七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

cafe大地 河野コーヒーミル

珈琲を淹れるのに現在はドリップで行っている。
サーバーにまとめてドリップせずに、カップに個別にドリップしています。
それは淹れる儀式が楽しいと思い始めたからです。

この時、あらかじめカップを温めるのですが
意外にお湯を使うので大きなポットも必要になってきました。
そんな時、個性的なポットを見つけた。

c0025140_23561154.jpg

銅の叩き出し。
島本製作所のベル型のケトル。
とにかく形がオシャレ♪ 持つ部分が木製で熱くならない実用的。
プラ部品が無いので使うほどに渋くなるだろう。

c0025140_23561828.jpg
骨董市は雨の中、
このケトルが可愛いので、連れ帰ろうか迷っていたところ・・・
店じまいの仕度に追われる店主さんが誤ってコーヒーミルを棚から落としてしまった!
あーっ、もうダメだぁ・・・

それをたまたま見ていた私が空中でキャッチしたのがこれです。
河野コーヒーのミルです。
c0025140_00104181.jpg
残念ながらKONOの焼き印が薄くて読めません
でもアンティークな味がよく出ているじゃないですか。
運命を感じて価格を聞いたら・・・、
店主さんも運命ですよね!  と半額に(^^;)
爺へ、敬老の日のプレゼントにしよう。ケトルと共に連れ帰りました(笑)

分解してレストアします、骨董品ではないのでそこそこ綺麗。
c0025140_00104998.jpg
臼刃も錆びてはいません。
細挽きの刃が長いので挽きやすいかもね。
c0025140_00105795.jpg
この臼刃はカットされたものではなく、なんと鋳造のまま。
たしかにこれで十分なのかも知れません。
c0025140_00110452.jpg
金属ブラシでゴシゴシ。
サビが無いので清掃は簡単に終わってしまいました(笑)
砕く部分の刃はランダムな波のような構造に。
c0025140_00263302.jpg
部品は最小限の数で出来ている。
シンプルな構造です。
c0025140_00271970.jpg
挽いた粉が落ちるトレーは、どこのメーカーも無垢のままなので汚れがちです。
c0025140_00273296.jpg
トレーの外側は、いつものローパスバチック。
トレーの内側は、クリーム色に再塗装しました。
本体はニスを1重塗りで仕上げて、木の温もりを活かしました。
乾燥させて、翌日は一気に組み立てます。
c0025140_00275421.jpg
爺プレゼント完成!!
美しく、渋く、伝統的な感じを保ちつつ。
なにより実用可能なのです。
c0025140_00280463.jpg
KYMのミルと並べて記念撮影。
c0025140_00283645.jpg
さっそく実家で挽いてみよう。
c0025140_00284893.jpg
中細挽きかな。ちょうど良いです。
ハンドルも重たくならないので、テーブルの上でガリガリ挽くには適しています。
c0025140_00291305.jpg
ドリップに至るまでのアロマが素敵だ。
至福のひととき。
c0025140_00305190.jpg
と・・・一段落と思いきや、
ここでレストアは終わらない。

馬鹿でかい、業務用のサビサビのコーヒーミルに出会ってしまった。
鉄の塊、重たい、重たい(^^;)
アメリカ製らしいが、メーカーなど不明
STAR COFFEE MILL
c0025140_00311877.jpg
これまたレストアに時間を要するものを連れ帰ってしまいました。
時計ベルトの製作が遅れるので、
こいつの手入れは後にしよう。





[PR]
by nanami7kuri | 2018-09-23 00:24 | アンティーク・雑貨・DIY | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite