてなくて(^^;)

お盆休み中なので渋滞が心配。
グーグルマップによると小田原厚木道路の終点は渋滞中。
念のため時間に余裕をもって出かけたのですが、小田原周辺まで来たら渋滞が解消(^^)v
時間が余ってしまうので何処かに寄ろうよ!
地球博物館?小田原城? 爺に聞いてみたところなんと・・・
箱根ターンパイクを走りたいとのこと(笑)爺も男だねぇ~
箱根の山は雲の中なのですが・・・(^^;)まあいいか。行こうじゃん。
タントカスタムRSSA  LA600S で上ってみました。
c0025140_226739.jpg

ターボとは言え、絶対的な馬力があるわけではないので
料金所直後の最大級の傾斜はさすがにつらい。
しかし、その後は3000~4000r/minでストレスなく巡航が可能。
するするっと上ります。タントやるじゃん!
ターボの低速トルクパワーバンドを上手に使い切るCVT制御の味付けが良くできています。
c0025140_2261574.jpg

大観山のドライブインでちょっと休憩。
あっ!ターンパイクの燃費って計ればよかった。料金所でリセットし忘れました(^^;)
家から大観山までの平均燃費は14km/L。
雷がゴロゴロしていたのでタッチアンドゴーで箱根新道で小田原に戻ります!

小田原城をタントでぐるっと一周して目的のおでんのお店に到着です。
「小田原おでん本店」さんに到着~
c0025140_2262343.jpg

斜向かいにある かまぼこの老舗「丸う」さんの駐車場に車を停めてokとのことなので助かります。
c0025140_2263142.jpg

でも、せっかくなのでお土産に何か買って帰ろうかな!
試食可能でうれしい!(^^)!迷いましたがタコ入りのさつまあげをチョイスしました。
c0025140_22492962.jpg

おでんタネを自由に選べるようになる16時から入店です。
(ご主人のご好意で店内の撮影&投稿の許可を得て投稿しています)
c0025140_2263772.jpg

お寿司屋さんのように清楚だけど和風モダンな店内。
その訳は後でわかりました!
タベログの常連さんのように綺麗な盛り付けの状態の画像が無くて、すすみません(^^;)
おでん鍋を見ながら注文できるカウンター席がおススメです。
c0025140_2264310.jpg

メニューを見ると、食べたことのないおでんタネがいっぱい!
シラス団子
金目鯛の揚げ包み
粗挽きの焼きあじつくねも美味しかったし・・・、すみません正式名称をわすれました(^^;)
創作的な新タネ、変わりタネが沢山あります。
もちろん定番のダイコンやタマゴも美味しい。

おでんの取り皿はシンプルなのですが、この塩辛の器は個性的。
(またまた食べかけですみません)
c0025140_2265081.jpg

良く見れば、隣のカップル・・・、彼が向井理に似た好青年。
その彼に出された日本酒の徳利がなんと備前焼き! 
おやっ?
しかも個性的な徳利。 ごま模様の入り具合もいい感じ。
良く見れば壁の一輪挿しの花器も備前で、灰かぶり模様がいい感じ。
備前焼きのセンスがマニア的な領域です・・・

それもそのはず、ご主人は美術の仕事をされていた事があるそうで
備前焼き大好きなんだって! 
岡山まで収集しに行っちゃうそうです。話がはずんでしまいました(^^)
カウンターの中にあるいろんな備前の徳利を見せていただきました。
どれも普通ではないです、個性的な徳利。模様もいいかんじ。

どう?使ってみる!
ご主人のコレクションをそのままお店で使わせていただきました。
c0025140_2265692.jpg

私が選んだのはこの徳利。渋くてモダン。
実は器の底に緋襷の模様が走るのです。
いかん(^^;)マニア心をくすぐられてしまいました。
同じものは作れない備前焼きはクリスマスローズの世界に似ています(^^;)
クリスマスローズに例えると渋いダーク系の花に、個性的な模様が差す感じです(笑)
ポピュラーな領域でななく、それはもうマニアの領域。
” 味わう ” の場面では器は重要な意味がある。
料理の味まで変えてしまう。

つくねとか、牛筋とか、まだまだ食べていないものが沢山あるので
次回も箱根方面に行ったら寄りたいお店です。
[PR]
by nanami7kuri | 2014-08-14 00:28 | クリスマスローズの交配 | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite