七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:クレマチスの交配( 271 )

クレマチスの講演会と、クレマチスの丘と、結婚式

先日、相模原クレマチスの会の講演会に参加してきました。
今回はクレマチスの生産者「はなせきぐち」の関口さんによる育種や栽培の話が聞けるとのこと!!
特に・・・育種の話となれば大地はワクワク!!

c0025140_20045234.jpg

人柄もあってか、多くの質問が会員からよせられ丁寧に回答していただきました。
肥料や挿木の質問は会員の方にお任せして、
大地は最新品種の交配の経緯や、親の選択の理由などなど
2時間の講演でしたが時間が足りない!!

c0025140_20045903.jpg
その後、有志の方々でモナの丘でランチミーティング。
秘密の花とか・・・
未公開の花とか・・・
濃い話をディスカッションさせていただきました。
ありがとうございました。

******

さて、先日
クレマチスの丘へ行ってきました。
この時期に・・・(笑)あははは、目的は苗の購入。
午後は出勤なのでトンボ帰りしなければなりません。
c0025140_20053017.jpg
当然、クレマチスは咲いていません(笑)2月ですからね。
エントランスは寒そうです。誰もいない。
c0025140_20054456.jpg
しかしながら管理が良いので、新芽は丸丸と太って準備万端です。
c0025140_20055143.jpg
トイレを借りて・・・
と、思ったらアンティークなジョーロが目に留まり。
交渉の結果、購入しました!(^^)!
めちゃめちゃ渋いブリキのジョーロです12リットルの大物。
取っ手のデザインが個性的でもあり、実用的でもある。
c0025140_20061276.jpg
苗は渡辺園芸さんで無事に入手。
花のシーズンだと売り切れてしまうので、この時期での購入となりました。
c0025140_20062266.jpg
翌日は姪っ子の結婚式です♪
久しぶりの結婚式です(^^)
画像はぼかしました(笑)
c0025140_20064458.jpg
ビデオはプロにお任せして、家族のんびり食事しながら祝福しよう! と、思っていましたが
プロに頼んでいないとのこと!
なぬ、ならばオジサンに任せなさい、頑張るぜ。
念のためビデを2台持参していました(笑)
c0025140_20063712.jpg
カミさんと、私の2台撮影。食事は流し込む感じに(^^;)
三脚は無いのですが、どうせならばと親戚の利点を有効に活用してゲリラ撮りです。
やはり女子大時代の親友のテーブルが気になります!いいなぁ~!!

この後、編集が大変です。




by nanami7kuri | 2019-02-10 22:16 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クレマチスの みの虫

父がご近所さんから大きな絵をもらってきました。
B1サイズ級の巨大な絵。
そんな大きなものどこに飾るの・・・母と私は大反対(^^;)
c0025140_19470908.jpg
でも、絵を見ておどろきました!
なんとクレマチスなのです。
そして美しい。
母も私も、ぜひ飾ろうとノリノリになります(笑)
c0025140_19480172.jpg
鉛筆のような物で描いた後に
絵の具のような物で着色しています。
花は何だろう?
万重で水色藤色で、一般的に流通しているものと言えば・・・
「マジック・フォンテーン」、「彗星2号」あたりかな?
c0025140_19481611.jpg
万重のクレマチスが生き生きと描かれています。
そして忠実。
万絵の咲き始めから、開花ピークまで様々な姿が再現されています。
見ていて、ある、ある・・・そう、そう、と言ってしまう♪
作者のサインは「Haru 2016,5」
お会いしてみたいです。

重量が5.3Kgもある。
実家の爺婆は取付位置にもこだわる(笑)
強度確保の為に、石膏ボードの裏の柱を狙うと・・・壁の中央からずれてバランスが悪い。
壁の中央に飾るには石膏ボードのみで吊る必要があります。
大丈夫かなぁ(^^;)心配ですがこんな金具で取り付けました。
c0025140_19482197.jpg
なんとか無事に飾ることが出来ました!!
c0025140_19485759.jpg
すみません。
ようやく本題です!
玄関にはクレマチスの蔓で作られた みの虫 を発見!!
c0025140_19490810.jpg
よくここまでクレマチスの蔓にこだわって作ってくれたものですね(笑)
とても個性的。
パッと見、クレマの蔓以外のものが見えないほどの材料にこだわった作り込み!
大事に育てることにしました(^^;)

それでは皆さん良いお年を!!






by nanami7kuri | 2018-12-31 20:49 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クレマチスの会の苗交換会 とクリスマスローズ再考

時間も無いので、クレマチスとクリスマスローズの話を同時にアップします。
花は異なれど、育種と言うキーワードでは私にとって共通の問題。

さて、今日は寒かったですね(^^;)
麻溝公園もドンヨリとしていて人もまばら・・・

c0025140_20154475.jpg


しかし熱い奴らもいる(笑)
今日は相模原クレマチスの会の苗交換会なのです。
金子さんの講演会もあるので話は尽きません、
いつもの3倍ぐらいの座談タイムで今回も勉強になりました。

c0025140_20190572.jpg
挿木方法、
剪定方法、
病気予防、
などなどディスカッションが行われて行きます。
なるほどぉ~! と、とても参考になります。

一方で、皆さんゴメンなさい。
実はディスカッションの末にたどり着く処置方法は、我が家の実情と真逆なのです。
育種に重点を置いてしまっている我が家は、とても変人なのです(笑)
目的が異なるので許してくださいませ(^^;)
会長や先生には怒られそうです。

挿木⇒ しないと決めています。挿木をする場所があるなら少しでも未開花苗を置きたい。
剪定⇒ していません。種を採るので切り戻しはせず、ほぼ放置。
病気予防⇒ していません。そもそもズボラ、薬が嫌い。
      弱い性質、環境に馴染めない性質の苗は淘汰していただく。
美しい庭に憧れるけど、蔓が絡み合ってジャングルなのです。
お茶でくつろぐような場所とは言えず、とてもお恥ずかし状況でして・・・(^^;)あせあせ
c0025140_21181436.jpg
画して、
我が家のキャパでは美しい庭と、育種の両立は無理! と、割り切ってしまいました。
新しいものを作り出すことを生き甲斐とする私は育種を選択。
ふたたび しのちゃんの名言を胸に刻む。
「 ガーデニングに 『こうしなければならない』 は、無い! 」
変人でもいいです、わが道を行こう!!
c0025140_21185011.jpg

クレマの秋の発根もほぼ終盤、
ここからはクリスマスローズへと気持ちの切り替えを行ってゆきます。
その前に、
例年のように価値感の整理をしよう。
クリスマスローズのライバル候補は、いつものパンジー
c0025140_21223384.jpg
この花に負けないように、美しいものを目指す。
バブル期のような大きな進化はもう望めない、
方向性を確認し、目標も絞り、コツコツ行こう。
いつか必ず咲くはずだ。





by nanami7kuri | 2018-12-02 21:45 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クレマチスの秋の発芽のピーク

クレマチスは2017年度の交配の種(去年交配の種)が発根ピークを迎えています。
油断していたら、一気に発根していました。

c0025140_20103858.jpg

クレマチスの発根は気まぐれで、交配から2年間ぐらいの期間の間で
バラバラに発根してきます。
概ね春か秋に集中します。

c0025140_20104345.jpg

こんな感じにビニールチャックの中で
パーライトを湿潤させて管理しています。
植替えが遅れると根の先端が腐ってしまうので、植替え待ったなしです(^^;)

c0025140_20104717.jpg

鎌倉彫の飾り箪笥は、植替えモードの作業台になっています(笑)
大地はもう植替えマシーンと化して、もくもくと植え替えるしかない(^^;)

c0025140_20105540.jpg

まだまだ植え替えは続きます。
しかし、この苗たちは約50%ぐらいが枯れる。
生存率は極めて低い。
現実はとっても厳しい。


あっ、2018年交配の発根が1本だけありました!

c0025140_22340417.jpg
何に役立つか解りませんが
早期発根タグを付けて追跡します。




by nanami7kuri | 2018-09-24 20:27 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クレマチスの採種開始 

まずはクレマチスの苗。発芽0.5年生ぐらいの子たちです。
弱い子、強い子、様々な個性が出てきます。
特に夏の高温多湿は厳しい淘汰の試練です。
c0025140_23252753.jpg
それでも殺菌剤の農薬は使わない。
日本の環境で弱い子は育てない、シンプルかつベースとなるポリシーにしています。
c0025140_23253279.jpg
今は初夏の発根がピークです。
とにかく、植え込む。
微妙な高さに植え込むので、骨が折れる作業です。
袋の中で根腐れする前に、とにかく植え込む。
待ったなしの時間との闘いなのです。

まずは日陰から育てます。
c0025140_23254616.jpg
こうして2017年に採取した種の発芽が続く中で、
今年、2018年に交配した種が採れ始めました。
この後は、クレマチスの湿潤処理に追われる日々がやってきます(^^;)
c0025140_23521443.jpg
クレマチスの湿潤処理が終わると、
ようやく腕時計のベルト作りを始めることが出来るのです。
まだまだ先だなぁ(^^;)







by nanami7kuri | 2018-07-09 00:02 | クレマチスの交配 | Comments(0)

実生クレマチスNo.095 と クレマチスの工芸品

少し落ち着いたので、久しぶりにBlogを書きます。
クリスマスローズの種はもうすぐ早期発芽の低温処理に仕掛けます。
クレマチスはと言うと、ちらほら咲いている。
久しぶりに実生も咲いてきました。

実生クレマチスNo.095
花名:なし
濃いベルベットな紫、シベは白い

c0025140_21045992.jpg
耐病性は強い。この時期に全くうどん粉病にかからない。
過去に立ち枯れた履歴タグもない。
すらっとした花形が清楚なので、もう一年様子を見よう。

2017年採種のクレマチスは、初夏の発根がピークを迎えている。
c0025140_21051391.jpg
チャック付ビニール袋で湿潤管理しているのですが
油断をしていると、根がぐるぐるに伸びている。
c0025140_21052048.jpg
母x父 の同じ組み合わせの交配は、面白い事に同じ時期に発根してくる。
これ以上に伸びると根腐れのリスクが高まるので、
ポジティブに考えると植替えの適期である。
c0025140_21074224.jpg
ただし晴れの日のアンティーク趣味部屋は、この時期33℃にもなる(^^;)
エアコンが無いので、水分補給しながら汗をかきかき・・・植え込みます。
c0025140_21364632.jpg
さて、
大地はクレマチスの工芸品も集めています(^^;)
narumiの青磁 
デザインからして菓子皿かな。
c0025140_21365264.jpg
ぶつけたら・・・割れそう(^^;)
絵柄の凹凸によって釉薬の厚みが変わることで立体感を引き出している。
c0025140_21365749.jpg
クレマチスの七宝焼
華やかなんだな。
c0025140_21372142.jpg
小皿
骨董市では小皿も見逃しません(笑)
c0025140_21372783.jpg
漆器の菓子入れ
大好きな春峰さんの金粉絵蒔き会津塗。
光の反射を良く見ると、ちゃんと木目が浮かび上がってくる。
木材をくり抜いて作られたものの様です。
これだけ分厚い木材をくり抜くのだから大変なものだ。
c0025140_21373372.jpg
例年より22日も早く梅雨が明けてしまった。
苗には日差しが強すぎる季節がやってきました。あわてて遮光しました。
今年の夏は暑くなりそうだ。
c0025140_21380081.jpg
そろそろデロリアンの再起動の時期です。





by nanami7kuri | 2018-07-06 22:44 | クレマチスの交配 | Comments(0)

クレマチスの丘 再び

今年もクレマチスの丘へ行ってきました。
時間が無いので、記事は簡素に!
c0025140_21421936.jpg
体調の優れない爺婆にあわせて自粛してしまうと、
健常な方の爺婆の時間が過ぎ去ってしまうので、
せめて日帰りの旅行へと・・・悩んでいたらクレマチスの丘になってしまいました(^^;)
c0025140_21422504.jpg
早咲き大輪系はとっくに終わり、遅咲きへバトンタッチしています。
入り口のアフロディーテエレガフミナはいつも通りの絶好調。
これと修景バラとのコンビネーションは良さそうです。
c0025140_21430809.jpg
c0025140_21431434.jpg
回廊を抜けると、いつもの景色
ここでは色々な植物とクレマチスの混植が見ることが出来る。
c0025140_21435117.jpg
いつも目を引くのが
ダリアのミッドナイトムーン
c0025140_21435744.jpg
まるでブロンズのような、工芸品のような、
芸術的なセンスの花です!
c0025140_21440297.jpg
c0025140_21441248.jpg
これ、花の名前がわかりませんでした。
下草としてとても有効に機能していました。
なんか綺麗だぜ。
c0025140_21444086.jpg
マニアなこの場所は、いつも気になる場所。
匍匐性の針葉樹に、上から被せたインテ系の花
福園なのかアラベラなのか私には区別つかないけど、
とにかく素敵なコンビネーションだ。
c0025140_21450552.jpg
美術館の屋上は無機質だ、
世界が変わる。
c0025140_21451397.jpg
いつも、これは見に行く。
素敵な演台。
c0025140_23033085.jpg
さあ、いよいよメインステージ
中央の庭に出てきました。
c0025140_23033984.jpg
この無駄に大きいオベリスクは
まるでギリシャ神殿の柱のようにそびえ立つ。
c0025140_23034742.jpg
いや、このオベリスクの大きさは無駄ではない。
マクロに見ると、庭全体のデザインとして、クレマチスの存在感を示してくれる。
贅沢な空間を演出している。
c0025140_23035506.jpg
クレマチスはウォール仕立ても素敵だ。

インテ系で目にとまったのはこれ、スイートハート
c0025140_23050471.jpg
最近は、このカールした花弁が魅力に感じられるようになってきた。
なんか、いいんだよね!
c0025140_23051149.jpg
この庭では手入れが行き届いているので(うどん粉病などの予防)
一般家庭での耐病性ははかれない。
この篭口は美しい。大地好みの色、艶、形なんだよなぁ~。いいなぁ。
c0025140_23052471.jpg
ふたたび再会。琴子さん
清楚ですね!
c0025140_23053327.jpg
そしてバラのエリアへ
c0025140_23083086.jpg
バラは無敵だ。
女性の心を引き付ける何かがあるようです。
私ものそ技を身につけたいものです(笑)
c0025140_23083957.jpg
必ず立ち寄るガーデナーズハウスは
c0025140_23085379.jpg
隠れ家的な憩いの場所。
c0025140_23094677.jpg
カウンターの上にはいつも通り、宝石のような花たちが並んでいました。
c0025140_23103026.jpg
この空間で、のんびり癒されて
約3杯ぶんのお茶とクッキーのセットは、お安いと思うのです。
花マニアの仲間となら何時間でも話がはずむ。
c0025140_23103875.jpg
c0025140_23104544.jpg
そして、この後の予定を再構築。
雲も出てきたので、箱根や伊豆、富士には向かわず・・・
もうここで のんびりしよう!

隣接する日本料理のお店 tessenでゆっくりすることにしました。
昨年、福岡クレマチスを楽しむ会の皆さんと来て以来です。
c0025140_23114326.jpg
平日の、ティータイムに近い時間だったので、ほぼ貸切です!(^^)!
c0025140_23125802.jpg
さすがクレマチスの丘です。
各テーブルの上には和風の瓶にクレマチスが飾られています。
良く見れば・・・こだわりの唐草模様です。
c0025140_23130603.jpg
前菜は漆器とともに出てきます。
箸置きが巻貝で出来ている凝りようです。
中央のキャベツの冷製スープが、お気に入り。
c0025140_23140190.jpg
前回の箱膳はもう売り切れていたので、今回は煮魚膳にしてみました。
金目鯛の煮つけ。
庶民の我が家では久しぶりの金目。
c0025140_23141661.jpg
そうそう、お茶碗もクレマ柄でした(笑)
クレマ好きには嬉しい演出なんだなぁ~
c0025140_23145660.jpg
いつかまた来ます。





by nanami7kuri | 2018-05-30 00:24 | クレマチスの交配 | Comments(0)

幸せはあなたの心が決めるもの

先日開花した実生クレマチスNo.084に名前を付けました。
花名「幸せはあなたの心が決めるもの」
c0025140_00031390.jpg

私は変人なので
名前が長いかな? そんなの気にしない。
日本人にしか意味が通じない? それでよい。
花の名前を知った時に、考えるきっかけになればそれでよい。

交配を行っても行っても新しいと言えそうな花はなかなか咲いて来てはくれない。
挫折してしまいそうな時に、ぽろっと咲いてくれた花。
しかし、大地にとっって この花はもう過去の花。
しみじみ開花を喜んでいられるのは1週間ぐらい。
もっと高い目標の花へと気持ちを切り替えて、興味は次の交配へ集中しよう。
・今までの考えを踏襲した交配
・今までにやっていない新しい交配
・第一世代で結果を求める交配
・第二第三世代で結果を求める交配

その時々に庭で咲いている花で、上記の配分を考えながら交配しています。
交配は腕を組んで考えている時間が大半なのです(笑)

もう一つ、万重咲が咲いてきました
実生クレマチスNo.86
花弁にややピンクの模様がのる。

c0025140_00332261.jpg
発色が弱いのでちょっと中途半端かな?
来年まで経過観察してみます。
c0025140_00332854.jpg
数年前から八重咲はあまり狙わず、万重咲を狙ったフロリダ系交配を重視してきた。
これは乱暴に言えばバクチに近い。
私の経験イメージでは
万重咲は量的形質とはほど遠い、どちらかというと質的形質に近く感じる。
決定遺伝子が少ないと思われ、中間型のセミダブル発現しにくく、万重咲は突然に発現する。
では劣勢なのかと言うと・・・微妙。
経験者なら白万重モドキが多発することも直面する。

一方で、ダッチェスオブアルバニーや天塩のように雄しべ雌しべのある八重咲形質は
量的形質のイメージで、中間型が出やすいように感じる。

なんだかなぁ、コントロールが難しい(^^;)
私は有色万重咲を目指すべく、結果が出にくいバクチを打つ。
知識は重要な要素ではなく、根気が大事かなぁ(笑)







by nanami7kuri | 2018-05-23 00:00 | クレマチスの交配 | Comments(0)

相模原クレマチスの会の展示会2018

私が所属する相模原クレマチスの会の展示会が行われました♪
早朝の会場入り口、警備員さんぐらいしかいなくてひっそりとしています。
実生クレマチスNo.084を展示に連れてゆきました。

c0025140_22220722.jpg


相模原クレマチスの会の皆さんが丹精込めて育てた花がズラッと勢揃い!
おおおーっ

c0025140_22221308.jpg


開園前の今のうちに掃除、水やり、花ガラ摘み・・・
でも、ついつい見入ってしまい手が止まります(笑)

c0025140_22221984.jpg
今回、諸事情により飛び入り参加とさせていただきました。
あまり戦力にならずに申し訳なく思います。
なので展示会場では説明員の係を承りました。
濃いマニア向けディープな内容が専門です(笑)
おかげさまで私も勉強になりました。いろんな視点でクレマチスと向き合う事が出来ました。
ご来場のみなさま、話しかけてくれた方々ありがとうございました。

こちらは龍安とアークティッククイーン
この2花を並べたコンビネーション、いいですね~
お互いを引き立てあう感じがします。

c0025140_22223503.jpg

いい感じのフロリダ系
ユートピアさん
霜降りピコティというか、白筋というか私好みの花です♪

c0025140_22233594.jpg


チューリップ咲のこの花は「琴子」さん
ダイアナさんとケイトさんの中間型の発色で可愛い花です。

c0025140_22234141.jpg


おおおー!
テッセンの大株。
これを見ていると交配したくなってしまう(笑)

c0025140_22235454.jpg


今回、私の最大の関心事。
宇田川さんのコレクションのコーナーが特設されました。
ご家族の方にもご来園いただき、貴重なお話を伺うことが出来ました。

c0025140_22240729.jpg


宇田川さんと言えば、この花 「大河」を作出された大先輩です。
何度見ても独創的、個性的で美しい奇跡の花です。

c0025140_22253360.jpg

生前の宇田川さんが書かれた交配記録やメモに触れることが出来ました。

c0025140_22254021.jpg


分厚い英語のクレマチス専用の書物も愛読されていました。
勉強家ですよね!

c0025140_22254740.jpg


なんと!
このペーパークラフトも宇田川さんの作品。
クレマチスの花が精巧に再現されています。

c0025140_22255527.jpg


一番上は大河さんでしょう!
その下の細4枚弁はアフロディーテかな?
花創りだけではなく、物作りもお好きだったのですね。
なんだか私と共通点が多くて、ちょっと嬉しい(^^)

c0025140_22262720.jpg

もっと驚いたのは・・・
宇田川さんの腕時計。
個性あふれる品です、かなりのマニアだったようですね♪

c0025140_22263542.jpg

オリスのオートマチック
裏スケルトン、デイトポインタ、9時配置のスモールセコンド、
朝日のようなデザインのダイヤル、コインエッジ。
マニアの要素がいっぱい詰まった腕時計。

ここまで来ると、もう運命を感じる(^^)
私と趣味が一致する(笑)なんだか嬉しいのです。
庭で咲いている花ですが、宇田川さん作出の「八雲」さん
こんなに無限花序で、こんなに万重、凄いのです。

c0025140_22265337.jpg

展示会の後、
実生クレマチスNo.084は湘南クレマチス園さんに託しました。
量産選抜試験に合格できたならば、将来販売されるかもしれません。
雨ざらしの我が家のベランダでポリポットで放置栽培され、
無農薬で4年間生きながらえてきたのだから彼女はそこそこ強いはず・・・

c0025140_22270342.jpg

展示会場で知り合ったバラマニアのお二人から
展示会場の蛍光灯と、戸外の自然光では花色のイメージがだいぶ変わるね!
とのお話があったので自然光の画像をupしておきます。
c0025140_22275810.jpg

毎朝、出勤前のクレマチス交配でドタバタやってます。
遅刻ギリギリです(^^;)





by nanami7kuri | 2018-05-17 23:52 | クレマチスの交配 | Comments(0)

実生クレマチスNo.081~No.085

前回の記事の万重咲の花が咲いてきました。
実生クレマチスNo.084
花名:未定

c0025140_23445572.jpg

開ききるとシルクのような淡いピンクになりました。

c0025140_23450188.jpg

相模原クレマチスの会の展示会に連れて行きます。
5月13日のAMに行けるように調整中。

c0025140_23450711.jpg


c0025140_23451482.jpg

実生クレマチスNo.081
花名:なし
花弁のフリルが大きすぎる花になりました。
ヨレヨレに見えるのでダメです。

c0025140_23520816.jpg

実生クレマチスNo.082
花名:なし
薄墨の様なはなになりました。中心が極淡い青で、シベは紫。

c0025140_23521736.jpg
c0025140_23522311.jpg

花弁裏の基部に発色があります。

c0025140_23522919.jpg
実生クレマチスNo.085
花名:なし
逆ミスト模様になりました。
c0025140_23582675.jpg
c0025140_23583458.jpg

寒いですね・・・3日間の雨が続きました。
花へのダメージが心配です。






by nanami7kuri | 2018-05-11 00:03 | クレマチスの交配 | Comments(2)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite