七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

時計ベルトの製作  皮を染めてみました

時計ベルトのその前に
クリスマスローズの早期発芽はすくすくと生育中。
9種類が発芽して、4種類がうなじ見え。
c0025140_17171947.jpg

その中でも、この交配は発芽の速度と均一性がダントツ。
ヨレが無く、ツヤツヤ健康的。
なんとなく、葉がやや黄色っぽいのは黄色交配なのです。
c0025140_17141273.jpg

両親はこちら。
いずれも黄色にピコティの美人。
でも姉妹ではなくてPDの血が流れていたりと、個性派の血筋
c0025140_17141843.jpg

この双葉さん達には両親と同じような花が咲くであろう平均点の高さと共に、
PDの血筋による変異・・・、変わった個性の発現に期待する。
早く結果を見たい交配の一つです。

クレマチスも2015年交配の種の秋の発根がピークを迎えていて日々植替え中。

***********

自作の時計ベルトの話に移ります。
黒ベルトを作りたいけど、黒クロコダイルの皮がわずかしか入手できなかったので
なんとかしなければ!
染める技術に挑戦してみます。
今回使用するのはこの茶クロコダイル皮。 
c0025140_17142331.jpg

これを、黒に染めてみました(下の写真)
画像中央の茶色い部分がもとの色です。
塗料はローパスバチックと言う製品の黒を使用しました。
c0025140_17142784.jpg

使ってみると、意外でした。
染色されたツルツルのワニ皮でも・・・、すーっと染み込む。ムラにならない。簡単!
プラモデルのように塗装で覆う感じではなく、吸い込んでゆく感じ。
皮の持つ風合いは損なわれず、曲げても引っ張っても問題なしでした。
マットな皮面はマットに仕上がり、グロスな皮面はグロスに仕上がります。
c0025140_17143291.jpg

吸い込む塗料なので擦れによる劣化には強そうです。
逆にロウでコートした皮や、エナメル加工された皮は染められませんでした。
今回の皮では既塗装済みの表面に追加黒染めした面は水にぬれても色落ちしませんが、
コバ面は水にぬれると色落ちしました(既塗装面がなぜ色落ちしないのか原因は不明)
ワイシャツに付いたら困るのでレザーコートのマットで色止めが必要です。

裏面の牛革と貼り合せて、18mm幅にカット。
時計のベルトを切り出すにはギリギリのサイズです。
実は・・・、良く見るとフォチキスの痕あり、クリップの痕あり(^^;)
¥100なので我慢です。
c0025140_17143796.jpg

コバ処理は前回から採用の、固めて削る。
エッジに丸みを付けて深く塗料を染み込ませたいので、コバもローパスバチックで染めました。
c0025140_17144228.jpg

意外にデザインに時間を費やしたのが裏面の選択(^^;)
裏面には密かにオシャレに気をくばりたい、個性を演出したい私。
今回のデザインの目指すところは、アンティークなボロ時計に似合う黒ベルト!
なんだかんだと悩んだのに、最終的に選択したのは牛のトコ面(^^;)
アンティークに纏めるには、意外にこれで良いかと! 
c0025140_17144751.jpg

ステッチの糸も新しく買ってきた焦茶を採用。
とっても焦げてて、黒とほとんど変わらないなぁ(笑)
c0025140_17145581.jpg

そして完成。 組み立ててみます。
イイ感じだ(親バカ)とってもアンティークです。
細かいミスはあるものの、言わなければ解るまい(笑)
c0025140_1715252.jpg

約50年前に作られたこの時計CITIZEN deluxe 再び命を吹き込みました。
黒クロコダイルによってボロささえも味にしてしまおう!
いつ壊れて動けなくなるかわからないような時計ですが
今のところ時間の精度にムラはなく、実用に支障なく頑張っています。
c0025140_17151421.jpg

裏面はトコにして良かったと思っています。モダンな要素は排除しました。
使用すると汚れは目立ってくるかもし出ませんが、エイジングを味として楽しみましょう(^^;)
ステッチもそこそこ上手に出来るようになりました。
c0025140_17152522.jpg

コバ処理と、染めにも自信がついた!
フラットな切り身仕立ての自作なら完成度が上がってきました(親バカ)
遊環のコバに於いては、コバスーパーで処理した方がいいかな・・・
c0025140_1715314.jpg

どんなに時間がかかっても、自作は楽しいです。
細かい仕事なので、ちょっと体力的にしんどいのですが
頭の中でイメージして、表面と裏面の皮を決め
どの皮の何処を切り出す、皮の色、糸の色・・・
いろいろ考えている時間も楽しいものです。
そこは花の交配にも似ていますね(^^;)
c0025140_17153798.jpg

なんだかんだと今回も苦労しましたが、そこそこイメージ通りで嬉しい。
カッコよく言えばトラディショナルかと(親バカ)
個性を殺して無難なまとめ方ですが、
アンティークにこだわったデザインもありなんだなと知りました。
バランスって大事だね。
実はさ、裏面トコって安上がりで助かります(笑)

現代時計用の22mm幅クロコダイル皮ベルトをまだ製作していないので
次回はそれを作ろう。
これはモダンなデザインで作りたいです。



[PR]
by nanami7kuri | 2016-10-01 23:27 | 自作の時計ベルト | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite