七海のクリスマスローズBlog

nanami7kur.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

相模原クレマチスの会の講習会 宇田川さんの育種について

まだまだ寒い日が続いています
クリスマスローズの開花は全体的に遅れています。
流行の路線ではありませんが好きな花が咲いてきました。
カップ咲の赤バイカラー
c0025140_00172003.jpg
平日は会社でバリバリ労働していますが
休日はもっと忙しい(笑)
一日中、植替えと交配をしている日もあれば
先日の土曜日は機動力を最大限に使い跳び回る

朝早くからとなり町の骨董市に行ってきました。
ターゲットは柱時計のゼンマイ(笑)
意外ですが、すんなりと類似のムーブメントを発見しました。
c0025140_00172663.jpg
見る限り、同じに見える。
精工舎の刻印もアリ。各パーツの位置関係も同じだ。
ちょっと錆びてるけど、リハビリしたら自励し始めた。
c0025140_00173232.jpg
ただし今回修理中の柱時計はやや長身。
振り子の周期が遅く振れ角が狭いはず。だからアンクルの角度やギヤ比も微妙に違うはず。
修理方針はゼンマイの移植で進もうと思います。

話は戻って本題です
骨董市は早々に切り上げて、今日は相模原クレマチスの会の講習会に参加してきました。
湘南クレマチス園の落合さんによる「宇田川さんの育種」についての講演があるのです♪
c0025140_00325722.jpg
宇田川さんは大河やアフロディーテエレガフミナの作出者です。
残念なことにもう亡くなられていらっしゃるので
生前交流のあった落合さんから宇田川さんの育種に関する貴重なお話を
たっぷりと教えていただきました。とても勉強になりました。
詳細は・・・秘密(^^;)

そのままランチに突入。
平均年齢はだいぶ高いが(笑)、花にかける情熱はみなさん熱いのです。
c0025140_00330151.jpg
その後は、車を飛ばして市街の有名園芸店に直行。
2店をハシゴ(笑)。
クリスマスローズの動向、価格、各ナーセリーの花の方向性を勉強して
自分の交配を再考します。
市販の花と同じ方向では面白くないし、何か自分の個性を出したい
でも行き過ぎた冒険は禁物(笑)
その微妙なラインを探ります。
まよった時は、ラナンキュラスやジュリアンを眺めて 美の基準を確認します。

一花連れ帰りました。
限りなく透明に近いピンク
c0025140_00450232.jpg
この透明感のピンクはありそうで、なかなかない。

さて、日が暮れると
もう花色は解らないので
次はリサイクルショップ巡りに気持ちを切り替えます。
3店舗をハシゴして、アンティークな家具を購入してきました(笑)

家に帰ると少しだけ柱時計の修理を進めます。
ムーブメントの修理は時間がかかる危険があるので(笑)
本体のサイドガラスの掃除をしておこう。
ギタギタに汚れているんだよね(^^;)
c0025140_00450955.jpg
どうせならと、ガラスを外して洗う事にしました。
久しぶりにノミを使いましたよ(笑)中学時代から使っているノミです!
c0025140_00451638.jpg
ほとんどの部品を外してしまいました。
時間が経過すると、再度組み立てられるのか心配ですが・・・まあいいか。
c0025140_00452234.jpg
まるで棺桶見たいですよね(笑)







[PR]
by nanami7kuri | 2018-02-15 01:00 | クレマチスの交配 | Comments(2)

クリスマスローズの未来

先日、母がジュリアンを買ってきました。
私にとって強力なライバルです、
いや・・・私はジュリアンに負けている(^^;)
c0025140_23193498.jpg

こういう花色のクリスマスローズを目指して
頑張ろうと思います♪

相変わらず寒波がすごくてクリスマスローズの開花が遅れています。
決してクリスマスローズが嫌いになったわけではありません(笑)
誰にも負けないつもりの情熱を注ぎ込んでいます。
c0025140_23194056.jpg
黒/赤バイカラーの扉を開くきっかけになりそうな花。
小輪で形が良い。まだ赤さが足りない。
渋いアダルトなムードの花。

期待の蕾。今季が初開花になります。
ゴールドの血は流れていない。
お前の力を見せて見ろ。
c0025140_23201896.jpg
黄色地のリバーシブル。両親よりもマゼンダが濃く咲いた。
ただし黄色みが足りません。
c0025140_23202393.jpg
この先どうなるやら・・・微妙なつぼみ。
上の上の写真の蕾と姉妹です。
c0025140_23203474.jpg
ダンスビデオ編集も終わりました。
クリスマスローズに集中します!







[PR]
by nanami7kuri | 2018-02-07 23:43 | クリスマスローズの交配 | Comments(6)

柱時計 精工舎の再生

ダンスのビデオの焼き増し中に柱時計をいじっています(^^;)
またまた動かないやつです、中型の柱時計を仕入れてきました。

c0025140_23053866.jpg


精工舎の80cm級のガラス張りの渋い奴です。
3方向がガラス張りで、やや高級機だったのだろう。

c0025140_23054588.jpg


文字盤は細かいヒビがまんべんなく入っていて
ほど良くアンティークな味が出ています!

c0025140_23055214.jpg


でも動きません。
どうせ動かないだろうと期待しないで買ってきたものの
うんとも、すんとも、動きません(^^;)
でもそこは考え方次第です。
ポジティブに考えれば直すのを楽しみましょう♪

この柱時計は側面もガラス張りなのです。
メカが丸見えなので、メカ好きの私にはたまりません。
なんとかして再生させたい。

c0025140_23055854.jpg


文字板を外してムーブメントを見て見ると、やや汚い(笑)
でも致命的なサビは無い。
右のゼンマイは時計の駆動用、左のゼンマイはチャイム用。
いずれのゼンマイも巻き上がっている。

c0025140_23074231.jpg


時計の駆動用のゼンマイを優しく巻き足したところ
ガキ、ガキと異音が・・・
バネがさび付いてるのかも??

ガンギ車とアンクルが丸見えで、絶妙なやり取りが興味深いです。
でも振り子のシャフトを左右に振っても、アンクルは動くがガンギ車が回転をしない?
この関係は非常にシビアな駆動なので、最初はここが壊れていると思っていたのですが、
どうも違う。
ガンギが回ろうとする気配が無いのです。

c0025140_23074840.jpg


次の次の歯車を指でアシストすると、アンクルが自励を始める。
そこから思い当たるのは、ガンギ車まで動力が来ていないような気がする。
各歯車を指でアシストしていったところ、なんとゼンマイ直結の第一歯車のリハビリで
カチカチと自励を開始した!
やった嬉しい。
でも今までの経験上、強力なトルクを有する第一歯車の異常は腑に落ちないんだけど。

再組み立ての前に、少し2,3日はエージングしておこう。
アンクルとガンギ車の動きを見ているとまるで生きものの様で愛らしいです(笑)
ビデオの焼き増しの度に、見に来てはムフフフと達成感。

が、2時間ぐらい経ったところで停止していた?
振り子のシャフトをアシストしてもガンギ車は回らない??

c0025140_23075638.jpg


ふと見れば時計の駆動用ゼンマイがほどけている?
何日もかけてほどけて行くものなのに。
ゼンマイを巻いてみるも、もう巻き上がらない。
マジかぁ
新たな問題が発生した模様です(^^;)
ムーブメントを取り出してみると・・・

c0025140_23080666.jpg

ゼンマイが破断している(^^;)
最初の巻き上げ時に感じた異音はこれだったようです。

c0025140_23091038.jpg


それにしても、こんなに分厚いハガネが破断するんか?
信じられないけど
確かに破断している。

c0025140_23091698.jpg


破片をとりだすと・・・・
もう粉々です。
まいったぁ(^^;)重症です。

c0025140_23092360.jpg

金属疲労と言う言葉を使えば簡単ですが、
一ヵ所が切れただけなら理解できるけど、粉々になる条件はかなり特殊なはず・・・
急激な解放?
何だろう??
粉々破断のメカニズムが解らん。

初心者の私にとっては試練です(笑)
ちょっとヘビーな壊れ方なので、修理はやむなく中断しよう。
ビデオとクリロのプラグ苗植替えを優先させます。

再生プランは4つ
①パワーのリザーブ時間は減るけど、残りのバネを加工修理する。
 (シャフトに取り付けられるのか?非常に硬いはず?また折れるかも?)
②バネだけ交換する(バネだけ売ってるのか?なさそうですが)
③ムーブメントの丸ごと交換。
 (ムーブメントだけを売っているのを見かけるが、
 文字盤との位置関係が同じものは簡単に見つからないのでは)
④最悪は、チャイム用のバネを、時計の駆動用に移植する。
 (チャイムは永遠に鳴らなくなってしまいます)

敗北感のまま
しばらく先送りです。
必ず生き返らせてやる。





[PR]
by nanami7kuri | 2018-02-05 00:58 | 自作の時計ベルト | Comments(0)

リュージュのオルゴール 72弁3曲

リサイクルショップの棚の奥、
山積になった雑貨の中から動かないオルゴールを見つけました。
とても立派な木の箱に入っています。

c0025140_23244128.jpg
非常に重たい。非常に硬い。
この木の箱のデザインも凝っています。
c0025140_23250411.jpg
蓋を開けると、ガラスカバーの中に巨大なオルゴールが搭載されています。
オルゴール付のジュエリーケースかと思ったら、オルゴールのみ!!

弁数が半端じゃない、ゆうに50弁を超えている。気合の入ったオルゴールです。
非常に重たい。
そして・・・確かに動きません(^^;)
c0025140_23252078.jpg
ムーブメントはピカピカです。
動かない原因は何だろう?
どうやら箱の手前のつまみがon/offのスイッチなのですが、位置がずれてしまっているようで
ムーブメントのレバーを動かせないでいる??? そんな感じの壊れ方かと。
c0025140_23252723.jpg
レバーの上に、スイッチのL金具がずれて乗り上げているみたいなのです。
これは私でも直せるんじゃないの?
値段はラーメン2杯。 
オルゴール収集の趣味は無いが、オルゴールは好きだ。
メカの塊なので興味もある。
掘り出し物を、直す楽しみもある・・・
連れ帰ろう(笑)
c0025140_23270981.jpg
ネットで調べたらリュージュ(REUGE)というスイスのメーカーらしい。
蓋の内側に曲目が記載されている。
モーツアルトの曲が3曲。
ドラムは一つなのになぜ3曲を奏でられるのか?興味があります。
個人的にはドビッシーが好きなのですがしょうがない。
3CH/72の記載は3曲72弁を意味するようです。

c0025140_23271459.jpg
表からは分解できない。
裏の木ネジから外しました。
c0025140_23282235.jpg
ゼンマイのレバーにはリュージュのマークがあります。

c0025140_23285599.jpg
箱を分解してメカをむき出しにしました。
頑丈な金属ベースの上に、精密な部品が載っている。
アンティーク時計の視点からすると、これらの部品にも無駄に贅沢な彫刻をしてほしい(笑)
c0025140_23291992.jpg
ムーブメントのレバーを動かすと
いきなり・・・演奏開始♪
困難な修理をすることなく直せそうです。
c0025140_23293028.jpg
ゼンマイのバネが入っていると思われるドームにもREUGEの刻印がある。
ギヤの上のゴミを除去。
1曲ごとにちゃんと動作が停止するんだね。
曲毎にドラムがすこしスライドします、これによって3曲の演奏を可能にしていました。
c0025140_23300622.jpg
せっかく分解したので掃除もしておこう。
内部は綺麗だけど足回りはホコリが溜まっていました(^^;)
c0025140_23302100.jpg
このように箱に入っていない状態の音色はなんだか安っぽいのですが、
箱に入れたら驚きの音色に変わりました!
重厚なんだなぁ~
ギターやバイオリン、スピーカーと同じように箱がエンクロージャーとして
大事な機能をもたらしていました。
c0025140_23303178.jpg
箱のスイッチと、ムーブメントのレバーの正しい位置関係はこれで良いようです。
ガラスも磨き込んでピカピカさんです。
宝物が一つ増えました。
オルゴールにも手を出すんか? 
いえいえ集めません(^^;)







[PR]
by nanami7kuri | 2018-02-02 21:32 | 自作の時計ベルト | Comments(0)

クリスマスローズの交配・クレマチスの交配を楽しもう。


by 大地
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite