七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

レディース時計のベルト作り  その2

レディースの時計ベルト作りの続きです、
カットは非常に緊張する工程の一つです。失敗するとそこで終わる。
c0025140_11424020.jpg
いい感じに切り出しできました。
クイルマークを主張する。
c0025140_11440842.jpg
トコフィニッシュで固めて、削って、固めて、削って、
磨いて、磨いて、ローパスバチックでコバを茶に着色し、
レザーコートマットで表面処理して・・・
徐々にベルトらしくなってきました。
c0025140_11443561.jpg
穴あけも緊張する工程の一つです。
レディースはベルトが細いので、穴の配列がぶれると目立ってしまう。
なんとかしてクリアして、ベルトが完成。
c0025140_11444156.jpg
早速、取り付けます。
レディースのアンティーク時計が組み上がりました。
そう、大地が作るベルトは贅沢に無駄に長いのです!
c0025140_11460872.jpg
SEIKOのレディース型式5035は
適度にフォーマル。適度にアンティーク。
c0025140_11462312.jpg
早速、昨日の法事で使ってもらいました。フォーマルな服装には最適です。
裏面はオシャレにヤンチャしており、赤です。
c0025140_11462941.jpg
クイルマークを見える位置に来るようにデザイン。
c0025140_11470587.jpg
精度も良好で、実用には十分です。
リュウズも大きくて巻きやすい。
大きく湾曲した風防も個性的です(親バカ)
c0025140_11471031.jpg
今回、RADOは金が濃すぎてギラギラしすぎなので
ベルトを茶にしてカジュアルに戻してみました。
c0025140_11481120.jpg
むしろ、ジーパン、白シャツでカジュアルに使ってください。

c0025140_11482283.jpg
レデイースはこれで完成。
ステッチが無いのでシーズンのスタートにはちょうど良かったです。

この勢いのまま、加速しよう。
自分用のアンティーク時計用向けのベルト作りに進みます。
今回は明るいブラウンのオーストリッチ。
c0025140_11493733.jpg
このカバンを分解して、まずは3本のベルトを作る。
16mm、17mm、18mmの3本。
勢いのある時に作っておこう。
c0025140_11485821.jpg





[PR]
by nanami7kuri | 2018-10-22 16:25 | 自作の時計ベルト | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite